IQ246~華麗なる事件簿~ 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

IQ246~華麗なる事件簿~ の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

IQ246~華麗なる事件簿~ を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

名家・法門寺家の当主・沙羅駆は、
法門寺家の伝統である犯罪研究を究め、
代々遺伝してきたIQ246の頭脳を
持ち合わせている。

そして、難事件に出会うことを
渇望していた。

ある日、警視庁の刑事・和藤奏子は、
法門寺家当主の護衛を担当することになり…。

ライターコメント

“基本的に1話完結なミステリーになっていたから見やすかったです。ストーリーもしっかりと犯人の動機やトリックも凝っており、少しシャーロックホームズを彷彿させるような一癖も二癖もあるキャラクターが多く登場しているので面白かったです。さらに織田裕二が演じる法門寺の独特な話し方やしぐさが印象的でした。シリアスなシーンでもなぜかクスッと笑ってしまい、もし実際にこんな天才がいたらこんな変人何だろうなと思わせてくれる感じがよかったです。一方で、常識人のディーンフジオカとの対比もあったのもよかったです。また、中谷美紀演じるマリアとの頭脳戦には手に汗を握り、中谷美紀の演技が非常に見事だったので見入ってしまい、さらにラストも驚きました。
30代男性”


織田裕二の天才の演技が非常にインパクトが有りつつ不快感がないものとなっていて引き込まれるものとなっていました。ストーリーは一話完結が基本となっており、毎回ゲストが演じる犯罪者のトリックを暴いたり自白に持ち込んでいくというのが基本でしたが、犯罪者の犯罪への動機が最初は復讐など追い込まれてやっていたものが、後の方ではビジネスパートナーが裏切っているかもしれないと不安になって犯罪に至るなど、必然性が弱まっていく構造が非常に面白く、のちに登場する犯罪者を手引きする存在につながっていくところには驚かされました。時折アクションシーンが見られたり、非常に富豪であるという描写が見られたりと細かい点でも楽しめるドラマでした。40代男性


まず異能のため北鎌倉に800年間も閉じ込められている名家という設定が現実離れしていて面白いし、その当主・法門寺紗羅駆(織田裕二)と代々執事を務める家の89代目・賢正(ディーン・フジオカ)の2人も、このおとぎ話のような設定を恥ずかしがらずに堂々と演じています。当主まあまりに頭が良すぎて普通の事件解決には全く興味がなく、例えそれが単純な窃盗事件でも謎解きが気に入れば事件解決に駆け付ける奇人ぶりを発揮します。警察にもに全く忖度しないので周囲をイラつかせるし危険な目にもあいますが、そこで執事が登場してキレキレのアクションシーンが展開され当主は無事救出され事件も円満に解決します。一話完結ですが、初めは優秀な監察医で法門寺ファンの森本朋美、中盤から謎の犯罪コンサルタントマリア・T役で登場する中谷美紀さんとの知恵比べが面白かったです。50代女性


謎に豪華なキャストだった推理系ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」。織田裕二さんが名家の当主でIQ246の頭脳の持ち主・沙羅駆を演じていましたが、執事がディーンフジオカさんで会話もいちいち意味を含んでいるので聞きごたえがありました。またキャラもかなり上から目線だったのでハマっていて笑えました。普段は北鎌倉の豪邸に住んでいるのですが、行く先々もなかなか豪華で普通の人脈ではないので単なる推理モノよりも幅広い設定で見応えがありました。土屋太鳳さん演じる刑事の奏子のド庶民ぶりも可愛かったです。後半は中谷美紀さん演じる謎の女性、マリア・Tのエピソードで沙羅駆の意外な一面も見れて味わい深かったです。寺島進さんが前当主役で登場したのも存在感があって良かったです。40代女性


織田裕二さん主演したドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」。名探偵ホームズ風な凝った作りで見応えがありました。毎回起こる事件と並行して、中谷美紀さん演じる謎の女性、マリア・Tとの駆け引きが特に見応えがありました。あと織田さん演じる名家の当主、沙羅駆の貴族ぶりもなかなか似合っていて笑えました。ディーンフジオカさんが執事役だったので豪華でした。また発生する事件も普通の場所ではなくセレブが絡んでいるので庶民側にとっては興味しんしんでした。執事の賢正の同級生の絡んだ事件が発生し、ふたりが対立するエピソードがあったり沙羅駆が殺人事件の容疑者になってしまったりと最後まで見応えがありました。土屋太鳳さんが刑事役で沙羅駆に振り回されている感じも可愛かったです。40代女性


かの有名な「シャーロックホームズ」の和製パロディといえる作品です。織田裕二さん演じる法門寺沙羅駆(ホウモンジシャラク)はシャーロックホームズをもじった名前ですし、土屋太鳳さん演じる刑事・和藤奏子(ワトウソウコ)はホームズの相棒であるワトソンをもじった名前です。ホームズをモデルとしていることはからもわかるように、基本はサスペンスですが随所にコメディ要素もあり幅広い年齢の方が楽しめるドラマになっています。基本的には一話完結のドラマですが、沙羅駆の宿敵の存在を匂わす場面も初期からあり常に先が気になります。私自身はホームズに関しては登場人物の名前を知っている程度でしたが、あくまでもパロディですのでホームズの知識が無くても全く気になりません。30代男性


北鎌倉在住の貴族の末裔でIQ246の天才・法門寺沙羅駆(織田裕二)は、その頭脳ゆえに日々退屈を持て余し、警察の事件捜査に首を突っ込んでいる。それを止めるお目付け役として護衛の名目で派遣された警視庁捜査一課の若手刑事・和藤奏子(土屋太鳳)は、役目を果たそうとするものの沙羅駆に振り回され、彼に忠実に仕える執事・賢正(ディーン・フジオカ)も交えてその謎解きに巻き込まれてゆくストーリーを1話完結方式で描かれるドラマです。沙羅駆は法門寺家の長男で、第89代当主[2]。北鎌倉在住で同地に広大な屋敷を構え、執事をはじめ多くの使用人を抱える。賢正ら使用人たちには「若様」「若」と呼ばれ、事件が解決すると「あー、醜い醜い醜い……この犯罪、醜悪至極(しゅうあくしごく)なり!」と言い放つセリフのいいですね。このドラマはシャーロックホームズから引用しているものとありますが、私には刑事ドラマの「相棒シリーズ」を貴族の末裔というバージョンと考えてもアリのドラマです。一方、沙羅駆は各回の犯人に完全犯罪をそそのかす電子メールの送信者・13が自分と因縁のある犯罪コンサルタント・マリア・Tであることに気付きます。また沙羅駆の屋敷内に監視カメラがあることを1話で認識しますが、沙羅駆はそれを認識しながら10話の最終回まで行きます。マリア・Tの存在がなければ、シーズン2や3も放映しやすいと思いましたが、残念です。また、このドラマは昭和の映画やドラマのジャンルとして「喜劇ドラマ」という表現がありますが、このドラマもそのようなジャンルになるドラマと思います。そして織田裕二さんのマイペースな沙羅駆を楽しく視聴できる作品です。60代男性


“ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」を観て、「謎を追い求める沙羅駆」と「多彩なゲスト出演者たち」が良かったと思いました。まず、謎を追い求める沙羅駆についてです。このドラマでは、天才的な頭脳を持つ貴族の末裔・沙羅駆の様子が描かれます。沙羅駆は、裕福な生活を送りながらも天才であるがゆえに満たされないことが多く、なかなか解き明かせないような難しい謎に出会いたいと思っています。謎に異常なほどの執着心を見せる沙羅駆を、呆気に取られながら観ていました。次に、多彩なゲスト出演者たちについてです。各話では、事件関係者を演じるゲスト出演者として、佐藤隆太さんや国仲涼子さんなどの俳優の方々が出演されます。華やかさを加えるゲスト出演者たちを、毎回楽しみながら観ていました。
20代女性”


“ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」の良かったところは、「献身的に尽くす賢正」と「マリア・Tとの戦いの結末」です。1つ目は、献身的に尽くす賢正です。このドラマでは、天才的頭脳を持つ沙羅駆が、自らの欲望を満たすために難事件の真相を追っていきます。賢正は、沙羅駆の執事として日々沙羅駆の要求に応え、時に冷たくあしらわれても沙羅駆への態度を変えません。沙羅駆に対し執事として完璧に振る舞う賢正に、尊敬の気持ちを持って観ていました。次に、マリア・Tとの戦いの結末についてです。マリア・Tはもともと沙羅駆に好意を持ち沙羅駆のために何でもしていましたが、沙羅駆への愛が暴走し敵として沙羅駆の前に立ちはだかります。巧みな戦略で沙羅駆を追い詰めるマリア・Tとの戦いがどうなっていくのか、ハラハラしながら観ていました。
20代女性”


中谷美紀さんが演じていた森本朋美さんがなかなか癖のある面白いキャラクターで、個人的に凄く注目していてめちゃくちゃ好きでした。有り体に言えば変人ではあるけれど、そんな森本さんを煙たく感じるどころか少しばかり微笑ましく感じてしまう不思議な魅力があるのが良かったです。そして、お世辞にもオシャレとは言い難い風体なのに中谷美紀さんの抑えきれない美しさが如実に出てしまっていたのがなんともたまらなかったです。あのクソダサ眼鏡をかけていても美人が隠せないとか、同じ女性として若干の嫉妬心が芽生えてしまいました。それでも、中谷美紀さんの美しさと名女優と呼ばれるに相応しい見事な演技力に心底感動している間はすこぶる気分が良くて最高でした。20代女性


和藤奏子ちゃんのキュートな魅力に完全ノックアウトされました。超がつくほどの恋愛気質なところとか、食欲旺盛なところとか、実際に身近にいたらちょっと嫌だけれど、土屋太鳳さんが演じていることもあってか全くもって不快にならなかったです。それどころかめちゃくちゃ癒されました。その一方で、奏子ちゃんの仕事に対する志だったり何でも真っ直ぐで責任感があるのは本当に立派で、心から尊敬したいなと思いました。そして、法門寺沙羅駆との関係性がツボでした。お互いが好き同士みたいなのも最高だけれど、二人の間に恋愛感情が皆無という完全にビジネスパートナー感なのが面白くて好きだなと思いました。法門寺のほんの少し鼻につく独特の言い回しもなぜだか嫌いになれませんでした。20代女性


「IQ246~華麗なる事件簿~」は、なんといってもディーン・フジオカさんがカッコイイです。織田裕二さん演じる主人公・沙羅駆の執事の賢正役がとてもハマり役でした。賢正は武術にたけていて、とても見事なアクションシーンも見せてくれます。沙羅駆はIQが高すぎてハテナな部分が多いのですが、その分賢正の冷静さがカバーしているように思えます。賢正の沙羅駆への想いが強くてちょっとBL要素も感じられますが、精神で繋がっているところが好きです。ありえない金持ちのあり得ない暇つぶしに見ているこちらも付き合わされてるような気持ちになっていくところが、なんだか滑稽です。沙羅駆の変なしゃべり方のせいか、独特な世界観になんだかんだと惹き込まれてしまう作品でした。40代女性


先祖代々引き継いできた資産を運用して、それを元にIQ246の頭脳を使って資産を増やして、悠々自適に暮らしている織田裕二さんの気取った口調が面白いです。そして謎の女性Mとの戦いが常に見え隠れするストーリー。女性の心理を操って全くの第三者に犯罪を起こさせる誘導術、振り回される警察官達も一目置いていて、女性刑事を張り付かせているが、素直な新米刑事は毎回煙に撒かれてしまうシーンも楽しめました。僅かな手掛かりから犯罪の全貌を明らかにしていくのも、ディーンフジオカさんとのコンビが絶妙な軽快感で楽しめます。事件が美しくないと、あー醜い醜い醜悪至極!と、吠える織田さんの決め台詞もインパクトありました。謎のマダムとの対決が、最大の見どころでした。50代男性


このドラマ作品は、2016年に放送された織田裕二さん主演の連続推理ドラマです。踊る大捜査線のような「熱い男」の役といったイメージが強い織田さんが、今作で演じるのは貴族の末裔で高指数のIQを誇るが「ああ、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する事件はないものか」が口癖の少々クセのある性格をしている主人公・法門寺沙羅駆です。事件は1話完結タイプで、毎回ちがうゲスト出演者を見れる楽しみもあります。主人公を取り巻く登場人物も個性的です。土屋太鳳さん演じる猪突猛進タイプの刑事、ディーンフジオカさん演じる主人公の家に代々仕える当代の執事、中谷美紀さん演じる法医学専門監察医など主役級の俳優陣が出演し、謎解きに華を添えています。30代女性


“緊張感高まりっぱなしの最終回が印象的でした。和藤は法門寺を庇って撃たれてしまうシーンには衝撃が走りました。すぐに病院に運ばなくてはいけない状態でしたが、マリア・Tのせいで病院では手術ができないという危機的状況に陥ります。法門寺は国家の軍事機密データを人質に和藤の治療をさせようとしましたが、それではマリア・Tと同じ事をしていると和藤に止められるシーンが心に刺さりました。法門寺の作戦によって和藤は助かったのかもしれないですが、危機的状況にいても良心を貫く姿には感動しました。これまで和藤はそんなに推しのキャラクターではなかったのですが、最終回を観て好きになりました。法門寺は和藤の言葉に応じたのも良かったです。最終回、法門寺と和藤のやりとりにぜひ注目して観てほしいです。
30代女性”




本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました