ザ・ファブル 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ザ・ファブル 無料でドラマ視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
ポイント利用視聴
月額1,017円(税込)

ザ・ファブル 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ・解説

どんな相手も6秒以内に殺す
“ファブル(寓話)”と呼ばれる
謎の殺し屋。

そのファブルを育てたボスは
彼に殺しを禁じ、一般人として
1年間暮らすことを命じる。

ファブルは“佐藤アキラ”という
偽名を使い、相棒のヨウコとともに
一般社会に溶け込もうとするが…。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(ファブル/佐藤明(アキラ))
岡田准一
(佐藤ヨウコ)
木村文乃
(清水ミサキ)
山本美月
(フード)
福士蒼汰
(小島)
柳楽優弥
(コード)
木村了
(黒塩(クロ))
井之脇海
(風間)
加藤虎ノ介
(幼少期のファブル)
南出凌嘉
(貝沼)
好井まさお

ライターコメント

ザ・ファブルは謎のヒットマン演じるV6の岡田君が一般人として過ごす物語です。体を鍛えあげた岡田君の激しいバトルシーンは迫力があり、鑑賞していて爽快感があります。また、ヒットマンでありながらも猫舌であるという、お茶目な弱点が所々で演出されており、笑わせてもらいました。ストーリーは、散りばめられている伏線はきれいに回収されており、違和感のない展開でした。そのため時間の経過が早く感じられるくらい熱中することができました。難点としては、福士蒼汰が役に合っていないと思いました。福士蒼汰は爽やかな役柄が今まで多かったため、この映画のような、悪い人の役柄は微妙かなと思いました。しかしその微妙さを打ち消すクォリティの高い映画です。40代男性

“この映画の魅力は何と言っても主演の岡田准一さんのアクションシーンが良かったと思います。元々アクションシーンが得意な岡田さんでしたがこの作品に関しては、動きが凄すぎて、原作ファンすら唸ってしまう機敏な動きが最大の魅力だと思います。そして、仮の妹役として登場した木村文乃さんが今までの真面目なイメージを一変して無茶苦茶なギャルな恰好をしているのは男性ファンとしてはチェックしときたいところではないでしょうか。そんな俳優や女優さんの凄い所だけではなく、原作に対してい駐実に作られた作品でこの映画を見てしまうと、原作を読みたくなってしまうから不思議です。それほどこの殺し屋だが少し変な世界にどっぷりつかる事のできる作品の世界に引き込まれる魅力がありました。
30代男性”

“人気コミックを岡田准一さん主演で実写化された作品ですが、正直コミックを読んだことがなくどんなストーリーなのだろうか何気なく最初は観ていましたが、始まってすぐ岡田准一さんの迫力あるキレッキレの演技に圧巻させられました。日頃から鍛えられているだけあってアクションシーンは演技と言うよりも自然な感じで良かったです。アクションシーンは1番の見所でしたが、岡田准一さん演じるファブルが一般の人として人との関わりを持ちながら普通として生きていく姿もまた人間味を感じられてとても素敵なストーリーでした。基本的にはトラブルに見舞われ倒して行くお話しですが、ファブルの純粋な姿にはどこか心洗われる作品です。岡田准一さんのまさかの関西弁で笑いあり、涙あり、迫力ありの魅力の詰まった見所満載の作品でとても面白かったので皆さんも良ければ観てみて下さい。
20代女性”

“主演の岡田准一さんの素晴らしい身体能力と演技力が一番目立ってました。本当にカッコ良かったです。欧米やアジア圏のアクション映画より、日本のアクション映画は、基本的に見劣りする事が多かったのですが、銃撃戦、格闘戦、全て手に汗握る、迫力満点のシーンばかりでした。原作も勿論知っておりますが、原作の登場キャラクターと設定が若干違います。私は特に問題なく、むしろ迫力満点のアクションシーンに感動しておりましたが、原作の内容を大事にされる方は違和感を覚えられる方もいるかもしれません。ですが、そういうマイナスの点を差し引いても、あまりある良さが詰まった映画と思います。原作を観たことがない方も勿論オススメ出来る映画ですよ。
30代男性”

“岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、木村了などここには書ききることができないくらい大勢の豪華キャスト陣が揃っていました。映画全体的にも思っていた何倍も面白く、キャストとともに大満足でした。岡田准一の関西弁は地元民だからこそのナチュラル感があって、1関西人として見ていて最高でした。ストーリーはテンポ感があって、予期せぬ展開が常に待っているので全く飽きずに最初から最後まで楽しむことができました。なにより爽快なアクションシーンがたまらなく良かったです。日本のアクション俳優と言えば岡田准一だな、と本当に思わされました。これから見る人は、ムキムキな彼の作り上げられた体にも注目するべきです。
20代女性”

ファブルは、キャストがとても豪華です。主演の岡田准一さんをはじめ、木村文乃さん、福士蒼汰さん、向井理さんなどイケメン揃いで観る前から興味を持っていました。コメディー要素が強くて、シビアな内容なのにそれを感じさせない楽しさがありました。岡田准一さん演じるファブルという裏社会に生きる男が、1年間普通の生活を送るために働く会社に、佐藤二郎さん演じる社長が出てきます。面接のシーンなど、佐藤二郎さんいるだけで楽しくなってしまって笑。わたし的にはツボでした。岡田准一さんと言えばノースタントのアクションですが、そこはやはりすごいなぁと迫力が伝わってきますし、ストーリーのスピード感も見る側を飽きさせないなぁと思いました。30代女性

岡田准一のコメディーアクターとしての才能が遺憾なく発揮されている。神出鬼没の裏社会の殺し屋だが日常生活は抜けまくりの常識知らず、という相反する要素を備えた役柄にバッチリはまっています。普段はキリッとした顔つきのイメージが強い人がボケキャラを演じるのはギャップが際立つので、上手く行けば超強力なのですけれども、往々にしてよろしくない結果になることが多いのですが、岡田は見事に演じ分けることに成功しています。もともとアクションには定評がある人なので、スパイダーマンもかくやの壁登りや、瞬殺の拳の切れ味など、殺し屋としても非常に納得感があります。柳楽優弥の狂犬振りや、安田顕の渋みあるヤクザなど脇を固める面々も魅力的で見応えがあります。40代男性

最初に観ようと思ったきっかけは、岡田准一のファンだったので軽気持ちで見始めました。内容にはあまり期待していなかったのでですが、とても面白かったです。特に面白かったのはアクションシーンです。日本の映画にはなかなかな派手で見応えのあるアクションシーンが多かったです。主人公の佐藤アキラの職業とは裏腹に、プライベートの彼の変った好みや、性格が仕事時の彼とのギャップを生み出していてそこがとても好きでした。作中では、主人公の佐藤アキラが幼少期の頃から殺し屋として育てられたような描写が描かれていましたが、なぜそのような経緯に至ったのか、佐藤アキラがどのようにしてここまで成長してきたのか大変気になりました。そして、佐藤アキラの所属する団体のボスは一体何者なのか原作で続きをみたいと思いました。今後続編が出るのを大変楽しみにしています。20代 男性

V6の岡田君が主演で、彼は格闘系が得意なのでファブル役にぴったりだと思いました。ファブルの鍛えられた体が、とてもカッコよくてセクシーでした。ヤクザやチンピラなど裏社会の人たちもいっぱい出てくる暴力的な映画で怖くて苦手な人もいるかもしれませんが私は平気でした。ファブルがバイト先でイラストを描いていて、そのイラストがとても可愛かったり、お笑い芸人のジャッカル富岡をファブルが好きで笑えるシーンもたくさんあり、シリアスな場面とのバランスが取れていたと思います。また岬ちゃん役に山本美月がが演じており、彼女も体当たり的な役で良かったです。顔を木村文乃に引っ張られたりで変顔を披露しており、よくこんな役を引き受けたなと感心しました。30代男性

V6の岡田くん主演の映画です。岡田くんといえばアクション。この映画はまさに岡田くんのアクションを堪能できるストーリーでした。岡田くんの役は、悪役にして心優しくちょっと変わった主人公です。ポスターを見た印象はただのアクション映画だと思っていましたが、実際に見てみると、もう一度見たいと思えるほどハラハラドキドキ笑いありの映画でした。また、この映画の見どころは、木村文乃のかわいさも一つです。久々の長髪姿。そして男を落とす色気。かわいさの裏にはかっこよさもあり、岡田くんのアクションにも負けない魅力がありました。この映画を見てから、木村文乃さんのファンになりました。アクション好きな方、岡田くん好きな方に関わらず、いろんな方に見て頂きたい作品です。20代女性

原作の漫画を読んでから、この映画を見ました。裏組織の伝説のプロ集団ファブル。原作の独特の雰囲気をうまく表現していたと思います。やはりこの店の作品は実写化すると原作よりもガッカリすることも多いんですがこの映画はうまく原作との折り合いをつけていたと思います。特に佐藤の書いた絵の雰囲気なんかは漫画だから笑えると思っていましたが映像になっても独特の雰囲気で伝わりました。正直、原作の巻数が多いのでこの映画一本で全ての表現はしにくかったと思いますが、流れるようなストーリーやテンポよく進む展開などもありごく自然に一本の作品として完結しています。やはりファンの多いファブルなので映像化に反対の人がいたとしても是非たくさんの人に見てもらってほしいと思います。40代男性

バトルシーンがとにかくカッコよかったです。一般人として生きていくというミッションクリアのために普通を求めて日々過ごしていく主人公がどんどん成長していく姿がとてもよかったです。はじめはどうなるかとドキドキ、ヒヤヒヤしていましたが、どんどん普通に変わっていく姿にいつの間にか応援していました。岡田准一くんのアクションシーンは想像以上にかっこよく、男らしさの中にもおちゃめな部分もありいつの間にか笑ってしまう内容でした。見ていてとても楽しかったです。予告を見ていたときスタントマンなしの撮影だと言っていた気がしたのですがスタントマンなしとは思えないアクションシーンで迫力が最高でした。柳楽優弥くん福士蒼汰くんの演技力も素敵でとてもかっこよかったです。ラストはとても感動してしまいました。怖さの中にも笑えるシーンが何度もありクスッと笑ってしまうような映画でした。20代女性

“どんな相手でも必ず6秒で仕留めると言われている伝説の殺し屋ファブルが、身を潜める為に一年間を仕事をせずに””普通””の振りをして暮らす、という原作漫画を実写化した本作。省略されているシーンや追加された要素などもありましたが、概ね原作に忠実でした。仕事一筋で生きてきたファブルがその真面目さ故に、何とか普通になりきろうとする様子が面白くもあり同時に可愛らしかったです。特にファブルの描く「まるで子供が描いたような下手くそな絵」が本当に下手くそで、だけど描いてる本人は真剣な様子なのが、なんだか大きい子供を見ているようで微笑ましかったです。アクションも軽快で良い意味で何も考えずに観られる映画です。特に冒頭のガンアクション「どんな相手でも必ず6秒で仕留める」がスタイリッシュな演出で表現されています。これは文字では説明出来ないので是非観て頂きたいです。
30代女性”

まず話のテンポがとても良かったです。主人公の圧倒的な強さと、少し変な性格とのギャップが余計にかっこよく感じました。激しいアクションは見ててドキドキします。その間で程よく笑いもあり、特にジャッカル冨岡で笑ってしまう岡田准一さんがとても可愛かったです。キャストも豪華でした。銃を使うシーンもカッコ良かったのですが、特に戦いの格闘シーンでの素手での攻防戦が見どころだと感じました。走ったり飛んだりするところも迫力満点でした。改めて主人公役の岡田准一さんの身体能力の凄さに驚かされました。それと同時に妹役の木村文乃さんのアクションのクオリティーの高さにも驚かされました。アクションとは別で、木村文乃さんがとてもきれいでした。漫画と映画で比べても映画ならではの迫力がうまく表現されていてみた後の満足感もかなり大きかったです。

“ザ・ファブルはアクションがとても本格的でそれだけではなく、コメディー要素もありクスッと笑える場面がとても多かったです。V6の岡田くんが主演で福士蒼汰くんが悪役だという設定も初めてだったので新鮮でした。暗殺者として伝説の存在になっているファブルが普通の社会に溶け込み生活をする中で、本当は戦闘は強く、簡単には倒されないのに途中のシーンでチンピラのような人達に絡まれたときに痛いふりをして、意図的に倒されるというシーンがすごく面白かったです。ですが、一般人の生活を送るなかで出会ったミサキには心を開き、ミサキが敵にさらわれたときにはアジトまで乗り込んで戦うというギャップが良かったです。もうひとつ面白かったシーンはデザイン会社でライオンの絵を描いた時に意外と絵が下手だというオチも面白かったです。
20代女性”




本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました