働きマン 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 働きマン の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 働きマン を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

安野モヨコの同名漫画をドラマ化。

仕事に生きる女性編集者の姿を描く。

週刊誌の編集者・松方は、
恋人・新二と交際記念日デートの
予定をしていた。

だが、直前に外務大臣の秘書・関口から
裏情報を教えると電話をもらう。

スクープの可能性を感じた松方は、
デートを断り関口のもとへ。

ライターコメント

仕事をすることが生きがいである、まるでそんな光景に見える主人公が印象的でした。こういったタイプの主人公は、恐らく現実のどこかの会社にもいるのではないか?と思えてきます。ただ、世の中には仕事はあくまでもお金を稼ぐための手段と割り切って、そこまで真剣に取り組まない社員もいるでしょう。そういう対照的な部分について、このドラマの主人公を見ることで実感しやすい感覚があるのです。働くという多くがしている行為に関して、どういうスタンスで、どういう姿勢で行っているか?は人によって違う点が非常に理解しやすいように思えました。また、仕事は多くの人たちにとっては嫌いなものという感覚があると思いますけど、主人公のような感覚で取り組むことができたら、幸せなのかな?と感じました。 30代 男性


コメディなお仕事ドラマで面白かったです。時にはがんばれと応援したくなったり、思わずウルっと感動して涙してしまったと主人公の松方弘子のキャラクターが非常に魅力的で、ストーリーもテンポのよい展開になっていたから最後まで楽しめました。また、原作の漫画のファンで安野モモコのファンでもあったので、ドラマ化には非常に楽しみしていましたが、原作を忠実に再現しながらもドラマならではの演出も見受けられたから原作を読んでいても面白かったです。そして、キャストが豪華だったのもよかったです。主人公の松方弘子を演じたのが菅野美穂で、これまでの清純なイメージとは少し違う役どころだったから新鮮でした。さらに見事に松方弘子を演じていたのもよかったです。 30代 男性


『働きマン』というタイトルながら、この作品の主人公は女性です。しかし、女性でありながら、プライベートを犠牲にしながらバリバリに働くキャリアウーマン。しかし、本人はそんな働きづめの自分に疑問を抱いているのだから、悩ましい設定です。働き方改革が叫ばれ、ワーク・ライフ・バランスという言葉が世間に浸透する前に制作されたドラマですが、働くこととは、人生において何を意味しているのかを問いかける、なかなか社会性の強い問題提起型のドラマだったと言えるのではないでしょうか? ドラマに登場する人物たちは、各人各様の働き方がありました。現実の世の中は多様な働き方を認める方向へ向かっていると思いますが、そんな今だからこそ、一昔前に作られたこのドラマを振り返って再度見たいなと思いますね。 30代 男性


私自身が社会人1年目に放送されていた思い入れの深いドラマです。まだ社会人としてのモラルやマナーも身についておらず、毎日四苦八苦しながら働いていました。そんな中でいきいきと働く主人公をみていると私もまた頑張ろう!!と自分自身を奮い立たせることができました。主人公のみならず、上司、後輩、寿退社する女子社員、働かない女子社員、別会社で働く彼氏の話などそれぞれの考え方が1話1話のエピソードとして盛り込まれており、仕事に対してその立場でもいろんな考え方があるということも学びました。その中でも主人公の私は仕事したなぁと思って死にたい!という言葉が印象的でした。仕事を前向きに、働くことの魅力が詰まったドラマです。 30代 女性


ドラマ「働きマン」を観て、「仕事に命を懸ける弘子」と「仕事と恋愛どちらを選ぶのか」が良かったと思いました。まず、仕事に命を懸ける弘子についてです。このドラマでは、編集者として働く弘子の様子が描かれます。弘子は、恋人がいるにも関わらず、身だしなみを気にしないほど仕事に情熱を注ぎ、プライベートをおろそかにしてしまいます。不器用なほど仕事に没頭してしまう弘子に、もどかしさを感じながら観ていました。次に、仕事と恋愛どちらを選ぶのかについてです。弘子は、仕事とプライベートの両立を心がけつつも仕事に没頭してしまいますが、恋人との関係性がどんどん危うくなっていきます。仕事と恋愛の板挟みになった弘子が、どちらを選んでいくのか気になりながら観ていました。 20代 女性


最終回がとてもすっきりした感じで気持ち良かったです。ヒロインの弘子は新二と別れるシーンがありましたが、お互い夢に向かって頑張ろうという、後味の良い感じでした。最後で恋よりも仕事を選んだのは弘子らしかったです。さらにラストの言葉はとても心に響きました。「がむしゃらに働くのはかっこ悪い時代なのかもしれない」と最初は働きマンが否定されますが、後に続く言葉では肯定されていました。「先のことや何かを失うことを恐れ今目の前のことを捨てることはできない。今を精一杯生きる。それがきっと未来に繋がるから」という言葉から今を大切にしようと思えました。弘子の言動には涙あり、感動ありで観ていて心に刺さる内容のドラマでした。 30代 女性


このドラマは、笑いも感動もある見ていて楽しいドラマです。今では珍しくない、仕事に恋に奮闘するドラマですが、このドラマは成長よりも熱血というテーマが加わった印象です。登場人物も個性的な人物が多く、働くことについて考えるシーンがよく登場します。舞台が編集部なので、締め切り前のバタバタした雰囲気も好きです。主人公の松方弘子を演じた、菅野美穂さん。原作のまんがとビジュアルが近く、演技力もあるのでまさにはまり役でした。仕事以外にも、年齢や結婚の有無といった誰しも一度はぶつかることがある話題も取り扱っていたりと、なかなか奥の深いドラマです。そして登場人物の名前が、松方弘樹さんや梅宮辰夫さんなど様々な俳優陣が由来になっているので、誰がどの俳優さんなのか探してみる楽しみもあるドラマです。 30代 女性


ドラマ「働きマン」は、菅野美穂演じる主人公の松方弘子が仕事に全力を注いで生きる姿を描いた作品です。この作品は、見るととにかく元気や勇気をもらえます。仕事に命を捧げながらも、恋をすることも諦めないといった、世の中の女性誰もが応援したくなるような主人公の姿は、とても素敵です。作品を見ていて、同じ女性として共感する部分も多く、主人公の松方弘子には尊敬の意しかありませんでした。そして、主人公のパワフルな明るい性格で働くことに全力投球な姿は、女性なはずの主人公が途中から男性なのではないかと思わせられるようなことも見ていてありました。また、この作品は働くということをテーマにしたものであるため、「働くということは何か」を私たち視聴者に考えるきっかけを与えてくれる作品でもあると思いました。 20代 女性


原作作品のファンで、ドラマ化に期待していました。そして、期待以上に面白い作品でした。バリバリなお仕事ドラマが好きな方は、どっぷりとはまってしまうのではないでしょうか。仕事に打ち込む女性として、共感できることろがたくさんありますし、感情移入し過ぎてしまうくらいです。仕事に夢中になってしまうあまり、周囲のことを疎かにしてしまうこと、私もあるあるでしたし、仕事も大事だけど、女性としての幸せも考える主人公の葛藤も痛いほど気持ちがわかります。そして、笑顔でハツラツと働く主人公を演じる菅野美穂さんの演技も素晴らしい。これぞ、仕事に生きる女。私も、毎日仕事を頑張ろう、と元気を貰えた作品でした。元気がない時に見直したいドラマの一つです。 40代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました