ブラッディ・マンディ シーズン1 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ ブラッディ・マンデイ シーズン1 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ ブラッディ・マンデイ シーズン1 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

一見ごく普通の高校生・高木藤丸は、
国家機密にアクセスもできる天才ハッカー。

ある日、国際テロ組織が
殺人ウイルスを日本に持ち込み、
警視庁特殊組織に所属する
父・竜之介が失踪。

父を救うべく、幼なじみの音弥と
調査を進める藤丸の前に
謎の女・マヤが現れる。

キャスト・スタッフ

<CAST>

三浦春馬
吉瀬美智子
佐藤健
松重豊
片瀬那奈
芦名星
藤井美菜
川島海荷
徳永えり
成宮寛貴(特別出演)
中原丈雄
嶋田久作
田中哲司
吉沢悠


ライターコメント

謎のテロ集団の、ウイルステロから人びとを守るため高校生天才ハッカーと幼なじみや友達、警察とともに推理し奮闘していく話です。敵も見方も入り乱れ、裏切られ、見入ってしまいました。三浦春馬と佐藤健の組み合わせが最高でかっこよかったですね。作品のテンポもよく、次は次は?って考えていました。味方だと思ってた仲間、友だちが実はテロ集団の1人であったとゆう、裏切りもありハラハラドキドキしましたね。先の読めない展開でした。亡くなる人も多い話でした。そうゆうのが嫌いな人は苦手かもしれません。また、flumpoolが歌う主題歌も作品にマッチしていてよかったです。何年も経っていますが今見ても面白い作品です。
30代女性

日本では馴染みのないテロやハッキングなどが扱われ、味方と思っていた人が裏切るなど二転三転する展開に見ごたえがありました。そして、黒幕も全く想像もしてなかった人物などいい意味で裏切られる展開も面白かったです。さらにキャストもとにかく豪華でした。主人公の藤丸を演じた三浦春馬をはじめ、佐藤健や松重豊、田中哲司など注目の若手俳優から個性派俳優まで登場していたので、よりストーリーに重厚感や緊迫感が感じられてよかったです。また、好きなシーンは序盤の藤丸が公安からの依頼で最初にハッキングするシーンです。ハッカー名のファルコンなので、ハヤブサが仮想空間を飛び回る姿や藤丸がハッキングに成功した後の表情とセリフがかっこよかったです。
30代男性

誰もが知っている名作ばかりを手がけてきた蒔田光治さんによる脚本はまさに神と表現するに相応しいなとしみじみ思いました。ストーリー構成がなんとも巧みなのが最大の特長で、観る者の心をたちまち掴んでしまうのが良かったです。そして、脚本以外にも音楽だったりカメラワークなどの演出に関するもの全てが秀逸で、あらゆる方面からこのドラマを楽しめる作りになっているのが個人的にはたまらなかったです。制作スタッフの並々ならぬこだわりを細かい部分からビシビシ感じ取れました。また、flumpoolの「Over the rain 〜ひかりの橋〜」が最高でした。聴いていて心に響くと共に極めて心地よい筆舌しがたい刺激を与えられて、この曲を使用すると決めた人は有能だなと思いました。
20代女性

連続ドラマ初出演とは思えない堂々たる素晴らしい演技を見せてくれた三浦春馬さんが何よりも印象に残りました。セリフを淡々とこなすだけでなく、役の心情をしっかり汲み取った上でそれを表情だったり細かな仕草などで完全に表現しているのがとにかく最高でした。観ていて引き込まれる演技とはこのことだと悟りました。三浦春馬さん以外のキャスト陣も実力派と言っていい錚々たる面々なのに、その中にいても存在感が全くもって埋もれていないのが本当に凄いなと思いました。演技に関してベタ褒めしていますが、なんと言っても三浦春馬さんそのものがかっこよすぎてキュンキュンしっぱなしでした。どのアングルからでも非の打ちどころのないパーフェクトフェイスで、観ていて心がほかほかして満たされました。
20代女性

今でももちろんのこと、当時、ハッキングという犯罪行為を題材にするというのも斬新で衝撃を受けたドラマでした。主演の三浦春馬の演技はもちろん、他豪華俳優陣の演技もあってテロリスト側との取引や攻撃、不利を覆す主人公の反撃、組織内部や身近な存在の裏切りや新事実発覚などの一話一話新たな壁を越えては新しい壁に直面しさらに超えていく展開の良さにハラハラドキドキ感をしっかり感じられて、東京という舞台で身近にあるかもしれないというその世界観に入り込みやすいお話だったと思います。このドラマでPCをかまう人が増えたんじゃないんでしょうか。あまりスキルはつかなかったですが私もその一人でした。今見返しても群を抜いて好きなドラマです。
20代女性

当時はとても人気があり三浦春馬さんが有名になるきっかけにもなった作品です。設定もハッカーと感染症というパソコンのウイルスと感染のウイルスがかかっているのかなと思うと良くできているなと勝手に考察してしまうほど夢中になれます。またネット上の伝説のハッカーが高校生という設定も少年心をくすぐるような設定で好きでした。また家族愛なんかも描かれていてとてもいいです。最初は嫌悪している父に対しても少しずつ見方が変わっていくのが伝わってきてそこがまた泣けます。悲観的な主人公に対し大人たちが色んな思いを持ちながらも命をかけて彼を守る姿に少しずつ主人公も変わっていくところは今も覚えているくらいいいシーンだと思います。
20代男性

三浦春馬さんが天才高校生ハッカー・藤丸を演じたドラマ「ブラッディ・マンディ シーズン1」。ウイルステロから家族や仲間強いては地球を救うべく、テロ組織に立ち向かう壮大なストーリーが見応えがありました。三浦さんの演じた藤丸のスペックの高さも鮮烈でしたが、テロに巻き込まれる友達思いの九条役を佐藤健さんが、藤丸の妹役を川島海荷さんが演じており豪華なキャストだったのも楽しめました。他にも神木隆之介さん、満島ひかりさん、吉沢悠さんなど豪華なメンバーが勢ぞろいでそれぞれがなかなか重要な役どころを演じていたので迫力がありました。また主題歌もflumpoolの「Over the rain ~ひかりの橋~」で印象に残っています。
40代女性

ドラマ「ブラッディ・マンディ シーズン1」を観て、「果敢に行動する藤丸」と「手に汗握る戦い」が良かったと思いました。まず、果敢に行動する藤丸についてです。このドラマでは、天才高校生ハッカー・藤丸の様子が描かれます。藤丸は、高校生ながら天才的なハッキングの技術を持っていることが認められ、警察と手を組んでウイルステロを阻止するために動き始めます。自らの危険を顧みずにハッカーとしての腕を存分に発揮する藤丸の姿に、ほれぼれしながら観ていました。次に、手に汗握る戦いについてです。藤丸は、強敵たちに苦戦しながら戦いますが、信頼していた人物の裏切りなど予想外の出来事が起きていきます。何が起こるか分からない緊迫した戦いの行方を、ハラハラドキドキしながら観ていました。
20代女性

佐藤健くんが好きで見ていました。佐藤健くんと九条音弥の爽やかで知的なイケメンというキャラに共通点が多く、役柄にとっても似合っていました。三浦春馬くんや吉瀬美智子さん、成宮寛貴さん等の有名どころが多数出演されており、全員違和感なく、ぴったりな役柄でした。個人的には吉瀬美智子さん演じる折原マヤの色気をもっと期待していたのですが、そこは深夜ドラマではないのでご愛嬌ですね。ウイルステロという見えないものと戦うことにドキドキしながら毎週見ていました。ドラマなのに、映画のような臨場感だと思っていたら、本当に映画を撮る技法で撮影していたと知り、驚きました。原作含めとても好きな作品です、一度見てみる価値はあると思います。
30代女性

まず、物語としては日本で起こるかもしれないウイルステロを阻止するために、天才ハッカーの男子高校生が巻き込まれるというもので、個人的にはその設定だけで非常にワクワクしておりました。主演には三浦春馬でその他にも佐藤健、成宮寛貴等有名どころが多く見ていて楽しかったです。最終回では、藤丸をかばった父が撃たれてしまい、捜査に協力していただけで、テロリストに落ちたわけではなかったことが発覚したシーンが印象的でした。あのシーンは感動はしたけど父が亡くなってしまうことにショックをうけた覚えがあります。そして、霧島がKを撃ってしまったことについては意外な展開でした。Kはきっと亡くなってしまうんだろうなと思っておりましたが。Kの正体も、意外な人物だったということもあってこの先が楽しみになる作品でした。
20代女性

2008年に放送されたこのドラマをテレビで観たのはもうずいぶん経ちますが、また観たいと思っていたドラマの1つだったので、昨年配信されて本当に嬉しかったです。10代の三浦春馬さんが友人の佐藤健さんたちと一緒に未知のウィルスとテロ組織に果敢に立ち向かっていく姿が印象的でした。毎回ハラハラドキドキするストーリー展開と意外な結末で、シーズン2も作られたことも納得がいきます。また、flumpoolが歌う主題歌も切ない歌声が心に残る名曲でした。昨年亡くなられた三浦春馬さんの連続ドラマ初主演の作品でもあり、今テレビで観ることが出来ない芦名星さん、成宮寛貴さんも重要な登場人物なので、まだ観ていない方でアクションやサスペンスが好きな方には是非観ていただきたいドラマです。
40代女性

時代を先読みしたドラマとはまさにこのドラマの為にある言葉かもしれません。今やハッカー同士の闘いを題材にした漫画やドラマは多くありますが、このドラマはまさにその走りといってもいい作品だと思います。圧倒的なスピード感とハッキングを使った想像もできないようなハイテクの闘いに息を飲むシーンは多々あります。それも高校生の天才ハッカーが悪人に対してハッキングする、ホワイトハッカーなのかブラックハッカーなのかまさに今の時代を先読みしている作品で、スピード感が素晴らしいと思います。そして主演の三浦春馬さんが原作の主人公のイメージをそのまま再現できている所が原作ファンを楽しませてくれた要因だと思います。この作品はまさに電脳対決を映像化された素晴らしい作品だと思います。
30代男性

とにかくドキドキが止まらないドラマでした。ウイルステロというとても怖い内容だったのですが、ストーリー構成がしっかりしていてテンポ良く話が進んでいくので、見やすく、とても面白かったです。出演者も豪華で、そこも見どころです。主題歌、挿入歌もよく、ドラマの雰囲気にあっていて、よかったです。警視庁の秘密部隊が出動したり、ドキドキするシーンがいっぱいありました。ウイルスという目に見えない恐怖と戦う恐ろしさは計り知れないものだと感じさせられるドラマです。人類がコロナウイルスによって脅かされている今、以前よりも現実味が増しているのではないかと思います。終始ドキドキが止まらず、どんどん見進めてしまいました。もう一度見たいドラマです。
10代女性

初めは仲間だと思っていた人が実はスパイだったり、テロリストがすごく身近に存在していたりと、誰が敵で誰が味方かもわからないなか次々と事件が起こるので、毎回ヒヤヒヤしながら見ていました。放送された当時は、ドラマが終わったらすぐ友人と誰が怪しいかをわいわい議論しあうというのが楽しみだったのを覚えています。その時はウイルステロが存在したら怖いなくらいにしか思っていませんでしたが、コロナウイルスが流行して次々と瞬く間に広がっていく姿がまさにあのドラマみたいな状況だなと感じました。藤丸演じる三浦春馬が、ハッキングを成功させる時のカラスが飛んでいくシーンは、すごくかっこよくて爽快感をえられるのでお気に入りです。
20代女性

最初から最後までドキドキが止まらない作品でした。作中で天才ハッカーの藤丸の妹遥は何度も誘拐されていましたが、彼女が誘拐される度に緊張感が高まりました。ストーリーからは藤丸にとって大切なものは遥であるということがよく伝わってきました。遥が誘拐される度、必死になって助けようとする藤丸はとてもかっこよかったです。彼の言動には心から大切に思う気持ちが表れていたように思います。遥が何度も誘拐され、藤丸が何度も助けに行くことで遥の大切さが際立つようになっていたと感じました。最後入院していた遥は助かるのか不安でしたが、目を覚まして良かったです。藤丸の「大切なものを守り抜きたい」という強い思いに感動した作品でした。
30代女性




本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました