糸 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

糸 無料で動画視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトル
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

糸 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

『64-ロクヨン-』の瀬々敬久監督が
平成元年生まれの男女の人生を
平成史の変遷と重ねて見事に描写。

運命に引き離され、再び巡りあう
男女を菅田将暉と小松菜奈が好演。

あらすじ

平成元年生まれの高橋漣と園田葵は
13歳の時に出会い、初めての恋をする。

そんなある日、葵が突然姿を消す。

養父から虐待を受けていたことを
知った漣は葵を捜しだし、
駆け落ちを決行する。

しかし、幼い2人はすぐに警察に保護され、
引き離されてしまい…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(高橋 漣)
菅田将暉
(園田 葵)
小松菜奈
(水島大介)
斎藤工
(桐野 香)
榮倉奈々
(高木玲子)
山本美月
(冴島亮太)
高杉真宙
(後藤 弓)
馬場ふみか
(村田節子)
倍賞美津子
(桐野昭三)
永島敏行
(矢野 清)
竹原ピストル

ライターコメント

“中島みゆきの糸からインスパイアーを受けた映画と聞いており、念頭に置いて視聴しましたがあまりわかりませんでしたが、ラブストーリーとして恋愛小説を見てるかのようなストーリーで面白かったです。幼馴染という近すぎて一緒になれなかった二人がそれぞれの人生や家庭を持つも忘れられなかった姿にグッときました。さらに女性側の舞台が中盤にシンガポールというのもよく、海外への旅が好きだったので色々な海外の景色が見れたのもよかったです。そして、菅田将暉の演技に泣けました。妻が病気に最後に訴える姿や最後に彼女と再開したシーンには感動して思わず涙してしまいました。また、斎藤工が渋く、いい意味での哀愁漂う雰囲気が最高でした。
30代男性”

“子供時代に恋に落ち、駆け落ちまでしつつも、引き離されてしまった少年少女が、月日を隔てて大人になってから再会するも、その時点ではお互いに歩み始めていた道が大きく異なっていたために結ばれずに終わってしまう。しかし、さらに10年後に運命的な再会を果たすという、スケールの大きなラブストーリーです。舞台も北海道の田舎町から大都会の東京、さらに海を越えたシンガポールと変転するところも、非常にスケール感が大きいですね。運命の糸に手繰り寄せられた2人の愛は、時間的な隔たりも、地理的な遠さも乗り越えてしまうのか? そんな感想を抱きました。元々中島みゆきさんの名曲「命の別名/糸」を原案としているだけに、作中でもたっぷりと曲に聞き入ることができる点も、お勧めです。
30代男性”

“この作品は漣と葵の切なさが、とても心にグッときました。幼い頃いろいろあって、大人になって再会したところはインパクトありました。ずいぶん会っていなくても、互いに感じるものがあるのが素敵です。そんな中漣は香と一緒になったのが微笑ましかったです。でも香は病気だとわかって、胸がキュッとなりました。香は周りや子供に心配かけないように、いつも明るくいたのが印象的です。漣が香と子供見て、ふと泣いていたところはすごく切なさが伝わってきました。いなくなるのかなと考えたり、この幸せがいつか終わると考えたら涙が溢れるのは共感しました。それでも香はやさしく抱きしめて、いつもと変わらなく接してあげるところがやさしさを感じます。
20代女性”

“葵はシンガポールで玲子と、一生懸命働いていたのが良かったです。どんなことがあっても、玲子がいれば頑張れる葵がかっこよかったです。でも信頼していた玲子が、突然裏切ったのは悲しかったです。ずっと一緒にいたからこそ、受け止められないのはリアルです。葵が泣きながらご飯を食べていたのは、見ていて切なさがありました。また漣が葵のことをやさしく抱きしめるところは、とても良かったです。いろんな気持ちがあって、弱々しくなる葵を、漣は全て受け止めようとしていたのが伝わってきました。二人だからこそわかることがあるなと感じます。それぞれいろんな人生を歩んでいるのが、見ていて考えさせられます。大切な人がいることは、幸せなことだと改めて感じます。
20代女性”

どこをとっても天才的としか言いようのない圧倒的なクオリティーに鳥肌が立ちました。まず、この映画の空気感そのものがそこらの恋愛映画のレベルを遥かに超えていて、美しいとかそんな簡単な言葉で片付けてはいけないと思いました。そして、この映画の元になった楽曲「糸」を所々で感じられるストーリーは歌詞を知っている人もそうでない人も胸に刺さる素晴らしさがありました。男女における繋がりだけでなく、人と人が繋がりを持つことの重大さだったり尊さについてを訴えかけるように思えて、感銘を受けました。一瞬一瞬が自分には関係のないおとぎ話のように遠く感じられるのに、その一方で、セリフや登場人物たちが目にする日常の風景の一つ一つが深く心に滲み渡っている不思議な感覚を味わいました。20代女性

菅田将暉さんがありとあらゆるメディアに引っ張りだこになるその理由を身をもって知ることになりました。この演技力なら名だたる賞の受賞歴は納得だなと思いました。主演だからというわけでなく、おそらく菅田将暉さんは端役ですらも他とは比べ物にならない存在感を放つのだろうと思わせてくれました。セリフに込められたありったけの感情は観ていて聞いていて身震いするほどに凄まじい、ある種の圧力みたいなものがありました。また、セリフ以外にも、表情だけでその役の感情を巧みに表現しているのはアッパレ!と言うしかないなと思いました。まるで役が菅田将暉さんの体に憑依してしまったかのような域でした。役について真摯に向き合ってきちんと理解した上で演じていることがよく分かりました。20代女性

“映画「糸」を観て、「名曲の新たな味わい」と「2人が出す答え」が良かったと思いました。まず、名曲の新たな味わいについてです。この映画では、北海道で出会った漣と葵の10代から30代までの日々が描かれます。物語のモチーフとなったのは、中島みゆきさんの代表曲として知られる糸です。時を越えて愛される誰もが知る名曲が、映画を通してひと味違う楽しみ方ができるところに、面白さを感じながら観ていました。次に、2人が出す答えについてです。漣と葵は、10代で出会い恋に落ちたものの、離れ離れになってしまい、時を越えて再会しても上手く気持ちを通じ合わせることができません。運命に翻弄される2人が、お互いの関係性にどう決着を付けていくのか、祈るような気持ちで観ていました。
20代女性”

“人生というのはこんなにも美しく素晴らしいものであるのか、という感想をこの映画を観て思いました。ラストの家族の集合写真を涙なしには観れませんでした。菅田と小松の出会いから18年間、この二人は糸が切れそうになったり繋がったりして、人生を悩みながら乗り越えて行きます。不幸のイメージが強い映画ですが、最後の再会ですべてが報われていく最高の映画だと思いました。中島の楽曲の中にある、「なぜ めぐり逢うのか 私たちなにも知らない」のフレーズを聞くと、壮大な輪廻転生の人生が思い浮かびますが、まさに菅田と小松、そして私たちもそういうカルマによって生かされている気がしました。前世を知らないことが逆に幸せだといいうことを示唆しています。それでも感謝して前へ前へ進むことによって、必ず幸せはやってくるのだということを教えてくれた素晴らしい映画でした。
60代男性”

“北海道の中でぼんやりと生き続ける漣と日本の隅から他の国まで飛び立った葵、出会った頃に話していた事とは全く逆になった二人がそれぞれの環境で様々な人と交わり生まれる変化と、ひょんなことから漣と葵が再び交わり生まれる変化が繊細に描き出されていた。映画の軸には初恋の人との赤い糸があるが、それと同時に恋愛だけではない仕事や友情といった面での人との繋がりという意味の糸についても重きをおいていて、これは人生についての映画なんだなと感じた。それくらい役者一人一人の演技が自然で生きるパワーに満ち溢れていた。また、タイトルにも使われている中島みゆきさんの糸が使われるタイミングがとても絶妙で、映画のまとまりをよくして完成度を押し上げている感じがしてとてもよかった。
20代女性”

“ラストにほっこりするあたたかい作風の作品でした。漣と葵が引き離されてから、それぞれに人生を歩んでいくところにはつい夢中になりました。漣は香と結婚するものの彼女が病気で亡くなってしまい、葵は一緒にネイル会社を設立した玲子から裏切られてしまう展開には涙が出てきました。しかしこの後不思議なことにまた漣と葵が引き寄せられます。二人は運命の糸で結ばれていたのだろうかと胸がときめきました。ウエディングの衣装に身を包んだ漣と葵が、これまでの人生で出会った人たちに祝福されるシーンには号泣でした。このシーンには誰もが感極まって涙すると思います。中盤では悲しくなるような展開でしたが、ラストはあたたかい感じに落ち着いて良かったです。
30代女性”

幼少期を演じる子役の演技が素晴らしかったです。成長して菅田将暉さんと小松菜奈さんに代わっても違和感なく見る事ができました。そしてなにより榮倉奈々さんとのシーンは泣けました。子供が榮倉奈々さんと同じ行動をした時も泣けました。色々な事があって結ばれないまま大人になりそれぞれの人生を歩む2人ですが、沢山の出会いがあって、いい出会いもあり悪い出会いもあり、でも全部に意味があって、最後に繋がりました。どんな時もお互いが心の支えになり、ずっと思いあってきた2人の姿はとても感動しました。中島みゆきさんの糸を元に作られた映画なので、中島みゆきさんの曲がいくつか使われているのですが、私は榮倉奈々さんが歌う「ファイト」が1番好きでした。30代女性

中島みゆきさんの代表曲「糸」とマッチしたとても感動する映画でした。中学生の頃初恋をした2人が大人になってから再開を果たしましたが、やはりそれぞれ違う道を歩んでいて違う生活がすでにあって、感動的な再会になるのは難しい状況でしたが、実はお互いに心の中では相手のことを忘れてはいないと言うもどかしさや悲しさがよく伝わりました。私が1番好きなシーンは、漣くんが妻の死や娘のことなどさまざまな葛藤と戦いながらも葵ちゃんを探しに行くシーンでした。人が多すぎてこのまま会えないのではないかとヒヤヒヤしましたが、最後葵ちゃんが漣くんの手を取った瞬間、感動で涙が溢れました。私は今まで自分自身の経験でも恋愛や結婚は本当にタイミングが大切だと思ってきましたが、この映画はこのことをよく表現した映画で運命の赤い糸って本当にあるなぁと感じさせられました。20代女性

葵を守るために手を引き、雪の中コテージに泊まり、大人から逃げる漣の姿がとても男らしくてかっこよかったです。2人が捕まり離れ離れになるシーンは胸が痛くなりました。次々に葵に不幸なことが訪れますが、それでも前を向いて進む姿には勇ましさを感じました。お金が残された部屋で泣くシーンは美しく見えました。漣の娘と葵が知らないうちに交わっていたところは感慨深いものがありましたし、食堂のおばちゃんの言葉は心に響くものがありました。唯一葵が帰って来れる場所があって良かったと感じたシーンでした。葵と漣がどうしても、お互いの存在を忘れられなくて、港で漣が葵を探すシーンがとても心に残っています。本当に運命ってあるのかなと思えた映画でした。20代女性

“もともと楽曲自体が好きだった「糸」。主演の菅田将暉さんと小松菜奈さん2人の映画やドラマはやはり外れがないなと感じました。映画内で3回は泣きました。特に1番心が苦しくなったシーンは、幼少期に2人で家出をするシーン。警察によってそれぞれ引き離されてしまい、お互いに呼び合い続けるシーンは心引き裂かれる思いになりました。また、榮倉奈々さんが演じた桐野香が病に倒れ、亡くなる前に小松菜奈演じる園田葵の元へ行ってきていいよと伝えたシーンは、1番に菅田将暉演じる高橋漣を思った上での言葉で、かなり複雑な気持ちになったことを覚えています。映画としては北海道での生活をベースに話が進みますが、劇中出てくるチーズや雪積もる山小屋などがより各シーンの雰囲気を強調していたように感じました。途中沖縄のシーンや東京でのシーンは華やかで明るく楽しい雰囲気な点が、園田葵の北海道での生活との差を大きく感じさせていたと思います。何度も見たくなるような映画でした。
20代女性”

小松菜奈が演じる葵と、菅田将暉が演じる漣のお互いを想う切ない気持ちがとても感動して胸が熱くなりました。また、主人公以外の人物の間にも様々な状況に置かれている人や苦しい立場にいる人など、一つの映画の中にいろいろな人間のドラマがあり、その一つ一つに共感したり胸を打たれたり考えさせられたりしました。特に榮倉奈々が演じる香に癌があることが分かり余命が僅かだと知った漣が、香とその間にできた子供が楽しそうにしている様子を見て涙が堪え切れずに泣いている場面は、漣の気持ちを考えても「幸せがずっと続けばいいのに」という思いで泣けてくるし、香の立場から考えても自分だって泣きたいけれど、笑顔で漣を心配している様子に感動したし、とても強くてかっこいい女性だと感じました。20代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました