Fukushima 50 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 Fukushima 50 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

映画 Fukushima 50 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

2011年3月11日、
東日本大震災の発生により
大津波が福島第一原発を襲う。

外部と遮断された”イチエフ”内では、
制御不能となった原発の暴走を
止めるため、いまだ人類が
経験したことのない
世界初となる作戦が準備されていた…。

ライターコメント

福島第一原子力発電所事故の際、吉田所長の尽力は大きかったですが、それを支えた現場の職員たちの働きが詳細に描かれていて、彼らの信頼関係に感動しました。職員達に話を聞いたりして作られた作品ということもあり、津波のCGや原子炉建屋内での活動、建屋が爆発した時の瓦礫まみれの光景など、自分がその場所にいるかのような迫力がありました。吉田所長を連絡を取りながら現場で指揮した伊崎の葛藤と奮闘に胸を打たれました。若い職員が建屋内に入ると名乗り出るシーンで、若い職員の未来を考え、ベテランの方が中心となって危険な作業に当たる緊迫した光景には涙が出ました。本当に命を懸けて闘っていたことがわかり、子ども達への教育という面でも後世に残して欲しい作品だと思いました。 40代 女性


「我々は自然を甘く見ていた」この一言が非常に印象深かった。人類の知識と知恵の最大傑作ともいえる原子力発電所。まさかすべての電源が喪失されるなど、誰も想像していなかっただろう。それが東日本大震災では現実になり、東電社員、自衛隊、総理官邸、そして周りの家族や住民などがそれぞれの思いで生き抜く姿。震災から津波、水蒸気爆発にメルトダウンとその後。映画自体はとても分かりやすくて見やすい、ストーリーも淡々と進んでいく。ただ気になったのは、原子力発電を結局は美化してるのではないか、そこで働いている人に罪はないが、人間は手を出してはいけない領域に手を出し、罰が当たったのではないかと考えさせらる映画だった。人類の文化に欠かせない電力。石炭やガスを使わないので環境にいいはずの原子力発電について、そして自然災害、またそこで働く人間模様。色々考えさせられる映画です。 40代 男性


つい先日見ました。10年も前の東日本大震災がついこの間のように思い出されて、あの時に引き戻されたような感じがしました。あの頃毎日毎日ニュースで見ていた福島第一原発の事故の実際の現場を目にしたようで、とても切ない反面、最初から最後まで目が離せず素晴らしい映画でした。政府にイラつき、総理大臣にイラつき、本店にイラつき、現場の方々の命をかけた努力と、信じて待つ家族の苦悩など、実際、これ以上の事があったんだろうなと想像しながらみることが出来ました。そして、最後の奇跡が起きなければ、今頃自分はこの世にはいなかったんだろう、日本はどうなってしまっていたんだろうと深く考えさせられる映画でした。これは、いろんな人が見るべき映画だと思いました。 50代 女性


「Fukushima50」最初にこのタイトルを見ても、3.11の福島原子力発電所の事故の事だろう~位しか思いつきませんでした。しかし、この作品の最後の説明「海外メディアが名付けた、『(危険な状態の原子力発電所に残り)最後まで戦った50人の原発職員たち』」だということが分かり、納得しました。ダブル主演の渡辺謙さんや佐藤浩市さんが演じる大企業の中間管理職と現場管理職の現場サイドと、現場軽視であくまでも利益と体面重視の経営陣や政府関係者との軋轢が上手く描写されており、中間管理職経験者の方ならば同様の感情を持たずに見る事ができないでしょう。また、現場作業員達の「日本を守る為に自分達だけが最後の望みだ」という責任感と「このまま現場にいては家族に二度と会えない」という、人間本来が持っている感情にも理解をせざるを得ず、作品の最後まで画面から目が離せなくなっていました。作品のテーマも内容も、演じたアクター達もとても素晴らしく、最後まで心に残る良い作品でした。 50代 男性


“日本に大きな打撃を与えた東日本大震災。その中でも世界的に見ても大きな事故となった原子力発電所内を舞台にした映画です。これまであまり表に出てこなかった所員たちの奮闘が忠実に描かれており、改めて事故の重大さを知れる映画となっております。
現場で部下の命を抱えながらも、政府や本部の指示に従わなければならないジレンマを抱える人たちの様子は臨場感があり、見る側の心情もとても複雑なものとなりました。
常にした隣り合わせの状況下においても、市民のため、国のために戦う姿は、後世に残さなければならないと思いますがそれを一手に担ってくれる映画となっています。偶然的に地上波での放送を目にしただけで、最初はあまり深く考えていませんでしたが、いつのまにか見入ってしまい、映画が終わる頃には心に深く刻まれていました。
いい映画だと思います。” 20代 女性


東北大震災の時、原子力発電所はいかにして被害を拡大しないで抑えることができたのか、その現場で戦う戦士たちの生き様を扱っていて、本当に勉強になり、深い感動を味わいました。実際に当時の首相が訪問したところも描かれますが、佐野史郎の演技はとても迫力があって、悪さ100倍ぐらいに見えました。渡辺謙と佐藤浩一のやりとりは、リーダーとしての現場での狂いのない正確な判断を繰り出しているところは、見事としか言えません。リーダーの生き方が、部下たちに通じて、サムライの様に振る舞う潔さは、涙を誘います。自分を捨ててでも故郷を守ろうとする熱い心に脱帽です。まさに最高のドキュメンタリー的な映画といえます。歴史的な彼らの戦いに称賛しかありません。 60代以上 男性


知ってるようで知らなかった従業員の方々の懸命な努力と、命懸けの姿に感銘を受けました。起きてしまった結果に目を向けてしまいがちでしたが、従業員の方々がこれほどにまで誰よりも危険と隣合わせの中、最後まで故郷の人達を守る、さらには国を守る姿に何度も涙しました。同時にこの職員の方々のご家族は、不安な日々を送っていたであろうと思うと私には計り知れない不安と恐怖だったと思います。司令官であるイザキさん【佐藤浩市さん】の従業員に更に危険な地へ行かせなければ行けないシーンは、自分は司令官として残らなければ行けない立場と、人員を選ばなければ行けない極地は本当に心苦しかったと思います。色々な角度から見ると、まだまだ課題もあり、解決した問題ではない事、まずは現実に起きた事を風化させてはいけないと改めて考えさせられました。 30代 女性


あの日本最大規模の地震のあったときからこれだけ大変な思いをして必死に復興に向けて取り組んできた人々がいるのだなと改めて考えさせられました。日本において表現の自由があるからこそ制作にまで至ったのだと思うのですが、本当に見る価値しかないです。あの大きな地震を忘れない・風化させないためにも映画を通して出来るだけ多くの人にこの事実が伝わっていったらいいなと思いました。キャスト陣の演技力の高さもあって、全てが実際の映像を見ているかのように感じ、涙が止まらないようなシーンもたくさんありました。日本に住んでいる人、日本に生まれた人は世代や男女問わず必ず一度は見ておいたほうがいい映画作品だと思うのでまだ見たことがないという人にはオススメしたいです。 20代 女性


冒頭の10分にあの日の出来事がリアルに描かれており、言葉を失いました。福島原発の中で何が起こっていたのか、改めて知るきっかけになった映画です。津波によって制御不能となったなかで人力で対応しなくてはいけない、いつ何が起こるかわからない状況の中で作業を行う緊迫感が伝わってきました。バルブの解放によるベントをすると指示がでたときに、行かせてくださいと自ら命をかけて向かった作業員の心情はいかほどだったかと察すると胸が傷みました。佐藤浩市さん演じる伊崎さんはどんなときでも部下を守ろうとする姿に心を奪われましたし、吉田所長が本店に噛み付き、憤りをあらわにした姿もとても印象的でした。渡辺謙さんにしかできない感情表現だったように思います。お葬式シーンの前に吉田所長が伊崎宛に送った手紙の内容を聞いていたら涙が止まりませんでした。まだまだ終わらない問題に、今そしてこれから私たちに何ができるのかもう一度考えてみようと自然と考えるようになりました。あの日を忘れないためにも、後世に残ってほしい映画です。 30代 女性


この映画を観て、当時現場ではこのようなことが起こっていたのかと、そのリアリティに驚愕しました。臨場感溢れるカメラワークや俳優さんたちのお芝居によって、現場の混乱や人々の覚悟が、痛いくらいに伝わってきます。特に、作業員の人々がベントをするために、防護服を着て灼熱の危険域を進む場面は、そのリアルさが胸に迫り、涙を止めることができませんでした。あれから10年の月日が経ち、時間が少しずつ人々の傷を癒してくれているのだとしても、当時何が起こって、誰がどうやって日本を守ったのか、ということを、大きな災害がいつ起こるかわからないこの国に住む私たちは、決して忘れてはいけないのだと思います。そういう意味で、この映画は長く後世に残し、多くの人が観るべき、傑作だと感じました。 20代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました