映画 3月のライオン 後編 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 3月のライオン 後編 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

映画 3月のライオン 後編 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

川本家3姉妹との交流が続く
プロ棋士の桐山零は獅子王戦に
臨もうとするが、師匠・幸田柾近は
入院し、その娘・香子は
妻のいる男との関係に悩んでいた。

また、零のライバル・二海堂晴信も
持病と闘っていた。

そんな中、川本家に3姉妹を捨てた
父親が現れる。

ライターコメント

川本三姉妹の父親の問題やひなたとの関係、香子達との確執などプライベートのどろどろとした部分あり、盤面で繰り広げられる熱く凄絶な勝負ありで、畳み掛けるような展開に息をつく暇もなく、スクリーンにクギ付けになってしまいました。情緒が安定しない桐山も含めて若者達が悩み苦しみ右往左往する中で、静かに覚悟を決めて闘志を燃やす島田や、妻への想いを抱えてギラギラと周囲を威嚇する後藤、ほとんどセリフがないのに圧倒的な存在感と強者の風格を持つ宗谷名人など大人組の姿がとてもカッコ良く見えました。飄々としていてトボけた雰囲気なのに的確に桐山に寄り添い発破をかけてくれる担任の林田や、ようやくスレ違いが解消され歩み寄ることが出来た義父の幸田なども良い味を出していました。 30代 女性


後藤と香子の不適切な関係が匂わされた以外は恋愛色の薄かった前編に比べて、後編は桐山を憎悪しながらも誘惑してくるような行動をとる香子から始まって、桐山がいきなりひなたと結婚しようとしたり、あかりをそれまでの擬似的な母もしくは姉としてではなく、家族を守るため必死に気丈に振る舞ってきた健気な一人の女性として見直し、正直な気持ちを打ち明けてみたりと、少女マンガっぽい展開が多くて、緊迫した勝負の多さも相まって放映中はドキドキしっぱなしでした。自信やハングリー精神、気概といったようなものが足りない印象だった桐山が、深層心理の中の自分と見つめ合って葛藤を乗り越えたことで、多少なり逞しく成長したことが表情から伝わってくる神木隆之介さんの演技も良かったです。 30代 女性


この映画のでは、ひなたの学校でのいじめ問題や川本家3姉妹と帰ってきた父との問題と後藤の妻の死など事件が盛りだくさんでした。だからといって将棋の対局がその合間にあるというわけではなく、迫力をもって対局のシーンが描かれていました。零とそれを見守る教師の林田との屋上の昼食風景は癒しのシーンでしたね。零はいじめを受けているひなたの強さに感銘を受けていましたが、それほどかかわったという感じがありませんでした。なので、川本家の父親と零が対峙したとき「ひなたの婚約者」と父親に言い放った時は心底びっくりしました。そりゃあかりさんに「家族の問題だから」と言われちゃうよと思いました。あかりさんが父親と決着をつけてくれてほっとしました。実の父親に「これっきり」と言わなければならないのは悲しいことでしたが。本作では香子に随分と時間が割かれていましたが、彼女は後藤とよりを戻すことになるのでしょうか? 後藤は大事な対局があるたびに香子を突き放してしまうかもしれないのにと思いました。二人に子供が出来た場合、子供がプロ棋士になれそうもない場合香子と同じ運命をたどるかもしれないですし。結局、香子自体将棋から離れられないということでしょうか。映画の最後のシーン、自然の美しさに圧倒されました。 50代 女性


映画「3月のライオン 後編」を観て、「立ちはだかる強敵たち」と「川本家はどうなるのか」が良かったと思いました。まず、立ちはだかる強敵たちについてです。この映画では、将棋のトーナメントに出場する高校生プロ棋士・零の様子が描かれます。零は、トーナメントで優勝しようと気合いを入れて対極に臨みますが、長年将棋界に君臨する棋士たちに苦戦を強いられます。零を翻弄する個性派揃いの強敵たちに、ワクワクしながら観ていました。次に、川本家はどうなるのかについてです。トーナメントに向かっていく零ですが、零が家族として一緒に生活している川本家に、家族がバラバラになるかもしれない危機が迫っていきます。川本家の人々は無事でいられるのか、ひやひやしながら観ていました。 20代 女性


映画「3月のライオン 後編」の良かったところは、「二階堂との絆」と「明らかになっていくプロ棋士たちの秘密」です。1つ目は、二階堂との絆です。この映画では、将棋のプロ棋士たちの様子が描かれます。中学生の頃からプロ棋士として活動している零は、同世代のプロ棋士・二階堂と切磋琢磨しながら将棋の腕を磨いています。性格の違いはありつつも、ライバルとして時には友人として、高め合い支え合っていく2人の友情を微笑ましく思いながら観ていました。2つ目は、明らかになっていくプロ棋士たちの秘密についてです。零や二階堂をはじめとしたプロ棋士たちは、類まれな将棋の腕を持ちつつも、家族との関係性や病気など周囲に明かしていない秘密を抱えています。物語の進行とともに判明していくプロ棋士たちの知られざる背景に驚きながら観ていました。 20代 女性


2017年に公開された映画「三月のライオン」の後編になります。この映画は、漫画の「三月のライオン」のエピソードを元にして作られているので、漫画を読んでいるファンでも違和感を覚えることなく見ることができると思います。もちろん漫画を読んだことのない人も、将棋に対して知識のない人も問題なく楽しめる映画だと思います。神木隆之介さん演じる桐山零は、本当に漫画の桐山零と重なるくらいの演技だと思います。また、このエピソードで最大の敵になる後藤を伊藤英明さんが演じていたのですが、ものすごい迫力でした。将棋を通しての生き方、また、桐山零の周りの人たちの人生を目まぐるしく描かれます。その中で本気で向き合っていく桐山零の成長がとても頼もしく感じます。何度も観たくなる映画であり、漫画とはまた違う魅力があります。 40代 男性


前編もしっかりと見たのですが、個人的には後編の方が大分面白く感じ、気に入っています。漫画を実写映画化した作品は他にもたくさん見てきましたが、最もこの作品が違和感を覚えずに最初から最後まで退屈せずに楽しんで見ることができました。中でも神木隆之介の演技の自然さには感心し、本当に彼は実生活においてもこのようなキャラクターをしているのではないかと思わされるほどでした。彼以外にこの役どころは任せられないと思います。前編とは違って今回は主人公の将棋を軸に周りの人たちのスピンオフ的なストーリーが多く含まれていて、かなり深く楽しめました。また苦しく感じるシーンも多かったですが、キャラクターの内面がよく見えたのでよかったです。 20代 女性


宗谷名人と対局することを考えると無意識に手の震えが止まらない桐谷の様子から、かなり宗谷名人と戦うことを恐れているかつ緊張してるのが伝わってきました。宗谷名人との対局で、最後の一手を打たれ呆然とする桐山に対し、微動だにしない宗谷名人が、名人の貫禄を感じさせました。また、宗谷名人が耳が聴こえたり聴こえなかったりする病気だということを知ってビックリしたのと同時に、インタビュー時に感じた違和感はこのことだったんだと合点がいきました。また、あかりたちの父親が現れ、今更父親面する自分勝手な振る舞いに嫌気がさしましたが、あかりがまさかビンタするとは思わなかったので、驚きと同時に心の中でガッツポーズしました。「向こうの家族と幸せになってね」と言える川本家の姉妹たちの方が、自分たちを捨てた父親よりもよっぽどしっかりしていてカッコいいなと、彼女たちの頼もしさにスカッとしました。 30代 女性


桐山零の義姉の香子の不倫相手の後藤9段のエピソードは少し胸が痛いです。香子も家にもどこにも居場所が無い感じで可哀想な女性だと思います。一番大きなエピソードとして川本姉妹のひなたのいじめのシーンがあり、本当に辛い話なのですが、ひなたの真っ直ぐな気持ちに零くんなりに応えようとしている様子が切なかったです。三姉妹の父も現れ、都合良くまた娘たちを利用しようとしていたのですが、零くんに一刀両断され逃げ帰りました。この場面は見ていて本当にスカッとしました。家族を失い一人かと思っていた零が将棋仲間、川本家と多くの味方に囲まれていたと気が付く後編なので、零が一人で殺伐とした自宅にいてもそれほど寂しさが湧き起こってきませんでした。川本家に行く為に、あの橋を超える時はこちらもウキウキとしてしまいます。 40代 女性


後半は宗谷名人との静かな対局、ひなちゃんのいじめ問題、突然お父さん登場、そして後藤との因縁の対決。盛りだくさんでした。好きなシーンは2つ。ひなたちゃんが泣きながら絶対に間違っていないといい、桐山が過去を思い出すとともに知らず知らず救われていたと感じ、一生をかけると誓ったシーン。ひなたちゃんには何のことか??ですが、静かな桐山が心をたぎらせ実は熱い頼れる男に成長したことを表したシーンで桐山の成長を見守る身としてはホッとして泣けるシーンでした。後半の後藤との対局からは今までの将棋人生が一気に去来して、そして名人との闘い前の義父のひとこと、「お前は将棋が好きだったんだ」こんなことを人から言われてしまうくらい、夢中で気づかないひたむきな桐山が最後までとても魅力的なキャラでした 50代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました