一度死んでみた 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 一度死んでみた の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

映画 一度死んでみた を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

父親のことが大嫌いで、
いまだ反抗期を引きずっている
女子大生・七瀬。

売れないデスメタルバンドの
ボーカルをしている彼女は、
ライブで「1度死んでくれ!」と
父・計への不満をシャウトするのが
日常だった。

そんなある日、
計が死んでしまったとの知らせが…。

ライターコメント

広瀬すずさん演じるヒロインがぶっ飛んでいる映画ですね。そんな彼女が吉沢亮演じる幽霊みたいな男と手を組んで、死んだふりをしているお父さんを守るべく奮闘するお話です。前半は伏線をばらまくために淡々と進行し、後半はその伏線たちが一世開花する怒涛の展開になった印象が強いです。いろいろとSF的な設定はあるものの、コミカル感満載なストーリーですので、何も考えずに笑って、また登場人物たちのキャラクターを楽しんで見ていられる映画だと思います。ちなみにキャスティングもものすごく豪華で、一瞬しか登場しない脇役を大物俳優が演じていたりしますし、なにげにJAXA 宇宙飛行士の野口聡一さんまで出演していてびっくりしました。 30代 男性


映画タイトルのインパクトの強さと、広瀬すず、堤真一、吉沢亮などといった豪華すぎると言っても過言ではないような実力派役者に惹かれて見てみることにしました。全体的に見終えてみて思ったことは、ただテンポが良いギャグ映画かなと思っていたのにしっかりと感動するようなシーンもあってストーリー構成のクオリティが高かったということです。様々な伏線回収が繰り広げられていて内容も非常に理解がしやすかったので見ていて退屈したりうんざりすることが全くありませんでした。父親をやけに毛嫌いしていた広瀬すずがなによりも可愛くて、演技も自然だったので前よりももっと彼女のことを好きになりました。かなり面白かったのでまた見返したいです。 20代 女性


広瀬すずさんがパンクバンドで、death death言っているのが、めちゃめちゃ面白いです。ピンクの髪の毛も可愛らしくて、ギャップ萌えです。吉沢亮さんが冴えない男子が案外ハマっていて、堤さんがほんわかしているのがとてもよかったです。一度死んだように眠ることができる薬で、寝てしまってからのストーリー展開の速さと面白さが最高で、トントン拍子で火葬場に連れて行かれて、火葬しているところから宇宙飛行士の格好で出てくるのがめちゃめちゃ面白かったです。松田翔太さんが薬の開発をしているばかりに、会社で一番歳をとっているというのがとても驚きました。パパがいなくなってからわかる日常の楽しさに気づかせてくれるあたりがとてもいいです。 20代 女性


映画「一度死んでみた」を観て、「父親への気持ちに気づく七瀬」と「生き返らせることができるのか」が良かったと思いました。まず、父親への気持ちに気づく七瀬についてです。この映画では、女子大生の七瀬の様子が描かれます。七瀬は、会社員の父親・計を毛嫌いしながら過ごしていましたが、父親の命が危険にさらされるという事態になり、本当は父親が大好きだと気づいていきます。父親への愛情を自覚していく七瀬を、微笑ましく思いながら観ていました。次に、生き返らせることができるのかについてです。七瀬は、1度仮死状態に陥った計を生き返らせようと奮闘しますが、なかなか上手くいきません。限られた時間の中で計を生き返らせることはできるのか、ハラハラしながら観ていました。 20代 女性


年頃の娘と父親はだいたい意思疎通や会話が通じないですよね。その鉄板のテーマを仮死状態で死んだ父親とそれを元に戻すために奮闘する娘の活躍を、なるべく全体的なトーンをすごくポップな作りに仕上げていてテンポも良く全体的に見やすい映画でした。他の映画や宣伝などでフィーチャーされているからか主演の広瀬すずさんはどうしても映画で必ず一回は叫んでる印象がついてしまいましたが、どうにか仮死状態から覚めるまでの時間を十代ならではの甘さなどで時間を稼ぎつつアレコレ手を尽くす、その相棒となる存在感のない会社員役の吉沢亮さんともどもとても良いコンビだったのではないでしょうか。ファッショナブルなデスメタル衣装もとても似合っていましたし、普遍的な十代の女子を演じられていたと思います。 40代 女性


広瀬すずの歌が意外とうまいので感心しました。ロック風で父親のことを非難する歌なのですが、結構ハマります。父の堤との確執があって悩み苦しみますが、父がいなくなって初めて、父が大切な人とわかり、彼女も変わっていきます。そういう家族物語として見ると、とても楽しめました。悪役たちは、極悪人ではないので最初から最後まで笑えました。それでも、広瀬と堤の間にある愛情が深まって行くシーンには泣けます。泣けないと思っていたのが図らずも泣いてしまい、号泣の様になってしまいました。広瀬と吉沢のコンビもかなりいい線いっています。助け合うところが素敵です。ひょっとしたら、二人の感性が合うのかも知れません。笑あり涙ありのとても秀逸な映画でした。 60代以上 男性


映画「一度死んでみた」の良かったところは、「次々登場する豪華俳優たち」と「振り回される松岡」です。1つ目は、次々登場する豪華俳優たちです。この映画では、バンド活動をしている七瀬の様子が描かれます。物語には、短時間の出演も含めて、小澤征悦さんや木村多江さん、松田翔太さんなどが登場し、物語をかき乱していきます。油断していると見逃してしまいそうな豪華俳優の方々の限られた登場の仕方に、斬新さを感じながら観ていました。2つ目は、振り回される松岡についてです。七瀬の父親が経営する会社で働く松岡は、ひょんなことから七瀬に協力することになりますが、派手な見た目で感情の揺れ動きも激しい七瀬に上手く対処することができません。終始七瀬に押され気味の松岡を、面白く思いながら観ていました。 20代 女性


最初は広瀬すずさんがデスメタルバンドで歌っている姿にびっくりしました。私の今までのイメージとかなり違っていたましたがそれでも可愛いかったです!また父親がとても変わった人でしたが、娘が父親の加齢臭を気にしたり避けたりしてしまう感覚は共感できました。ただこの親子の場合は度を超えているので面白かったです。度を超えているのはそれだけではなくて父親の製薬会社が開発したとんでもない薬のせいであり得ない展開続きで観ていて飽きませんでした。非現実的なコメディー映画でしたが、今の私達にも通ずる仲間の大切さを感じるような少し感動の展開になっていくのも見どころだと思いました。そして何より父親と娘の絆が深まり、異常なまでに嫌っていた父親と笑い合い良い関係になったのは天国または三途の川岸に居た陽気な母親が1番喜んでいるのだろうなと思いました。 30代 女性


結構ゴタゴタしている感じのコメディではあるのですが意外と随所に小ネタが含まれていたりするのも良い点です。ストーリーもなかなかぶっ飛んでいて薬の開発をしている父親に反発してデスメタルにはまっている娘がその父親の突然の死を聞くことによってストーリーが始まるみたいな感じで、柄だけ死んでしまう薬を飲んでしまったという話で、かなりぶっ飛んだ内容ではあるのですが感動できる部分が1時間ぐらい過ぎた後からどんどん出てくるというのはなかなか面白いストーリーの構成であるなと思いました。俳優陣がかなり豪華であり、どんどん新しいのが出てくるというのが矢継ぎ早で逆に新鮮でした良かった。ギャグテイストですが、最後は感動しちゃうくらいです。 30代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました