リッチマン、プアウーマン 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
FOD初回2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

リッチマン、プアウーマン 見逃し動画を全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの
動画作品を配信している

FODプレミアム」で
全話フル動画配信しています。

初回登録の方には
無料お試しが2週間ついています。

【FODプレミアムの特徴】

・フジテレビ系列の作品が5,000本以上見放題

・アニメや海外ドラマなど
 人気作品をラインナップ

・放送中作品の見逃し配信があります

・雑誌が読み放題130誌以上

・対象漫画を無料で読めます

毎月1,300ポイント獲得できます。
毎月100ポイントと
毎月8日・18日・28日に
それぞれ400ポイント獲得!

獲得したポイントを利用することで、
映画も無料で見れちゃいます!

リッチマン、プアウーマン 見逃し動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

就職難民女と若手社長との
シンデレラストーリー。

澤木千尋は、東大卒ながら就職が決まらずにいた。

そんなある日、
注目の若手IT社長・日向徹の
会社説明会に参加し、
いきなり内定数を聞かれた千尋は、
正直にゼロだと明かした。

すると日向は、
東大卒でも内定がもらえないのは、
よっぽど欠陥があるのかと、
千尋を値踏みするように見て…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

小栗旬
石原さとみ
相武紗季
井浦新
浅利陽介
中村靖日
八木のぞみ
舞川あいく
野村麻純
古川雄輝
丸山智己
中原丈雄
佐野史郎
大地真央


ライターコメント

“波に乗っているIT企業の社長と就活生が最悪の出会いから特別な関係になっていく模様を描かれていた作品で2人のやりとりに毎回きゅんきゅんしていました。人間関係に不器用な日向社長ですが、何事にもまっすぐに突き進む夏井真琴に影響されて少しずつ変わっていった姿が素敵な関係だと思いました。社員の名前を言えるようになったのもその象徴的な出来事と捉えています。絶大なビジネスパートナーであったはずの朝比奈に裏切られ、すべてを失った日向を支え続けたのも夏井でしたし、何があっても日向社長を信じ続けるひたむきな女性像を石原さとみさんは見事に演じきっていました。「好きすぎて辛い」と泣きながら話したシーンは切なさにぐっときましたが、その意味がわからないってどれだけ鈍感なんだろうと笑ってしまいました。ブラジル行き直前での空港でやっとふたりの想いが通じ合い、人目もはばからずしたキスが印象的でした。
30代女性”


最初は全く眼中になかった相手にだんだん惹かれていくときめき感が楽しいドラマでした。小栗旬さんがちょっと陰のあるクールな役どころで終始かっこいいです。そして個人的には井浦新さん演じる朝比奈恒介の優しくて冷静な感じがとても好きでした。ありえないと思うことが起こるのが人生であり、恋愛であるということを物語っているドラマです。対極にいる2人が反発しながらだんだんお互いのことを知り、惹かれていく過程にドキドキします。そして、相武紗季さん演じる燿子が恋のライバルとして現れ、2人の関係をかき回していくので、ハラハラする場面もあり、面白いです。中々うまくいかない二人の関係性に最後まで目が離せない恋愛の醍醐味を楽しめるドラマでした。30代女性


“一見、石原さとみと小栗旬の王道の恋愛ドラマかと思ったら、就活生の葛藤、天才社長が立ち向かう社会の嘘や闇といったビジネスドラマで、あっという間に熱中、引き込まれるドラマでした。特に井浦新と小栗旬の役柄が最高で、その正反対の性格、考えが引き起こすズレや裏切りが、男性特有の嫉妬をよく現しており、印象的でした。個人的にあんな会社で働けたら毎日キラキラして楽しいんだろうなと羨ましくなるドラマでした。そして最後の空港でのキスシーン!小栗旬のツンデレ感がたまらなく、石原さとみが可愛く輝いて見えました。サントラのmiwaの曲が切なく、特に英語版の音楽が絶妙にドラマに合っており、より物語を引き立てたように思います。続編が出たら絶対に見たい!と思わせるドラマでした。
30代女性”


主人公の小栗旬演じる日向徹は、優秀な経営者としての一面と傍若無人で社員のことをバサバサと切り捨てるような一面がある男です。しかし、不器用で、ヒロインの石原さとみ演じる夏井真琴への恋心に気づいてもなかなか素直になれないようなかわいい一面も持ち合わせています。そんなツンデレな社長に最初はイライラもしますが、どんどん真琴に惹かれて、真っ直ぐな真琴に影響されて人間らしくなっていく姿は、どんどん魅力的になり、とても応援したくもなります。どんな窮地に立たされても諦めないヒロインを演じる石原さとみさんもとてもかわいくて、愛らしくて、元気をもらいます。さらに、井浦新さんや相武紗季さんなど、実力派の俳優が出演していて、頼もしく安心して楽しむことができます。最後の主人公2人がやっと空港で想いを伝え合うシーンは本当にかわいくて、ドキドキして、大好きなシーンです。何度も録画で見返したほどで、必見です。30代女性


平凡な女子大生がITトップ企業の社長と恋をするという、実際あまりありえないけれど、憧れる内容のラブストーリーです。主役の小栗旬さんと石原さとみさんが役にとてもマッチしていて、物語につい入り込んでしまいます。途中、離れ離れになりながらも最後にはハッピーエンドの王道のラブストーリーですが、二人が触れ合うシーンは、見ていてとてもキュンキュンするし、全く飽きることがありません。お互い好きなのに上手く伝えられずすれ違ってしまうもどかしい感じや、最終話のキスシーンの照れながらも好きな気持ちがあふれる様子はとてもキュンキュンする場面で、録画して何度も見返してしまうほどいい感じでした。若い時の懐かしい恋する気持ちを思い出させてくれる、素敵な作品です。40代女性


とてもキュンキュンできるドラマです。恋愛だけではなく会社として人としてどう成長していくことが出来るのか人間の成長の様子も楽しむことが出来ます。ずっと自分のことしか考えて生きてこなかった小栗旬さん演じる主人公が石原さとみさん演じるヒロインによって変わっていき、周りに頼りながら人の気持ちを考えながら成長していく姿には思わず応援したくなります。人を変える事が出来るのはやはり人なのだとも思いました。また、二人の恋愛の行方にも毎回ドキドキしました。いつも良い所で邪魔が入ったり中々素直になれない二人がどのようにして様々な試練を乗り越えていくのか最後まで目が離せないのではいかと思います。二人を取り巻く人たちも暖かい人が多いので注目して頂ければと思います。20代女性


“石原さとみと小栗旬の組み合わせが最高に似合っていて、たまらなく二人を羨ましく感じたドラマでした。バリバリ働きながらも恋愛を楽しんでいる様子を見ていると、私も就職して会社員になったら石原さとみのように仕事とプライベートを充実させたいなと考えるようになりました。ドラマの中でオフィスとして使われている舞台は、非常におしゃれで可愛くて、こんな場所で自分も働いてみたいと思うくらいキラキラ輝いて見えました。主人公が失敗をしたりしても諦めずに自分から積極的に仕事に取り組む姿勢からは、社会人への道について学ばされたような気がします。1話の一番はじめから石原さとみと小栗旬が早くカップルになってほしいと願いながら見ていましたが、二人の関係がどのようにして進んでいくかが一つの見どころだと思います。
20代女性”


お金持ち社長と高学歴だけもなかなか就職先が見つからないヒロインとのラブストーリーです。テンポがよく、最後まで飽きずに楽しめることができました。社長役の小栗旬がとにかくカッコよくて惚れ惚れしていました。見た目だけではなく、行動も堂々してかっこよくて男らしいところが好きな登場人物です。ただのラブストーリーではなく、夢に生きる姿や企業要素を取り入れられてるので女性だけではなく男性も楽しめるドラマになってると思います。ヒロインと社長以外の登場人物の恋愛模様も描かれていて、いろんな視点から楽しめました。最初から最後までワクワクしながら見れました。少し前の作品になりますが今でも大好きなドラマの一つです。30代女性


恋愛ももちろんですが、働くことにもフォーカスが当たっていてとても良いドラマだと思いました。学生だった時に見たのと、社会人になってから見直したのでは印象が全然違ってきたドラマです。学生だった時は、キラキラしたおしゃれな職場でイケメン社長と恋愛するなんて羨ましい!トラブルも恋愛のスパイスになっている!という気持ちが大きかったです。社会人になってから見ると、仕事の点ではかなりシビアな内容だと感じました。いちインターンでしかない真琴の働き方は、自分も見習わなければならない点が多く見受けられます。つらくても常に笑顔を絶やさないところや、目上の人でも物おじせずに対応するところ、それでも礼儀は欠かさないところなど、こういう風に働きたいという気持ちにさせられます。恋愛要素と働く要素がちょうどいいバランスのドラマです。20代女性


“このドラマは、ストーリーが非常に作りこまれていて、見ていて凄いと思わせてくれる所が最高です。
しかし、それを笑えるように作っているから、だれがみても楽しい内容にしている所がさらに良いです。
長澤まさみさん、東出昌大さん、小日向文世さんの3人のコンビがとにかく最高で、どこか抜けているが最後には見事に相手を騙している。
正に、何が真実で何が嘘かまったくわからない展開に、毎回騙されたと思った人は大勢いると思います。
決して善人から騙さない、悪人からだまし取るまさに、世直し的な要素もあるので見ていて応援したくなる気持ちにもなってきます。
ドラマだけではなく、後々映画になりパワーアップした作品なので、まずはドラマから抑えるが良いと思います。
30代男性”


“空港で真琴と日向が言葉を交わすシーンがたまらなく好きです。「好きすぎて辛い、とはどういうことだ、好きなら側にいればいい」と言う日向には胸がときめきました。真琴はこれに怒りますが、後に日向は彼女に告白します。「お前のことが好きだから、自分の側にいろ」と言ったのですが、日向の告白は心にぐっとくる言葉でした。このシーンで日向をかっこいいと思えたのは、日向役をイケメン俳優の小栗旬さんが演じていたというのもあると思います。このときの日向に心を揺さぶられる女性は多いはずです。ラストで真琴と日向はどうなるのか気になりましたが、無事に日向が想いを伝えることができてほっとしました。空港での告白シーンは何度見てもキュンとします。
30代女性”


価値観も性格も立場も何もかもが異なる二人が織りなすラブストーリーですが、なんと言っても小栗旬が最高にかっこいい作品でした。彼が演じる日向徹という役は、IT会社の社長で、お金持ちだけど性格はやや難あり。だけど純粋でどこか憎めない、小栗旬とすごくマッチしていて終始ドキドキさせられていました。一番好きなシーンは最終回の空港のシーンです。僕の電話には必ず出ると言っただろと追いかけてきてくれるのですが、もう胸キュン最高潮のシーンでした。見ていた女性たちは、きっとみんな日向徹に恋をしていたな、と思ってしまうシーンの一つです。また、ドラマ内に名言が多く、ハッとさせられたり、頑張ろうと思えたり、色々な気付きを与えてくれるドラマでもありました。30代女性


“石原さとみが演じる東京大学四年生の夏井真琴が、成長目覚ましい企業の会社説明会で、何千の文字数かも知れない会社の概要を早口でまくし立てるシーンが強烈です。石原さとみの女優魂をまざまざと見せつけられた気がしました。またその企業の若き社長日向徹を小栗旬が演じ、こちらもクセの強い、けれども才気あふれる魅力的な役作りが完璧でした。こんな対照的な二人ですが、お互いにないものにそれぞれ惹かれていく展開で、視聴者もいつしかその成り行きを応援したくなります。成功者に見えた日向徹も順風満帆ではなく、想像を絶する挫折をした際に、プアウーマンだからこその思いやりで見返りも求めず支える真琴の姿に、多くの女性が共感をおぼえたことでしょう。
50代女性”


記憶力の良い真琴とIT企業の社長の日向との恋愛物語でしたが、真琴が最初に日向のお母さんの名前を使って日向に覚えてもらったのはさすがだなと思いました。人の名前を覚えられない日向が唯一覚えている名前ですから。その後当然ばれてしまうのですが、真琴の性格で2人がお互いに大切な存在になっていく段階は楽しかったです。後半で朝比奈の裏切りもあったけど、仲直りもできたし、会社も立て直したし、離れていた真琴とも最後には思いを伝えられて良かったです。日向の自信満々な所が、会社を追い出されてくじけてしまったり、真琴にたいして素直になれない性格がじれったかったのですが、まわりの皆のおかげで立ち直ることができて感動しました。50代女性


IT業界に少しかじっていた私としてはとても楽しく視聴できました。当時は住民基本台帳やFacebookが結構話題になっていたのでドラマ内のアプリケーション開発のシーンなどは時代に即していたと思います。また、主役の日向徹(小栗旬)は時代の寵児のような役でしたが、格好良さやカリスマ性だけではなく持病の心因性認識不全症候群に起因するトラブルや性格の難しさなどもあって、展開が読みずらいドラマになっていたと思います。石原さとみが演じた夏井真琴との恋愛はドラマらしい現実離れした展開が多く、こちらも先の読めない面白さがありました。日向徹のブレーン役の朝比奈恒介(井浦新)が仕事や恋愛の事で少しずつ会社や日向徹を裏切っていくところの演技は本当に素晴らしく、このドラマで井浦新のファンになりました。近年みたドラマでは配役、シナリオ共とても良いドラマだったと思います。40代男性



本ページの情報は
2021年5月時点のものです。

最新の配信状況はFOD
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました