孤独のグルメ Season3 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

孤独のグルメ Season3 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

孤独のグルメ Season3 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

輸入雑貨商を営む男性と
食の出合いを描く。

商用で東京・赤羽を訪れた
五郎(松重豊)は、
気ままな商談相手
南木(千本松喜兵衛)に振り回される。

仕事を終えた五郎は
空腹を覚え店を探す。

そんな中、
匂いに引き寄せられたうなぎ店で、
”ほろほろ鳥の合わせ盛り”という
メニューを見つける。

キャスト・スタッフ

<CAST>

松重豊




ライターコメント

“シーズンも3にまでなったけど、1のころから雰囲気が変わらず、変に派手にとかなってなくて、おもしろかったです。孤独のグルメって何気に、ゲストも面白い人がたくさんでてくるのですが、本シーズンでは、蛭子さんや清水ミチコさんなど、私的にうれしい人たちがたくさん出ていて、ニヤニヤしながら見れました。今回もいろんな店が出てきましたが、焼き肉回は絶対にあるって感じですね。私は焼き肉ってあまり食べに行かないので新鮮でした。あと、魚屋さんが経営の店とか、すごい魚が新鮮でおいしそうでした。吾郎さんの心の声が独特でおもしろいのはもちろんのこと、たくさんのお店、料理が知れておもしろいドラマシリーズです。何度も見直してしまいます。
30代・女性”

“蛭子さんが結構目立つ役で出ている回がありました。蛭子さんはお見合いおじさんで、五郎さんにお見合いを勧める役で、蛭子さんがなんかいきいきしていておもしろかったです。五郎さんも結婚する気なんかまったくないから、二人の対決がよかったです。他の回でも個性的な俳優さんが出ていて、それが孤独のグルメの魅力だなと思います。今回は、なんかカフェというかパン屋みたいなおじさんが行かないような店にも行っていて、それが新鮮でよかったです。五郎さんは食に貪欲で、しかも新しいものでも食べるところがすばらしいです。あと、カキグラタンの回もすごくよかったです。洋食屋さんって私はあまり行かないし、孤独のグルメも食堂とか居酒屋が多かったので、洋食屋もいいなと思いました。
30代・女性”

ひたすら主人公・五郎が食事を味わうグルメドラマ「孤独のグルメ」。シーズン3もお店のバリエーションがありマニアックで良かったです。ほんとこの番組って飯テロです。特に居酒屋や大衆食堂では品数も多くいちいちアップになるので気になってしまいました。特にいわし料理の店は興味しんしんでした。いわしのユッケって何~?と新鮮な驚きもありましたし、つみれ汁が美味しそうでこれくらいなら家で作れるかもと思いながら観てしまいました。五郎さんもいわしのレパートリーの多さに大満足でしたが、わたしもいわしの可能性を知れて参考になりました。異国料理部門ではアフガニスタン料理店が気になりました。普段どんなものを注文していいか分からないので五郎さんのチョイス方針も参考になりました。他の人が頼んでいて美味しそうなものを頼んだり、おススメを聞いたりと食に対して貪欲なところも好きです。
40代女性

“焼き肉回がホルモンでした。ホルモンの焼き方とかあんまりわかってなかったので、これからは五郎さんのように焼きたいと思います。孤独のグルメは、五郎さんの感想もおもしろいですが、いろんな食べ物が出てくるところがいいです。どれもおいしそうで、外食ってあんまりしないのですが、外食したくなります。東京の店が多いので、中国地方に住んでるのでなかなか行けないのですが、ドラマを見て、自分も行った気になってます。五郎さんが、仕事をして、その後、腹が減った…、って店を探すところが好きです。あそこまで切羽詰まって店を探している人も珍しいと思います。私も五郎さんのように食べ物に貪欲でいたいなと思います。それに、五郎さんはすごい量食べるのでそれもつぼです。松重さんも撮影大変だろうなと思います。
30代女性”

“抹茶とカシスの上品なとんねるロールを美味しそうに頬張り、その後に添えられた紅茶をじっくり飲む五郎の姿は、まさに「至福の刻」という言葉がピッタリだと感じました。料理はもちろんですが、スイーツもまた美味しそうに食べるなぁと、五郎の食べっぷりに惚れ惚れしました。また、ローストポークのサンドイッチを口に頬張ったときのハードパンのカリカリ具合が、なんとも心地よい音で、ため息がでるほど美味しそうでした。さらにサルシッチャを食べる際に、五郎がサルシッチャのことを「名前もひっちゃかめっちゃか」と、しれっとダジャレ言ってるのがさりげなくておやじギャグで笑えました。また、麦とろとトンカツの回で、麦とろをズルズルっとお茶漬けのように口にかけこみ、肉肉しいトンカツにガブリとかぶりつくシーンはお腹が空いてたまりませんでした。
30代女性”

“孤独のグルメSeason3で印象深いのは鰻屋さんのシーンです。ほろほろ鳥の合わせ盛り、ほろバラ串、ほろあぶら串、鰻のオムレツにほろスープを頼み、その横で石倉三郎さんが鰻の白焼きで日本酒を美味しそうに飲んで、それに負けじと井之頭五郎が鰻丼を頼むシーンです。角替和江さんの煙もくもくのホルモン焼き屋さんのホルモン、ナンコツ、ハツ、コメカミを頼みさらにタンとハツでライスを頼むシーンに、銀だらの西京焼きに、生わさび付きわさび丼に、いわし料理の種類の多さにも驚きました。カキのグラタンにマッシュルームのにんにん焼きに、蛭子能収さんに、大杉漣さんに、ベンガルさんらの出演も印象にあります。特に大杉漣さん、角替和江さんは懐かしく感じます。
50代男性”

輸入雑貨商を営む井之頭五郎が主人公のこのドラマシリーズもシーズン3。今回のシーズン3で私が見ていて非常に好きだったのは第九話で描かれていた「練馬区小竹向原のローストポークサンドイッチとサルシッチャ」です。都内に住んでいた際に近くを通りかかったこともあり、ドラマで描かれていたサルシッチャセットは非常にボリューム満点で美味しそうだったので是非行ってみたいと思いました。基本的に東京都内の食堂を描くことが多いこのドラマシリーズは隠れた名店や名物をドラマで描いてくれているのでドラマを見ているとなぜあの食堂に行かなかったのかと後悔することが多いのですが、東京へ行く機会があれば是非行きたいと思えるドラマです。主人公がビジネスパーソンなのも共感を感じます。
30代男性

“最終回のはしご飯が特に楽しかったです。最終回も思わず箸を伸ばしたくなるようなグルメ揃いで大満足でした。五郎は最初に入った中華料理屋でピータンと海老マヨを頼みますが、癖のありそうなピータンを頼むとはなかなかのチャレンジャーだなと思いました。中華料理屋でご飯が食べられなかったため違うお店に入りますが、入る時の一言「ご飯ありますか?」はシュールでおもしろかったです。いわし料理の店でしたが、お品書きにはぎっしりといわし料理が並んでいて笑ってしまいました。五郎が注文した中でもチーズロールが印象的でした。切り口が映りましたが、トロッとしたチーズが食欲をそそります。最終回、美味しそうな料理の連続はまさに飯テロでした。
30代女性”

お気に入りの回は第3話。東京が舞台になることが多いなか、第3話では商談で静岡まで足を運んだ井之頭。舞台が静岡になったとて、いつものまったり淡々と進むテンポは変わらず、とても安心感がある。途中で寄った茶屋で出てくる「わさび丼」は、かつお節にわさびをのっけただけのシンプルさ。いかにもな茶屋で出てくるシンプル飯を淡々と美味そうに食べる描写、これぞ孤独のグルメと言わざるを得ない。出張で遠出を喜んでいたものの、キラキラしたグルメを選ぶでもなくこの地味なメニューを選ぶあたり、期待を裏切らない。うってつけは、添えのわさびの茎の酢漬けを食べるシャキシャキという音。相変わらず音の臨場感が凄い。もう生唾を飲み込みながら見るしかなかった。season3を通しての全体的な感想は、第5話でアフガニスタン料理店へ足を運んだりと、たまに変わり種も織り交ぜつつ、基本淡々と進む描写は変わらない。そしてどの料理を食べても決まってたまらなく美味そうだ。空腹時に見てはいけない。
20代女性

第10話。私は画面の前で思わずひとりごとを連発してしまった回だった。今回は鍋のあとにしめのご飯(とろろをのっけた麦とろご飯)を頂くという回だが、しめご飯だけでなく『トンカツも食べたい』と言い始める井之頭。可愛い。そのトンカツだが、『小さいサイズはないか』と店員に尋ね、サイズの確認をする細かいシーン、「リアルすぎでしょ。」と思わずつぶやいてしまった。そう、このリアル感がたまらないのである。そしてそのトンカツを食べるサクっという音と、しめの麦とろご飯をズズズっと食べる音。思わず「やめてくれぇぇぇ」と言ってしまうくらいこのドラマは音が食欲をそそる。麦ご飯ときくとあまり美味しそうなイメージはなかったのだが、この回で180度、麦ご飯に対する印象が変わり、しめのご飯にも様々なバリエーションがあるのだな、と新しい発見をさせてくれた所に最も感動した。
20代女性

第7話の舞台は洋食店。店内をさりげなく映すコマの撮り方は、毎回自分がその場にいるかのような臨場感を味わわせてくれる。単なるバラエティのグルメ紹介番組とは違い、年季の入った店のメニューを躊躇なく映してくれる所も、よりリアル感や良い味を演出している。こういった細かいところに孤独のグルメの良さが出ている。『こういう店の黒板メニューには宝物がひそんでいる、見逃してなるものか。』と目を見張る井之頭。このような小さな知識を見ている側にさりげなく提供してくれるサービス精神がたまらない。今回の食事は、まるっとしたマッシュルームが沢山入ったガーリックスープに、輪切りのパンを浸して食べるというもの。パンなので、いつものように食べる音の臨場感は味わえない。それなのに、いつもと変わりなく美味しそうなのだ。ここがまた不思議な魅力で、見るものをぐっと惹きつける。
20代女性




本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました