22年目の告白 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

22年目の告白 無料で動画視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトル
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

22年目の告白 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

『ジョーカー・ゲーム』の
入江悠監督が、韓国映画
『殺人の告白』に
時代性を加えてアレンジ。

美しき殺人者の告白によって
秘められた真実が明らかになる
展開は鳥肌もの。

あらすじ

5人が殺害され、未解決のまま
時効を迎えた連続殺人事件。

その事件から22年後、
犯人を名乗る男・曾根崎が
突然告白本を出版する。

マスコミを引き連れて
被害者遺族に謝罪し、
警察を挑発、
さらにはサイン会を
開催する曾根崎に、
人々は熱狂するが…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(曾根崎雅人)
藤原竜也
(牧村航)
伊藤英明
(岸美晴)
夏帆
(小野寺拓巳)
野村周平
(牧村里香)
石橋杏奈
(春日部信司)
竜星涼
(戸田丈)
早乙女太一
矢島健一
木下ほうか
升毅

<STAFF>

監督
入江悠
音楽
横山克
脚本
平田研也
入江悠

ライターコメント

この映画は最後まで展開が読めず、面白かったです。いろんな謎がある中でその点と点が繋がるのがストーリーの終盤だったからです。けれど、謎が繋がっていく過程に矛盾点がなく、感心させられる映画でした。連続殺人事件という重いテーマではありますが、推理小説のような要素もありハラハラしながら展開を楽しめます。主演の藤原竜也さんが終始感情の読めない謎の人物として興味深い役柄でした。けれど、最終的にはこのような行動に至った心の奥底にある妹や婚約者を思う深い感情というのが伝わり、感動します。事件の時効、そのことによる被害者の痛みということについても考えさせられる、社会的な映画でもありました。サスペンスや推理小説が好きな方、社会的な映画が好きな方には特にお勧めしたい映画です。
30代女性

この映画で一番秀逸だと感じたのは、キャスティングです。時効が成立した凶悪事件、自分がその真犯人であると世間に暴露するイカれた主人公・曾根崎を演じるのは、藤原竜也さん。彼は、『デスノート』や『藁の楯』など、ぶっ飛んだサイコパスな役どころを怪演されている印象が、私の中では強いです。もうひとりの主人公、曾根崎を追う牧村刑事役に伊藤英明さん。『悪の教典』などで凶悪犯なども演じておられますが、基本的には、熱血漢で、嘘もつけないような誠実なイメージが根強い俳優さんです。このお二人がイメージ通りの役柄に抜擢されたのだな、とぼんやり鑑賞していたら、えらいことになりました。完全に騙されました。見る側の先入観を巧みに利用したキャスティングに脱帽です。
30代女性

この作品を簡単に言うならどんでん返し系でミステリーや先の読めない展開が好きな人におすすめです。どんでん返し系って結構難しくって何度も見ちゃう感じの作品が多いですが、この作品はわかりやすくしっかりと伏線が作り込まれているのでとても面白いです。ストーリーが面白く、展開もいい感じで進んでいって、しっかりと伏線も回収してくれるので最後まで楽しく見れました。回想シーンも個人的にかなり良く作られていて、90年代をリアルに再現しているなと思うほど良く作り込まれていましたね。そしてキャストも最高で特に藤原竜也さんの演技は熱がめちゃくちゃこもっていて、相変わらずの演技の凄さにはびっくりしました。個人的にはかなりおすすめの映画です。
20代男性

藤原竜也や出ることと映画の設定が面白そうで見に行きました。見た感想としては期待していたよりも面白く、とても記憶に残る1本となりました。とにかく、裏切れた。まさかこんな結末になるとは思ってもいませんでした。この手のドラマや映画はどこか辻褄が合わなかったり、無理なところが出てくるのですが、それらをあまり感じなかったのがよかったです。私が印象に残っているシーンとしては2つあり、ひとつ目が犯人の犯行シーンです。普通の人間では思いつかないような犯行で、普通に目に焼き付き、軽くトラウマです。ふたつ目が藤原竜也と伊藤英明、中村トオルの初顔合わせのシーンです。ここでのやり取りもそうですが、伏線が隠れていたり、結末を知った上で見返すとまた違って見えるところが好きです。 
20代男性

藤原竜也さんの演技はどの作品も引き込まれ具合が半端ないですが、この作品も然り。殺人犯と名乗る人間の一挙手一投足に振り回される世間の様子が、ありえない!と言いきれない、現代社会の良くも悪くも何でもアリな部分をリアルに表していると思います。実際この容姿でこんな演出で出てきたらと妄想させられました。ご都合主義の作り物感が出た設定にちょっと萎え、最後のどんでん返し部分も先読みできてしまったので…一番楽しめた時間帯は冒頭から中盤の藤原さん×伊藤さんの対決&正体が明かされるまで。二人の関係が明らかになってからの展開は正直オマケっぽく感じてしまいましたが、全体的には時間の長さを感じさせない良い作品かと思います。真犯人が、オチが、分かっていても楽しめるのは個人的に藤原さん贔屓だからでしょうか。
40代女性

何かしらのどんでん返しがあるのだろうなと思いながら見ていましたが、後半になるまでは展開が読めずハラハラドキドキしながら見ることができました。目をそらしたくなるような衝撃的なシーンもありますし決して明るい話ではありませんが、ところどころに伏線がしっかりとあるため結末を知ってからもう一度見てもまた違った視点から楽しめるような作品だと思います。藤原竜也さんの役がとてもミステリアスで不思議な魅力にどんどん引き込まれていくのですが、途中で驚きの展開があり納得しながら色々とスッキリしていく感覚が良かったです。負の連鎖を感じる展開は見ていて苦しくなるシーンもありますが、最後まで目が離せず手に汗握りながら見ることができました。
30代女性

この映画のなかに出てくる殺人犯とされている人物を藤原竜也さんが演じているのですが、自分の殺人を全く反省しておらずむしろ自分の業績だと思っている感じや捕まえられなかった刑事をバカにしている傲慢な雰囲気などが見事に表現されていました。それに対して真っ向から勝負を挑む熱血の刑事を伊藤英明さんが演じています。この二人の性格が正反対だからこそ対立構造として分かりやすいですし、あと一歩のところでのらりくらりと逃げていく殺人犯にイライラします。そして映画の後半、藤原竜也さん演じる殺人犯についてのある真実が明かになり、そこからストーリーの展開も全く違った方向へ変化していきます。この辺りの予想できない感じがとても面白かったです。 
20代男性

殺人事件が時効になったことによって逮捕されることがなくなった殺人犯が自分の自伝を出版するという大胆な展開が冒頭から始まり、そこから興味をひかれました。しかもその殺人犯はカリスマ性があり顔立ちもかっこ良いので一部の女性からはもてはやされてネットでも話題になるなど、現実世界でも起こり得そうなシーンも多かったのでフィクションとは思えないほどのリアル感がありました。そしてこの映画の最大の魅力は後半に出てくる、あるどんでん返しのシーンです。今まで観客が信じていたものが一気にひっくり返されて登場人物の印象が180度変わるという印象的なシーンです。原作は韓国映画なのですが、もしこのどんでん返しを楽しみたいのなら原作をみずにいきなりこっちを観賞することをお勧めします。 
20代男性

「藤原竜也がまたゲス男役をやっている」と思って視ました。しっかり騙されていました。連続殺人犯を魅力たっぷりに演じている曽根崎雅人のふりをしている小野寺拓巳でした。実は刑事牧村の妹の婚約者だったと牧村に打ち明けてからの彼は誠実な人でした。正義感あふれる刑事牧村を演じるのが伊藤英明なのはぴったりでした。この二人の配役で視ようと思ったくらいです。拓巳が犯人をおいつめて殺すがどうか、「殺さないで」と思っていたら妹の事件がぎりぎりで時効不成立なので逮捕。拓巳が人殺しにならなくてよかったと思いました。どうも逮捕された犯人の仙堂は手記を出版しているようで「なんだかなぁ」と不満に感じていたところ、最後に掃除員に扮していた戸田が包丁持って仙堂に向かっていきました。「そうきたか!」と驚きました。最後まで目が離せない映画でした。
50代女性

藤原竜也さん演じる曾根崎が冒頭から”私が殺人犯です”と言っているから、この殺人犯を捕まえるための葛藤的な話かと思いきや、伊藤英明さん演じる牧原とまさかグルだと思いませんでした。しかも、真犯人を探すために元々の顔を変えるなんて凄い考えたなと思って、思わず感心してしまいました。殺人犯と言われてしまうと、その人が殺人犯としか思えなかったですが、このどんでん返しのストーリーはなかなか考えられない展開で新しい映画で面白かったです。ただの出オチでなく、この映画をちゃんと観ていないと真相が分からない展開は胸アツで観て良かったなと思ってしまいました。また、時効成立など改めて自分の中で勉強できる映画だなと思いました。真犯人がはっきり分かり、観る前のモヤモヤが消え良かったなと思いました。
20代女性

曾根崎を演じた藤原竜也の演技が見事で冒頭の手記を読み上げるシーンから見入ってしまいました。小説の文章や事件の映像が流れる演出はより事件のリアリティさが感じられてよかったです。さらにクライムサスペンスらしくストーリーも意外な展開に進み、曾根崎と牧村の二人の関係について衝撃の事実には驚き、事件の真相も意外性があって手に汗を握りました。特にラストの仲村トオル演じる仙堂の終盤の猟奇的な演技に魅了され、曽根崎とのやり取りには目が離せませんでした。そして、エンドロールの途中での戸田が護送される仙堂を襲うシーンでは最後まで描かれていなかったので、仙堂がどうなったのか色々と想像を掻き立てる演出になっていたのもよかったです。
30代男性

連続殺人事件の犯人が時効成立後に告白本を出版する、という物語の始まりから衝撃的な設定で一気に引き込まれます。しかも犯人役の藤原竜也さんがいつも以上に色気を纏っていてかっこいい!記者会見での落ち着き払った振る舞いとあのビジュアルを見たら、殺人犯ながら心酔するファンができてしまうのも頷けますね。刑事役の伊藤英明さんや、その他登場人物も豪華な面々で目の保養。怒り、恐怖を露わにするシーンが多いですが、演技とは思えないリアルさでブルッと怖くなってしまうほど。そして予想もしていなかった大どんでん返しが起こった時、たくさんの伏線がはりめぐらされていたことに気づいて呆然としてしまいました。何度見返しても新たな発見がありそうですね。サスペンスや、謎解きが好きな方に本当におすすめできる映画です!
20代女性

タイトルを見た時はどんな映画なんだろうと思い、いろんな想像が膨らませた結果犯人が犯した罪についてを懺悔するストーリーなのかと思っておりました。しかし、冒頭こそは事件を起こした犯人と名乗り語っておりますが、物語が進むにつれて想像を覆されました。犯人と名乗る男の罪の告白ではなく、事件を起こしたにも関わらずのうのうと雲隠れをしている真犯人に対する告発であるのだと感じました。全体的にとてもテンポのよい映画で最後まで飽きずに見ることができる映画だと思います。個人的には犯人に対して、真っ向勝負を挑むのではなく、焦らずにロックオンした獲物を逃がさないようにジワリジワリと迫っていくシーンがとても印象的でした。
30代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました