春待つ僕ら 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

春待つ僕ら 無料で動画視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトル
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

春待つ僕ら 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

『僕だけがいない街』の平川雄一朗が
土屋太鳳と若手イケメン俳優を
キャストに迎えて贈る青春物語。

仲間と過ごす大切な時間や
恋の喜びと切なさを丁寧な筆致で描く。

あらすじ

高校入学を機に“脱ぼっち”を目指す美月だが、
何をやってもうまくいかない。

そんな彼女の前に校内で人気の
永久をはじめとするバスケ男子4人が現れる。

軽薄そうに見えて実は仲間思いの4人に
心を許していく美月。

そんななか、彼女は
幼馴染みの亜哉と再会する。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(春野美月)
土屋太鳳
(浅倉永久)
北村匠海
(神山亜哉)
小関裕太
(若宮恭介)
磯村勇斗
(多田竜二)
杉野遥亮
(宮本瑠衣)
稲葉友
(柏木ナナセ)
泉里香
(山田レイナ)
佐生雪
(神山ユーコ)
緒川たまき

ライターコメント

“大人が見ても青春って良いなと素直に思える映画でした。北村匠君は特にさわやかではまり役です。影のある役もこなせるけれどこういうみんなの憧れ的高校生男子的な役もとても似合うと思いました。イケメン四天王のひとり礒村勇斗君もよい味を出していました。あやちゃんは幼なじみで美月(土屋太鳳)を好きだったけれど、美月のために同性として接していて、アメリカに行って帰ってきてからも美月に一途ということで、あやちゃんの恋もかなえてあげたいと切なく思いました。でも美月が永久に魅かれるのは止められないなと思いました。またイケメンバスケ男子はチャラそうに見えて、とても仲間思いのところがよくて、男の子同士の友情って良いなあと思いました。自分の弱さを乗り越えようとするどちらかという内気なタイプのヒロインの美月を演じるには太鳳ちゃんは元気すぎるキャラかなと最初思ったのですが、美月の心の成長を丁寧に表現できていたと思います。
40代女性”


内向的な性格の主人公の女の子が、勇気を出して自分から友達を作って、成長していくストーリーが身近に感じて感動できると思います。学生の方や若い世代の方が、この映画を見て前向きに考えて、進んでいけるようなお話です。同年代の学生が見て、共感できる話になっていますが、大人が見ても、幼馴染の子と思いを寄せている男の子との間で、悩んだり、迷ったりするシーンや新しく出来た友達と、気まずくなるのが嫌で気になる男の子をさけたり、可愛くてキュンキュンする場面があって、淡い思い出を思い出して、少し恥ずかしいような懐かしいような気持ちになると思います。映画に合わせて流れてくる音楽も、美しいハーモニーで温かい気持ちになります。50代女性


なんとなくで見始めた作品だったのですが、出ていた俳優さんは有名な方ばかりでしたしタイトルからして綺麗だし良い恋愛映画だろうなと思っていました。ただそれだけだったのですが思っていたよりも素敵な話で、最後の方には感動していて何度も見たくなる内容だったなと思います。高校時代にあんな楽しそうな青春を送れていたらわたしの今ももっと輝いているものだったのではないかなととても思わされました。今の高校生の子でなんとなくでバイト先を選んで、恋愛できるかなとか思っている子に言いたいのはやっぱりおしゃれなところでバイトしたらそれなりにおしゃれな生活が待っているし生活も充実するということです。私も出来ることなら高校生くらいからやり直したくなった作品でした。20代女性


土屋太鳳さんが主演した映画「春待つ僕ら」。同名人気コミックをの実写化でしたが青春ラブストーリーになっていて楽しめました。土屋さん演じる美月は高校に入学してもなかなか周りに溶け込めず寂しい思いをしていたのですが、バイト先でバスケ部の四天王男子たちと仲良くなり一緒に過ごすようになったので女子の友達よりも先に男子?と羨ましくなりました。でも人って自分の居場所が出来ると自信がつくし嬉しいのでなんだかとても微笑ましかったです。美月を巡って北村匠海さん演じるバスケ部の四天王のひとり、永久と小関健太さん演じるアメリカ帰りの幼馴染、亜哉の恋模様が描かれていてときめきました。複数の男子から想われてるってちょっと憧れちゃいます。主題歌を土屋さんと北村さんが組んだ音楽ユニット「TAOTAK」が担当していたのもレア感があって良かったです。40代女性


土屋太鳳&北村匠海さんが共演した映画「春待つ僕ら」。主題歌も土屋さんと北村さんが組んだ音楽ユニット「TAOTAK」が手掛けていて爽やかな空気感があり良かったです。土屋さん演じる美月が「ぼっち系」の女子だったのですが、バスケ部のイケメン男子4人とバイト先で知り合い気に入られてから一緒に過ごすようになったのでなんだかアニメ「花より男子」のエフ4みたいと思ってしまいました。でもあっちはお金と権力ぽさがありましたが、北村匠海さん演じる永久たちのバスケ男子たちはチャラさがあってもバスケには真剣で仲間想いだったので嬉しくなりました。永久といい雰囲気になりかけて来たところに美月の幼馴染でアメリカ帰りのバスケ男子、亜哉が登場し美月へ猛アタックして来たので、さすがアメリカナイズされてるなぁと思いました。メンタル弱い系女子に限ってハートの強い男子に好かれるんでしょうね。守ってあげたくなるのかなぁ。全国大会で永久たちと亜哉の学校が対戦することになったり、美月も自分自身で弱さを克服する挑戦をしていたりと最後まで見応えがありました。40代女性


青春映画として、友情映画として、恋愛映画としてどの枠組みに分類されても抜きん出て素晴らしいのに、三要素がいい具合に混ざりあって結果的には「感動映画」として秀逸な作品であるのだと思いました。自分の学生時代を省みて悲しくなってしまうくらい、この映画の中は輝きで満ち溢れていて、その眩しさに胸が熱くなりました。誰もが憧れた青春が詰まっていて、この映画を観ることによって疑似体験をしたかのような心地になりました。実際の体験ではないにしろ、辛い学生時代を送ってきた身としてはとても有難くて貴重だなと思いました。瑞々しい若さがそこかしこにあることがこんなにも観ている人の心を掴むのかと衝撃を受けました。エネルギッシュでいられるのもやっぱり若いからなんだなと思うとなんだかしみじみしました。20代女性


“好きな俳優の北村匠海さんが出演していたことがきっかけで観ましたが、素敵な役どころでした。主人公の美月に想いを寄せる役なのですが、とても一途なところが光っていました。途中で違う女の子を好きになったり、想いをあきらめてしまったりというのはラブストーリーによくありますが、この作品では最後の最後まで想いを貫いていました。これまでに観たラブストーリー作品でも特に好きな作品です。ラストではきちんと想いが報われるようになっているため、すっきりした気持ちで観終えることができました。作中にはドロドロとした描写がなく、誰にでもおすすめできるラブストーリー作品だと思います。一途な恋が視聴者をハッピーな気持ちにするはずです。
30代女性”


あらゆるタイプのイケメンたちに囲まれてしまったら、私は正気を保つことなんてできないだろうなと思いました。これがいわゆるイケメンパラダイスですかね?と誰にともなく問いかけようとしてしまいました。どこもかしこもイケメンで次第にどこに目線を置いていいのやら困惑してしまうくらいでした。私はそれまでロン毛に一切の興味関心がなかったのにも関わらず、小関裕太さんによって大きく覆されてしまいました。あんなにも清潔感のあるロン毛男子を見たことがありませんでした。小関裕太さんの麗しくて甘い顔立ちによく似合っていたし、観ているだけでエネルギーが漲っていくのを感じました。心に栄養成分が行き届いたことで心なしか体調そのものまで良くなったかのような錯覚まで覚えました。20代女性


ヒロインの美月がいつか訪れる春を夢見るシンデレラ状態で、強くて守ってくれる典型的な王子様のような神山を選ぶのかと思ったら、最終的に強い神山ではなく弱さのある永久を選んだというのが面白かったです。原作が少女漫画ということもあり王道のラブストーリー的な要素はかなり強いのですが、神山ではなく永久を選ぶという選択は恋愛としてだけではなく美月のこれからの生き方の選択であり、人生における大事な決断のように感じました。自分と同じように弱さを抱える永久を選んだことで、自分の弱さを受け入れその弱さを抱えながらも生きていくという力強い決意が表れていたのではないかと思います。また、土屋太鳳さんのヒロイン感がさすがといった感じで良かったです。30代女性


美月と運命的な出会いをしたバスケ部4人との青春映画。キュンキュンが止まらない作品だと思いました。試合のバスケシーンはとても迫力があって、プロ選手を観ているかのようでした。亜哉ちゃんが実は男の子だったのは衝撃でしたが、亜哉ちゃんが離れていてもずっと美月の事を想ってくれているのが力になるんだと心が温まりました。美月の作文は今までの春が嫌いだった気持ちと新しい出会いがあった春の気持ち両方を上手く表現した作文だったと思いました。浅倉が美月に告白したシーン、正直鳥肌が立つぐらいよかったです。カウントダウンと同時にキスするのもすごくよかったし、何より浅倉の声のトーンがキュンキュンしました。こんな青春うらやましいなと思う映画でした。30代女性


ヒロイン美月が「イケメン四天王」まで呼ばれる女子に人気者の4人とかかわったのにいじめられたりすることがなくて、安心して観てられてうれしかったです。4人のファンの女子たちがバスケットの試合を観ているのではなく4人を観てひたすら写真を撮っているだけなのに対し、「みんなで一緒に応援しよう」ともちかけ、実際にみんなで手拍子しながら応援することになるところはお気に入りのシーンです。「みんなで一緒に応援」なんて学生時代じゃないと出来ないことだと懐かしくなりました。美月のあこがれの人が女の子だったことに違和感を覚えていたのですが、実際は男の子だったのは予想がつきませんでした。憧れの人亜哉がスター選手なのに鼻にかけたところがない点、好感が持てました。登場人物たちはきっちりバスケットの練習をやっていて、清凌高校と鳳城高校のバスケットの試合結果が実力通り番狂わせなしなのもご都合主義じゃなくていいと思います。自分の昔を思い出してしまうような、さわやかな青春ドラマでした。50代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました