映画 3月のライオン 前編 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 3月のライオン 前編 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

映画 3月のライオン 前編 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

幼い頃に交通事故で家族を失った
桐山零は、父の友人である棋士
幸田に引き取られた。

中学生にしてプロ棋士になった時、
幸田家を出て一人暮らしを始める。

深い孤独を抱えた日々を過ごす
零だったが、川本家の三姉妹と出会い、
そこに居場所を見出していく。

ライターコメント

原作の雰囲気をしっかりと残しつつも映像化によって新しいものを何か感じました。素晴らしいなと感じたシーンはたくさんありましたが、特に主人公の苦悩や棋士たちの苦労が上手く描かれていて、そこまで派手な話ではないはずなのに見始めるとすぐにストーリーに引き込まれました。将棋のルールを知らなくてもしっかりと内容を理解できて楽しめるのですが、それでもやはり映画を見る前に少しでも将棋の知識を得ていた方がより作品を楽しめるのではないかなと思いました。染谷将太や有村架純が特に役に当てはまっていて、それぞれ実際にこんなキャラクターをしているのではないかと思わされるほどのクオリティーで圧倒させられました。面白かったのでまた見たいです。 20代 女性


原作の漫画が結構好きだったため、実写化されていたときは違和感を強く感じた。しかし有村架純本来のホンワカした感じとは一変してかなり強く感情表現をしているのをみて実写版もいいなとかんじた。他の出演キャストもいい味をだしていて楽しめた映画でした。ストリー自体はけっこうめちゃくちゃな感じも受けるが映像としてみていくと不思議な説得量がある。将棋と家族という題材を取り上げており、将棋に対するある種の狂気ともいえる没頭の仕方、また家族同士の交流というほのぼのとした場面が緩急をかなりつけるスパイスとなっている。二家族の交流は見ていてほほえましいものがあった。中学生でプロ棋士になるのは大変だろうなと感じました。 40代 男性


もともと原作コミックのファンなので、映画化と聞いて少し不安でしたが、神木隆之介演じる零を見た瞬間、そんな不安はすぐに飛んでいってしまいました。それほど、コミックから抜け出てきたような零そのもの。他の出演者も豪華でそれぞれのキャラクターもぴったり合っていて、特に染谷将太の変貌ぶりと熱演が見ものでした。キャラクターはもちろん、ストーリーも、映像から受ける雰囲気も、コミックの世界観を見事に再現しています。主人公零がプロの将棋棋士なので、息を呑むような将棋のシーンもたくさん出てきますが、将棋が好きな人ならもちろん、私を含め将棋を知らない人、原作コミックのファンも、原作コミックを知らない人にも楽しめる作品だと思います。 50代 女性


羽海野チカの原作漫画も読んでいたので、実写映画化されると知った時には驚きと喜びと不安が入り混じったような感情に襲われました。しかし、主人公の桐山零を神木隆之介が演じると知って、彼の演技が好きだった私はそれならきっと大丈夫だろうと安心しました。実際に映画館へ観に行きましたが、その信頼は裏切られるどころか期待以上の素晴らしい演技で感動しました。本作は高校生でありながらプロ棋士でもある零を主人公としていますが、その主軸となるのは将棋ではなく、零の生き方そのものです。見た目は大人しそうに見える彼ですが、居場所を求めて将棋をするしか選択肢が無かった彼は、痛々しいほどに将棋に全てをかけてストイックに生きてきました。しかし、ほんわかとした川本家に出会って、少しずつ彼の中に温かなものが芽生えていく様子にほっこりします。漫画原作の実写化は正直難しいのではと思うものが多い中、本作はキャスト陣に恵まれており、最高の実写化だったと思います。 40代 女性


この映画は公開前から島田開を演じる佐々木蔵之介のイメージのぴったりさに期待を膨らませていました。逆に、神木隆之介は雰囲気か確かに零なのですが、年齢的に高校生はどうだろうかと危ぶんでいました。実際に視聴してみると神木隆之介の零には満足でした。影のある零の役は神木隆之介の演技力があってこそ演じられるものだと思いました。零と有森架純が演じる香子の関係がうまく演出されていたと思います。ふたりが「全然きょうだいという感じがしなかった」からとあかりが心配する気持ちがわかりました。ここらへん、アニメよりわかりやすかったです。香子の将棋への夢が立たれてしまった悔しさ、前へ進むことのない恋愛の悲しさ、それを零にぶつけてしまう香子のやるせなさがにじみ出ていました。将棋の対局シーンは緊迫感がありました。何か盛り上がったわけではないけれど、後半が気になる、そんな作品でした。 50代 女性


映画「3月のライオン 前編」を観て、「将棋に情熱を注ぐ零」と「家族の温もり」が良かったと思いました。まず、将棋に情熱を注ぐ零についてです。この映画では、高校生ながら将棋のプロ棋士である零の様子が描かれます。零は、家族や友人に恵まれず孤独に生きる中で、自分の救いとなる将棋に打ち込んでいきます。並々ならぬ気持ちで将棋に向き合う零に圧倒されながら観ていました。次に、家族の温もりについてです。一人暮らしをしていた零は、川本家という家族のところで一緒に生活することになり、家族とはどのようなものかを知っていきます。零をそれぞれの方法で励ましたり、支えたりしていく家族の愛情深さに癒しをもらい、羨ましさを感じながら観ていました。 20代 女性


映画「3月のライオン 前編」の良かったところは、「勢いある俳優たちの共演」と「零はトーナメントで勝てるのか」です。1つ目は、勢いある俳優たちの共演です。この映画では、将棋界を舞台にした物語が描かれます。物語の登場人物を演じるのは、神木隆之介さん、有村架純さん、清原果耶さんなどです。年々活躍の場を拡大していく人気俳優の方々が、登場人物たちを見事な演技力の高さで演じているところに贅沢さを感じながら観ていました。2つ目は、零はトーナメントで勝てるのかです。10代ながら将棋のプロ棋士である零は、家族など大切な人々を助けるために将棋のトーナメントに挑みます。零は、強敵たちが揃う中で勝つことができるのか、ハラハラしながら観ていました。 20代 女性


2017年に公開された映画「三月のライオン」二部作の前編です。この映画は、神木隆之介さん主演になります。主人公の「桐山零」は孤独な高校生のプロ棋士で、育ての親の家を出て一人で将棋と向き合いながら高校生をしています。原作の漫画とほぼ忠実な内容で映画も作られているので漫画を読んでいる人も違和感を感じることなく楽しめる映画だと思います。この映画は孤独だった桐山零が川本三姉妹と出会うことで閉ざしていた心を開いていき、周りの人達とともに生きていくようになる姿が描かれています。個人的に好きなシーンは、川本家の次女ひなたが友達を庇ったことでいじめの標的にされてしまうのですが、「私は間違っていない!」と泣きながら叫ぶシーンはとても感動的でした。前編も後編も何度も観たくなる映画です。 40代 男性


原作からファンなので、映画にはとても期待していましたが、登場人物もピッタリで素敵な映画でした。零くんも川本三姉妹もお互いよく出会ってくれたなとしみじみしてしまいます。川本家でのご飯が美味しそうで、少しずつ零くんが馴染んでいってくれるのが嬉しいです。零くんの担任がこれまたはまり役で、影に日向にと応援してくれるのも零くんにも将棋の世界以外でも味方がいるなとホッとします。一方零くんを引き取って育てたくれた幸田家はもうそれはボロボロの一家離散状態になっていて、見ていてむごたらしい…。誰が悪いわけでもないのに、責任を感じた零はまだ学生の身でありながら一人暮らしを始めて、そこへまた香子がやってきて内面をかき乱して帰っていく。零くん、どうか川本家で安らぎを求めてください! 40代 女性


倉科カナが家庭的でお姉さんという感じに思わずキュンキュンしてしまい、さらに有村架純がこれまでの清純なイメージの役とは違って派手な格好で少しグレた役だったのが新鮮でした。また、ストーリーも将棋の勝負だけでなく、将棋を通しての人間模様をライバルや友人など様々な登場人物の心情も丁寧に描かれており、面白かったです。特に好きなシーンがラストの新人戦の決勝戦です。桐山と対戦相手で格上の山崎との戦いはしのぎを削った壮絶な戦いになっており、二人が対局中のしぐさや表情が盤上の戦いをより迫力があるものにして手に汗を握りました。決勝戦となった場所も格式がありそうな会場になっており、より緊迫感が伝わって面白かったです。 30代 男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました