八重の桜 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

八重の桜 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

八重の桜 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

文武両道の兄・覚馬の影響で
砲術に優れる八重は、
故郷・会津のため、
銃を取って新政府軍と戦う。

動乱の中、洋学者だった夫・尚之助とも
別離した八重は、維新後、
洋行帰りの新島襄と再婚。

同志社大学創設運動に貢献し、
日清戦争では看護婦として尽力する。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(新島(山本)八重)
綾瀬はるか
(山本覚馬)
西島秀俊
(川崎尚之助)
長谷川博己
(新島襄)
オダギリジョー
(日向ユキ)
剛力彩芽
(中野竹子)
黒木メイサ
(山本権八)
松重豊
(山本佐久)
風吹ジュン
(山本うら)
長谷川京子
(山本三郎)
工藤阿須加





ライターコメント

幕末のハンサムウーマンと謳われて、綾瀬はるかが爽やかかつ強くたくましく、ドラマチックに演じた新島八重の生涯の姿が印象的な大河ドラマでした。背景となる会津の景色も美しく清らかで、江戸や京、西国を舞台としたものとは少し異なったのどかな空気を感じます。新島というより山本姓が似合う八重の生家は、それ以前の大河で放送された風林火山の山本官兵衛の血縁であったようなのが、興味深い所です。見どころは色々ありますが、やはり、追い詰められ陥落寸前の大穴だらけた会津藩を護るため、城に残された女子供達が銃を手に取り、最前線で戦うシーンです。格好良いけれど、結局は、どう勇敢に戦おうとも負け戦にはかわりはないので泣けてきます。この物語で、主人公以外の登場人物で魅力的だったのは、山川家の人達です。奥方を演じた秋吉久美子は断トツ雰囲気ありました。山川捨松を演じた水原希子もバイリンガルを活かした演技がとても印象的でした。トータルで、戊辰戦争は非常に凄惨を極めた記録とは裏腹に、そうならざるをえなかったくらい忠義心のある優秀な武家が多かったことが描かれていたと感じました。50代女性

“前半の幕末が面白かったです。女性でありながら鉄砲隊を率いて銃撃戦を戦うアクションは見ごたえがあり、さらに最初は銃を扱うことを親たちに反対されながらもひたむきな姿によって受け入れられて才能を開花するストーリーもよかったです。さらに主人公の八重だけでなく、容保のストーリーも充実していたから幕末ファンにとって興味深かったです。幕末を舞台としたドラマの多くは京都や維新志士、新選組を描いた作品が多い中で容保にもスポットを当て、徳川家の身内としての苦悩や幕府の役人の陰謀に巻き込まれていく感じが丁寧に描かれて面白かったです。また、キャストも綾瀬はるかや綾野剛、西島秀俊といった豪華な出演陣だったのもよかったです。
30代男性”

キャストがとてもよかったこと、初回の冒頭が最高に素晴らしかったと思います。八重が「お城は渡さぬ。ならぬことはならぬのです」というセリフで始まるのですが、この「ならぬことはならぬのです」という言葉は全編を通して貫かれた会津魂を感じさせましたし、登場人物の信念を支えるキーワードとしてドラマのすべての回でちょろっとは登場する言葉で、とても印象に残っています。また、綾瀬はるかという女優さんへの私の中での評価が爆上がりしたドラマでもあり、表情や仕草など、よく研究されていると感じました。キャストについて言うと、オダギリジョーが八重の夫を演じたのはかなり意外でした。また、小栗旬の坂本龍馬がすさまじくよかったです。坂本龍馬といえば福山雅治というイメージが定着していましたが、新しい坂本龍馬像を見せてくれたと思います。また、八重の兄を演じた西島秀俊がまたすさまじくよくて、そんお登場人物に対する興味がわきました。40代女性

“こちらの大河ドラマでは大きく分けて幕末と明治期でストーリーが分かれます。幕末では会津若松城で鉄砲を片手に新政府軍と戦う主人公八重の姿が非常にかっこよかったです。主人公新島八重は和製ジャンヌダルクとも言われていますが、この姿を見ると本当にそうだなと感じました。そして明治期になると新島襄と出会い結婚し、同志社を設立したり、日本赤十字を設立したりしますが、ぶれずに自分の意思を貫く姿は、幕末のジャンヌダルクの姿よりももっと強くなっているように感じました。また新島襄を亡くした時の姿は、一人の女性の哀しみをホテルよく表現していたと思いました。本当に素晴らしい大河ドラマだったと私は考えています。何回も見たいですね。
40代男性”

“八重の桜の良かったところは、綾瀬はるかさんの衣装がどれも素敵だったところに注目が行きました。また、綾瀬さんでなければこの役はほかに思い浮かばないということが多かったように思います。とてもきれいだなと思いました。やっぱりネイビーと白い衣装がよく似合うと思いましたし、白無垢を召していたときはハッとするような感じがしました。時代劇ですがなんというか、役者さんの影響で時代劇というイメージよりも「最新版の劇」?を見ているような感じというか、何とも言えない感動を覚えた気がします。私はあまり時代劇を見ない人なのですが、役者さんを見ていて着物を着たくなりました。役者さんの選び方もぴったりだと思いました。
30代女性”

“新島八重という歴史上の人物としてはかなりマイナーな女性を主人公に据えた大河ドラマでしたが、兄の山本覚馬と事実上のダブル主人公とすることで、幕末から明治維新、戊辰戦争に至る歴史のダイナミックな流れを上手く取り込むことができていたと思います。特に会津に残っていた新島八重に対して、山本覚馬は京都で歴史の激動の渦中にいたため、歴史ドラマとしてストーリーが盛り上がりましたね。後半は、新島八重と夫となった新島襄による同志社英学校を設立する話がメインとなり、ストーリー自体は地味になったものの、明治時代の京都の情勢が細かく描かれていたことはとても興味深かったです。また旧会津藩の人脈が、明治時代になってどのように各界で活躍したのか知ることができたのも良かったですね。
30代男性”

“大河ドラマ「八重の桜」を観て、「勢揃いした実力派俳優たち」と「新たな女性像を作る八重」が良かったと思いました。まず、勢揃いした実力派俳優たちについてです。このドラマでは、明治時代を生き抜いた女性・新島八重の生涯が描かれます。物語の登場人物たちを演じるのは、綾瀬はるかさんや西島秀俊さん、小栗旬さんなど俳優として数々の賞を受賞している方々です。そんな実力派俳優たちの共演によって紡がれる物語に、夢中になって観ていました。次に、新たな女性像を作る八重についてです。八重は、自分の考える正義を貫き、まだ男女平等とはいえない時代の中で、レディーファーストなど西洋の考え方を取り入れて女性たちの地位を向上させようとしていきます。常識を塗り替えていく八重の姿に、勇気をもらいながら観ていました。
20代女性”

男性にも引けを取らない八重さんの逞しさが個人的にはとても好きでした。そして、観ていて清々しくなるほどの自由人なところもすこぶる素敵で、夢中になって八重さんを目で追いかけていました。できることなら強くて美しい八重さんのような女性になれたらなと、淡い恋心と憧れとが自分の中に芽生えました。私が八重さんをこんなにも好きになったのはひとえに綾瀬はるかさんのおかげだと思っています。誰もが釘付けになってしまうような麗しさに加えて、主演に相応しい圧巻の演技力は一言では表現できません。日本のドラマや映画界を牽引するべき人間に必要とされるポテンシャルを綾瀬はるかさんは全て備えていると思いました。観れば観るほど綾瀬はるかさんや八重さんの虜になってそのまま深みにハマっていくのが快感でした。20代女性

八重さんの幼少期を演じていた鈴木梨央ちゃんの天使や女神様もびっくりの可愛さに頬がゆるむのを止めるのが大変でした。傍から見たら完全に不審者になっていたと思います。ただ可愛いだけじゃなく、重要人物を演じるに相応しい実力まで持っている鈴木梨央ちゃんはやっぱりその辺の子役とは一線を画しているなと思いました。驚異的でもあるし、脅威的でもある素晴らしい演技が観られて良かったです。子役という括りにするのが申し訳なくなりました。1人の立派な女優さんとして扱うべきだと思いました。大河ドラマとあって、周りの出演者の個々のレベルが尋常ではないほど高いのに、遜色ないのは本当に並大抵の努力や生半可な思いでは成せないし、それこそ天賦的なものもあるのかもしれないと思いました。20代女性

“綾瀬はるかさん演じる八重の力強い生き様に感動した作品でした。かわいらしいというよりはたくましい印象でしたが、男勝りな八重は観ていてかっこよかったです。作中では新政府軍に対して、男装してスペンサー銃を打つ姿に惚れ惚れとしました。さらに当時は男性の地位が高かってため女性が男性を呼び捨てにするのは珍しかったと思われますが、新島襄をジョーと呼ぶシーンにときめきました。今の同志社女子にあたる女学校設立に貢献した女性で、彼女によって女子教育が進んだと思うとすごいなと思いました。八重が生きていたころは男性が社会を動かすものでしたが、彼女の存在は女性の社会進出にも影響したのではないかと考えました。八重の言動に心動かされる作品です。
30代女性”

“この作品で一番強く感じたことは、人を納得させる言葉を持つには裏に相当な経験が必要だということでした。幕末、会津の人々は幕府軍の象徴とされ薩長軍によって酷い仕打ちを受けることとなります。しかし、会津藩が望んで幕府側に着いたのではなく新政府の正当性を示すための最大の敵とする薩長の策略でもあったのです。そのため会津の人々は、幕末だけでなく明治以降になっても苦難を強いられました。ただ、それだけの理不尽に耐え続けたからこそ新政府の不正や怠慢に対する言葉が辛辣なものであっても説得力を持ったのだと思います。八重が桂小五郎に対し新政府はこんなものなのかと説教した時、薩摩や長州の人間に会津者とバカにされ嫌味たっぷりの切り返しをした時、ドラマを見てこれほどの爽快感を感じたことはありません。このたった数分の快感を味わうためなら、苦しくとももう1度、あの理不尽な他の40数回に耐えてやろうと思えるほどです。
40代男性”

“時代背景がとても興味のある時代なので、見たいという気持ちがまず強かったです。で実際鑑賞するととても面白かったです。面白いと思った理由として下記3点でございます。1点目は、感動したことです。白虎隊、新選組のことは大まかには知っていましたが、改めて理解できる部分が多く、見ていてどんどん惹かれていきました。大政奉還の裏にこのような戦いがあったとは詳しく知らず、非常な戦いであったことを知り、涙が止まりませんでした。2点目は、最新の研究を踏まえ、そこをよりリアルに表現していたことだと思います。何度見ても飽きないそんな作品となっています。3点目はキャストです。綾瀬はるかはもちろん、西島秀俊、綾野剛などそうそうたるキャストで、その演技力も半端なくとても見入ってしまいました。絶対おすすめの作品です
40代男性”

戊辰戦争を「賊軍」にされてしまった側から描いた作品です。「白虎隊」が有名だから会津で戦争があったことは多くの人が知っているけれど、会津藩にとって本意でなかったこと、奥羽越諸国列藩同盟が戊辰戦争回避のための同盟だったことを描いてくれた稀有な作品だったと思います。会津戦争においては城下町での市街戦、籠城している城内の銃後の女性たち(なんと砲弾の不発弾しょりまでおこなっています!)、山林での郊外戦、本当に女子供まで戦いに出ているなど、詳細に再現しています。八重の見事な銃さばきは見ごたえ充分です。他にも、綾野剛演じる会津藩主松平容保の悲壮な決意を秘めた表情や禁門の変での状況変化など演出がうまいです。今回、薩摩は悪役ということで大久保利通だけでなく西郷隆盛までもどこか黒い部分があり、それを吉川晃司が演じているので今までにない西郷像を視ることができて面白かったです。50代女性

綾瀬はるか演じる八重と、長谷川博己の共演があったところが魅了的でした。最初は兄の友人として出会うところから、次第にお互い惹かれていくところが丁寧に描かれていました。結婚はしたんだけれども、夫は病気になってしまいます。普通なら最後まで看取って欲しいと思うところを、生きなさい、と八重から離れる選択をしたところが、辛くもありましたが、本当の愛とは何かを突きつけられたような気がしました。そこのシーンが未だに印象に残っています。また、夫の死を乗り越えて、オダギリジョー演じる新しい夫と結ばれる過程も素敵でした。前の夫が忘れられなくてもいい、と丸ごと受け入れてくれた愛の深さも感じました。全体的には暗めのトーンでしたが、2人の夫とのシーンで心が温まりました。30代女性

主演の綾瀬はるかさんをはじめとした多彩な出演陣が最大の魅力です。大河ドラマの出演者が豪華なのは当たり前と思うかもしれませんが、『八重の桜』はきらきらしすぎて目が眩むほど。のちに主演を張るようになる俳優がこれでもかとひしめいています。私はこのドラマで、会津藩主を演じた綾野剛さんにはまりました。また、歴史の勉強にもなりました。福島と京都、遠く離れているにも関わらず、会津藩と新選組にこれほど深い繋がりがあったことは、『八重の桜』を見なければ知らないままだったでしょう。会津藩は、幕末の歴史の中で悲劇に飲まれていきます。そこから新しい時代を迎え、大きな一歩を踏み出すのが、女性である八重です。しっかりと地に足をつけ、時代を切り開いていくさまが爽快です。30代女性




本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました