ヒカルの碁 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

アニメ ヒカルの碁 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
見放題配信
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

アニメ ヒカルの碁 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

小学6年生のヒカルは、ある日、
祖父の家の蔵で古い碁盤に
宿っていた平安時代の天才棋士、
藤原佐為の霊と出会う。

霊となってもなお囲碁への思いを
抱き続ける佐為の願いに応え、
碁会所へ足を運んだヒカル。

そこで、ライバルとなる
塔矢アキラと出会い…。

ライターコメント

囲碁を知らない人でも、ルールが分からないままでも、ずっと夢中になれて面白いという奇跡の作品だと思っています。競技系の作品の中で最も静寂で激闘とは程遠い世界ですが、美しい描写力で熱い魂のぶつかり合いを感じ、心が震わされます。とくに登場人物たちの表情が非常に豊かで、対局中はもちろん無言ですが、キャラの心情や思考が表情からひしひしと伝わってきます。登場人物に敵キャラはいません。全員がお互いを認め合い、高め合うライバルです。それぞれの関係性がとても美しいです。日本のみならず、海外の棋士たちとの交流も描かれており、日中韓を跨いだ展開はとても白熱しました。少年マンガとしては異例の要素がたっぷり詰まった、本当に魅力の多い作品です。 30代 女性


何度見返しても涙なしでは見れない、最も印象的で大好きなシーンは、ヒカルと佐為の別れのシーンです。朝方仕事から戻り、2人はいつものように対局を始めますが、ヒカルが顔をあげたときにはすでに佐為は消えてしまっていました。佐為の最後の言葉はヒカルには届いていませんでした。現実が受け止められず呆然とするヒカルとは裏腹に、さわやかな朝の日差しと揺れるカーテンの演出に心が揺さぶられます。そして一日中佐為を探し回り、棋院の保管庫で秀作の棋譜を見たヒカルが、今までの自分を後悔し泣き叫ぶ姿は、本当に悲痛でこちらまで涙が溢れてきます。のちに夢の中で再び出会って扇子を受け取るシーンや、自分が打った一手の中に佐為を見つけるシーン、塔矢アキラがヒカルの碁の中にいる佐為の存在を見つけるシーンなど、数々の名シーンに繋がる印象的な別れでした。 30代 女性


囲碁の漫画が原作のアニメなので、囲碁を知っていたり興味がある人でないとおもしろくないかな。と最初は思っていましたが、囲碁の知識がなくても大変たのしめる作品でした。囲碁のルールなどは作品中やアニメ後のコーナーで説明があるので、アニメに関する部分はそれでカバーができます。それ以上に、漫画やアニメとしてのストーリーや、登場人物の心理的な部分の描写が大変興味深く、老若男女どの世代にもオススメです。主人公ヒカルがパートナーとも言える平安時代の碁打ち佐為と共にライバル達に立ち向かうのですが、佐為に碁を打たせたい気持ちとヒカル自身も囲碁に興味が出てきて、自分で囲碁を打ち力を試したい。という葛藤が何とも言えずとても惹きつけられる作品です。 30代 女性


千年の時を超えて蘇った囲碁の達人の幽霊、藤原佐為が囲碁をしたことがない進藤ヒカルに取り付いて囲碁をするという囲碁がメインの渋いアニメなのですが、ルールが分からなくてもとても面白い。迫力のある描写や緊迫感、勝利やその裏で敗北した人達の悔しさなど囲碁だけでなく人間模様も綿密に描かれていて観ているこちらも引き込まれる。佐為と塔矢行洋の対局は正にラスボス同士の戦いといった感じで静かな迫力があり観ていて鳥肌が立つ。またヒカルは佐為の影響を受けて塔矢アキラというライバルにも出会い囲碁のプロを目指すのだけど、持って生まれた才能で囲碁界を制するアキラと努力で成長していくヒカルの対比もこのアニメに良いスパイスを与えています。 30代 女性


囲碁には全く興味がなかったけど、この漫画をきっかけに面白さを知りました。漫画から読んでいたのでアニメには抵抗がありましたが、声優さんがドンピシャで、特にヒカルが自分の中で想像していた声にぴったりでした。好きなキャラクターは塔矢アキラで、初めはヒカルの中にいる佐為を追いかけていながらも、徐々にヒカル本人と向き合い、お互いを高めあっていくという関係性が、すごく見ごたえがありました。オープニングも疾走感があり、ヒカルの碁の世界観とマッチしていてワクワクしました。一見地味な題材に思えますが、囲碁を巡って神の一手という高みを目指すすごくストイックなストーリーに、ヒカルが少年から青年へと成長を遂げていく姿が良かったです。佐為がいなくなった後、自分の中に佐為の姿を感じたヒカルの姿を見て泣けました。 30代 女性


私はヒカルの碁をアニメから入りましたが、とても面白かったです。ヒカルの碁の魅力は囲碁のルールが全くわからない人でも勝負の迫力や緊張感をリアルに味わえるようにしっかりと作りこまれていることです。張り詰めた空気や感動する場面も丁寧に作られているのでストレスや飽きが全くなく、気づいたら最後まで見てしまうような不思議な作品です。そしてBGMもしっかりとここぞという場面で流してくるのでより物語に入り込めて素晴らしいです。そしてヒカルの碁は中国や韓国でも大人気で数多くの国でも放送される程に人気があるのも本当に凄いですよね。ヒカルの碁のOPとEDはどれも名曲ばかりで毎回飛ばさずに口ずさんでしまう程いい曲が多いのも魅力です。ヒカルの碁はとても面白い私の思い出のアニメなのでまだ見てない人はぜひおすすめの作品です。 20代 男性


ヒカルの碁での魅力は今までスポットが当たることのなかった囲碁の世界に触れるきっかけとなったことです。特に佐為は好きなキャラクターで、自分の変わりに囲碁を打つヒカルに指示をしていたが、徐々にヒカルが成長し一人前の棋士になって行く姿を見守るようになっていく心境の移り変わり、そして終盤ではヒカルにすら見えなくなって消えてしまう。自身が目指していた「神の一手」をヒカルに見出したと感じて消えたいったと思うと、とても優しく魅力あるキャラクターになっていました。キャラクター以外でもヒカルの挫折や塔矢アキラなどライバルとのやり取りなど囲碁というジャンルだけでなく人としての成長を強く感じることができる作品だと思います。 20代 男性


原作の連載当時、アニメの放送当時は本当に驚きました。馴染みのない題材をこんなに楽しめるとは思いませんでした。碁盤を見たことがある程度の主人公のヒカルが、どういう経緯で囲碁の世界に分け入っていくことになるのか、中学校に上がるくらいという年代に良く映える出会いや別れを添えて、飽きない展開で見せてくれます。ファンタジーの要素がありますが、現実逃避とは違う、とてもよい働きをしています。この作品の対局(囲碁における対戦)シーンにはあまり直喩的な誇張がありません。表情、モノローグ、構図、静と動、アニメの場合はそこに音楽の要素も組み込まれて、緊張感がありながら勝敗の行方も分かりやすい、出色のシーンを生み出しています。原作のスピード感もすばらしいですが、アニメ化にあたってもとても心を砕いて演出されていることが伝わってきました。そしてこれらの対局は、それぞれのキャラクターのストーリー、それぞれの人生の中でそれが重要な経験となる、最適な時期に配置されています。囲碁の漫画です。ですが、青春漫画です。アニメでもそれがとても良く踏襲されていました。残念ながら、ヒカルを演じておられた川上とも子さんは2011年に亡くなられました。奔放な少年が瑞々しい感性を失わないまま成長してゆく、その見事な演技に時に笑い、時に泣き、拳を握って応援を送った身としては寂しい限りです。残された者として有難いのは、パッケージ化や再放送などで、作品を見返す機会がまだたくさんあることです。 30代 女性


この作品を通して囲碁が好きになったという方も多いのではないでしょうか。私もそのうちの1人です。主人公ヒカルが佐為と囲碁、そしてライバルであるアキラとの出会いによって成長していく様子にとても引き込まれました。アニメ放送当時、同級生もハマっていたので、一緒に囲碁がやりたいと、囲碁についていろいろ調べてみたのですが、当時小学生だった私たちには難しすぎで、諦めて五目並べで遊んでいたのをよく覚えています。アニメが放送された当時から大好きでしたが、大学生の頃に見返してもとても面白く、社会人になった今、見返しても面白い上に、母もかなりハマっていたので、視聴者の年齢を問わない、かなりの名作だと思います。何度も見返したくなる作品です。 20代 女性


“ヒカルが佐為と出会い、囲碁の実力をあげていく中で、部活動やライバルとの葛藤が多くあり、展開がとても面白いアニメでした。ヒカル自身が段々と成長をしていく様子と、佐為との関係性が変わっていく流れは、1話も見逃せないストーリー展開でした。
特にヒカルがプロ棋士を目指すまでの道のりは、毎回毎回で成長がみられ、大変面白かったです。また、佐為のギャップもアニメを楽しむことができる要因の1つだったと思います。真剣な描写も多い中で、佐為の碁を打つときと普段の慣れない現代での生活におけるギャップの可愛さがとても印象に残りました。元々、囲碁についてはほとんど知識がないまま見始めたアニメでしたが、それでも十分に楽しむことのできるアニメだったと思います。” 20代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました