コウノドリ第2シリーズ 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

コウノドリ第2シリーズ 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

コウノドリ第2シリーズ無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

原作は鈴ノ木ユウの同名漫画で、
2015年10月期に放送されたドラマの続編。

冷静な判断力と患者に寄り添うことを
ポリシーとする産婦人科医、
またあるときは謎多き天才ピアニスト
「BABY」という2つの顔を持つ
主人公・ サクラ(綾野剛)。

「生まれること、そして生きること」
をテーマに、サクラの奮闘を描く。

共演は松岡茉優ら。

キャスト・スタッフ

<CAST>

綾野剛
松岡茉優
吉田羊
坂口健太郎
浅野和之
江口のりこ
星野源
大森南朋
佐々木蔵之介
志田未来
宮沢氷魚
松本若菜
泉澤祐希
高橋メアリージュン




ライターコメント

“ちょうど自分の出産時に見て、毎回涙なしに見ることができない感動ドラマでした。どの回にも全てドラマがあり、改めて出産は奇跡だし、どのお母さんも必死で命懸けで子育てに挑んでいるんだなとつくづく感じました。主人公のサクラみたいなお医者さんのもとで出産できたらどんなに幸せだろうと思うくらい、全ての妊婦さんの心に寄り添い、また腕もたしかで素晴らしいお医者さんだと思います。また、サクラに限らず、周りの医者や看護師、全ての人たちが一生懸命に小さな命とお母さんと向き合ってくれている姿が本当にすごいと感じます。やはり、出産というのは、1人の医者だけでは無くチームみんなで取り組むものなんだなということを教えられるドラマです。
30代女性”

第一弾のときから毎回感動しながら見ていました。第一弾で星野源さんを好きになり、引き続き2017年版も楽しみに見ました。星野源さん演じる四宮先生が第一弾の2015年版のときよりもさらに成長し、人間的にも大人になっていたところがとても嬉しく、また四宮先生のお父様とのエピソードがとても感動し、涙しました。もちろんサクラ先生やこれまでの登場人物の皆さんも変わらず温かい人たちなので、見ていていつも感動して号泣しながら見ますが、最後には温かい気持ちにしてくれる作品でした。この作品を通して綾野剛さんも好きになりました。最初は少し苦手なイメージだったのですが、今や綾野剛さんも大好きな俳優さんになりました。
40代女性

第一話の始まり方から、とても感動しました。産婦人科の先生方が必死に赤ちゃんとお母さんのために頑張る姿に感動しました。妊娠中の検査で癌が発覚し、赤ちゃんの出産を諦めるか、お母さんの癌を放置するかという場面は、すごく泣けました。どちらかを選ぶしかないのかな?と思ったら、産婦人科と小児科の先生が必死に話し合い、両方助けるという事になり、とても感動しました。コウノトリのドラマを見て、どんな出産方法でも、早産になってしまっても、お母さんと子供が元気ならいいと分かりました。産後うつの話は、すごく気持ちがわかる話で、ドラマでやってくれると、いろんな人にわかってもらえていいなと思いました。出産したお母さんも、これから出産する人もみんなが感動するドラマです。
20代女性

“このドラマは妊娠から出産まで、本当に色々なことがあるんだなと改めて痛感させられました。出産までできることが、こんなにも奇跡的なことなんだと感動します。母親としてのメンタルについていけなかったり、産まれてからも日々悩みがつきないのはリアルに感じました。それでも鴻鳥先生はいつもやさしく穏やかな姿が良かったです。お母さんを安心させるために一つ一つの言葉に気をつけながら、献身的にサポートしていくところが頼もしかったです。鴻鳥先生らしさを感じました。また小松の存在も大きいです。出産する時に小松の声があるだけで、どこか安心感があるのがさすがです。妊娠から出産するまで、たくさんの人が関わっていることをより強く感じました。
20代女性”

“2年後の物語だったけど、前作と変わらないテンポで進むストーリでした。パワーアップして戻ってきた作品でした。現代の問題に真っ向から向き合い、サクラ先生、四宮先生、下屋先生の他にも助産師さんや看護師さんとの助け合いがあり、現代の問題を解決していく様子は普段の生活では見えなくて、悩みを抱えているひとの支えになったのではないでしょうか。産後鬱などは近年注目されていることではあるが、まだまだ認知されてない印象があるけど、コウノトリのおかげか産後鬱に理解があるひとが増えたようにも思います。コウノトリは前作もですが、相変わらずリアリティーがとてもあり毎回感動です。映画などなればいいなと思うくらいのリアリティです。
20代女性”

女性としての幸せの中に果たして子供を授かることは必須でなければならないのか深く考えさせられました。私は体の機能的に命を宿すことはもうできないと悟っているので、とても他人事のように思えなくて心が痛くなりました。それだけ真剣にこのドラマと向き合って観ていたのだと思いました。昔に比べれば子供の有無で評価されてしまうなんてことは減ってきたと思うけれど、当事者たちからすれば子供を持たないことをどこか後ろめたく思ってしまう気持ちも少なからずあって、もっと世間が寛容になる必要があると思いました。女性にとっての幸せはそれだけではないと国の偉い人が声を大にして主張するべきだと思いました。そして、産後鬱に悩まされている人たちにもっと目を向けて何らかの援助をしてほしいと思いました。
20代女性

“コウノトリ(2017)は前回同様出産についてとても考えさせられる作品でした。また、今回は出産した後の産後生活について着目しており、今までは産後のお母さんは長い妊婦生活を終えて可愛い子供と一緒に幸せな毎日を過ごしているのだろうと思っていましたが、可愛い・楽しいだけでは乗り越えられないことも多いんだなと、とても勉強になりました。特に産後うつの回が印象的でした。産後うつという言葉は聞いたことがありましたが、もともとうつ気質な人がなるんだろうと思っていました。この作品を観て、誰でもなりうるということを知り、他人事ではないなと思あと同時に周りのサポートの大切さを感じました。妊娠出産育児について多くのことを考えさせてくれる作品なのでとても良かったです。
20代女性”

“ちょうど子供が欲しいねーなんて主人と言っていた時にみたドラマでした。最初は産婦人科をテーマにしているのでほっこり感動するドラマなのだというイメージがありました。しかし実際見てみると健康、健康でないに限らず出産には色々なリスクや悩みがあるのだとリアルに感じる内容でした。綾野剛さん演じる鴻鳥サクラ、星野源さん演じる四宮のタッグが大好きでお互い全く違うけど、患者さんの幸せを願う気持ちだけは同じだからその熱さに毎度もどかしながら良い二人だなと思っていました。その後私も妊娠・出産を経てコウノトリに出てくる先生達をイメージしてみたものの結果ちょっと理想は高かったですが・・笑。ですがこのドラマをみていたからこそ、産院の忙しさや葛藤なども知ることができて、更に感謝できた気がします!是非もう一度みたくなる素敵なドラマだと思います。
30代女性”

“コウノドリ(2015)と同じように、命の重さについて深く考えさせられる作品です。無痛分娩やTOLACといった出産方法に関するストーリーが印象に残っています。無事に出産をするという目的は変わらないけど、色々な選択肢に迷う妊婦の気持ちに共感しました。分娩方法によって子どもへの愛情は変わらないという結末が良かったです。一番心に残ったのが5話の切迫早産から死産になってしまった話で、涙が止まりませんでした。出産は本当に奇跡だと強く思えます。重い話題ばかりでなく、コミカルなシーンも魅力です。四宮と小松のやりとりが面白くて、四宮なりの小松の励まし方が素敵でした。今回もBABYのピアノのシーンがたくさんあり、病気が判明した小松に寄り添いピアノを弾くシーンは悲しくも力強くて美しかったです。
20代女性”

産婦人科を舞台にしたドラマで、毎回誕生する命に感動の嵐でした。登場人物も優しい人ばかりで、とにかくあたたかい気持ちになれるドラマです。チームの絆にも注目して見ていました。みんなキャラクターが個性的ですが、いざという時には団結して患者さんを救っていてかっこいいです。ストーリーも面白いですし、音楽もとても良いです。ピアノ曲が流れることが多く、それがストーリーとマッチしていて泣けてきます。綾野剛演じるコウノトリ先生がピアノを弾くシーンも見どころでした。第二シリーズとあって、前シリーズに登場した人も出てきて面白かったです。赤ちゃんや子どもが成長していく様子は共感できるし、自分の昔のことを思い出しました。何回見ても感動して泣けるドラマです。
20代女性

私が1番思い入れのある回は、9話の不育症~世界一の味方は誰?です。野波麻帆の演技がうますぎて泣けました。実は私も二回流産をして、三回目でやっと子供を授かり出産しました。コウノドリでは野波麻帆さん演じる主人公は三回流産していました。流産をしてしまうと、女性は自分を責めるんですね。医者に貴女のせいじゃありませんよ、と言われても、夫に運が悪かっただけだよと言われても、自分を責め、子供が亡くなる度に、自分は欠陥人間なんじゃないかとか、そんな風に思ってしまうんですね。コウノドリでも流産した女性の気持ちを繊細に表現していて、そうそう、そんな風に思ってしまうよねって、とても共感できるんですね。そして自分だけじゃないんだな、私みたいな人いるんだなぁと、励まされるんです。私もその一人で、声を出して泣いた回でした。
30代女性

“舞台は前作からの2年後。前作以上に病院のメンバー1人1人の描き方が濃密になっていて、とても見ごたえがありました。綾野剛さん演じるサクラが苦しみ葛藤する中、星野源さん演じる四宮がサクラを支えていく姿に、2人の繋がりを強く感じて胸を打たれました。命とどのように向き合えばいいのか、登場人物それぞれが悩みながら答えを求めていく様子に、命の尊さというものを改めて実感します。また今回は同期同士の絆についても多く描かれていて、サクラと四宮、下屋と白川、小松と武田などの各同期ペアの絆の深まりや成長にも胸が熱くなりました。役者さんたち自身もこのドラマに真剣に向き合っていて、良い作品を作ろうとされていることが伝わるような、素晴らしい演技だったと思います。
30代女性”

第一子出産直後にドラマが放送されました。妊娠出産経験直後でしたので、2015年のシリーズを観ていた頃に比べて、より感情移入して観ていました。特に、お産が悲しい結果になってしまったお話では辛くて、正直、目をそらしてしまいたくなることもありました。しかし、我が子が、無事健康に生まれてきてくれたことに、感謝したい気持ちでいっぱいになりました。産後うつなど、2015年のシリーズと比べ、出産して終わり、ではなく、出産してからの母親たちの生活にも注目しており、出産直後の自分にとてもタイムリーな内容でした。幸せなお産ばかりではありませんが、それぞれの赤ちゃんの親たちが、自分の運命を受け止めて、前に進んでいく強い心を持っていきます。悲しいけれど、立ち直り、明るい方へ進んでいく彼らにパワーをもらえます。出産、子育ては楽しいことばかりではないけれど、与えられた運命を受け入れて、がんばろう、と思わせてくれました。
30代女性

“医療ドラマの中ではこの作品が一番泣けました。さまざまな事情を抱えた出産を見ていると、当たり前に今自分が健康に元気で生きていることがどれだけ奇跡なのかを改めて思い知らされました。どうなってしまうんだろうとハラハラドキドキするシーンもありましたが、無事に赤ちゃんの産声が聞けるとドラマとは言え安心してしまいます。なかなか普通に生活していると忘れてしまいがちな命の重みをこのドラマは毎回気づかせてくれました。そしてどの回でも先生や母親の愛情の深さが心にしみます。母親がどんな思いで出産に立ち向かうのか、自分の母親がどう思っていてくれてたのかなどもう一度家族全員で見直したいと思うドラマでした。赤ちゃんは宝です!そう思った作品でした。
30代女性”

2015年に続き、ゲスト俳優も豪華で毎回見ごたえがありました。初めて聞く病気がほとんどで、勉強になるドラマだと思います。特に、7話の小松さんが子宮摘出の手術を受ける回は、とても印象に残っています。小松さんはいつか子供がほしいという思いからの迷いでしたが、生涯子供を産まないという意味で、考えさせられる回でした。私自身、周りから結婚や妊娠のことを頻繁に聞かれ、親にまで子供を産んで当たり前と言われ、子供を産まないと女ではないのかとずっと悩んでいます。子供を産まないのと産めないのとは違うと言われそうですが、人それぞれの人生だと受け入れられる世の中になってほしいと思っています。また、主題歌のUruさんの声の切なさがドラマにとても合っていてよかったです。
30代女性




本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました