劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇 無料動画

邦画

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

映画 劇場版 SPEC~結~ 漸ノ篇を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

“SPEC”シリーズ最終章の前編。

特殊能力者たちと
反SPEC主義者の間で戦争が始まる。

当麻は人類の危機を救うため、
自らの特殊能力を使おうとするが、
能力に頼る自分に苦悩する。

ライターコメント

ドラマ版でも圧倒的なまでのスケールを誇っていたというのに、劇場版ではそれを遥かに上回るスケール感に鳥肌どころの騒ぎでは収まらないくらいの衝撃を受けました。緊張感や迫力感を演出するための極めて効果的なカメラワークやアングル、効果音のこだわり等がダイレクトに伝わってくるのが何とも胸熱でたまらなかったです。作品に携わるスタッフ一同の凄まじい熱量を感じられる最高の映画だなと思いました。そして、後篇への期待が高まる内容になっているのが素晴らしかったです。これを観たら誰もが後篇を観ずにはいられないほどの面白さ、やっぱりSPECは凄いなと体中から嬉しい気持ちを放っていました。その気持ちが昂った末に「堤幸彦監督好き!」と大声で叫びたい衝動に駆られました。20代女性


ここまでビッグネームばかりのキャスト陣を集めていることもあって、一様に演技のレベルが並外れているのが最高でした。演技のことなどこれっぽちも知らない私ですらそれが分かるくらいなので、これこそ本物の役者なのかなと思いました。誰も彼もが主役を張れる逸材ばかりで、その中で主役を演じている戸田恵梨香さんはやっぱり相当の実力を持っていることに間違いないのだと改めて気づかされました。セリフ回しが見事なのはもちろん、視線の使い方や感情を表す繊細な表情、どれをとっても完璧と称していいレベルだなと思いました。そんな戸田恵梨香さんの演技にうっとりする一方で、有村架純さんや大島優子さんの可愛さや栗山千明さんの美貌にすっかり虜になっている自分がいました。20代女性


前回から相変わらず引き込まれる展開です。前作よりも少しだけホラー色が強くなった気がします。さらに、バイオハザードを意識したシーンが入っていました。個人的には、邦画でよくぞこれだけ難解なストーリーを映画化した物だと思います。確かにこのストーリーでシリアス一辺倒だとしたら恐らく、これほどまで人気は出なかったと思います。ふざけた部分とシリアスな部分が絶妙なバランスで成り立っのがこの作品の最大の魅力だと思います。しかし、一番の魅力は主演の二人、戸田恵梨香と加瀬亮の存在なくして語れないでしょう。二人の絶妙な掛け合いがこの作品の面白さを一段と際立たせています。物語は佳境に入り物語の行くつく先がさらに気になるそんな一本です。50代男性


“非常に楽しかったシリーズでした。シリアスの中でコメディーを混ぜてくる要素が面白く作品のところどころにパロディーなどをぶち込んでくるあたりに作成した人々の情熱と挑戦を感じます。SPECというとサトリというキャラが非常に大好きで何ともいえない踊り方とその能力の使用の仕方。実際には別に踊らなくても能力は使えるのに物語終盤で主人公や敵キャラを巻き込んで当たり前のように踊るという不思議なシーンが流れるというシュールなシーン。なんとも言えませんでした。ただそんなキャラも映画版でもチラチラを姿を見せる。さすがにあり得ないだろうという無理やりな完結の方法。あげくにはSPECの前身である「ケイゾク」からの繋がりを促すようなエンドロール。映画で見ていた時には背筋がゾクゾクっとしたことを良く覚えています。好みは分かれるものとは思いますが、好きな人はこれ以上ないほどハマることができる作品です。
30代男性”


完結編としてかなりスケールが大きくなり、世界規模の戦いとなり、見ごたえがありました。スペックホルダーを撲滅させようとするシンプルプランという計画が動き出すことで、自分もスペックホルダーでもある当麻自身の葛藤が見ていて切なく感じられました。そんな当麻を見守る瀬文との関係には心にグッとくるものがありました。当麻の自宅が爆発され、おばあちゃんが亡くなってしまったのもとても悲しかったです。遠藤憲一さん演じる湯田はかなり不気味な存在としてかなり印象的でした。死んだと思われていた吉川がなんと生き返っており、再登場したのびっくりしましたが嬉しかったです。凍らされていて、その後熱湯をかけて蘇生ってすごいですね。漸ノ篇のラストでは今までとても大事な役割を担っていた野々村係長が最後の力を振り絞って自分の身を犠牲にして命を遂げたシーンは思わず泣いてしまいました。30代女性


“野々村の殉職がとても心に刺さった作品でした。野々村はシンプルプラン阻止のために懸命に動いていましたが、里子の部下によって倒されてしまいます。これには驚きました。プランを阻止できずに亡くなってしまったことは無念でなりませんでした。後に死んだはずの野々村が登場しますが、彼がしたことには涙が込み上げました。野々村は最後の力を振り絞って部下たちを助けたのです。まさかシリーズの結びで亡くなるとは思っておらず、個人的に好きなキャラクターだったため、とても残念でした。しかし最後に部下想いな部分が見られたのは感動しました。最後まで素敵な上司だったと思います。これまでのスペックシリーズでも個人的に最も好きな作品でした。
30代女性”


“映画「 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇 」の良かったところは、「信頼し合う当麻と瀬文」と「プロフェッサーは誰なのか」です。1つ目は、信頼し合う当麻と瀬文についてです。この映画では、SPECホルダーという超人的な力を持つ人々がいる世界で生きる刑事たちの様子が描かれます。刑事としてSPECホルダーたちが引き起こす事件の捜査にあたる当麻と瀬文は、時に価値観の違いで衝突することはあるものの、お互いが危険な目に遭った時の対処法について事前に話し合うなどかけがえのない存在になっています。緊迫した状況の中で強まっていく当麻と瀬文の絆に、胸が熱くなりました。次に、プロフェッサーは誰なのかについてです。SPECホルダーたちは、日本中を恐怖に陥れるような凶悪犯罪を起こしていきますが、その後ろ盾となっている存在としてプロフェッサーと呼ばれる人物がいました。プロフェッサーの正体は誰なのか、食い入るようにして観ていました。
20代女性”


“行方不明になっていた潤が大人の姿になっていたことにビックリしたのはもちろんのこと、潤とニノマエのクローンを倒したセカイという男と共に食べていたのがやっぱりギョーザだったことに、どんだけギョーザ押しなのか!?と感じました。また、スペックホルダーにやられて火傷で重傷を負った湯田の治療をしている際に、医者が何度もバナナを食べてるシーンは緊迫した中にもユーモアがあって面白かったです。また、死んだと思っていた人が生きていたり、仲間だと思っていた人が敵になったりと、誰が敵か味方かわからない状況の中で、野々村係長が最後までウイルスと戦うシーンは正義と男気が感じられてとてもかっこよかったです。ラストの野々村係長との思い出が走馬灯のように蘇るシーンは、野々村係長がいかにみんなから愛されていたことが伝わって涙が溢れました。
30代女性”


“SPEC結漸ノ篇はSPECシリーズの完結篇の前編ですがさすが完結篇だなと思いました。天よりもおもしろくて見やすく見ごたえがありました。結漸ノ篇はスケールが壮大ですごく豪華でした。いい意味で堤監督らしさがバァーンと前面に出ていました。刑事ものというよりかはフィクション感強めの非現実的な感じが私は好きでした。良くも悪くもいつものSPECらしさは少し減っていましたがこれもこれでアリだと思います。最初は前篇、後篇で分ける必要あるのかなと思いましたがなかなかの規模のでかさに前篇と後篇で分けたことに対する意味を理解、納得できました。相変わらず戸田恵梨香さん演じる当麻と加瀬亮さん演じる瀬文の兼ね合いがおもしろかったです。どのシリーズでもどんな内容でもこれだけは変わらずに最高です。
20代男性”


“「SPEC」最後のストーリーです。「ファティマ第3の予言」とは何か、大きなテーマです。新しいSPECホルダーは出てきませんが、今までのSPECホルダーや刑事たちが出てきて総決算的要素が強いです。肝心のストーリーですが、今まで以上に難解ででわかりずらいですが、それがゆえに何度も見たくなります。これまで出てきた中で、一番別れも多いですが、一気に今までの「あれはこーゆーことだったのか!」と堤監督と植田プロデューサーの後出し感が最も強い回です。ラストはSPECには珍しく、涙なくては
いられないほどです。当麻と瀬文の関係性がこれでよかったと泣きながら、心から思うと確信しています。「これでSPECは終わりです」ときちんと○がついた、素晴らしい作品です。
40代女性”


“specシリーズは全部見ていましたが、劇場版を見て本当に面白いと感じました。specのありかたと人間の可能性を感じるストーリー。そしてパラレルワールドの存在。最後の場面に関しては二人がどこにいても精神の中でつながっているというメッセージのようなものを感じました。
キャストも多彩で役柄も個性的なものが多く、見ていて常に飽きない構成になっていると感じました。
始祖が人間界をリセットする。毎回同じリセットではなく、感情や人間味のあるものがこの世の中には必要なのではないかと、ドラマの世界だけではなく考えさせられる内容になっていたと思います。
人間の信頼関係や強い絆を考える映画になっていたと思います。 30代 男性”




本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました