浅田家! 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 浅田家! の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
ポイント利用視聴
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

映画 浅田家! を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

ユニークな家族写真で
木村伊兵衛写真賞を受賞した政志。

写真家として軌道に乗り始めたある日、
東日本大震災が発生。

被災地に向かった彼は写真家として
何ができるかを模索するなか、
津波で泥だらけになった写真を洗い、
持ち主に返す活動に励む人々と出会う。

ライターコメント

人生を振り返ろうと思った時にやはり写真というものはとても重要なのだなと改めて思わされました。たまに写真を見てその場の空気感や匂いを思い出すこともあるので、写真というものは実は静止画というだけはなくもっと大きな思い出を残してくれるかけがえなのないものなのだなと感じます。映画のストーリーの中で出てきた家族写真も、写真越しに大きな家族愛が感じとれて非常に良かったです。ストーリーについてもっ言うと、完全にコメディ作品なのかと思いきや、所々シリアスな場面も出てきてバランスがとても良かったです。キャストを含めてかなり気に入った映画なので、また何度も見返して楽しみたいです。映画の影響を受けてカメラの勉強も始めたくなりました。 20代 女性


この映画を見ると、写真という存在はそのときの思い出を鮮明に思い出すための大切なものなんだなと思いました。特にこの映画の中に出てくる家族写真はどれも楽しそうで、見ているだけでも心がほっこりしました。東日本大震災に関する重いエピソードもあるのですが、それでも希望を見いだして生きていくしかないという前向きなメッセージも感じられて良かったです。私たちが何気なく撮影している写真も今やスマホで撮影することが多くなりデータも簡単に削除できてしまいますが、カメラで撮影したものを現像して触れられるようにしたり、アルバムに保管して大切にしようと思えました。泣けるだけではなく、結構笑えるシーンもあるので楽しく見られる映画です。 20代 男性


ユーモアたっぷりでありながら深い感動をもたらしてくれる、大変心温まるストーリーでした。、コスプレ家族写真のくだりのコミカルさには思わず笑ってしまいましたし、写真洗浄のくだりから家族の絆や写真に残すということを改めて考えさせられた時は涙が止まりませんでした。殊更悲惨さを際立たせるわけではなく、淡々と当時のリアルな状況を再現する手法が非常に効果的だったと思います。またら実力派が勢揃いしたキャスティングも見どころの一つと言えるでしょう。主演の二宮和也さんや平田満さんの安定感のある演技が素晴らしいのはもちろんのこと、風吹ジュンさんと妻夫木聡さんと合わせるとまるで本当の「浅田家」のようで、素敵な家族像に憧れを抱きました。 30代 女性


口コミとかで結構泣けると言われていたのですごく期待していましたし、涙もろいのでなく気満々で観に行きました。最初は結構二宮さんの格好とかが奇抜だったのでちょっと笑える感じなのに感動できるのかなと思っていたのですが、素晴らしい写真家の方のお話でほっこりしたし普通に感動してぼろぼろ泣いていました。個人的にすごく感動したのが家族写真を撮影する時に家族をみてカメラを構えながら、大粒の涙を流している二宮さんの演技が素晴らしいしとても綺麗で感動しました。こんな人の涙の演技でなくことが出来るんだと新たな発見でした。普通に悲しい感じのお話なのかなと思っていましたがほっこりする内容がたくさんで楽しめた作品だったなと思います。 20代 女性


たった一枚の写真が持つ力のようなものを再確認させられました。家族の写真を撮るだけの人間が、多くの人の心を動かすその過程が本当に良かったです。ここ一年の邦画の中では一番感動しました。東北大震災はいまだに多くの人の心に暗い影を落とし、いまだ復興は続いています。ですがいまだに手つかずの場所もあります。この作品を通じて、一回の人間にできることの深さ、重さを思い知らされました。もちろん、演出の力で感動的にしていたり多少話が盛られていることもあるとは思いますが、まあお金を稼がなきゃならないのでそれはしょうがないですね。出演している方々の演技も素晴らしいので、ぜひともいろんな多くの人に見てもらいたい珠玉の作品ですね。 20代 男性


折り鶴では被災者は救えない。そんな言葉がありますね。被災者たちが大量に送られてくる折り鶴入りの段ボールに辟易しているともよく聞きます。そんな風潮がこの現代にある中で、この作品は写真で人を救います。たかが写真、されど写真、写真が人の心を救い、明日の活力になるのは感動しました。作中で二宮君に対するあたりは強かったですね。だって被災地の人たちは今日を生きるのに必死で一番欲しいの水や食料なのに写真って微妙ですよね。でもそんな中で人々の心を揺さぶることができる写真を撮るっていうのは本当にすごいと思いました。いろんな人にぜひともこの映画を見てほしいですね。この感動を誰かと分かち合いたいのもありますが、被災地のことがいろいろわかるのでおすすめです。 20代 男性


私たちと同じ現代を生きている1人のカメラマンとその家族のお話です。自分のやりたいことを見つけると一直線な弟・政志とそれを呆れながら見守る兄・幸宏、後押しをしてくれる父母の章と順子。一見どこにでもあるお話に収まってしまいそうですが、そんなことはありません。政志が撮る浅田家の写真は、そのクオリティの高さで思わず笑顔になってしまいます。その写真を撮るまでの裏側も分かるからなおさらです。また政志が出会い、写真を撮る家族には様々な形があります。彼らをどう撮るのか、どう向き合っているのかが丁寧に描かれていて、浅田政志の人柄が画面いっぱいに伝わってきます。そして登場人物を演じる役者の皆さんがあまりに大物揃いで、作品によりいっそうの深みを加えています。じんわり心に染み入るとても優しい作品です。 20代 女性


実話存在する家族を元にした作品というこれまでにない新しい作風がとても面白かったです。こんな家族が本当に要るのだと考えるとなんだかほのぼのとした気持ちになりました。ストーリー時代も素晴らしいものを感じましたが、それ以上にキャスティングの素晴らしさに感動するところが多かったです。主人公の浅田政志を演じるのは二宮和也、そしてその兄弟を演じる豪華キャスト達、妻夫木聡・黒木華・菅田将暉・風吹ジュンなどどれも演技派で魅力的な役者ばかりです。特に主演の二宮さんの演技力は素晴らしいものがあり、今回の撮影前コメントでこれまで役作りをやったことがなく、今回もやるつもりはないと公言しており、その通りの自然な演技が魅力的でした。 30代 男性


家族の大切さ、思い出としての写真の大切さを再確認する映画です。ほっこりとした気持ちになります。映画を見終わった時、何気ない一日の家族写真をとりたいなと感じました。前半の家族を巻き込んでのコスプレ、家族写真のシーンは笑いもあって気分が和みました。マサシ(二宮和也)のように自分の好きな何かで、この映画ではそれは写真ですが、他人を幸せにできるって幸せなことだなと思いました。途中、主人公のマサシ(二宮和也)がやるせなさ、無力さにさいなまれるシーンが心に残っています。一緒になって切なくなりました。そして優しいマサシの人柄がうかがわれました、マサシはけしてかっこよいヒーローとした感じではなく、どちらかというとごく普通にいそうな感じの好青年なところも共感できました。 40代 女性


終始心を揺さぶられるストーリーでした。政志の父の誕生日のお祝いをしていたところ、いきなり父が脳梗塞で倒れたシーンにはびっくりしました。しかし後に意識が戻ったことがわかり安心しました。このとき政志の兄が政志に父の言葉を伝えるシーンにジーンときました。「次の浅田家の写真のためにリハビリをがんばる」という言葉は視聴者の私の心を熱くするものでした。浅田家の写真が父の生きがいのように感じ、改めて浅田家の写真の素晴らしさを感じました。作中では写真を通じた家族のやりとりが描かれ、とてもあたたかい気持ちになる作品です。これまで写真についてはあまり関心がなかったのですが、この作品を観て写真っていいなと思えるようになりました。 30代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました