きのう何食べた? 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ きのう何食べた? の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ きのう何食べた? を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

よしながふみの同名漫画を、
西島秀俊と内野聖陽の
ダブル主演で実写化。

料理上手で倹約家な弁護士の
シロさんこと筧史朗(西島)と、
人当たりのいい美容師で通称ケンジこと
矢吹賢二(内野)は男性カップル。

そんな“男二人暮らし”の
日常生活を、シロさんが作る
「おいしく安上がりな手料理」
を通して描く。

ライターコメント

同性愛を取り扱ったドラマだったのに、見ていてほっこりするようなカップルでほんわかした気分になれるドラマだったのが意外でした。毎回料理が出てくるのですが、どれもとても美味しそうで、見ているととてもお腹が空きます。史郎が料理を作るときの手際がめちゃくちゃよくて、西島秀俊さんも実際に料理を作るのが上手なのかな?と感じました。節約家なところも親近感がわくし、主婦目線で見てもためになるようなところもあったりするので、見ていてとても楽しかったです。相手役を演じている内野聖陽さんのちょっとクネクネした感じも、いつもの感じとギャップがあって最初は驚きましたが、見ていてとても可愛いなぁと思えるようになりました。意外とああいう役もハマるんだなぁと感じました。 30代 女性


なんとなく見始めたドラマですが、思っていた以上に面白くてどハマりしました。見ているとほっこりするようなストーリーになっていますが、同性愛のことが描かれていたり、意外とデリケートな内容も扱っていたりします。性格が正反対の40オーバーのカップルなのですが、恋人でもあり親友でもあります。あまり同性愛を扱ったドラマというものを見た事は無いのですが、このドラマを見ていてこういったカップルが世の中に受けられるような時代になるといいなと思いました。家庭的な料理もたくさん出てくるし、史朗と賢二が2人で食卓を囲むシーンが大好きです。史朗が作った料理を賢ニがおいしそうに食べているシーンが大好きです。見ると料理がしたくなります。 30代 女性


毎回シロさんが作る夕飯がとても素朴でそれでいてすごくおいしそうで素敵でした。それを食べながらおいしさを表現してくれるケンジの的確なコメントもいいなと思いながら見ていました。男性同士の同性カップルのリアルな日常を描いており、彼らなりの難しい悩みだったり、職場や親との関係などについてはすごく考えさせられました。シロさんとケンジの友人の小日向さんと航くんカップルもまた違った魅力で面白かったです。特に小日向さんが航くんの前ではキャラが変わるところが良かったです。いろんなことがあってもふたりで食卓を囲めばなんとなく絆が深まっていく、というところには、もはやふたりは家族なんだなということを実感させられました。シロさんを見習って家族のためにおいしい節約料理を作りたいなと思えるドラマです。 30代 女性


身だしなみや体型維持に気をつかっていて、献立も栄養や味のバランスだけでなくセンスの良さが感じられるのに、食材選びや購入時にはちょっと所帯染みていたり、市販のめんつゆをレシピに多用していたりする意外性が面白いと感じました。正直なところセクシュアル・マイノリティーを題材として扱うエンターテイメント作品に対して苦手意識があったのですが、本作はそれが極めて自然なものとして受け容れられているご都合主義な世界観ではなく、かと言って必要以上に茨の道をシロさんとケンジに歩ませるでもなく、非常に現実的な問題や世間の目ときちんと向き合って、二人で少しずつ問題をクリアしていこうという真摯な姿勢と、彼らの間に流れる穏やかながらしっかりとした愛情に好感を持ちました。 30代 女性


西島秀俊さん演じる史朗と内野聖陽さん演じる賢二が素敵で、2人の会話や食事の場面を見ているだけで幸せな気持ちになりました。史朗は、いつも賢二の健康を考えて安く手際良く料理を作ります。彩もよく毎回感心します。真似をして作りたいぐらいです。賢二は心から料理を美味しいと言って感謝し、時々ボリュームのある献立だと素直に大喜びするのがかわいらしいです。史朗は男性と暮らしていることを秘密にしていますが、賢二は職場でもお客にも話します。そのことで2人がもめそうになることもありましたが、賢二の愛情の深さを知って、史朗も少しづつ周りに話すようになり、実家にも連れて行くのが感動的でした。他の男性カップルに振り回されたりもしますが、2人で楽しく解決して行くのが一番良かったです。 60代以上 女性


毎回作中に出てくる料理が美味しそうで、再現したくなりました。シロさんがケンジに作る料理は見どころだと思います。7話で登場したバナナのパウンドケーキ、最終回のクレープは甘いもの好きなだけあって特に美味しそうに感じました。シロさんとケンジが熱々のクレープを幸せそうに食べるシーンがとても気に入っています。さらに作中には笑いを誘うシーンもたくさんあり、楽しく観られます。シロさんが寝込んだときに懸命に家事をするケンジにはシロさんへの愛が滲み出ていて笑いました。結婚指輪を買いに行くシーンではケンジが大はしゃぎしますが、はしゃぎっぷりがとてもおもしろかったです。料理、シロさんとケンジのやりとりにぜひ着目したい作品です。 30代 女性


主役の西島秀俊さんと内野聖陽さんの、キャラクターと2人の掛け合いが最高です。シロさんを演じた西島さんは、エプロンがとても似合っていて、手際良く料理をしていく姿がとてもかっこよかったです。作られる料理はどれも本当においしそうで、見ていてお腹が空いてしまいました。ドラマで見ておいしそうだったので、いくつか真似して作ったこともあります。ケンジを演じた内野さんは、少しとぼけたキャラクターがかわいらしいです。他の作品ではあまり見たことのない演技を見せてくれるので新鮮でした。シロさんへの気持ちは女性の私にもどこか共感できるところが多く、特にシロさんの家族に会いに行く話では感動しました。続編として映画が公開されるようなので、そちらもぜひ見てみたいと思います。 30代 女性


何気ない日常の1コマが、愛すべきキャラクターの人達と美味しそうな料理でまとまっていて、ずっと見てられます。特に大きな事件やドタバタがないところが、他にはない新鮮な感じでした。そのため、西島秀俊さん演じるシロさんと、内野聖陽さん演じるケンジの、心の変化や喜怒哀楽が伝わってきて、ついのめり込んで見てしまいます。西島さんが料理をして、内野さんがいつもおいしそうに食べることで、幸せが伝わりいつもホッとしました。また、磯村勇斗さん演じる航と、山本耕史さん演じる小日向と一緒に食事をしたシーンが好きでした。航の自由奔放な感じに周りが振り回されてる感じと、シロさんとケンジと小日向の関係が微妙な感じが、見ていてその先が気になりました。ドラマは個人的にあまり沢山見ませんが、この作品は全て見ました。見て嫌な気持ちにならないので、いつも安心して見られました。 40代 女性


ドラマ「きのう何食べた?」非常に良かったです!丁寧な暮らし系BLのドラマ版ですが、原作である漫画がほんとにそのままドラマになった感じで、ケンジはケンジだしシロさんはシロさんだしほんとにぴったりのキャストでした。特にケンジが漫画の中からそのまんま出てきたようでほんとにすごかったです。それにドラマの魅力はお料理ですね。漫画でも充分美味しそうだったのですが、実写で見るシロさんの作る料理が本当に美味しそうだし、何より家にあるもので簡単にできそうなのがすごく良かったです。料理をしているときの包丁のリズミカルな音、フライパンを使う時のジュワ?ッやお鍋のクツクツ煮える音、食欲をそそる音を聞いているとお腹が空いてきます。そしてシロさんとケンジの何気ない日常。平凡とは言えませんが、山あり谷ありの中で2人で日常を丁寧に暮らしていくのがほんといいなと思いました。私も丁寧に暮らしてみたいと思わされました。ほんとに面白くてためになるいいドラマでした。 40代 女性


西島秀俊さん演じるシロさんと内野聖陽さん演じるケンジの同棲生活。このような作品ではセクシャルマイノリティであること自体に焦点が当たりがちですが、この作品では同性カップルを取り巻く環境や周囲からの風当たりなどにも言及しつつも、二人の生活をごく自然に描いている点に好感が持てました。また、この作品で注目すべきはやはり料理でしょう。シロさんが家計の状況とケンジの好みや栄養を考えて作る手料理のおいしそうなこと!深夜ドラマなのに見ているとどんどんお腹が空いてきてしまいます。料理好きとしてはシロさんがスーパーをはしごしてより安い食材を買おうとする様子や、調理時のちょっとした仕草など共感できる部分も多く、その点でも楽しめました。 20代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました