なつぞら 動画配信

日本のドラマ

この動画を観るなら、

31日以内に解約で料金は無料です
※見放題視聴には別途+990円(税込)で
NHK見放題パックの契約が必要です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next月額料金
31日間無料

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ なつぞら の見逃し動画配信をフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

さらにNHKオンデマンドでは、
「NHKまるごと見放題バック」
月額別途+990円(税込)
で購入頂くと、制限なく、
見放題でお楽しみいただけます。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトル
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

ドラマ なつぞら を公式動画配信サービスで視聴

あらすじ

昭和21年初夏。

9歳の戦災孤児・奥原なつは、
北海道の酪農一家・柴田家に引き取られた。

やがて彼女は、素敵な馬の絵を描く少年
山田天陽と出会い、絵が動く
「漫画映画」の世界を知る。

高校生になる頃には、
なつは絵を描く仕事に
夢を持つようになっていた。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(奥原なつ)
広瀬すず
(柴田富士子)
松嶋菜々子
(奥原咲太郎)
岡田将生
(柴田剛男)
藤木直人
(小畑雪之助)
安田顕
(小畑妙子)
仙道敦子
(戸村悠吉)
小林隆
(戸村菊介)
音尾琢真
(山田正治)
戸次重幸
(阿川砂良)
北乃きい

(C)NHK

各話紹介

第1話

広大な平野と日高山脈。牧場を見下ろす丘の上、キャンパスに向かい北海道・十勝の風景画を描くなつ(広瀬すず)。なつが十勝にやってきたのは昭和21年、戦争が終わった翌年の初夏、9歳のときだった――復員服を着た剛男(藤木直人)に手を引かれ焼け野原の東京から十勝にやってきたなつ(粟野咲莉)。夫の無事の帰還に喜ぶ富士子(松嶋菜々子)たち柴田家の家族だったが、剛男が連れてきた見知らぬ少女の姿に戸惑いを覚える。


第2話

戦争で両親を失った9歳のなつ(粟野咲莉)は、剛男(藤木直人)に引き取られ北海道・十勝にやってきた。剛男の説得で妻の富士子(松嶋菜々子)は、なつを受け入れることを決意するが、娘の夕見子(荒川梨杏)は、両親が優しく接する自分と同い年のなつの存在が気に入らない。そんな中、なつは柴田家の牧場で働かせてほしいと願い出る。富士子の父で、北海道の開拓者である泰樹(草刈正雄)は、なつの発言に意外な反応を見せる。

ライターコメント

十勝、東京の二箇所を舞台にしておりましたが、十勝編が好きでした。主人公の「なつ」は戦争で両親を失い、兄弟とも離れて、十勝で生活することになったものの、十勝での新しい家族とともに力強く生きていく、というストーリーでしたが、なつの幼少を描いたシーンは印象的でした。ひとりぼっちで寂しさのあまり家出することもありましたが、おじいさんをはじめとした家族、まわりの人たちのやさしさに守られていくシーンは涙が出るほど感動しました。ドラマでも出てきた広大な自然、農場、そして十勝のスウィーツなどを自分自身、体験したくて十勝を訪問したほどでした。また、東京編でも、生き別れになった兄、妹の再会のシーンは日本中の涙を誘ったと思います。 50代 男性


朝ドラの作品の中で一番好きな作品です。戦争孤児になったなつは一人ぼっちになるなど辛い状況が続いていたので胸が苦しくなりましたが、柴田家の人たちが良い人たちばかりで恵まれて本当に良かったなと思いました。また、おじいちゃんははじめはなつのことを表面上認めていなかったのに内心は心配していたり、なつの頑張りを見て自分一人でも立派に生きていけるようにと教育していくのを見て、実はなつのことを一番気にかけていたのはおじいちゃんだったんじゃないのかなと感じました。役者陣がみんな実力が高い上、チームワークの良さをドラマを通して伝わってきました。家族のあり方は血のつながりが全てじゃない、夢を持ち続けることの意味、誰かを思いやることの大切さを改めて感じました。 20代 女性


日本のアニメーションがいかに尊いものであるかを実感できる素晴らしいドラマでした。アニメ1本作るだけでも、様々な人がそれぞれに悩んで藻掻いた末に作品が完成して、それを私たち視聴者は目にしているのだと思うとめちゃくちゃ胸が熱くなりました。また、今とは違って人の手でする作業が圧倒的に多かったとあって、尚更苦労は絶えなかったはずなのに、それでもアニメーションを多くの人に届けたいという信念を持って仕事に明け暮れている姿は最高にかっこよくて沁みました。私もいつかこの人たちのように熱い気持ちを持って仕事が出来る立派な大人になりたいと思いました。登場人物の中だと、個人的には天陽くんが本当に大好きで、彼の描く見とれてしまう素晴らしい作品だったり、どこまでも優しい人柄に心底惚れ込んでいました。 20代 女性


戦災孤児となったなつが剛男に連れられて北海道にやって来ました。知らない人と良くこんなに遠くまで来たと思います。それだけ戦後の生活が辛かったことがわかります。じっちゃんを演じている草刈正雄さんの存在がとても大きくて厳しくもなつを大切に育てている様が良くわかりました。戦後の風景から一変して雄大な大自然の風景がとても心を穏やかにしてくれました。なつに絵の楽しさを教えてくれた天陽の純粋な心を持つ姿はとても素敵で吉沢亮さんはこの役にぴったりだったと思います。なつが成長しこの地を離れることになって家族全員が寂しいながらもなつのことを思い送り出したシーンはとても心に残っています。血は繋がっていなくても家族の絆をとても感じました。東京での頑張りもこの北海道の豊かな生活があったからだと思えるとても爽やかな作品でした。 50代 女性


北海道という大自然を舞台にされており、毎回大きな自然が映し出され一気になつぞらの世界に入りこんでしまいます。そこにいる登場人物達が一生懸命生きており、また日本アニメという大きな形を作った登場人物たちの生き方を毎日見れるのが楽しみでした。また子育てと仕事の両立という現代社会へのアプローチもあり同じ立場でもあり、物語を見届けたいという思いが出てきました。主人公であるなつの事を思わせるようなアニメを最後は作っていく事が最後納得出来て、長く見てきた視聴者としても嬉しかったです。物語が進むにつれて登場人物の味が出てきて日本アニメが出来るまでの歴史を改めて知ることができたように思います。アニメ以外の要素もふんだんにあり幅広い視聴者に愛された作品だと思います。 40代 女性


北海道の大自然の中で育まれる家族愛と、都会での働く女性の苦悩と喜びを体験できるドラマです。北海道の大自然の映像がとてもキレイで、観ているだけで癒やされます。その中で生きる人々にとっては、単なるキレイな景色ではなく、克服すべき相手という側面も丁寧に描かれていて、自然との共存とはどういう意味なのかについても考えさせられます。また、主人公が血縁関係の無い家族の中で、家族愛をたくさん受けて育っていくのを観ると、家族とは何なのかについても考えさせられます。中でも、草刈正雄さん演じるおじいちゃんが、子ども相手にも真摯に向かい合っていて、子どもを育てるとはこういうことなのかという学びもありました。後半のアニメーターとして働くところでは、女性が働くことの大変さも描かれていますが、そこでも家族愛について描かれていて、大きな家族として困難を乗り越える姿に感動したし、勇気ももらえました。 40代 男性


北海道編の演劇部での活動(劇中劇)がとても良かったです。練習や本番に至る中に、突然番長が役に割り込んできたり、本番で突然農業高校の唄を歌ったりと笑える部分もあり、面白く視聴しました。演劇部の顧問の先生や、番長や農業高校では数少ない主人公の女友達、幼馴染の甘い物やの息子さんや絵描きの同志とか、結構個性的なキャラクターを上手く演じる役者さんが揃っていて、主役が喰われがちだなと思うくらいでした。主人公は棒読みで演じることについて素人のように振る舞うところは面白かったです。ただ、皆さんあまり北海道弁が上手くなかったのが残念。北海道出身の役者さんすら、北海道弁を忘れているような感じがしました。それを考えると、「西郷どん」では字幕が付くぐらい方言を徹底していたのが羨ましく見えました。 50代 女性


幼少期の苦労からの成長期というと、朝ドラにありがちな設定ではありますが、この作品には、ほかの作品にはない爽やかさと温かさが溢れています。ヒロインの広瀬すずさんの凛とした佇まい、主題歌のスピッツの清涼感、ナレーションの内村光良さんの語りが理由かもしれません。そして、子ども向けのアニメをテーマにしているので、明るさと未来があり、見ていてワクワクします。アニメの制作シーンの、なつの真剣な眼差しはこの作品の見どころの一つです。また、なつが育った柴田家がある北海道の四季折々の風景がとても美しく、軽く旅行気分が味わえるほど。なつが出逢う人達は、みんな素敵です。そんな人達にたくさん愛されていることがなつぞらを見るとわかります。 40代 女性


主人公なつの幼少期のシーンのけなげな姿に引き込まれました。幼少期のシーンで特に心に残るのは、意地悪な役だと思った草刈正雄が演ずる育ての祖父と一緒に並んでアイスクリームを食べるところです。やっと、お互いの心が通い合って、思い出すと涙が浮かびます。苦労をしたなつには、絶対に幸せになってほしいと思って見続けました。なつの兄と妹との再会は、スムーズに展開しなくてとてもはらはらしました。結局、再開できてほっとしました。なつの仕事のアニメ制作については知らない世界のことなので、興味深かったです。京アニの事件もあって、このように、夢に向かってコツコツと作業している人たちの命が奪われたことをとても悲しく思いました。すこし、ドラマの内容から話がそれてしまいましたが、今も心に残るいい作品だと思います。 50代 女性


まだ9歳だったなつが戦災孤児となり、父親の友人というだけで東京から北海道まで行くことになります。まだ子どもなのに親が亡くなって兄弟と離れ離れになるシーンは涙が出ました。それでも、父親の友人に連れられ遠い北海道で慣れない酪農を手伝うなつの頑張りにこちらまで励まされる思いでした。そしてなつが成長して、北海道の家族がなつを娘として育ててくれて、じいちゃんや父さん母さんの愛情に何度もじーんとなりました。血は繋がってなくてもいい家族だなぁって思いました。生き別れていたお兄ちゃんや妹との再会、進学なども見所満載でした。なつが夢をかなえてアニメーターとして活躍するようになると、なつの描くアニメの世界が面白く興味津々になりました。なつが家庭をもちお母さんになって、娘の優を預けるのに困りながらも育児と仕事を両立しているところは私も一人の母親として自分も頑張ろうって思えました。子どもの頃からずっと応援してきたなつが仕事を成功させて結婚して幸せになっていくのを見守るのは本当に楽しく、北海道の美しい風景をバックもよく本当に素敵な作品でした。 40代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました