孤独のグルメ 第1期 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 孤独のグルメ 第1期 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 孤独のグルメ 第1期 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

作・久住昌之、画・谷口ジローによる
同名漫画を松重豊主演でドラマ化。

個人で輸入雑貨商を営む男
井之頭五郎(松重)が、
仕事の合間に立ち寄った店で
食事をする様子を描く異色の
グルメドキュメンタリードラマ。

毎回実在の店を舞台に、
料理のうんちくを述べるのではなく
五郎の食事シーンと心理描写を
淡々とつづっていく。

ライターコメント

“孤独のグルメは漫画を読んだ時から、ただ飯を食うだけなのに、なんでおもしろいんだと思っていました。ドラマでも、最初に五郎さんが顧客に会うというエピソードがあるけど、基本、おじさんが飯を食べてるだけで、漫画の雰囲気そのままでおもしろかったです。漫画の中では焼き肉の回とかあるんですが、同じじゃないにしろ、ドラマでも焼き肉の回があり、漫画の名台詞が言われてたりしてうれしかったです。あと、漫画つながりでいうと、五郎さんがめしってのはねえ、神聖なもので、だれにも邪魔されずに食いたいんだみたいなことを言う回も、漫画とエピソードは違うけどあって、これはないとねと思いました。それに、第1話のピーマンつくねがすごくおいしそうでした。実際の店に五郎さんが訪れるというスタイルのドラマ。見ると、その店に行きたくなってしまいます。見ると腹が減ってしまいますが、何回も見返しちゃうドラマです。
30代・女性”


“おじさんがただ飯を食べるドラマということでどうだろうと思ったのですが、見てみるとすごくおもしろかったです。ご飯を食べる場所もいろいろで、焼き鳥屋や焼肉店から釣り堀などとバラエティに富んでました。釣り堀の食堂はすごく庶民的で、でもなんだか高級店よりおいしそうでした。また、五郎さんはいつも一人前とは思えないほどの量を食べており、今週も多いと驚くのも楽しみでした。毎回、誰が店主をするのか、ゲストで出るのかも楽しみで、いつも見たことあるなって人が出てました。このドラマを見てから、一人飯が楽しいものに感じられるようになりました。私も一人で店に行く時は、五郎さんのように、心の中で料理の感想を言って、孤独のグルメ遊びをしています。
30代・女性”


五郎さんは、ほんとに食事を楽しんでいて、一人でも感想を言いながら(心の中でですが)がおもしろいです。いろんな食事が出てきますが、原作は結構庶民的な食事が多いので、ドラマでもそういう飯のほうがテンションがあがります。シーズン1だと、生姜焼き目玉丼がその類ですかね。すごく美味しそうで、しかも安くてびっくりしました。食事パート以外のとこらでも五郎さんが変わった顧客に会っていておもしろかったです。五郎さんの仕事って結局なんなのか、よくわからないのですが、一人で大変でしょうが、気楽にやってて、飯の時間は誰にもとらわれることなく、過ごしていて羨ましいなと思います。原作はそんなに話の数がないので、ドラマででもいろんな話が見れて楽しいです。


他のシリーズと比べると、なんだか五郎さんがクールだったりダンディズムにあふれているように感じます。喋り方も最新のものに比べると、ちょっと早口めにボソボソッと呟いて大人な楽しみ方をしている風に思えたりするんです。まああくまでシリーズの中ではという話ですが。そして料理を食べる姿は相変わらず美味しそうで、視聴中は何度も唾をのみ込みます。あんなに大口を開けて一気に頬張る姿がなぜ下品に見えないのかが不思議でなりませんが、これこそ演じる松重さんの魅力であり、長寿ドラマとなった秘訣に違いありません。そして若いシリーズにちょくちょくある喫煙シーンもこれまた風情があっていい。1作目からハマってしまう要素しかないドラマです。30代女性


ドラマの基本であるストーリーの起承転結を全く無視し、主人公がひたすらご飯を食べるだけの絵面をひたすら写すという斬新な試みが良かったです。食べている間、どんな味がするのか、どんな食感がするのかなど主人公が心の中で思ったことが聞こえるので実際にその料理を食べているかのような感覚になれます。料理をカメラにうつすときの構図や画角などにも非常にこだわりが見られ、例えば肉だったらジューシーな断面が見えるような撮影の仕方でとったり、刺身だったら鮮やかな色合いが目立つような撮り方をしています。このような工夫が見られるからこそ、ひたすらご飯を食べているだけなのに飽きずに見られるのだと思いました。次はどんな料理が出てくるのだろうと毎回期待値が上がります。 20代男性


“五郎が自由気ままに街中を歩いて美味しいグルメを食べ歩く様子がとても羨ましくて仕方ないです。自分もふらりと後ろからついていきたくなる気持ちになります。第一話に出てくるつくねとピーマンの組み合わせで、バリッという音をたてながら食べるのが斬新でした。また、丸い餃子はこれまで見たことがなかったので、中身はどんな風になっているのかと、好奇心をかきたてられました。黒酢とラー油のタレにつけてバリバリと音を食べて頬張る姿が、音と共にさらに食欲をそそります。さらに汁なし担々麺をかき混ぜる音が妙にリアルで耳に気持ちよく残り、ものすごい快感でした。ご飯を片手に用意して、映像をおかずにして食べたくなるほど食欲を満たしてくれます。
30代女性”


孤独と自由を心がけている井之頭さんの、とらえどころのない雰囲気が印象的です。毎回美味しそうな料理を食べているので、いつも食事内容に集中してみてしまいます。1話の焼き鳥、わかりやすく美味しそうです。ホタテとオクラが入ったきんちゃくも良かったけど、つくねと生ピーマンにはびっくりしました。5話の親子丼に焼うどん、ボリュームたっぷりで美味しそうに食べているのを見ていると、つい明日は親子丼にしようかなと考えたくらいです。12話のアグー豚にソーキそばも良かったです。にんじんシリシリーやタコライスも美味しそうでしたが、こんなに食べているのに追加するソーキそば。締めのアイスクリームと、すごく食べていて沖縄料理を満喫しています。毎回ハズレなしで美味しいものを食べているのがすごいですよね。料理が好きなので、みているとすごく楽しいドラマです。40代女性


“主人公の井之頭五郎が仕事の合間に飲食店を訪れるストーリーですが、登場する料理はどれも美味しそうでした。グルメ好きにはたまらない番組です。主人公が訪れるお店は実在のお店で、自分も行けると思うと親しみが湧きました。作中でも印象的だったのは第2話の駒込の和食亭、第4話の浦安市の静岡おでんのお店でした。五郎は将棋をしていたところお腹が空いてきて、目にとまった和食屋に入ります。和食が好きなだけあって、和食亭で五郎が頼んだ料理にはよだれが出てきそうでした。さらに浦安市ではおでんを出すしゃれたカフェに出会います。カフェとおでんという組み合わせが何とも斬新で、つい食い入るように見入ってしまいました。美味しそうな料理につい夢中になる作品です。
30代女性”


“まさかこの原作がドラマ化とは…とか、あの妙な世界観が出せるのか…?と心配しながら見始めて、そんなことは杞憂だったとすぐに思わせてくれた。原作とそんなに似ている訳ではないのに、松重豊さんがハマり役すぎて。もはや松重さん以外の井之頭五郎、松重さんなしの孤独のグルメは考えられない。井之頭五郎が持っている妙な滑稽さ、その独特の語り口、そして少し渋い感じ。全て松重豊で上書きされてしまった。見ているとその姿が段々と愛おしくなってくるし、ついついお腹も減って仕方がない。深夜の飯テロ。本当にそうだと思う。自分も一人で知らない店を開拓してみようかな、と思えるし、実際、一人でご飯に行くことにあまりとやかく言われなくなった。とても感謝している。
20代女性”


孤独のグルメでは、実際に経営しているレストランなどご飯屋さんが出てくるので、気になったお店は調べたり、行くことができるので、より身近にドラマを感じることが出来ました。また、主人公を演じる松重豊さんが、もぐもぐ、たくさんご飯を食べるシーンでは、見ていながらもお腹が空いてしまうような食べっぷりで、見ていて気持ちが良いです。お店を選び、メニューを選ぶまでの井之頭五郎のナレーションが以外と面白いです。また、結構マイナーな聞いたこともないメニューを頼んだりするので、どんな料理が出てくるのか楽しみになります。お店の主人とのやりとりもあったりして、さまざまな観点から楽しみながら、期待しながらドラマを見ることが出来ます。20代女性


私は趣味が食べ歩きと料理なのと、松重豊さんも好きなので孤独のグルメ必ず見てます。シーズン1から見ています。第1回目は具体的にどういう内容なのかは全く知らずに、松重さんが出るので、とりあえず見てみました。思ってもみなかった展開のドラマで、アイデアがすごいと感心しました。毎回美味しそうに食事をする松重さんの演技もとても良いのですが、よくもまあ上手にお店を選ぶなあと思いながら見ていました。ドラマの後に久住さんが実際に行くのも面白いです。放送が深夜ではなく、もう少し早い時間でも全然いいのではないかと思います。録画をした時があり、リビングで見ていたら、両親も食べ歩き好きなので両親も一緒に楽しむようになりました。高齢者も元気な方はアクティブなので、外食好きも多いかと。ただ寝るのは若者よりは早い人が多いので、もう少し早い時間の放送だと視聴率も上がると思います。40代女性


「一人で外食」は「寂しい人」というイメージで、やっぱり恥ずかしいと思っている所がある。しかし私は大勢でつるむのが非常に苦手で、一人で自由に過ごすのが大好きだ。孤独のグルメはそんな私が大変共感したドラマだった。普通のおじさんが、どこにでもありそうなお店に入り、美味しい食事をとりながら、仕事で疲れた心身を癒す。松重さんの侘しい雰囲気、ちょっと面白い心の中の呟き、ツッコミ、人生も後半に入っただろう私にとって、心の癒しになるドラマだった。番組の後に原作者さんが、実際にその店で食事をしてコメントしているのも、ドラマと現実がミックスされてる感じで良かった。こんな料理作ろう!食べに行ってみよう!おひとりさまバンザイ!40代女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました