おっさんずラブ 2018 動画配信

日本のドラマ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

おっさんずラブ 2018 動画を視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトル
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

おっさんずラブ 2018 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

ピュアな男たちに笑って泣いて、ときめいて…
既成概念を飛び越えて応援したくなる!

吉田鋼太郎演じるヒロイン
おっさん上司のピュアすぎる乙女心にも注目。

あらすじ

結婚したいのに全くモテない独身男・春田。

ある日通勤途中に痴漢と間違われたところを、
尊敬する敏腕上司・黒澤に助けられる。

だがホッとしたのも束の間、
春田は黒澤の携帯画面に自分のキメ顔写真が
設定されているのを見てしまう。

動揺する春田だったが…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(春田創一)
田中圭
(牧凌太)
林遣都
(荒井ちず)
内田理央
(栗林歌麻呂)
金子大地
(瀬川舞香)
伊藤修子
(武川政宗)
眞島秀和
(黒澤蝶子)
大塚寧々
(黒澤武蔵)
吉田鋼太郎
(荒井鉄平)
児嶋一哉
真木恵未

<STAFF>

音楽
河野伸
脚本
徳尾浩司

©テレビ朝日

ライターコメント

“おっさんたちの恋愛、おっさんたちの三角関係など、どんなドラマなんだ?!いやらしいドラマなのか?!と思ってしまいそうですが、キャスト陣のコメディタッチな演技で爽やかに描かれています。女が好きな春田をとりあう牧と部長。同じ営業所に元恋人同士の男達がいたりと、カオスなのですがだんだんピュアなおっさんたちのペースに引き込まれていきます。部長演じる吉田鋼太郎さんはさすが!イケオジなのにかわいい。大塚寧々さん演じるきれいな奥さんがいて、不倫かと思いきや乙女全開で春田にかわいいLINEをしているギャップがかわいすぎます。また、牧はかわいらしい外見とは裏腹に肉食男子全開で春田にアプローチをかけていきます。牧!かっこいいよー!キャスト陣がみな役にピッタリで、テンポ良く、毎回笑わせてくれる、時にうるっとする、おもしろいドラマです。
30代女性”


“田中圭さんの魅力がたくさん詰まった作品だな~と思いました。最初はノーマルであったのに、男の人が好きだということを自覚して、アタフタしている感じが凄く良かったです。コメディ要素もたっぷり入っているし、気楽な感じで見ることの出来るドラマだと思います。同性愛ということをテーマにはしていますが、それを重くなり過ぎないように面白おかしく、でも時には感動するシーンも入っていたりなどするバランスが凄くいいなと思いました。多分世の中には自分が思っている以上に同性愛者はいるはずで、そういう人達を少しでも理解できるようになるといいなと思いました。田中圭さんももちろんいい味を出していたのですが、吉田鋼太郎さんが本当に可愛くて大好きになりました!
30代女性”


“おめでたいラストに思わず笑みが込み上げた作品でした。はるたんは牧と別れてから部長と一緒にいることが多くなり、やがて同棲状態になります。このまま結婚か?と思ったくらいでした。ある日部長の言葉で自分の気持ちに改めて気づいたはるたんは牧のもとへと急ぎます。部長の人柄があたたかいのも良かったです。はるたんの牧に向けた熱のこもった告白には笑ってしまいました。牧への愛にあふれた素晴らしい告白でした。そして、はるたんに牧が「ただいま」と言うのには感動しました。はるたんと牧が抱き合うシーンには「おめでとう!」と思わず叫んでしまったくらいでした。最終回の部長の後押し、そしてはるたんの告白には誰もが心が熱くなると思います。
30代女性”


面白くて毎回楽しみに見ていたドラマです。吉田鋼太郎さん演じる黒沢武蔵の真剣で真っ直ぐな愛情表現に、最初は面白おかしく見ていたのですがだんだんと引き込まれていきました。そして、田中圭さん演じるはるたんこと春田の動揺っぷりが面白い作品です。皆、相手が男性であろうと恋愛中の表情がしっかりと伝わってきて俳優さんの演技力が光る作品だと思いました。特に、黒沢の春田への眼差しがとても熱くて、乙女のような一挙一動に目が離せません。また、同僚の牧や幼馴染のちずとの関係性も加わり、それに春田がどんどん巻き込まれていく様子が面白かったです。瀬川舞香を演じる伊藤修子さんも個性的でこのドラマで印象的だった一人です。会社の中でいろんな人のいろんな感情がうごめく様子をどこか客観的に描いていて楽しいドラマでした。30代女性


最初はキャストを見た感じで仕事ドラマの要素の強い少しコミカルな作品なのかなと思いましたが、予想とは全く違い思いっきりラブストーリーで驚きました。タイトルからしてラブストーリーだとしても秘めた気持ちという雰囲気になるのかと思いきや、割と明るくオープンな雰囲気で面白かったです。同性に対する恋愛感情というものが切ない部分もしっかり表現されていながら、全体的に明るくコミカルに描かれているのが見ていて面白く、たくさん笑って楽しむことができました。田中圭さん演じる主人公の春田がモテモテなのは、皆に優しくて一生懸命に全力で人と向き合っているからなのかなと思いました。吉田鋼太郎さん演じる部長の乙女っぷりは、可愛らしくてとても面白かったです。30代女性


男女の恋愛模様が描かれてるドラマが多い中、男性同士の恋愛を描いている新しいドラマだと思いました。男性同士といっても爽やかな恋愛になっていて観ていてきゅんきゅんする内容だと思います。主人公はとにかくモテモテでいろんな男性から好意を持たれます。少しダメでほっとけない姿に惹かれちゃうという気持ちがちょっと分かるくらいどこか惹かれてしまう主人公になってます。主人公の行動が可愛すぎて最終回には大ファンになってしました。三角関係はともかく他の登場人物の恋愛模様を描かれているのでとてもテンポが良くすすむドラマです。続編や映画もあり、大人気のドラマですがぜひもっと続編をやってほしいなと一ファンの私は思います。30代女性


“こんなにも面白いと感じるゲイを主題としたドラマは存在するのか、と思うくらいキャスト、ストーリー構成、演出など全てにおいて完璧だなと感じたドラマでした。主人公を演じた田中圭は、本当にゲイなのではないか、少しへこたれたこのキャラクターは本物なのではないか、と信じ込んでしまうくらい演技力が高くて役所が似合いすぎていました。また吉田鋼太郎のオッサン臭ぷんぷんなゲイ役はたまらなく合っていて、主人公のことがあまりにも好きすぎるという感情が見た目から丸出しで面白かったです。このドラマを見ていて笑わない人はいないだろうというくらい笑えるシーンが多く含まれているため、非常に楽しんで見ることができます。元気を出したい、笑いたい、という時にはまた必ず見返したいです。
20代女性”


“おじさん達の恋愛がこんなに面白くなるのかとビックリしました。男性同士で恋愛というだけでもあまり前例もないし、どうなのかな?と最初は思いました。しかし、予想外にハマりました!出演者がほぼおじさんで男同士の恋愛が描かれているのに気持ち悪さがなく、むしろ笑いあり感動ありの作品になっています。キュンキュンするシーンもあったりするし、このドラマ凄いなと思います。やっぱり主演の田中圭さんが魅力的だからなのかな?と思います。30歳を過ぎているのに何となく可愛いし、頼りがいがないけど誠実な感じが凄く役にハマっていたと思います。男同士の3角関係というのも斬新だな~と思いました。人を好きになるのに同棲も異性も関係ないのかな?と思える作品でした。
30代女性”


BL作品って汚らわしいなどで抵抗される人が多い中、BLにハマった人が多い作品だなと個人的に思いました。特に吉田鋼太郎さん演じる部長と林遣都さん演じる牧の2人が田中圭さん演じる春田の悪いところ10個言い合う2話が好きで毎回リピートして観ているくらい好きなシーンです。牧はきちんと10個言っているのにも関わらず、部長は最終的に可愛すぎるを何個も連発している所には思わず苦笑してしましました。しかも牧が春田の悪いところを10個言えただけでも凄いのに、細かいところまで言っているのにはとても愛情が感じられたし、何より春田の可愛いところをよく見ているなということを改めて思いました。それくらい春田のことが好きなんだなと思って、この喧嘩は喧嘩だけど視聴者からしたら微笑ましい喧嘩だなと感じました。こういうところも含め、バラエティー豊かなドラマで良いなと思いました。20代女性


今までボーイズラブの作品にはあまり興味がなかったのですが、このドラマをきっかけに見事にハマってしまいました。というのも、このドラマはBL作品というよりも純粋な恋愛ドラマなんだと私は思います。私のお気に入りのキャラクターは吉田鋼太郎さん演じる黒澤部長です。普段は部長として男として部下たちをまとめ凛としていますが、その裏では田中圭えんじるはるたんのことが大好きすぎて乙女になってしまう二面性のギャップがたまらなく面白かったです。そのあまりにも熱い演技に、はるたんに告白をしてフラれてしまうシーンでは私も思わず泣いてしまいました。ドラマの登場人物たちが皆いい人ばかりでとても温かい作品だなとも思いました。数多くの恋愛ドラマがありますが、私はダントツでおっさんずラブが好きです。 20代女性


とにかく男同士の恋愛ってピュアで一生懸命さが伝わるドラマだなと思いました。普通の恋愛でもピュアでまっすぐで一生懸命なのは分かりますが、それ以上のものが伝わってくるドラマで、普段の私なら男同士のドラマなんて気持ち悪いと思いますが、おっさんずラブは気持ち悪いとかそういうのはなくてむしろ春田や牧、部長、それ以外の人たちの恋愛をまっすぐ応援したくなるドラマでした。全6話でもっと話数増やしても良いと思えるドラマでしたが、6話の終わり方がただひたすら萌えてしまいました。最後の牧が春田にキスしようとしてやめろと照れている所でも初々しくてこっちも照れそうなのに、春田がそんなわけないと言いながらキス返しは爆発的な効果を持っている姿でした。私は終始ドキドキしっぱなしで観て良かったと思えるドラマで、制作会社さんありがとうって気持ちでした。(笑)このドラマを通じてLGBTがもう少し温かい目で見てもらえる世界になると良いなと思いました。20代女性


“おっさんずラブ-in the sky-は、舞台を天空ピーチエアラインに移し主題歌はsumikaの歌う「願い」となっている。田中圭扮する春田創一に密かに思いを寄せる吉田鋼太郎演じるグレートキャプテン黒澤武蔵であるが、恋の三角関係はシーズン2でも健在で整備士の四宮要(戸田重次)が黒澤の隠れ恋敵、四宮には古墳が趣味という副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)が隠し切れない想いをにじませながら不器用な言動を繰り返す。春田、四宮、成瀬は一つ屋根の下に暮らしており、四宮の料理上手なところが一つの見せ場となっている。個人的に気に入っているシーンは、春田が成瀬の手を握って自分のパーカーのポケットに入れてやる雨のシーンだ。sumikaが歌うように「一つ二つ願ってもあの子じゃない」恋の滑走路大渋滞模様を豪華俳優陣が見事に演じ切っているシーズン2は、賛否両論あるようだが黒澤の勝利で終わる。確かに、少々無理がある気がしなくもないが、そこはご愛嬌、エアラインという華やかな現場で繰り広げられる恋のドタバタ劇は十分に楽しめるものだ。
50代女性”


とにかく笑えてハートフルでとてもあたたかいドラマです。また登場人物が皆キャラが濃くひとりひとりにファンが付くほどかわいく面白いキャラクターが沢山登場します。正直初めてタイトルを聞いたときはよく意味が分からずおじさんが出るドラマなのかな。としか思っていませんでしたが、実際見てみると初めておじさんに抱く可愛いという気持ちが生まれるほど魅力的なドラマでした。今の時愛のカタチも多様化していますが、このドラマは今の時代にピッタリだと思います。おじさんたちの恋愛にきゅんきゅんすることが有るなんて思いもしていませんでした。笑えて心が温かくなるドラマなのでとてもおススメです。またおじさんたちを取り巻く人物たちも暖かな人が多いので注目してもらえればと思います。20代女性


「主演田中圭、ヒロイン吉田鋼太郎、ライバル林遣都」という宣伝文句に間違いはありません。ただし、吉田鋼太郎演じるヒロインの黒澤部長を取り合う話ではありません。部長と林遣都演じる牧が田中圭演じる「はるたん」こと春田をめぐって火花を散らします。春田、牧にも部長にも身の回りを世話してもらえて楽ちんですね。女性は「うらやましい」と思ったはずです。私は「どっちか選ぶんなら、残りのほうはわたしにちょうだい」と思いながら視聴してました。大塚寧々演じる部長の妻「蝶子」がいいです。最初は夫の女性との浮気を疑い騒動を起こすけれど、男性を好きなのだとわかり離婚となったらさっぱりとして新生活を始めようとする。「女は強し」という感じがします。吉田鋼太郎の「はるたーん!」という姿がかわいかったです。ちゃんと「ヒロイン」に見えました。50代女性


“元々ボーイズラブが好きで興味を持ち毎週見てました。とても面白く見させていただきました。全体を通して、所々のシーンで光がハートになってる細かいところの細工がとても良かったです。キャストについては特に吉田鋼太郎さんの表情で感情を伝えてくるところや、田中圭さんの顔芸が面白かったです。キャラクターの関係性についても田中圭さんが総受けだったり、アタックされてるうちに流され複数の人の間で心が揺れたり、付き合ってはいないのに元カレに嫉妬心抱いたりするところがストーリーとして面白かったです。特に好きなシーンでは最初の方ですが、田中圭さんが林遣都さんにバスルームで壁ドンされ「僕じゃダメですか」と迫るシーンがキュンキュンかつ台詞のストレートさに、暫くの間笑わずにはいられませんでした。この作品で林遣都さん、吉田鋼太郎さん、田中圭さんのファンにもなりました。とてもいい作品だと思います。
20代女性”



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました