陸王 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 陸王 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 陸王 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

「半沢直樹」の制作陣が集結し、
池井戸潤の同名小説をドラマ化。

創業から100年以上続く老舗足袋業者
「こはぜ屋」四代目社長
宮沢(役所広司)が、
会社の存続を懸けて
ランニングシューズ開発に挑む
企業再生ストーリー。

資金繰りに悩む宮沢が、
新規事業参入のため
一世一代の勝負に出る。

ライターコメント

靴は奥が深いと言うのが、最初の感想でした。ソール1つとっても計算されつくし徹底的に研究されている世界だと驚きました。そんな中で諦めない心と間違いない技術があれば、成功するというのが証明されたと思います。足袋だけではだめだと思い靴を作るという決断は簡単でしたが、それを達成するまでに本当に紆余曲折あったと思います。茂木が最終的には活躍してくれてよかったですが、何回も裏切るのではないかとやきもきしたのは私だけではなかったと思います。泥臭いけど最後まであきらめない主人公を役所広司さんが見事に演じていたのが素晴らしかったです。どこにでもいる、すこし熱い親父という感じが最高に出ていました。最後に仕事は熱意と情熱をもってやっていくと人が付いてくるものだと感じた作品でした。 30代 男性


将来有望と言われながら怪我に泣き、見放されたマラソンランナーと、そして先細りとなっている足袋製造会社の社長が、彼の素質に惚れ込み、彼のために良いシューズを作り、彼の再起を図るとともに会社の建て直しも目指す、という非常にロマンに溢れたストーリーでした。マラソンランナーは竹内涼真さんでしたが、怪我で企業やスポンサーから見放され、傷つく、という演技が非常に見事でした。また足袋屋の社長は役所広司さんですが、情熱をもって竹内さん演じるマラソンランナーに再起を一緒に目指そう、と訴えかける演技も胸にグッとくるものがありました。私も学生時代、運動していましたが怪我で断念せざるを得ませんでしたが、役所さんみたいな人に会えたら、ちょっと違う人生になったかな、とふと青春時代に戻れる作品でした。 50代 男性


陸上選手を主役にしたドラマはなかなかありませんので陸上好き、ドラマ好きにはとても嬉しい設定でしたしシューズに焦点を当てたという点にとても興味を惹かれました。陸上の中でもマラソンなど走力を競う競技において走力以外で最もタイムに影響を及ぼすのがシューズである事は素人でも何となくは理解できるのですが、実際にはどのように作られているのか、企業同士ではどのような競争が繰り広げられているかと言う事まではよくわかりませんでしたので、このドラマで様々な事を学ばせて貰いとても勉強になりましたし、主役の竹内涼真さんについてはなかなか成績が上がらず苦しんでいる時の苦悩ぶりが実によく伝わってきて素晴らしい演技だと感じました。彼にはぜひともこはぜやのシューズを選んで欲しいと思っていましたのでこはぜ屋を選んだ時には思わず拍手を送りました。 50代 男性


なかなか連続ドラマでは見る事がない女性2名が印象に残りました。1人は阿川佐和子さんで、テレビでは長年お馴染みの人ではありますがドラマに出演しているのを見るのは初めてで最初は演技は大丈夫だろうかと半信半疑でしたが、とても上手な上にこはぜ屋には絶対に欠かせないほどの重要な役割を担っていましたので阿川さんにはまたぜひドラマに出演して欲しいと思えましたし半信半疑だったことを謝りたいです。もう1人が春やすこさんです。春やすこさんと言えば漫才師のイメージしかありませんでしたので本当に驚きましたし久しぶりに見て随分イメージが変わっていたのですが、阿川さん同様こはぜ屋には欠かせない存在として大活躍をしていたのが印象に残っています。 50代 男性


池井戸潤さんの作品は、苦難を乗り越えるので、最後はスッキリしてとても良い気持ちになります。このドラマも、こはぜ屋の宮沢社長が、経営難を解決していきます。宮沢を演じる役所広司さんが、人望があり、先見の目も待ち、何事にも一生懸命な社長にぴったりだと思いました。陸上用のシューズを作り、有名な選手の茂木にはいてもらうアイディアも、シルクレイという素材に目をつけるのも素晴らしいです。大手のアトランティス相手にも臆せず立ち向かい、フォックスの買収も断り、企業としてはギリギリのところまで落ちながらも立ち上がって行くのはマラソン選手のようでした。感動的なのは、陸王をはいて、茂木が走るいくつかのシーンです。負けることもありますが、最後は優勝するのです。また、息子の大地がこはぜ屋を継ぐ気持ちになったことや、1年後に、こはぜ屋がさらに大きく成長することもうれしかったです。 60代以上 女性


行田の足袋工場のこはぜ屋が、足袋の需要元から経営危機に陥いる。社長は窮地を脱するべく、新規事業に取り掛かり足袋の縫製技術を生かしてマラソンシューズを開発する。開発されるまでのこはぜ屋の人間関係や親子関係がよく描かれていて、バラバラだった関係が次第にまとまっていく姿は、視聴者も自分の会社や家庭の中の様子と感情移入しやすいストーリーになっている。マラソンシューズのシェアを占めているのは大企業のアトランティスである。アトランティスのR2は有名選手が使っている。選手のことを一切考えずに拝金主義のアトランティスを極悪に演出されているため、視聴者は自然とアトランティスを倒し、こはぜ屋の陸王を履いてくれるように皆願うようになる。池井戸作品の特徴である勧善懲悪で水戸黄門的な展開であるが、やはり最後は正義が勝ってもらいたいと心底願うようになった。 40代 男性


原作とはまた違った部分もあり、原作を読んでいる人は新鮮さを感じられると思います。作中では豊橋国際マラソンのシーンが印象的でした。原作ではトップを走っていたケニアの選手が転倒したり、茂木がフラッシュバックに襲われたりとドラマにありそうな出来事が起きていました。しかしドラマでは選手の転倒などはありませんでした。そのためか、原作より現実味のある仕上がりになっていたように思います。原作と全く同じだとつまらない感じがしますが、原作とはまた違った描写になっていたため楽しめました。マラソンシーン以外にも原作とは違った描かれ方をしている部分がいくつもあります。原作と比較しながら観るのもおもしろいのではないかと思いました。 30代 女性


無名の中小企業である足袋メーカーでも、確かな技術力と、ユーザーに対する熱意、絶対に諦めない執念があれば、大手のシューズメーカーにも勝てるのだ、と教えてくれた感動作です。何度もライバルの大手企業に妨害されながらも、倒産の危機に瀕しながらも「シルクレイ」という素材を武器に、ケガをしにくい足袋型シューズ「陸王」の開発に挑む姿は見ているこちらも熱が入りました。そして、竹内涼真さん演じるケガに苦しむマラソンランナー、茂木選手を応援しようと陸王を必死に売り込む訳ですが、ハイライトはその茂木選手が自身のスポンサーだった大手の会社、アトランティス社のシューズではなく、こはぜやの「陸王」を選んでマラソン大会に出場して優勝するシーン。名前や実績ではなく、人と人との心で繋がって、勝利を掴むという逆転劇は爽快でした。 40代 男性


毎週欠かさず見ていました。当時スポーツ用品店に勤めており、なおかつランニングシューズの販売を主にやっていたので視点が同じということもあり、すごく親近感が湧きました。またいくつもの困難があってもこはぜ屋のみなさんで一体となって一つ一つ乗り越えていくところがとても印象に残っており、毎回涙しそうになりました。また役所広司さんが何があってもこはぜ屋が一番と考えている点も感動しました。日曜日に放送されていた点も嬉しい点でした。やはり日曜日の夜だと月曜日の仕事が嫌だなと思いがちですが、陸王を見ることで販売意欲が湧き早く仕事していっぱい売りたいと思えることがたくさんありました。たまたまが重なったとはいえ、自分に当てはまることがたくさんあり、すごく面白かったです。 30代 男性


私が好きな作家の一人である池井戸潤の小説をドラマ化したもので、小説もよかったですが、ドラマで俳優が演じるのを見ると感動がさらに広がりました。足袋を作っていた小さな町工場がスポーツシューズを作り成功した実話を元にしたドラマなので、見ごたえがあります。零細企業の宮沢社長を演じる役所広司の演技もはまり役ですばらしかったですが、私は飯山を演じる寺尾聡の演技がドラマでずいぶん光っていたと思います。またタレントの松岡修造が企業の社長役を演じていますが、松岡は初めてのドラマ出演にしては実に堂々として演技も自然だったので好感がもてました。このドラマを通して専門外であっても、みんなが協力しあい、努力を積み重ねれば不可能を可能にすることを学ばされました。 60代以上 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました