アンサング・シンデレラ 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

アンサング・シンデレラ 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

アンサング・シンデレラ 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

荒井ママレの同名漫画を
石原さとみ主演でドラマ化。

病院内にある薬剤部で
主に患者の薬の調剤、
製剤を行う“病院薬剤師”で、
お団子ヘアがチャームポイントの
葵みどり(石原)が、
縁の下の力持ちとして
奮闘しながら患者と
向き合う姿を描く。

脚本は「グランメゾン東京」
の黒岩勉が務める。

キャスト・スタッフ

<CAST>

石原さとみ
西野七瀬
成田凌
桜井ユキ
井之脇海
金澤美穂
真矢ミキ
迫田孝也
池田鉄洋
でんでん
田中圭

ライターコメント

一般にはあまり接することがない「病院薬剤師」という職業にフォーカスしたドラマ。石原さとみが演じる、主人公の葵みどりはキャリア8年目で、すでに患者さんとの繋がりも深く、薬剤部部長にも信頼されているベテランとも言えるポジション。患者ひとりひとりに時間をかけ過ぎてしまい、仕事場になかなか戻って来なくていつも刈谷主任にキツく怒られるけど、みんなわかっててフォローしてる雰囲気が伝わってくる。最初は犬猿の仲だったドラッグストア勤務の小野塚も、葵に触発されて胸の内に秘めていた目標を思い出していくのは、ひとつの大事なストーリーだと思う。そして、薬剤部副部長の瀬野が病に倒れた時、患者と向き合ってきた自分自身に沸いた本当の感情を葵に告白する場面は、このドラマで一番の重要なシーン。見ていてグッときました。
50代女性

薬剤とは、本当大変な仕事だと感じる事のできる素晴らしいドラマでした。医者ではなく、看護師ではないそれでも薬は治療には絶対必要で病院には絶対必要な存在に着目した素晴らしいドラマでした。そんな中で、患者を思う気持ちは誰よりもあって、そしてチームワークがどこの職場でも必ず必要だと感じました。そんな必死な薬剤師を石原さとみさんが体当たりで熱演していたのが印象的で、こんな薬剤師さんがいたら入院しても任せたいと思ってしまいました。そして、このドラマを見て思ったのは薬剤師にも、病院の薬剤師と街の薬剤師は全然違うという事がわかりました。病院薬剤師は本当に激務なのに、やっている人達は立派だと思いましたし、それほど患者さんの事を感がていると感じられるドラマでした。
30代男性

私は薬学部の学生なのですが、治療薬に関することや医療の現場などが非常にリアルに事細かに描かれていてとても勉強になりました。主人公の葵(石原さとみ)が現実の薬剤師に本当に居そうなライン超えない程度に大活躍していて、素晴らしい作品だと思いました。1番好きなシーンは、小野塚さん(成田凌)が、かつてはドラッグストアで働く無気力な薬剤師だったのに、瀬野さん(田中圭)の背中を見て憧れを抱き、最終的に病院薬剤師になるため勉強を始めるところです。現実にドラッグストアで働く薬剤師の葛藤が絶妙なバランスで描かれていてとても人間味のあるキャラクターだったことと、成田凌のビジュアルも相まって、個人的に登場人物の中で1番好きでした。
20代女性

このドラマを見て薬剤師さんの働きで患者さんの命を救うこともあるんだということに気づかされました。患者やその家族は医者にしか感謝しないけれど、実は薬剤師さんの気付きがきっかけだった、というシーンがあり、目立たない存在だけどとても重要なんだなと考えさせられました。主人公の葵みどりさんは他の薬剤師さんよりも少し患者さんに肩入れしてしまう薬剤師さんで、少しおせっかいだなと思いつつも、その優しさが患者さんの気持ちを前向きにしてくれることもあり、感動しました。薬剤師のチームワークも素晴らしかったです。特に部長の販田さんが「わかる」といってくれるところがいいなと思いました。素直で人間らしい部長さんだなと思いました。葵さんの先輩の副瀬野さんもクールでかっこよかったです。終盤で彼自身がガンを患ってしまった時はすごく悲しかったですが、最後に復活できて安心しました。
30代女性

石原さとみさん演じる主人公は薬剤師でしたが、医師や看護師のように患者に寄り添う姿に心を打たれました。初回では心肺停止に陥った患者が飲んでいた薬に目をつけて医師に報告したことで、患者は快方に向かいます。視聴者からは薬剤師なのに医療現場に入り込みすぎでは?という声もあったようですが、主人公の言動からは患者のことを思っていることがよく伝わってきました。まさに「患者思いの薬剤師」でした。それゆえ観ていてあたたかい気持ちになりました。さらに主人公を演じた石原さんは「失恋ショコラティエ」などラブストーリーのイメージが強かったのですが、作中で薬剤師の制服を着て奮闘する姿を観て医療ドラマの石原さんもいいなと思えました。
30代女性

薬剤師さんという仕事は誰もが知っていると思いますが、病院で働いている薬剤師さんが実はどんな仕事をしているのかということについて、あまり考えたことがありませんでした。このドラマを見て、薬剤師さんって思ったよりも大変な仕事なんだなと思いました。そして、お医者さんや看護師さんは患者さんから感謝されるのに、薬剤師さんはあまり感謝されていないことを感じました。このドラマでは、石原さとみさんが仕事熱心な薬剤師さんを演じています。患者さんのためにたくさんある薬の中から自分にあった薬を処方してくれており、こんな患者さんに寄り添える薬剤師さんって素敵だなと思いました。また、このドラマはどの話もとにかく泣ける話になっており、毎回涙が止まりませんでした。
30代女性

医療系ドラマはたくさんありますが、薬剤師をメインにしたものは見たことがなかったので新鮮な気持ちで楽しめました。1話ごとに様々な事情を抱えた患者さんが登場し、薬剤師の葵が寄り添う姿に感動しました。最初はやる気がなかった相原が葵に感化され、どんどん成長していく姿は嬉しくなりました。特に印象に残ったシーンは、瀬野が担当薬剤師に葵を指名したところです。瀬野と葵は固い絆で結ばれていて、一人前の薬剤師として認めたんだなと感動しました。葵は薬剤部から産婦人科医院に行っても変わらず患者さんに寄り添っていて、こんな素敵な薬剤師さんがいたらいいなと思いました。もちろん全ての人が助かるというわけではなく、悲しい現実も受け止める姿もリアルで興味深かったです。
20代女性

病院薬剤師の大変さと患者さんの生活を薬で支えている大事な職業なんだなと思いました。葵と刈谷の正反対な凸凹コンビが信頼関係がきちんとあって見るごとにいいコンビだなと思いました。個人的には第8話が一番感動しました。いつもは明るい荒神が末期がんの奥さんのことになると冷静じゃいられなくなるのがすごくリアルでがん患者の家族の葛藤が伝わってきました。意識が朦朧としている奥さんに新しい手品を披露するシーンがすごく感動しました。葵のことを指導しながら見守っている瀬野も凄くかっこいいなと思いました。第5話で患者の太一から預かった野球ボールを瀬野が葵に渡すシーンが好きでした。泣き崩れる葵をみんなに見られないようにカバーする瀬野が素敵でした。
20代女性

医療ドラマは以前から好きでよく見ていましたが、この作品のように薬剤師に焦点を当てたドラマはなかなか無いのではないかなと思い、見てみることにしました。薬剤師と言えば調剤をすることがメインで働いているというイメージがありましたが、救命の現場や入院中の服薬指導など、その仕事内容は多岐にわたっていて色々な場面で活躍しているのだなと初めて知りました。これだけ人のことを考えて健康体を得るために努力できる薬剤師たちのことを、このドラマを通して知ることができたのは本当によかったです。ストーリーもなかなか凝ったもので、毎回のようになかされました。主役を演じた石原さとみはやはり主役らしい演技力を発揮してくれていました。
20代女性

医療ドラマは数々観てきましたが薬剤師にスポットを当てたものは初めてでとても新鮮な感じでした。病院薬剤師というのは外来の処方薬を出している感じで認識していましたが石原さとみさんが演じている葵は外来も入院患者も処方するだけでなく精神的な部分まで深く関わろうと悪戦苦闘している姿がとても素敵でした。医師は患者さんから直接感謝を伝えられますが薬剤師は裏方です。少しでも間違った処方をして患者さんの身に何かがあったら医師でなく薬剤師が責められようです。そのような過酷な職務の中、感謝さんのために一生懸命努力している姿は元気をもらいます。薬局の薬剤師をしていた小野塚が救急の現場での薬剤師になりたくて葵に触発されながら勉強を重ね夢を叶えて行く姿はとても格好良かったです。
50代女性

今まで私は医療系の作品といえば、お医者さんや看護師さんが主人公のものしか観たことがなく、薬剤師さんが主人公のものを観るのは、この作品が初めてだったので、とても新鮮でしたし、普段病院へお世話になり薬を処方してもらう際は、必ず薬剤師さんから受け取るのにも関わらず、その薬剤師さんのされている仕事について、あまり知らなかったので、この作品で薬剤師さんのお仕事を知るきっかけにもなりましたし、そのお仕事は、ただ患者さんにお薬を渡すだけでなく自分が思っている以上に大変なお仕事なんだと実感しました。また、石原さとみさんの明るくて優しい、みどりの姿を観る度に癒されましたし、元気をもらっていました。みどりは理想の薬剤師さんです。
30代女性

患者さんを第一に考えるからこそ、時に患者さんに対して行き過ぎたお節介を焼きすぎてしまい暴走してしまう葵。考え方の違いや患者さんへの思い入れなどのすれ違いから薬剤部の仲間たちともぶつかってしまうことが多々あります。しかし、一生懸命に時間をかけながらも患者さんに向き合う葵の姿に次第に感化されていく仲間たちの姿を毎度微笑ましく見ておりました。普段スポットライトを浴びることのない病院薬剤師を描いており、今まで知ることのなかった病院薬剤師の役割とはなんであるのかなどを知ることができました。今までにない新しい形の医療ドラマなのではないかと感じ、医療ドラマに興味のない方や医療用語を知らない方でも楽しめるドラマだと思います。
30代女性

医療マンガを映像化したドラマで、医療現場の諸事情が垣間見れる、とても興味深い作品でした。石原さとみが演じる葵みどりは鋭い嗅覚と味覚を持つ薬剤師。患者第一を信念に仕事する素振りには心を打たれます。時には患者のために医師にも進言するなど、現実に身近にこのような薬剤師さんにお世話になることができたら、と羨ましくさえ感じました。その情熱は職場内だけに留まらず、終末期を迎えた患者さんの自宅にまで赴き、適切なアドバイスや心の支えにさえなる程です。みどりを取り巻く同僚や上司たちが、その仕事ぶりに圧倒されつつ次第に同調していく様も、医療者を日常的に頼らざるを得ない状況の視聴者としては頼もしく共感できる展開でした。
50代女性

薬剤師を主としたドラマは初めてだったので、新鮮味がありました。葵みどりの一生懸命さが所々のシーンで出ていて思わず応援したくなる様な作品でした。薬局薬剤師の小野塚も最初は嫌なやつだなと思っていましたが、少しずつ自分の気持ちを周りにも表現できるようになり、笑顔も増え、救急の薬剤師を目指す様になってかっこよかったです。いろんなシーンで涙しましたが同じ薬剤師の上司の奥さんが病気で亡くなってしまうシーンは特に辛く、自分の体験と重ねて見てしまう部分がありました。最後の最後まで奥さんの大好きな手品を見せて明るく振る舞うところに夫婦愛を感じましたし、とても素敵なシーンとして覚えています。先輩の瀬野さんも自らの病気と戦う中での気持ちの葛藤がリアルで良かったです。 
20代女性

私はこれまで、薬剤師という職業の業務内容を深く知らなかったので、このドラマは本当に勉強になりました。同じ薬剤師でも、ドラックストアと病院とでは異なるという点、そして病院薬剤師は医師以上に気を遣う仕事なのではないでしょうか。このドラマは主人公の葵みどりを中心にストーリーが展開していきますが、まず真っ直ぐな性格で、時には病院薬剤師という業務の枠を逸脱することで、大きな問題が発生してしまったりもするのですが、結果的に物事が良い方向へ向かっていくところがとても良いです。今の現代社会において、葵みどりのような人材はなかなかいないと思います。葵みどりの一生懸命な行動が、関わる人間に気づきを与え、同僚の関係も良好になり、結果的に組織自体も活性化してていくという、良いストーリーだと思います。
30代男性



本ページの情報は
2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました