青天を衝け 動画配信

日本のドラマ

この動画を観るなら、

31日以内に解約で料金は無料です
※最新話の視聴には別途+990円(税込)で
NHK見放題パックの契約が必要です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next月額料金
31日間無料

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 青天を衝け の見逃し動画配信をフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

さらにNHKオンデマンドでは、
「NHKまるごと見放題バック」
月額別途+990円(税込)
で購入頂くと、制限なく、
見放題でお楽しみいただけます。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトル
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

ドラマ 青天を衝け を公式動画配信サービスで視聴

あらすじ

「日本資本主義の父」と称される
渋沢栄一の活躍を吉沢亮主演で
ドラマ化。

幕末から明治へ、
時代の渦に翻弄(ほんろう)され
挫折を繰り返しながらも、
高い志を持って未来を
切り開いていく姿を描く。

脚本は連続テレビ小説「あさが来た」
などを手掛けた大森美香が担当する。

キャスト・スタッフ

<CAST>

吉沢亮
高良健吾
橋本愛
田辺誠一
満島真之介
岡田健史
草なぎ剛
和久井映見
木村佳乃
要潤
大谷亮平
岸谷五朗
竹中直人
玉木宏
堤真一
小林薫

(C)NHK

各話紹介

第1話 青天を衝け「栄一、目覚める」

約500以上の企業を育て近代日本の礎を築いた「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の生涯を描く。天保11(1840)年。武蔵国・血洗島村(現・埼玉県深谷市)で養蚕を営む農家の長男として生まれた栄一(子役・小林優仁)は、5歳になると物おじしないやんちゃでおしゃべりな性格で大人たちを困らせていた。ある日、岡部藩の代官たち一行が栄一らの前を通る。罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住む喜作(子役・石澤柊斗)らと陣屋に忍び込もうと画策する。


第2話 青天を衝け「栄一、踊る」

嘉永元(1848)年。9歳に成長した栄一(子役・小林優仁)は、父・市郎右衛門から藍玉作りの仕事を学び、いとこの新五郎(田辺誠一)から読書を習い始める。そんな栄一が楽しみにしていた獅子を舞う村祭りが、ある事情で中止になってしまう。同じ頃、水戸藩から一橋家の養子に入った七郎麻呂(子役・笠松基生)は慶喜と改名し、将軍・家慶(吉幾三)から実子のようにかわいがられていた。そんな中、隠居の身の水戸徳川家第9代藩主の斉昭は、慶喜を頼みの綱に幕政に返り咲こうともくろむ。

ライターコメント

物語の主人公である渋沢栄一、前半のキーマンとなる栄一が仕えた徳川慶喜、それぞれの生い立ちや、物事に対する考え方の礎となる幼少期がとても分かり易く描かれていた印象です。初回が始まる前に、今の息詰まる世の中や不透明な日本経済について、何か生き抜く考え方のヒントやメッセージなどが出てくると良いな、と思っていました。ほぼ望んでいた通りのストーリーが描かれていたので、満足いく初回でした。構成も分かり易く、渋沢栄一の視点、一方、徳川慶喜の視点、この2つを柱に見進めて行けば前半は面白いですよ、というメッセージのようなものも感じました。ナレーションもとても良いタイミングで入って来るので、視聴者置き去りの懸念は無さそうです。 
40代男性

徳川家康がナビゲーターのごとく出てきていたところにちょっとした楽しさもありました。大河ドラマには欠かせないと言ってもいいくらいの人物がこのような形での登場に新しさを感じました。本編は子供時代というところもあってやんちゃな部分が目立ってたと思います。何にでも興味を持つ姿こそがその先の栄一の凄さなんだろうと感じました。居なくなったと隣近所大騒動だったのに何とも感じていないような栄一の寝姿には灯台下暗しなんだろうけど逆に何故気付かない?とツッコみを入れたくなるところでした。それでも栄一のやんちゃな部分を引括め優しく見守るゑいの姿は素敵な母親像だと思います。気になるキャストは玉木宏さんが演じられている高島秋帆。全く知らなくもない千代の態度や栄一との絡みに秋帆がどうなるのか凄く興味湧きました。徳川慶喜は青年時代はちょっと尖ってる雰囲気にも見れました。オープニングでは凄く穏やかな性格に見えましたが栄一と出会うまでどうなのか、斉昭も曲者感が漂ってるし親子関係が気になるところです。
40代女性

楽しみにしていた第一話、期待以上に楽しめました。英一の子供時代を演じる小林優仁くんの演技力の素晴らしさに感動しました。日本を守る、大切な人を守るという二つの守るがしっかりと伝わってきて、のちに日本の基礎を造った英一らしい言葉でした。父役の小林薫さん、母役の和久井映見さんなど、やんちゃな英一をあたたかく見守る姿がとても微笑ましく、心に響きました。映像もとてもきれいで、特に大砲のシーンは大河でしか見ることのできないスケールで描かれていました。日本のために、日本を守るという言葉は、現代ではなかなか聞くことができないセリフですが、今こそこのドラマが観る人を奮起させてほしい。若い世代はもちろん全世代に響くメッセージがたくさんありました。次回もとても楽しみです。
40代女性

開始早々まさかの徳川家康登場にはびっくりしました。東照大権現さま自ら江戸幕府の歴史を解説されるとは…まるで「麒麟は私が呼びました」と言わんばかりの、私が平和な世の中を作りましたよアピール(笑)これからもおりに触れてご登場なされると思うので楽しみです。吉沢亮さんはほんとにお顔が良いですね。高良健吾さんもキリッとしていて非常に目の保養になる大河ドラマになりそうで楽しみです。草彅くんが徳川慶喜と言うのは知っていたんですが、想像以上に出番が多そうで驚きました。幕末は過去何度も大河ドラマで取り上げられていますが、武士目線ではないものは新鮮ですし、シリアルアントレプレナーの先駆けである渋沢栄一さんについてほとんど知らないので、激動の時代の中でどんな人生を歩まれるのか一緒に楽しみたいです。
30代女性

青天を衝けで目を惹かれるのが美村さん演じる徳信院です。清楚でまだ若く養祖母となる彼女にぴったりだと思いました。着物も華美すぎず渋すぎずでとてもいいと思いました。また江戸末期で平和な江戸の雰囲気がラストシーンに凝縮されていたように思います。藍染の間を走り回る幼い日の渋沢の無邪気さは未来は明るいという感じず。一方で玉木さん演ずる高島秋帆と渋沢のやり取りからは幕末の波乱を予感させる雰囲気が、これから時代が動くぞという混沌とした感じを予感させています。今回渋沢栄一の子役を演じる小林優仁くんは女の子と見間違えるほどのかわいさと利発さでした。ごはんを食べる姿もかわいいし、高島と話す様子も好奇心一杯でかわいかったです。
40代女性

最初の徳川家康の解説が良かった。渋沢栄一の生きた時代の位置がとても良く分かり勉強になりました。渋沢栄一が徳川慶喜と出会うシーンは鮮烈です。久しぶりの草なぎ剛の出演に不思議な感動がありました。しかも彼の持つオーラのようなものが輝いていて、印象的な場面となりました。その横には堤が余裕ある顔で控えていました。今回は凄いキャストばかりと思いましたが、その他にもぞくぞくと出てくるので、目が離せませんでした。それにしても渋沢家の豊かさはなかなかのものです。父が勤勉で色々な事業に手を出していたおかげでしょうか。渋沢栄一役の吉沢は次回あたりから出てきそうですが、子役の子もはじけていてとっても良かった。お母さんお父さん大好きな本当に素敵な子です。
60代男性

大河ドラマというと重々しい感じというか気軽に見れないような雰囲気があるような気がしますが、今作は結構軽いタッチでテンポも良く楽しく見ることができました。言葉のセンスもよく、「黒豆を食し、牛乳を飲み、極力水分をとらずにカラカラにしておくのじゃ」というふうなセリフは無茶苦茶だなと思いつつ、おもわず吹き出してしまいました。出演者も豪華ですし、誰を主役にしても大河ドラマになりそうな感じがします。また脚本が大森美香さんだからか、あさが来たの時のキャストが多いように思います。あさが来たでも渋沢栄一はチラッと出てきたので、今作でチラッとあさが出てくるシーンはないんだろうかと今から期待してしまいます。これからどんなふうに物語が進んでいくのか楽しみです。
30代女性

特に印象的だったのが吉沢亮演じる渋沢栄一が徳川慶喜に意見するシーンでした。眼光鋭く慶喜に意見し、徳川の家臣として忠義を尽くす姿が勇ましいながらも少し雲の上の人に意見することにためらうかのような表情も感じられて思わず色々と渋沢栄一の心情を想像してしまいました。また、現代劇のイメージしかなかった吉沢亮の武士姿が思っていたよりも似合っていたのよく、それだけでなく草彅剛の徳川慶喜も素敵で見入ってしまいました。そして、ストーリー自体はまだ始まったという序章的な感じでしたが、これまであまり知られていない渋沢栄一像や幕臣から維新志士の幕末の英雄たちがたくさん登場するかと思うと期待しかなく、今後が楽しみになりました。
30代男性

ついに始まった日本経済の父とも言われる渋沢栄一を主人公とする大河ドラマ。これまで近代国家として成長した明治時代にあって、政治面や軍事面に比べると無視されがちだった経済面がクローズアップされるのではないかと期待される本作品ですが、まずは明治維新を控えた幕末から物語は始まりましたね。第1話で印象的だったのは吉沢亮さん演じる主人公渋沢栄一の天真爛漫さと、草彅剛が演じて、主君となる徳川慶喜の怜悧さの対比でしょうか。この2人の関係性がどのように描かれるかが、本作品の大きな注目点になると考えています。そして、そんな2人を圧倒する迫力を醸し出していたのが、竹中直人さん演じる水戸藩藩主徳川斉昭です。当時、稀代の傑物と謳われていた人物ですが、竹中直人さんの独特の風貌から醸し出される貫禄が、説得力のある演技に繋がっていますね。当面は、水戸藩や徳川慶喜視点の明治維新へ向けた動きが描写されるのだろうと予想していますが、時代のうねりに、主人公渋沢栄一がどう関わってゆくのか楽しみにしています。
30代男性

渋沢栄一のことは今のところ次のお札になる人だとか、あさが来たにも出てきた人だとかその程度のことくらいしか分かりませんが、今後栄一の幼少期から晩年あたりまで描かれていくことで楽しく知っていくことができそうだなと思いました。栄一の幼少期は裕福な家庭で育ったおぼっちゃまと言った感じでしたが、お父さんと一緒に連れて行ってくれないことに駄々をこねて行方不明になってしまい大騒動になるシーンが大変な状況ではありますが微笑ましさを感じました。そしてこの年頃の男の子らしいわがままっぷりだなと可愛く思いました。行方不明とは言ってもきっと近くにいるだろうと思っていましたが、カイコのワラか何かに隠れていたというのがまた可愛らしいポイントでした。
30代女性

オープニングは、未来へと羽ばたく明るい希望が感じられました。江戸時代末期に藍玉や養蚕をしていた農民の暮らしぶりと渋沢 栄一の幼少期が、生き生きと描かれていました。強情ぱりでおしゃべりで、母の深い愛情をいっぱいに受けて育ったことが、母(和久井映見)との会話から十分伝わってきました。子役の小林優仁くんが、聡明でとてもかわいらしかったです。水戸藩の徳川斉昭(竹中直人)や高島秋帆(玉木 宏)も、興味深い人物として描かれていました。約150年ほど前の日本の話ですが、もっとずっと前の世の中のようにも感じられました。父母の教えを守り、真剣に日本の未来を考えて、人のためにどのように行動したのか、深く知りたくなりました。
60代女性

始まり方がかなり斬新な大河だなと思いました。歌舞伎の幕開けのような始まり方で、こんばんは徳川家康ですと言うシーンは笑ってしまいました。そしてこれまでこういうことがあったのだと結構長めの説明が始まり、番組最後にやっている大河ドラマ紀行のようだなとも思いました。それを物語序盤でやるというのはこれまでの大河の中でも初じゃないかと思います。しかし大河ドラマは見るのが抵抗があると思う人でも見やすい構成になっており、最初のつかみとしてはよかったんじゃないかと思います。徳川家康の出番は最初の説明シーンだけかと思いきや、物語中盤でも私のことですと言いに出てきて、徳川家康がずいぶんユニークな人物に思えてきました。
30代女性

こんなにも汚らしい格好をしていても色気を隠しきれていないどころか溢れんばかりの色気を放出している玉木宏さんにときめきが止まらなかったです。さすがに反則だろうと思いました。汚いのに美しいとか普通だったら有り得ない矛盾極まりないものが現実として画面に収まっていて、まるで神聖なものに触れたかのような心地になりました。そして、初回にして視聴者の心を鷲掴みにしてくるストーリーは最高でしかなかったです。歴史に造詣が深くない私でも食い入るようにして観てしまいました。そして、やはり歴代の大河ドラマに引けを取らない映像美もたまらなかったです。脚本ならびに演出のこだわりようが凄くてひたすら感動の嵐で、こんな控えめに言っても神としか思えないものをこれからも観られるのかと思うとめちゃくちゃ幸せな気持ちになりました。
20代女性

新1万円札で話題の渋沢栄一の半生を描いたドラマで楽しみにしてたのでワクワクで視聴しました。徳川家康(北大路欣也)のアップから始まり家康?と思いながらも見てたら最初のシーンでだけで個人的にはもっと見たいなと感じました。栄一(吉沢亮)と徳川慶喜(草彅剛)の初対面のシーンでも全盛期の徳川家ならその場で倒されていてもおかしくない場面でしたが、あの決断が日本の運命を変えたかもしれないと考えると英断だったと思いました。徳川家の将軍と農家の家に生まれた青年がこの後、どのように交わり日本を発展させていくのか今後がとても楽しみな展開でした。第1話は全体的に登場人物の紹介をさらっとしていた感じで進んでいったので、2話目以降はもう少し内容に深みがあることを期待したいです。幼少期の栄一が蚕と歌を歌ってるシーンはとてもほっこりしました。
30代男性

地元埼玉県の偉人のお話なのでスタート前から楽しみにしていました。地元の偉人といってもどんな人なのかあまりよく知らないので、この大河ドラマで勉強したいと思います。スタートから徳川家康(北大路欣也さん)が出てきて、幕末以降の話なのに???と思ったのですが、そこからうまく幕末に話をもっていくところはちょっと斬新で面白かったです。今日はまだ子役の子たちが出てくる場面が多く主要キャストは最初の方にちょこっとだけ出てくるだけだったのですが、少し雰囲気を見ることができたので良かったです。子役の子たちの演じている栄一たちのグループも可愛らしかったですが、やはり竹中直人さんの水戸斉昭は群を抜いた存在感でした。今後、栄一は斉昭の息子である慶喜と深いかかわりを持つようになると思うのですが、斉昭が慶喜にどう影響を与えていくのか、ひいては栄一にどうかかわっていくのかも楽しみです。
40代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました