コウノドリ(2015)無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

コウノドリ(2015) 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

コウノドリ(2015)無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

鈴ノ木ユウの同名コミックをドラマ化。

愛情深い産婦人科医
鴻鳥サクラ(綾野剛)の
奮闘と葛藤を描く。

サクラは、生まれてすぐに母を亡くし、
乳児院と児童養護施設で育った産婦人科医。

仲間の医師たちや
患者からの信頼も厚いが、
サクラには“BABY”という名の
ピアニストという、もう一つの顔があった。

キャスト・スタッフ

<CAST>

綾野剛
松岡茉優
吉田羊
坂口健太郎
平山祐介
清野菜名
豊本明長
浅野和之
江口のりこ
山口紗弥加
星野源
大森南朋
小栗旬
要潤
臼田あさ美
川村ゆきえ



ライターコメント

まだ乳児を抱えていた時期に見たドラマだったこともあり、本当にリアルな描写や妊婦さんの心情に感情移入して涙が止まらなくなるようなシーンがたくさんあり、忘れられないドラマです。特に未成年の出産の話はお気に入りのストーリーです。赤ちゃんへ想いを寄せれるようになる時間が母としての心構えや自覚というものを育ててくれるんだろうなと感じました。赤ちゃんのことを真剣に考えられるようになった中学生の母が、里親に渡すために赤ちゃんと引き離される時の、赤ちゃんのしあわせを考えると養子に出す方がいいとわかってはいるけど、赤ちゃんへの愛情から渡したくないという悲痛な叫びは涙なしには見られませんでした。先天性風疹症候群の話は、男の人にもぜひ見てもらって、予防接種を受けてもらいたいと思いました。予防接種で防げる障がいならそのためのちょっとした努力を惜しむべきではないと主人とも話しました。赤ちゃんが産まれてくると言うのは当たり前のことではなく、こんなにいろんなお産があり、何もなく産まれてくることは奇跡なんだとつくづく思います。
40代女性

このドラマを見て、自分が生まれてきたことや、これまで自分が平和な日常の中育ったことなどを思い返す機会を貰い、それと同時に改めて命の大切さにも気付かされました。お腹の中に赤ちゃんができたとしても、必ず無事に産まれてくる保障はないのだなと、赤ちゃんの誕生というのが奇跡なもののように感じました。全体的に見ていて自分が優しい気持ちになれるようなドラマで心が温まりました。自分にもし赤ちゃんができた時は、必ずこのドラマを見返したいなと思いました。男女や世代を問わず多くの人の心に響く作品だと思うので、まだ見たことがない人にはぜひ見てほしいです。主演を果たした綾野剛の演技力にも圧倒されること間違いなしです。
20代女性

たまたま見たドラマだったのですが、このドラマで星野源さんを好きになりました。四宮先生がなぜあんなにぶっきらぼうになってしまったのかがわかってとても感動して子供を産むことがどれだけ奇跡的なことなのかをこのドラマを通して理解することができました。このドラマに出てくる登場人物がとても皆さん温かい心の持ち主ばかりで見ていて毎回感動します。こういう人たちのもとで生まれてこられる赤ちゃんがとても幸せだと感じることと、お母さんとしてもこのような場所で出産できることでとても安心するのではないかと感じました。私は出産しておりませんが、出産の奇跡や感動をこのドラマから与えていただきました。本当に大好きなドラマです。40代女性

赤ちゃんが産まれるのがこんなにも大変な事だったのかと今さら気付かされて愕然とすると共に、唯一無二の尊い命はなんて素敵なのだろうかと恍惚となりました。妊婦さんはもちろんのこと、それをサポートする医療従事者たちは本当に苦労が絶えない辛い仕事なのだと思い知らされました。お昼ごはんも菓子パンとか簡単なもので済ませているのを観て「そんな偏ったものばかりで大丈夫なのかしら?」ととても心配になってしまいました。その背景にはきっと人手不足とかも関係しているだろうからもっと医療の現場が充実してくれたらいいのにと願わずにはいられませんでした。過酷な仕事なのに妊婦さんと対峙する時は極上の笑顔でもって接してくれるのが身に沁みました。これがプロなのかと思いました。妊婦さんでもない私まで心が落ち着きました。
20代女性

“毎回毎回とても考えさせられるドラマでした。妊娠と出産は本当に奇跡的なことで、無事に妊娠して出産するまでいくつもの困難を乗り越えて一つの命が生まれてくるんだなぁと言うことがとてもよくわかるドラマでした。自分自身が妊娠しているときにこのドラマを見ていたので、無事に元気で五体満足で生まれてきてほしいと本当に心から思いました。望まれて生まれてくる命ばかりじゃない場合もあります。ですが、そんな命でも、やっぱり生まれてこれることは奇跡的なことで、自分の命も、人の命も、どちらもかけがえのない、取り替えることのできない大切なものなんだということを再認識しました。キャストの人たちもとてもよくて、好きなドラマでした。
30代女性”

“コウノドリは、原作漫画からの実写テレビドラマ化したもので、主役の綾野剛さんが主人公の鴻鳥サクラ役にすごくハマっていて、優しい声でみんなを包み込むような産婦人科医がとても魅力的でした。このドラマでは、毎回大きなテーマがあり、不妊治療や切迫流産など、妊婦やその家族にとって身近な問題をリアルに描かれています。中でも、中学生の出産と特別養子縁組の回は、本当に感動しました。中学生のカップルが予期せぬ妊娠をしてしまい、自分たちでは育てられないので、養子縁組に出す決断をするのですが、いざ我が子を出産すると、可愛くて離しなくない、複雑な母親の気持ちが悲しく、また、この女優さんの演技が素晴らしくて、思わず号泣してしまいました。
30代女性”

コウノトリ第一シリーズで一番印象に残ったストーリーは、第5話の中学生の出産、特別養子縁組でした。この第5話で衝撃的だったのは中学2年生の女子が妊娠したことでした。かつて、3年B組金八先生の第一シリーズで杉田かおるが中学3年生で妊娠してしまう15の母というストーリーがあったのですが、それよりも衝撃的でした。そして、この中学2年生役の少女役を熱演した山口まゆちゃんの演技がすごく良かったです。無事に出産したのに、赤ちゃんを引き離されてしまって泣きじゃくるシーンは感動しました。さらに、妊娠させた男子中学生役の望月歩くんもすごく良かったです。スタジャン姿で童顔であどけない感じはしますが、体格は立派で不器用ながらもひたむきに山口まゆちゃんを気遣う姿はすごく微笑ましかったです。
50代男性

天才ピアニストbabyという、もう1つの姿を持つ産婦人科医が、たくさんの小さな赤ちゃんの命を救っていくドラマでした。私はこのドラマを見て、いつも涙が止まりませんでした。このドラマを見ていると、命の尊さを教えてくれるし、一人ひとりの命がかけがえがないものだと言う事を改めて思い知らされるドラマでした。いつもこのドラマを見ると涙があふれ、見終わった後には優しい気持ちになれました。心が疲れている人には、とてもオススメの作品です。特に先天性風疹症候群の目が見えない女の子と、コウノトリ先生との連弾はとても感動的で、見逃せません。音楽が美しく、妊婦が抱える社会的問題などにも触れ、社会的にも影響を与えてくれるドラマです。
30代女性

命の大切さを教えていただいた心温まるお気に入りのドラマでした。サクラ役の綾野剛さんがすごく合っていてほっこりします。ひとつとして同じお産はなく、ひとつひとつ大事な想いがそこにはあって、妊婦さんの凄さや母親の強さ、またそれを支える産婦人科の先生や看護師、家族と色々な人がいて新たな命が誕生することに改めて気づかされました。ドラマを見ているとそれぞれの嬉しさや、辛さ、痛さ、苦しさ、そして喜びと鳥肌が立つ程に伝わってきました。最近のドラマでは良いところばかりしか映らない気がしていましたが、この職業のたいへんな1面も知れて勉強になりました。毎週楽しみにしてはドラマを見終わると、どこか優しい気持ちになれていました。
20代男性

“このドラマは人の命の大切さや命を誕生させることがどれだけ奇跡なのかということを毎回実感出来るドラマです。生まれてからも子どもに疾患があるかもしれなかったり、お腹の中にいる時点で病気になってしまったりちょっとしたことで母親は一喜一憂して精神的にもかなり大変だと言うことをこのドラマで知れました。四宮先生はクールだけどしっかり周りを見ていてかっこいい先生でした。鴻鳥先生は優しい声で患者さんや同僚に話している姿がとても印象的で、不安な気持ちになる妊婦さんにとってもあんな先生がいてくれるだけでとても安心すると思いました。このドラマを見て今まで以上に、自分の命を大切にしようと言う気持ちと生んでくれた母親や産まれることを喜んでくれた周りの人に感謝しようと言う気持ちになりました。
20代女性”

綾野剛さん演じる産婦人科医のサクラを中心に、毎回様々な妊婦やその家族と向き合う産婦人科医の姿が丁寧に描かれていて、とても素敵な作品でした。子宝になかなか恵まれずに不妊治療に望みを託す人や、出産間際に不幸な事故に巻き込まれてしまい、奥さんを助けるのか子どもを助けるのかと残酷な選択を迫られてしまう人の話だったりと、今まであまり知らなかった産婦人科で日常的に起きていることがリアルに描かれていて、見ていて切なかったり苦しくなるシーンもありましたが、命の尊さを改めて感じることができましたし、見ていて勇気をもらえて前向きな気持ちになれるドラマでした。普段の綾野剛さんのクールなイメージとは違った柔らかな演技も魅力的ですし、毎回感動できる作品です。
30代女性

“命の大切さを改めて感じられる温かいストーリーです。学生の妊娠や子どもの病気、妊婦が事故で亡くなってしまうなど辛いシーンもたくさんありました。それでもみんな前を向いて生きていかなければならなくて、必死に生きていく姿が描かれていました。ペルソナの人たちはみんな魅力的な人物なのですが、特に助産師の小松さんと四宮が良かったです。明るくて元気なキャラクターで、妊婦に寄り添う姿勢が人一倍強いと感じました。四宮はクールで、産婦人科なんだからもっと笑顔でいればいいのになと最初は思っていました。でも自分がもっと強く患者に言っていればという辛い過去があり、誰よりも無事に出産できることを願っている人なんだと感じました。そしてサクラがBABYとしてピアノを弾くシーンが大好きでした。サクラの心情が表れていて、温かい気持ちになれました。
20代女性”

“観ていてとても温かい気持ちになるドラマ。時には苦しい場面も描かれますが、それによって命の尊さを実感します。出産は奇跡であり、一つとして同じお産はなくて一つ一つ想いが違うということ。生まれてくる命を大切にしたい、自分が生きていることも尊いことなんだと思わせられました。奇跡の場面だけではなく、出産前の苦悩や続く日常の厳しさなどが現実的に描かれている点もよかったです。病院で働く人々や患者さんたち、それぞれが自分の人生を懸命に生きる姿には毎回胸が熱くなりました。そして、優しさに溢れる産科医のサクラを綾野剛さん、冷静沈着で笑わない産科医の四宮を星野源さんが演じて、その2人の対比もこのドラマを引き立てていたと思います。
30代女性”

涙なくしては観れません。ドラマが放送されていた2015年はまだ自分の子どもはいませんでした。それ故に、妊娠出産に関しては無知の状態で観ていました。毎話全く違う生活をしている妊婦さんが登場するので、出産にたどり着くまでにさまざまな問題に直面します。正直こんな母親許せない、と思うような妊婦さんも登場します。しかし、彼女たちはそれぞれ母親として一生懸命赤ちゃんと向き合って行きます。それまでの過程が、涙をそそります。無知な当時の自分は、妊婦さんは実は幸せいっぱいなのではなく、孤独と不安と常に闘っているものなのだな、と思っていました。ドラマを通して自分なりに妊娠出産の知識を入れ込みながら、母親になった時のことも考えながら観ていました。毎話、miwaさんの「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」のエンディング曲でクライマックスが盛り上がり、泣いてしまいます。
30代女性

子供が欲しいのに産めなかったり亡くなってしまったり、そして逆に子供を育てられないのに妊娠したり、妊娠・出産は人それぞれで、思い通りにならないこともあるとわかりました。何気なく生きている命も、奇蹟の命なんだと、改めて教えられた気がします。一番記憶に残っているのは、中学生が妊娠し、生まれてすぐ子供は養子として里親に預けられてしまう回です。特に出産後すぐに子供が連れていかれてしまうときに、女子中学生が必死で抵抗する場面は、胸がしめつけられました。あまりにも若く経済力のない中学生でも、出産を経験した時点で子供を守るお母さんなのだと思いました。その後が描かれることはありませんでしたが、子供も中学生も、幸せでいてほしいと心から願った回でした。また、清塚信也さんの楽曲たちが儚くて優しい世界にぴったりで、とてもきれいでした。曲のおかげでより、ドラマの中に没頭することができました。
30代女性




本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました