DEATH NOTE デスノート 実写版 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

14日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

DEATH NOTE デスノート

映画 DEATH NOTE デスノート 実写版 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Hulu」で
フル動画配信しています。

▼Hulu 5つのポイント

1、人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、
バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォン、
タブレットなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきを
スマートフォンで楽しめます!

3、Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!

4、ライブ配信が充実!
スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、
最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

5、まるで映画館!驚きの高画質!
インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
×初回2週間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)

映画 DEATH NOTE デスノート 実写版 を公式動画配信サービスで無料視聴

見どころ

大場つぐみ原作の人気漫画を、
藤原竜也と松山ケンイチの共演で
映画化したサスペンスの前編。

死神が落とした
“死のノート=デスノート”
をめぐる衝撃の頭脳戦の幕が開く。

あらすじ

死神が落とした
“死のノート=デスノート”を拾ったのは、
エリート大学生・夜神月。

彼は、そのノートを使い、
理想の世界を築くため、
自らの手で世界中の犯罪者を裁き始める。

一方、この事件を捜査するべく、
ある一人の天才が警視庁に送り込まれ…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(夜神月)
藤原竜也
(L/竜崎)
松山ケンイチ
(南空ナオミ)
瀬戸朝香
(秋野詩織)
香椎由宇
(FBI捜査官レイ)
細川茂樹
(弥海砂)
戸田恵梨香
(松田刑事)
青山草太
(宇生田刑事)
中村育二
(相沢刑事)
奥田達士
(模木刑事)
清水伸

<STAFF>

監督
金子修介
原作
大場つぐみ
小畑健
音楽
川井憲次
脚本
大石哲也

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

ライターコメント

実写映画として、原作漫画に対する再現度が非常に高く感じられました。キャスティングからして絶妙であり、松山ケンイチさんのL役は、漫画からそのまま抜け出してきたかのようでした。主人公の月演じる、藤原竜也さんも見事にハマっていました。冷静かつ知的な雰囲気に目が惹きつけられます。更に、ミサ役の戸田恵梨香さんが可愛らしくて素敵でした。原作でもなかなかのゴスロリ少女を、違和感なく演じきっているところは流石です。リュークたち死神のCGも細やかで、まるで本当に死神が存在するかのようなリアルさでした。デスノートの醍醐味といえる、複雑なストーリー展開も、この映画では上手くまとめられています。特に、キラとLが交わす心理戦の緊張感が、映像になることでより強く伝わってきました。手に汗握るドキドキ感が味わえる作品です。
20代女性

まずはとにかくキャスティングが皆さんハマっていて素晴らしかったです。エルの再現度の高さは勿論のこと、表面上は好青年で内側には独り善がりな正義感を抱えているライトも狂気的な表情がぴったりでしたし、なにより原作とは違って金髪でも能天気キャラでもないのに不思議と違和感を覚えないミサミサの儚げな美しさは惚れ惚れするほどでした。浮いてしまうのではないかと懸念していたリュークもきちんと馴染んでいて、声も合っていました。また映画という枠に収めるにあたっての原作エピソードの取捨選択、そして改変が非常に的確で、監督さん始めスタッフの皆さんが原作マンガを深く読み込んでいることが感じられました。それから、ノートに名前を書いて命を奪うという行為は華やかさに欠けるのではと心配していましたが、映像的にも決して単調になることはなく、静かな迫力を持った魅力的な作品に仕上がっていると思いました。
30代女性

キラ(藤原竜也)とエル(松山ケンイチ)の心理戦がとても面白くて、夢中で見ていました。二人とも演技が上手いので個性の強い役にぴったりはまっていました。
最初は法で裁けない悪人を憎むという人間らしい気持ちを持っていたライト(キラ)は凶悪犯などを選んでデスノートを使っていましたが、だんだんとエスカレートし、最終的には無差別殺人と変わらないような感じで人を殺してしまう殺人鬼のように豹変していく様子を藤原竜也さんがとてもうまく表現していたと思います。ミサ役の戸田恵梨香さんもとても役にあっていて、自分の寿命をけずってもキラの力になりたいという恋心が切なかったです。監禁されているシーンが印象に残っています。結末はエルに生きていて欲しかったけれど、ストーリーとしては納得しました。全体的にはとてもスピード感があって面白いストーリーでした。
40代女性

Lの動きが凄くLで、見た目もマンガ原作の実写にありがちなコスプレっぽさもあまりなくて面白かったです。ミサは戸田恵梨香さんが演じているのですが、かわいいのですが声が低く、アニメを見ていてミサの歌などを聴いている人には少し違和感があるかと思いますが、だんだん慣れてきます。映画は前編後編のふたつに分かれており、原作のストーリーをできる限り再現してくれている感じがします。デスノートは原作、アニメ、映画、小説、その他ドラマやアナザーストーリーと色々なものが出ているのですが、どれもラストの展開が少しずつ違って、それぞれのエンディングを見比べる楽しさがあります。実写映画は原作に比較的近く、これをきっかけにデスノートにハマってもらえると思う作品です。
20代女性

とにかく主要キャラのキャスティングが絶妙でした!藤原竜也さんが演じる夜神月は見た目からしてはまり役でした。どこから見ても完璧でカッコよく優等生なのに、冷徹で残酷な一面を持つ月を見事に演じ切っていました。ラストシーンで、Lに出し抜かれ自分の感情をむき出しにするシーンは鳥肌ものでした。Lに対しては「誰が演じても微妙そう…」と思っていましたが、松山ケンイチさんはメイクもばっちりで見た目もLそのものでしたし、つかみどころのないLの独特の話し方も、すごく繊細に演技をされていて見入ってしまいました。実写版だからこそ、登場人物の鬼気迫る表情や、ノートを巡っての人間の醜い部分も表現されていて、最後までハラハラしっぱなしでした。リュークはCGでしたが全く違和感なく、中村獅童さんの声も自分が想像していたリュークにぴったりでした。キャスティングはもちろん、デスノートの世界観が忠実に再現されていてすごかったです。原作とは違うラストでも納得できました。
30代女性

俳優藤原竜也の鬼気迫る演技が凄く良かったです。藤原達也は主人公である夜神月を演じていたのですが、特に印象的だったのは自ら自分はキラかもしれないとLにカミングアウトした場面です。すでにLはキラが夜神月だと断定していましたし、少々の事では疑いなんて晴れません。実際夜神月を監禁してからもニセ情報を流したりして、警戒を怠らないようにしていました。そんなLを欺いてみせたのが、デスノートを捨てた時。この瞬間夜神月はデスノートに関する記憶をなくしたので、自分はキラじゃないと訴えます。普通に話した所で警戒しまくっているLの疑念を晴らす事は無理。しかし夜神月は必死の訴えでLの考えをひっくり返します。この時の演技が凄かった。鬼気迫るというか、この場面は本当に引き込まれましたし、楽しく観れました。
40代男性

実写版を何作か見てきたけどこの作品はおもしろかったです。内容も実写化でよくある話の展開が全然違うというほどもなくストレスなく見れました。登場人物の配役もなかなかよかった。夜神月役の藤井竜也も悪くなかった。正直、藤井竜也っぽさが出てたけど作品としては悪くないと思う。L役の松山ケンイチは本当によかった。原作ファンでも納得できるほどの演技だと私は思えました。大体の実写版の女性キャラってどうしても貴方じゃない感が半端ないんだけどミサミサの戸田恵梨香めっちゃかわいい。ツインテ最高。内容もちゃんと原作のトリックを再現していたりしていたので実写版を先に見てから原作を見てもまた楽しめるとおもいます。実写化された数少ない成功作品だと思います。
40代男性

俳優の方に合わせたキャラクターの年齢変更がありながらも、原作との違いの違和感を感じさせないストーリー展開が素晴らしかったです。前編・後編という短い時間のなかに原作の良い所がぎゅっと詰め込まれており駆け足になったりせず綺麗にまとまっていました。 ラストの展開は映画オリジナルでありながらも原作のシーンが折り込まれていたりして「原作のあのシーンだ!」と原作ファンもしっかりと楽しめる内容になっていました。原作へのリスペクトを感じられる素敵な作品だと思います。俳優の方の演技もよかったです。特に松山ケンイチさんのLは原作からそのまま飛び出してきたかのような完成度の高さでした。見た目だけでなく演技も細部までこだわられていてすごかったです。原作を大切にした良い実写作品です。
20代女性

当時漫画の原作を読んでいたのでとても興味がありました。死神の描写がどうなのかなという不安がありましたが見事に再現されており素晴らしいと思いました。リュークがリンゴを食べるシーンはとてもリアルでCG技術に驚かされました。配役に関してですが月の藤原竜也はとてもハマっていて良いと思います。弥海砂の戸田恵梨香は原作と比べるとちょっと違和感がありましたが個人的には戸田恵梨香ファンなのでとても満足できました。映画内のストーリーも原作を忠実に再現できており良かったと感じています。特に印象に残っているシーンは夜神月が裁きを下す人名をノートに記すシーンで、後半になるにつれ裁きを下すのが楽しいかのような表情で書き記す姿はゾクゾクしました。
30代男性

キャストが豪華で、特に藤原竜也さんのキラとしての演技力が原作に負けないくらい迫真の演技でとてもよかったです。松山ケンイチさんのLのあの掴みどころの無い不思議な雰囲気や細かい表情の変化がLらしくて、Lはあのキャラ特有の性格上空気になりやすい役どころのはずなのに存在感がしっかりとあって原作を知っている私でも次の展開にワクワクしながら観ていくことができました。コミックが原作の作品を実写化するとどうしても低クオリティなイメージがあったのですが、この作品だけは原作コミックにもアニメ版にも匹敵する高クオリティで楽しく鑑賞できました。何度見ても飽きません。役者さんもそうですが、劇中の演出からも原作を大事にしようという気持ちが伝わってきて、原作ファンとしてはとても嬉しく思いました。
20代女性

『DEATH NOTE』は元々は、週間少年ジャンプに連載された人気漫画が原作な訳ですが、比較的原作に忠実だったアニメ版に対して、実写版映画は、オリジナルキャラクターをたくさん登場させたり、キラとの決着をつけるのがL自身になるなど、かなり大きな改変が加えられていました。こういった漫画作品の実写化におけるオリジナル要素の導入は、とかく批判されがちですが、この作品に関してはストーリーが上手くまとまっていて良い作品に仕上がりましたね。その原因として、「新世界の神」夜神月と「世界一の探偵」Lとの対決にしっかり焦点を合わせたことが挙げられるでしょう。またそれぞれのキャラクターを演じた藤原竜也さんと松山ケンイチさんの熱演が、映画としてのクオリティを一段と昇華させたのだと思います。
30代男性

デスノート実写版は最高に面白かったです。松山ケンイチの役のハマりが最高でしっかりと原作をリスペクトしているから原作ファンにも凄く愛されている作品で、私は原作もアニメも両方見ましたがクオリティは原作やアニメにも負けないクオリティで大満足でした。松山ケンイチと藤原竜也の演技がホントに凄くってストーリーを知っている私でも映画にどんどん引き込まれていきました。緊張感がある演技とテンポがいいストーリーが最高で主題歌もデスノートらしさが合って最高のマッチングでした。死神のCGも違和感がなく、迫力満点なのがいいですね。そしてラストが原作と違うところも最高で最後までドキドキワクワクが止まりませんでした。10年以上たった今でもこの作品は名作で何度見ても楽しめる私の大好きな映画です。
20代男性

この映画の中で一番良かったのは、藤原竜也さんが演じる夜神月の存在感です。原作の夜神は普段は冷静なのですが、追い詰めらたり予想外の状況に陥ると大声を張り上げたりします。藤原竜也さんはこの辺りの演技がかなり上手で、人間が追い詰められているリアルな感じが伝わってきました。ストーリーはほとんど原作通りで、少し実写版オリジナルの要素も加わっているため、すでに原作を読んだことがある人でも楽しめるようになっています。夜神がデスノートを手にしてからどんどん人格が崩壊していく恐ろしさも描かれていて、原作の良さを見事に再現していると思いました。CGで再現された死神のリュークも、漫画版のビジュアルのまま出てきたのも良かったです。 
20代男性

L役の松山ケンイチさん、ライト役の藤原竜也さん、どちらも本当に原作に忠実で漫画の世界観を一切壊していませんでした。むしろこの二人をモデルにしたのではないかと思うくらいピッタリとハマっていました。マンガは全て読みましたがLの甘いものを食べるときの食べ方、椅子の座り方など、よく研究したんだなぁという気持ちと、マンガを本当に愛しているんだという気持ちで胸がいっぱいになりました。松山ケンイチさんは憑依型俳優と言われていますが、その理由がハッキリとわかった気がします。もちろんマンガでストーリーは分かっていたのですが二人の演技に引き込まれて、映画の世界にのめり込むことができました。藤原竜也さんの鬼気迫る感じも素晴らしかったです。W主演のお二人の演技に何度もマンガと映画をリピートしたい作品です。
30代女性

まず配役が良かったと思います。一見、藤原竜也さんと原作の夜神月の容姿や雰囲気は似ていませんが、圧倒的な演技力で実写での夜神月を作り出しました。一方でL役の松山ケンイチさん、ミサ役の戸田恵梨香さん、夜神総一郎役の鹿賀丈史さんといった脇を固める役者はイメージ通りかつ、今でも輝く実力ある役者を揃えました。月のダークヒーロー像、物語の雰囲気、月vsLの頭脳戦の再現にも成功したため、失敗と評価されやすい実写化を成功させた作品の一つと言えます。余談だが、9年の時を経てテレビドラマ化され、この作品での夜神月役は窪田正孝さんが演じるが、演技力あり月の雰囲気も藤原竜也より原作に近い配役にも拘わらずあまり話題にならなかったのは、先の映画の完成度が高く、どうしても二番煎じになってしまったと思われる。
20代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました