精霊の守り人II 悲しき破壊神 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
NHKパック利用で
見放題配信!

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

精霊の守り人2 悲しき破壊神 動画を視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
NHKパック利用で
見放題配信!

月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

精霊の守り人2 悲しき破壊神 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

お尋ね者となった女用心棒・バルサと
新ヨゴ国の皇太子となったチャグムの
冒険が再び始まる。

綾瀬はるかをはじめ、東出昌大、
ディーン・フジオカら豪華キャストが共演。

あらすじ

チャグムと精霊の卵を守り通したバルサは、
カンバル国王・ログサム暗殺未遂のため
お尋ね者となり、ロタ王国で
逃亡生活を送っていた。

そんな中、バルサは一人の少女を
人身売買から救う。

アスラという名の少女は、
破壊神・タルハマヤをその身に宿していた…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(バルサ)
綾瀬はるか
(タンダ)
東出昌大
(シハナ)
真木よう子
(イーハン)
ディーン・フジオカ
(チャグム)
板垣瑞生
(アスラ)
鈴木梨央
(シュガ)
林遣都
(ヨーサム)
橋本さとし
(トリーシア)
壇蜜
(チキサ)
福山康平

<STAFF>

原作
上橋菜穂子
音楽
佐藤直紀
脚本
大森寿美男

(C)NHK

ライターコメント

トロガイ役が高島礼子さんだと知った時の私の驚きようは凄まじかったと思います。正直なところ、観ていて全く気がつきませんでした。普段のイメージとはかけ離れていて、徹底して役に入り込んでいることが分かって胸が熱くなりました。このドラマで高島礼子さんのポテンシャルの高さを思い知らされました。あれは誰が観ても唸ってしまう最高の演技でした。一方で、個人的にアスラ役の鈴木梨央ちゃんがたまらなかったです。元より鈴木梨央ちゃんの演技力の高さには注目していたけれど、このドラマでもそれが観られて嬉しかったです。子役だからといって侮ってはいけないと身に沁みて感じました。そして、アスラの母役で出演していた壇蜜さんの妖艶さには本当にドキドキしました。色気製造機かよとツッコミを入れたくなりました。
20代女性

チャグムが聡明さを兼ね備えてかっこよく成長してしました。智担当の家臣シュダと部担当の家臣ジンを従えてもう安心、と思っていたら、ひとりロタ王国と同盟を結ぶために海に飛び込んでしまいました。その展開に驚くとともに「なんて勇気があるんだ!たくましい」と感嘆しました。チャグムは死んだことにされましたが「生きている」ことは二ノ妃まで伝えられ、バルサに用心棒の依頼が来たことに興奮を覚えました。「ふたりのストーリーがつながってゆく」と。チャグムの危機にバルサが正義の味方惨状とばかりに登場したシーンはひたすらかっこよかったです。チャグムもけっこう戦えます。ロタ王国の王弟イーハンは美しかったです。タルシュ王国のラウル王子といい、新ヨゴ国の帝といい王族は美形だらけですね。タンダを演じる東出昌大さんもイケメンの部類ですが、本作ではすっかり三枚目役ですね。いい和みの担当となっています。和むと言えば、アスラがマーサのもとに身を寄せたとき、穏やかな明るい笑顔をみせていてうれしかったです。アスラの未来が明るいことを祈ります。
50代女性

個人的に「精霊の守り人シーズン1」からかなり放送が待ち遠しかったです。女用心棒のバルサとタル人の少女アスラの物語で綾瀬はるかさんがが用心棒役ということでとてもかっこよく、綺麗でした。第一話でバルサは、「この子はチャグムと同じで何かが宿っている」というシーンがあったのですが、個人的にチャグムの名前が出てきて嬉しかったシーンでした。チャぐむはバルサと旅をしてから4年の歳月が流れていたのですが、15歳になっていて「もうこんなに大きくなったのね」と親気分でいました。バルサに習った武術の鍛錬を怠ることなく続けるところがなんとも勇ましく、成長を伺わせるシーンで好きでした。個人的に最初のチャグムが出てくるシーンが好きでした。
20代女性

シリーズ前作に引き続き、ストーリー展開がおもしろかったです。またたくましいバルサが見られて、彼女には惚れ惚れしました。作中では少女アスラに宿った神を国の統一に利用しようと企むシハナとバルサのアクションシーンを見どころに感じました。迫り来るような迫力があり、観る人は引き込まれていくと思います。さらにストーリーは思わぬ展開になりました。シハナは悪役だとばかり思っていましたが、最終話でチャグムの危機を救ったのには驚きました。囚われの身を脱して都へと向かうチャグムは刺客に追われているところをシハナに助けられます。シリーズ第二作ではシハナとバルサの大迫力のアクションシーン、ストーリーの意外な展開が印象的でした。
30代女性

前作でしっかりはまり、とても楽しみに見ました。やはり綾瀬はるかのバルサは素晴らしいです。殺陣も気迫と美しさを感じます。そして、すっかり良き青年になったチャグムの板垣瑞生も良い。帝に疎まれる悲しさ、若さゆえの弱さ、内面の強さ、逞しさ。それがバランスよく表現されています。チャグムの乗る船がサンガルに襲われ、祖父であるトーサ大提督との別れのシーンでは思わず涙を流してしまいました。破壊神を召喚する力を持つアスラ役の鈴木梨央もいい。光をはなち周りにいるものすべてをなぎ倒し不敵な笑みをこぼします。あどけなくもあり心が寒々としました。バルサとアスラの旅の話と、チャグムとタルシュ帝国の話を主軸に話は進みますが、それぞれに惹かれあうように物語が交錯します。敵役として出ていたシハナが育った村ごと壊滅させられ父であるスファルを目の前で殺されてしまいます。スファルや村人を弔うシハナがなんとも美しい。そして、これから先戦う相手が容赦ないことを暗示していてなんともゾクッとさせられます。続編が楽しみです。
40代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました