3月のライオン 1期 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

アニメ 3月のライオン 1期 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

アニメ 3月のライオン 1期 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

幼い頃に事故で家族を亡くした
17歳の高校生・桐山零。

プロの将棋棋士として東京の下町で
1人暮らしをしている彼は、
心に深い孤独を負いながら生きていた。

だが、あかり、ひなた、モモという
3姉妹に出会い、孤独な日々が
少しずつ変わっていく。

ライターコメント

本作は高校に通いながら厳しい将棋界でプロ棋士としての道を行く桐山零を主人公とした物語。零は幼いころに家族を亡くし、父親の将棋仲間だった幸田家に引き取られ、将棋士としての道を歩んでいきます。高校進学と同時に家を出て、最初は孤独に生きていた零でしたが、暖かな川本家と出会ってから、少しずつ表情が豊かになり、人間味が増していく零がとても愛おしいです。また、零の周りには二海堂晴信や藤本雷堂など我が強い棋士が多いですが、憎めないキャラクターばかりで大好きです。原作では登場人物の心情描写が丁寧に描かれていましたが、アニメでもしっかりとその良さが伝わってきて嬉しいです。特に努力の人でありながらなかなか評価されない棋士・島田開のエピソード回は感動に値するもので、アニメの制作会社・シャフトは元々好きな会社でしたが、本作を見て益々大好きになりました。 40代 女性


3月のライオンの面白かった点は将棋というテーマで高校生としてプロ棋士として活躍する主人公の姿を非常に上手く描いていたと思います。またアニメを見ていて非常に印象に残ったシーンが主人公は苦しみ抜いて将棋を強くなったのですが同じプロでも将棋を強くなることに対して苦悩しているプロもおりそういった相手に対して戦うのですが将棋を指しながらも相手のことを考えてしまう主人公の優しさも描かれていたのが印象的でした。そういった相手を倒さなければならない時に相手が勝負を諦めてしまった時に主人公が苦悩してしまうシーンは非常に印象的でした。一人で主人公が叫んでしまうシーンなどは一人前のプロ棋士であると同時に高校生らしさもあって良かったと思います。 30代 男性


アニメ「3月のライオン 1期」を観て、「家族をたくましく支えるあかり」と「ひなたと零の関係性」が良かったと思いました。まず、家族をたくましく支えるあかりについてです。このアニメでは、3姉妹と共同生活を送ることになった高校生・零の様子が描かれます。3姉妹の長女であるあかりは、両親がいない状況で年齢の華れtあ妹たちを親代わりとして育てていきます。頼りがいがあってかっこいいあかりに、尊敬の気持ちを持って観ていました。次に、ひなたと零の関係性についてです。3姉妹の次女であるひなたと零は同じ高校に通学していて、高校でも度々顔を合わせていきます。家族としても友人としても距離を縮めていく2人に、癒されながら観ていました。 20代 女性


桐山が「どこかへ行きたい」とつぶやいた際に、川本家のみんなが行きたい場所をあれやこれや想像しているのが、桐山の”どこかへ行きたい”のニュアンスとはかけ離れていたけど、あかりら3人が想像を巡らせているのがとても楽しそうでほのぼのしました。結果的に桐山も、行きたいところなんて本当はないという事実を改めて感じることができてよかったのではないかと感じました。プロ棋士になって連敗という屈辱を味わったあげく昇級も失い、今の辛い場所から必死にもがいてもがいて抜け出そうとする姿が、桐山がゴールのない海を必死に泳ぐシーンによく表れていて、どうにかこのスランプを自分で乗り越えて強くなってほしいと、心から応援したくなりました。へこんでいる桐山に先生がいつもオブラートに包まずストレートにツッコんでいるのも、桐山にとってはいいスパイスになっているのがわかって、二人の関係性が微笑ましかったです。 30代 女性


アニメ「3月のライオン 1期」の良かったところは、「養子としての苦悩」と「零を心配する林田」です。1つ目は、養子としての苦悩です。このアニメでは、孤独に生きる高校生・零の様子が描かれます。零は、家族を亡くした後、プロ棋士の幸田の養子になりますが、新しい家族との関係性を上手く築くことができず離れて暮らすことになります。零が養子であることによって家族として馴染めないところに、やりきれない気持ちになって観ていました。2つ目は、零を心配する林田です。零が通う高校で担任を務める林田は、クラスに友人がいない零のことを心配し、何とか力になろうとします。不器用ながらも零のことを考えて行動する林田を、微笑ましく思いながら観ていました。 20代 女性


最初、正気を失っているような零くんが、どんどん人間らしくなっていくのをみて、私も嬉しくなりました。生きるのが辛いと感じることがあっても、ふと周りを見渡してみると、実は暖かい人たちが溢れていることに気づかされるような作品です。でもたまたま零くんの周りにそんな人たちが集まったわけではなくて、零くんが毎日を必死に生きてきた積み重ねによって、集まった人たちなので、零くんはそんな自分を誇りに思って、これからの人生を楽しんで生きて欲しいと思います。特にせっかくの高校生活を楽しんで欲しいなと思います。林田先生が本当にいい人で、もう林田先生に出会えただけでも、高校生活をやり直したかいがあるとは思いますが、せっかくなら友達も作って思い出を残して欲しいです。 20代 女性


将棋の実力主義な世界が、ユーモアを交えて描かれてあって、棋士の強さを感じることができました。特に島田さんのコツコツ粘り強く棋士として勝負していく姿は、とてもかっこよかったです。自分は天才ではないと分かっていても、天才である零くんを恨んだら妬んだりすることなく、零くんを大人として見守る島田さんは本当に人間として尊敬できると思いました。そして、零くんは将棋以外ではどこか儚げで、弱々しい印象を受けましたが、将棋では年相応の子供っぽさや負けず嫌いを発揮するので、そこがまたかわいかったです。普段の生活でもどんどん人間らしい一面を見せて、島田さんや林田先生などのみんなにかわいがってもらえばいいと思います。 20代 女性


3月のライオン独特の、暗い雰囲気や明るい雰囲気の差を、アニメ版でも表現出来ているため、質の良い作品だと思いました。3月のライオンは将棋をテーマにした漫画ですが、はたから見ると何もない時間のように見える将棋特有の考える時間を、うまく表現出来ていると思いました。原作よりも可愛くて女性受けするような雰囲気に作られていると感じました。登場人物の本心が明確ではない作品ですが、だからこそ主人公に感情移入しやすい作品だと思います。一番自分がこの作品を気に入っているところは、登場人物全員が「ただの良い奴」「ただの嫌な奴」ではなく、良いところも悪いところも持ち合わせていて人間らしいところです。もちろん嫌なことを言ったりしたりするキャラクターも登場しますが、それに至った背景なども描かれていて、共感はできなかったとしても同情はできるというような、現実の人間にも当てはめられるようなキャラクターが多いので、よく人間の内面を観察してるんだなと思います。 20代 女性


「ハチミツとクローバー」の作者が「将棋漫画」を描いている、くらいしか知識のない状態で視聴を始めたアニメです。プロ棋士の世界を描いているとは思っても見ませんでした。でも、将棋の知識のない私でも面白かったです。私は山形の出身ですが、この地方独特の「おんちゃん」や「じんちゃん」という呼び方が出てきてびっくりしました。将棋の世界だから天童出身の棋士が出てくるのは必然だと思い島田の出身地もさほど気にしていなかったのですが、この呼称が出てきて調べたら原作者の両親が山形県出身だと知り大いに驚きました。島田の家でふるまわれるお汁って山形県民の愛する郷土料理「芋煮汁」なんでしょうか? ただこれ男の人が作るには里芋の皮をむくのが面倒すぎると思うのですが。山形では皮をむいた「洗い芋」なるものを売ってます。将棋の右も左もわからなかったので二階堂の将棋講座は参考になりました。零はあかりに拾われて川本家の三姉妹と触れ合うことが出来て随分と救われていると思います。あかりさんがいい距離を保ってくれていますよね。それに対し、零と香子との距離感がめちゃくちゃだなと感じました。香子に零くらいにしか弱みを見せられないのにやっぱり見せたくない、という彼女の苛立ちを感じました。アニメではそんな感じがよく伝わってきました。 50代 女性


「3月のライオン」は、若くしてプロ棋士になった高校生、桐山零が主人公の青春ストーリーです。第1期では、主に桐山という人物、そして彼をとりまく人たちの背景を描いています。制作はシャフト、監督は新房昭之さんで、アニメ界では鉄板の布陣です。ほのぼのとしたシーンのポップな色使いや、シリアスなシーンの演出などは、まさにシャフトらしさ、新房監督らしさが出ています。特に印象的なのは、ストーリー終盤の桐山です。幼い頃に両親を失い壮絶な環境で育った彼は、とりわけ友達が少なく、一人で生きることに疑問を持っていませんでした。しかし、担任の林田先生の協力や、将棋で出会った仲間たちの影響を受け、学校にも自分の居場所を見出していきます。その心境の変化が、ストーリー全体を通して描かれています。 30代 男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました