地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 無料動画

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

14日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 を動画視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Hulu」で
フル動画配信しています。

▼Hulu 5つのポイント

1、人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、
バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

2、マルチデバイス対応で
いつでも・どこでも、視聴できる!

PC、テレビ、スマートフォン、
タブレットなど、様々なデバイスに対応!
テレビで見始めた動画のつづきを
スマートフォンで楽しめます!

3、Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!

4、ライブ配信が充実!
スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、
最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!

5、まるで映画館!驚きの高画質!
インターネット接続環境に合わせて配信画質を
調整しているから、お家でも、外出先でも、
迫力の映像が楽しめます!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
×31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
×初回2週間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)

地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子 動画を見る前に詳細情報を確認!

番組概要

宮木あや子の小説をドラマ化。

ファッション誌の編集者になるべく
出版社に入社しながら、
小説の原稿などを校正する
「校閲部」に配属された
河野悦子(石原さとみ)が、
驚異の集中力と行動力を駆使し、
文章中に登場するさまざまな事柄を
調べ上げていく姿を描く。

ライターコメント

私は、以前から校閲のお仕事にも少し興味があったので、この作品で校閲の世界を観ることが出来たので純粋に嬉しかったです。また、校閲のお仕事は地味でも、自分の好きなファッションをして、お洒落を楽しむ悦子の姿が可愛らしかったですし、この作品で着用している悦子のファッションや、メイク、髪型などが、いつも可愛くて素敵なので、悦子のファッションなどを観るだけでも楽しくて、この作品を観ていると私も、お洒落したい気分になり、真似できそうなものは、真似してみたりもしていました。そして、悦子と一緒に、お仕事をする校閲部の仲間たちは、個性豊かな人ばかりでタイトル通り校閲のお仕事は地味にすごくて、とても面白い作品でした。
30代女性

すごく心が惹かれた作品でした。雑誌に携わりたいというのは結構おしゃれ女子の方はみんな思うと思うのですがそれでも編集に携われないところの校閲から始まって段々実力で最終的にはファッション誌の仕事に就けるってすばらしいなと思いました。個人的に校閲という仕事を知らなかったのでその仕事がとても楽しそうに見えてすごく羨ましくなりましたし楽しそうなので一度やってみたいなとまで思いました。モデルのこといい感じになったりするのはすごい夢があるなと思いましたし、そしておしゃれだしかわいいからお似合いなのがすごく素敵でずっと2人を見ていられるなと思いました。校閲について調べる人が多かった若干社会現象を起こした作品だった印象です。
20代女性

ファッショナブルな石原さとみがすごく可愛かったです。ファッション誌の編集志望の役ということもあって毎回ごとに衣装が異なり、しかもオシャレだったからどんな衣装で登場するのか楽しみでした。また、ストーリー自体も校閲というこれまであまり馴染みのない題材を用いていたのが興味深く、校閲という仕事に対しての興味が持てました。そして、登場人物の中で好きだったのが本田翼が演じる森尾です。最初は石原さとみ演じる河野悦子に対して意地悪な感じでしたが、徐々に打ち解ける感じや河野悦子とは真逆のキャラクターで対比的な描き方だったからよりストーリーを楽しむことができました。また、印象的だったのが森尾が折原とのキスシーンで思わずオッと声を出してしまいました。
30代男性

校閲という仕事に純粋に興味を持ちました。一つの小説や雑誌が出来るまでに、あんなに念入りに色々と調べられているということにビックリしました。。実際にそこへ行って検証したりすることもあるし、言葉一つにしてもおかしくないか念入りに調べているし、どんなに時間があっても足りないんじゃないかと驚きました。普段自分達が何気なく読んでいる文章を一つ一つ丁寧に読まないといけないなという気持ちになりました。凄く大変な仕事ではあるものの、校閲という仕事は凄くやりがいのある仕事だなとも思いました。最初はイヤイヤ仕事をしていた悦子がどんどん成長していく姿はカッコ良かったし、なんだかんだ言っても悦子には校閲という仕事が天職なんじゃないのかな?と思いました。
30代女性

今まで見てきたドラマの中でも大好きな作品です。初めは希望していなかった校閲部に就職した主人公でしたが、仕事の中で関わっていく仲間達との間にも色々な心情が出て、校閲のお仕事がとても素晴らしいと感じるようになり人として成長していく主人公に目が離せません。また、本の作者さんとのやりとりも非常にテンポがよくストーリーの展開が楽しめます。本の作者さんも本を出すきっかけがあり、その心情に主人公がまっすぐと向き合う姿が素晴らしく感動します。また、希望していたファッション誌の出版社には後輩が就職していて、これがまた少し厄介なトラブルや恋愛トラブルに巻き込まれたりと、一つ一つのエピソードに目が離せなく笑いあり、涙ありととても面白いドラマでした。
20代女性

仕事=友情は存在するのか考えさせられたドラマでしたし、仕事の延長線上に友情が芽生えることは稀だと思いますが、仕事の延長線上に友情があっても良いのだと感じました。また、好きなことをあるいは好きな仕事を一生の仕事にしたいと思うのは誰しもが思うことです。自分がやりたかった仕事とは違う部署に配属された時点で、普通の人であればやる気がなくなってしまうものですが、悦子は違いました。今、抱えている仕事に対して一生懸命に取り組むだけでなく、仕事への情熱とやりがいを見出しておりました。そんな悦子の仕事に向き合う姿勢に感銘を受けましたし、見習わなければならいない姿勢なのだと見ていて改めて感じ、仕事を続けていく中でいつしかルーティーン化してしまい仕事を楽しむことを忘れがちですが、初心に戻ることも大切なのだと感じさせれるドラマです。
30代女性

凄く元気が貰えるドラマでした。ファッションにとにかく凝っているし、石原さとみさんが着せ替え人形みたいで可愛かったです。女性は絶対にこのドラマ好きだと思います。個性的なのであまり真似できないようなファッションではあるですが、カラフルで可愛いし、石原さとみさんは何を着ても本当に似合います。また、主人公の河野悦子も凄く魅力的な女性です。何事にも前向きで明るくて、仕事に対する一生懸命さが伝わります。このドラマを見るまで校閲のお仕事について知らなかったのですが、こういう仕事なんだということも分かったし、校閲の仕事ってとにかく頭がよくないと出来ない仕事なんだな~と思いました。かなり縁の下の力持ちって感じの仕事です。面白い仕事があるもんだと思いました。
30代女性

決して仕事に対して手を抜かず、自分のぶれない芯をしっかり持っている女性のお話です。自分の芯がしっかりしているからこそ仕事もプライベートも手を抜かずとても充実させていて見ていて自分もやりたいことはやって日々楽しく過ごそうと思えるドラマでした。主人公は自分の芯を持ちすぎるため周りにいる人たちは振り回されてしまうことも多くあったのですが、結果として自分の為ではなく他人を幸せにしていて心暖かくなるドラマでした。また、石原さとみさんがドラマ中で毎回可愛い衣装を身に着けているというのもドラマを楽しむ一つのポイントでした。会社の中だけではなく部屋着や髪型、メイクなど真似したいと思えるものが多くドラマの内容はもちろん。毎回来ているファッションにも注目していました。
20代女性

石原さとみ、菅田将暉、本田翼、足立梨花など豪華なキャストが多く出演していました。石原さとみはやはり主演格の見た目と演技力を持っているなと改めて感じ、歳をとっていっているのにどんどん可愛くなっている様子を見て憧れと尊敬の気持ちを同じ女性として抱きました。石原さとみのファッションは毎回非常に見どころとなっていて、ファッションに興味がある人はこの作品を一度は見てほしいなと思いました。私は「校閲」という言葉を、このドラマを知るまで知らなかったのですが、この作品を通してこんなにも大変で簡単にこなせない仕事なのだなと教えてくれたような気がします。ドラマを見終わってすぐは雑誌や本、記事などを見た時には、校閲が繰り返されて出来上がっているのだなと考えてしまうくらいでした。全体的に面白かったです。
20代女性

校閲という仕事があることをこのドラマをきっかけに知ることができました。タイトル通り確かに地味ではあるものの、本や雑誌を作るうえでとても大事な仕事であり、文章を作成するのには作者一人の力でできることではないということを知りました。自分の希望した仕事ではないものの、与えられた仕事に真剣に取り組む姿は同じ女性としてとても刺激になり勇気づけられました。また、石原さとみ演じる主人公の河野悦子の明るく天真爛漫なキャラクターがとても印象的で、毎回可愛らしいファッションを着こなしていて、わたし自身もプライベートで真似をしてしまうほどでした。菅田将暉演じる恋人との仲睦まじい様子もとても面白くてお気に入りのドラマの一つです。 
20代女性

主人公の悦子が恋と仕事に奮闘するのが見ていてすごく楽しかったです。石原さとみさんのコミカルなお芝居が好きでした。最初は校閲の仕事に後ろ向きだった悦子が校閲部の人たちと仲良くなり自ら事実確認に行く情熱が本当にすごいなと思いました。毎回繰り広げられる悦子と貝塚の言い合いがすごく面白くて好きでした。悦子と幸人くんのなかなか進展しない恋もキュンとして見ごたえがありました。暗かった校閲部が悦子の影響でだんだん明るくなっていくのがすごくいいなと思いました。この作品を見て初めて校閲部の存在を知り本を作る大変さを実感しました。毎回場面転換で映し出される悦子のファッションがすごくかわいくてそのシーンもお気に入りでした。
20代女性

ファッション雑誌の編集者志望のヒロイン・河野悦子を演じる石原さとみの服装と髪型が、とにかくオシャレで可愛いのが一番の見どころ!それでいて、悦子がおでん屋さんの2階に住んでいたり、校閲仕事もしっかり細かいところまで読み込んでいたりするギャップがまた素敵なんです。勘違いや思い込みで行動して、思わぬ騒動に発展することもあるけど、何があってもスーパーポジティブな悦子に元気がもらえます!悦子の後輩で、悦子憧れのファッション誌の編集者の、本田翼が演じる森尾の仕事に苦悩する様子もリアルだし、菅田将暉が演じる謎の美しい大学生・幸人もとらえどころのないミステリアスな雰囲気が良いです。校閲という仕事がタイトル通り地味なんですが、その分、味のあるドラマに仕上がっていると思います!
50代女性

ファッション誌の編集者を目指す主人公を石原さとみが演じており、画面がずっと美しく華やかなので観ているだけで惚れ惚れしました。シーンが変わるごとにファッションも変わるので職場・プライベート・部屋着、そのどれもがオシャレで気になったコーディネートは真似をしたりもしていました。また本当の校閲作業を見ているかのような字幕編集があるお陰で、耳だけでは理解できなかった日本語の細やかな校閲も分かりやすく楽しむことができました。何より主人公が自分の希望とは違う部署に配属されて最初は嫌々仕事に取り掛かっていく中で、校閲の面白さや大切さを知り、部署内外問わず彼女の真っ直ぐな姿に惹き込まれていく姿に自分も一緒に惹き込まれ、普段なんとなくやり過ごしていた仕事にもっと真っ正面から取り組もう!と前向きな気持ちにさせてくれた作品でした。
30代女性

ラブストーリーが好きだからか、ヒロインの悦子と幸人の関係がずっと気になっていました。作中ではなかなか交際に至らず、ちょっとやきもきしましたが、最終回ですっきりしました。悦子は幸人と恋人関係になったら甘えてしまうからと、今まで通り友達の関係でいることにします。しばらくの間は仕事を頑張ると決め、幸人に甘えまいとする悦子はどこかかっこよく思えました。悦子と幸人はお互い夢に向かって頑張ろうと落ち着いたのは微笑ましかったです。それぞれに夢がある二人はキラキラしていたように思いました。ラスト交際には至らなかったものの、観ていて心地よかったです。ストーリー展開がおもしろく、最後まで気持ちよく観られる作品でした。
30代女性

石原さとみさんと菅田将暉さんがキャスティングされていたので見始めました。明るい作品だと思います。登場人物はほぼ全員仕事に関してなんらかの疑問を持っているし、主人公も本来やりたい仕事とは違う仕事を任されるという少し暗い設定で始まりますが、主人公がどこまでも前向きに物事と向き合うところから明るさが周りにも伝染していき、作品自体が明るいものに仕上がっているのだと感じます。当時見た時はまだ10代だったので、私も主人公のように前向きになりたいと憧れの人物像になり得ました。この憧れは作品の中で、主人公の周りの人たちも感じているようにみえました。主人公の納得するまでやるという姿勢は、現代社会ではやりたくてもやらない人がほとんどのように感じるので、視聴者の多くが主人公の周りの人に感情移入して共感したのではないでしょうか。また、毎回違う着こなしで出てくる主人公のファッションもとてもオシャレで、石原さとみさんということもあり、女性としての憧れも感じました。見ると前向きになるドラマだと思います。
20代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はHulu
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました