文学処女 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 文学処女 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 文学処女 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

中野まや花の同名漫画を、
森川葵と城田優のW主演でドラマ化。

26歳にして恋を知らない
文芸編集部の鹿子(森川)と、
端正なルックスを持ちながらも
恋ができない人気小説家・加賀屋(城田)の
“遅咲き”の恋を描くラブストーリー。

演出はドラマやアーティストの
MVを手掛ける“映像の鬼才”スミスが務める。

ライターコメント

ヒロインを演じた森川葵の演技がとにかく見事で魅了されました。純真無垢という感じが可愛らしく、城田優演じる加賀屋朔と徐々に距離が近づく姿に思わずキュンキュンしてしまい、このドラマをきっかけにファンになってしまいました。また、ストーリーもよかったです。原作が漫画ということもあって設定がしっかりし、それぞれの登場人物の描写も丁寧だったから感情移入がしやすかったです。特にヒロインたちが恋愛したことがないや恋愛できないという理由が徐々に明らかになる感じや二人の恋愛模様が大人の恋愛ドラマを見ているようで面白かったです。そして、主演の二人の他に泉里香が出演していたのもよく、大人の女性という感じで凄く可愛かったです。 30代 男性


城田優&森川葵さんのダブル主演ドラマ「文学処女」。マンガが原作だけに大人の初恋模様がピュアに描かれていて良かったです。森川さん演じる文芸編集部の鹿子が担当する人気小説家・加賀屋を城田さんが演じていましたが、端正な顔立ちなのでインテリな役でも似合っていました。特にメガネ姿が新鮮でカッコ良かったです。鹿子はホントの恋愛処女でしたが、想いを寄せる同期・望月を応援しながら見てしまいました。よっぽど慣れているひとでないとお互いが恋の免疫がないと話がまどろっこしいなぁとも感じました。加賀谷の過去を知る女性・光稀の存在もあり見応えがありました。舞台が編集や出版業界だったので裏側も垣間見れて興味深かったです。鹿子がとまどいながらも少しずつ恋する様子が初々しくて好感が持てました。 40代 女性


森川葵さんが主演したドラマ「文学処女」。恋を知らない文芸編集者役でしたが、ピュアな感じが良かったです。また城田優さんが演じていた恋が出来ない人気小説家・加賀屋も過去に何かしらの事情があったようで少しずつ明らかになるのが興味深かったです。恋愛上手な役のイメージがある城田さんだけにギャップがある役はまた新鮮な感じがしました。元々端正な顔立ちなのですがメガネ姿はまた知的な感じが増していて良かったです。鹿子に想いを寄せる望月もなかなかイケメンだったので望月でもいいかも~と思いつつ見てしまいました。恋をしたことがあって恋が出来なくなっているのはこじれている感じでハードル高そう。加賀屋の過去を知る大人の女性・光稀が何かと意味深な感じを醸し出してくれたので好きでした。少女漫画が原作だけにときめき感がありつつも透明感のある美しいドラマだったと感じます。 40代 女性


城田優のミステリアスさが絶妙に良くてかなり役にハマっていてよかったです。ルックスと雰囲気がエロくて魅力的すぎて、見ているこっちが惚れそうになるくらいでした。また森川葵に関しては終始可愛すぎて見入ってしまいました。目の保養になるような二人だからこそ、エロいラブロマンスなのに最初から最後まで飽きずに1作品として楽しんで見ることができました。使われている音楽もとても良かったのですが、特に場面場面における画が美しくて非常に綺麗だったのが印象的です。かなり楽しんで見れた作品だったので、また何度も見返したいと思っています。ラブストーリーが好きな人にはぜひオススメしたいドラマです。見始めるとすぐにはまること間違いありません。 20代 女性


ドラマ「文学処女」を観て、「朔の隠された過去」と「絡み合う恋模様」が良かったと思いました。まず、朔の隠された過去についてです。このドラマでは、出版社を取り巻く物語が描かれます。編集者の仕事をしている鹿子は、人気小説家の朔を担当することになり、?みどころの無い朔に手を焼いていきます。人を寄せ付けないところがある朔が抱えている辛い過去が明らかになっていく過程に、切なさを感じながら観ていました。次に、絡み合う恋模様についてです。鹿子と朔はお互いを意識し始めますが、2人にそれぞれ好意を寄せている同僚などの存在が関係性を複雑にしていきます。それぞれの気持ちが交錯していくところにドキドキしながら観ていました。 20代 女性


ドラマ「文学処女」の良かったところは、「キャラクターの再現度」と「恋に踏み出せるのか」です。まず、キャラクターの再現度についてです。このドラマでは、出版業界を取り巻く幾つもの物語が描かれます。物語の登場人物たちを演じるのは、森川葵さん、城田優さん、泉里香さんなどの面々です。人気俳優の方々が演じる、漫画原作のキャラクターたちの見た目も性格も完璧なうえに、個性が加えられているキャラクターたちに驚きながら観ていました。次に、恋に踏み出せるのかについてです。鹿子は、仕事を通じて出会った作家の朔と魅かれ合っていきますが、お互いに恋愛に関して苦手意識を抱えていて、思うように気持ちを表現できません。2人は、恋を始められるのか、もどかしさを感じながら観ていました。 20代 女性


展開がとてもおもしろかった恋愛ドラマでした。鹿子と加賀屋が接近する展開に毎回ドキドキしっぱなしでした。一番ドキドキしたのは鹿子が加賀屋にホテルのスイートルームに連れて行かれた回でした。朝を迎えるシーンでは夜に何があったのか気になりました。上半身裸の加賀屋にはドキドキが止まりません。夜には何もなかったのですが、鹿子の方から加賀屋にキスをしたというのはびっくりでした。後の回では鹿子と加賀屋がデートすることになりますが、2人の会話にはにやけてしまいました。「先生、この気持ちは恋でしょうか」と鹿子が問いかけると、加賀屋が「デートしようか」と言ったことでデートに発展します。鹿子と加賀屋のやりとりに注目すると楽しめると思います。 30代 女性


26歳にして恋を知らない編集部の鹿子が経験豊富な人気小説家の加賀屋に翻弄されていきながらもどんどん惹かれていくストーリーに、ドキドキしながら見ることができました。加賀屋を演じる城田優さんが大人過ぎて、最初は鹿子を演じる森川葵さんとのバランス的にどうなのかなと思いましたが、年齢差があることで大人ならではの色気がより際立っているように感じました。可愛らしい女の子という印象の強かった森川葵さんが、ストーリーが進んでいくうちにどんどん綺麗な女性という感じになっていく様子にもドキドキしましたし、恋をして女性として綺麗になっていく様子がとてもよく表現できていたように思います。2人の身長差もあり、映像的にとても素敵でした。 30代 女性


主人公の鹿子ちゃんの好きなことにまっすぐで素直な性格が好きで、感情移入したり応援しながら観ていました。加賀屋先生と望月という2人のイケメンに囲まれている鹿子ちゃんがうらやましく、なんて贅沢な選択だろうと思いました。城田優さん演じる大人な色気の加賀屋先生と中尾暢樹さん演じるモテるけどいい人止まりな望月もお2人の雰囲気に合っていてよかったです。少しドキッとするタイトルの通り、お酒を飲むと大胆になってしまう鹿子ちゃんの強引なキスシーンや加賀屋先生に官能小説を読まされてしまうなどのドキドキするシーンもあり、そこも見どころのひとつだと思います。鹿子ちゃんのように恋愛に奥手な人にとっては共感できる部分もあり、見やすい作品ではないかと思いました。 30代 女性


このドラマは、キャストも個人的にどハマりだと思いました。人気作家加賀屋朔役の「城田優」の端正な顔立ち、雰囲気にも関わらず、ビシッと冷酷な発言をするなど。何とも言えない、大人としての魅力が満載でした。また、月白 鹿子役の森川 葵のピュアな雰囲気、透き通るお肌など全てが役柄にピッタリだったと思います。そんな、か弱いイメージの彼女が体を張って加賀屋の名誉を守るシーンは必見??加賀屋に対し「美人で巨乳の編集者つければ簡単に原稿を書いてくれる」という悪口を耳にし、その人物に頭から水を浴びせる??なんて…なかなか筋の通った女性でないとできないと思います。そんな、鹿子にとって加賀屋は、本を通し恋を知らなかった自分に「初恋」を教えてくれたという特別な存在。鹿子は二人三脚で作品を作ろうと懸命に歩み寄ろうとするが、加賀屋はドライな態度で雑用を押し付けるばかりという。鹿子に対して、思わせぶりに近づいても、気まぐれに遠ざけようとしたり加賀屋の態度に翻弄される鹿子の気持ち、行動。現実の恋を知らない鹿子は日を追うごとに加賀屋に心惹かれていくという。毎回、毎回、加賀屋と鹿子とのやりとりが楽しめる一作です! 40代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました