1917 命をかけた伝令 無料動画

洋画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 1917 命をかけた伝令 の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD×初回2週間無料
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

映画 1917 命をかけた伝令 を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

第一次世界大戦が続く1917年のある朝。

若きイギリス人兵士の
スコフィールドとブレイクは
明朝までに最前線の味方へ
作戦中止の命令を届ける任務を
命じられる。

間に合わなければ、
味方兵士全員が命を落とし、
イギリスが敗北する重要かつ
危険な任務が始まり…。

ライターコメント

設定が1917年ですから、無線とか使えない時期です。そんな中で伝令という非常に重要な役を、二人の青年がはたそうとします。最初は映像が全く途切れないので、実に不思議な印象で観ていました。動く人たちをずっと写し続けるということは、すごい緊迫感や恐怖感とかがより鮮明にうかがえる様な気がしました。二人の伝令はさまざまな困難に直面します。飛行機が墜落して出てきた敵兵を助けようとして、相棒が動きますが、殺されてしまいます。たった一人で伝令の使命を果たさなければなりません。彼はますます困難の中を走り続けることになります。特に砲弾が落ちてくる中を死に物狂いで走る姿は、この映画の中のハイライトでした。そして、なんとか伝言を伝えると、彼の中に残ったものは、家族がいかに大切かという思いと、戦争ほど悲惨なものはないということを身をもって知ったということでした。戦争ほど憎むべきものはないと私も実感した映画です。 60代以上 男性


ワンカットで撮影された映像ばかりが話題になり過ぎていたので、ストーリーの印象が薄いんじゃないか心配でしたが、しっかりと夢中になれました。但し、途中までどちらが主人公かわかりませんでしたけど。序盤の、無数の死体が転がる敵のエリアを泥まみれになるながら進むシーンは、匂いが漂ってくるような臨場感がありましたし、飛行機が墜落して来るシーンには声が出そうになりました。もちろんワンカット撮影の効果がそうしたシーンの緊張感を更に増大してくれたのかもしれませんが、普通に撮影されていても見応えのある作品でした。一人になった主人公が夜の市街地を走りまわり、偶然入り込んだ隠れ家で会った民間人の母子とのシーンにホッとさせられました。戦争という異常な時代でも必死に生きようとする母子と、兵士でありながら、一人の人間に戻った主人公の表情が印象的でした。 50代 男性


戦争映画ではあるものの、ワンカットで撮ったかのような演出になっているので自分もその場にいて同じ時間を過ごしているような感覚になってすごく臨場感があってドキドキする映画です。主人公が危険な戦場を通過しながら、任務を果たさないといけないのですがその戦場がリアルで、思いがけない出会いや展開もあってそこも面白かったです。特に印象に残ったシーンは川を渡る(流される?)シーンです。自分も溺れそうになっているかのようなカメラアングルで息を呑んで見ていました。それに加えて、川にたくさんの死体が浮かんでいるところを平然と歩いていくシーンが悲しかったです。これが当時の状況だったんだと思うと深く考えさせられる内容でした。 20代 女性


第一次世界大戦時のフランス戦線が舞台です。イギリス軍の若い軍人二人が味方に大切な伝令を伝えに行くだけの話なのですが、よくある戦争映画のようにどんよりしておらず、とてもスピーディーにストーリーが進んでいきます。この映画の見どころとして「驚異の全編ワンカット撮影」があります。全編ワンカット撮影の弊害として、周りに何があるのかどんな状況なのかがわかりづらいという点がありました。突然事件が起こったり、知らない人が現れたりするのです。しかしこれが逆にリアル感を演出していました。そして、主人公の二人がまたとてもリアルな演技をしているので引き込まれてしまうのです。伝令を伝えに行く途中、何度も命の危険にさらされますが、結局「えっ?こんなことで?」という感じで命がなくなってしまうシーンがあって、あまりのあっけなさにポカーンとしてしまいました。また、最初のシーンからラストシーンに至るまで、映される花や木々の美しさが素晴らしく、悲惨な戦争との対比が見事でした。光と影がサスペンスフルなシーンを演出していたり、と、サム・メンデス監督のこだわりが反映された作品になっていたのではないでしょうか。 50代 女性


第一次世界大戦のイギリスを描いた作品ですが、結構壮絶です。下された命令が、「敵陣を突っ切って味方に伝令に行け」という内容で無謀にもほどがある、と私は思ったのですが、こんなバカげた命令ですが、時代が時代なのでやらなきゃ殺されるわけですよ。しかもいざ作戦を実行したらそれはもう壮絶なもので。そうなんです、タイトル通りの命を懸けた伝令でした。たった一日の作品でこの作品自体は2時間強の放映時間なのに、見てられなさ過ぎて時間が永遠になったかのような時間の流れでした。没入感が高くて、泥のにおいや草の湿り気、そういったものを画面越しに感じてしまって、次元の壁を破壊するかのような衝撃を感じました。とても面白い作品ですがエネルギーをたくさん使う意欲作でした。 20代 男性


いわゆるワンショット系、ワンショット風に撮影された映画です。見終わった後の達成感が凄くて、2時間半ぐらい見てただけなのに、見終わった後は絶ちあ上がることすら困難なほどに疲れ切っていました。それだけのエネルギーを使う作品でした。タイトル通り、主人公に課せられた命令が、敵陣を通ってその先の味方兵士に伝令をしてこいといった命令なのですが、無茶ぶりにもほどがありますよね。当時は電話はあったようですが、あんまり実用性はなかったようでこの現代にはそういう伝令っていうのはあんまりピンとこなかったのですが、どうやらこの時代では当たり前のもので、情報を伝えるのは普通はこういった伝令のようです。この映画はとにかく迫力が凄いです。銃声や血の匂い、鉄さびの雰囲気、そういった画面の向こうにあるものがまるで今そこにあるかのような臨場感がありました。そういうこともあり、見た後の疲労が凄かったのかと思います。まるで自分が敵陣を突っ切った、そんな疲労感でした。ただ、疲れはしますが、滅茶苦茶面白いです。いろんな人に見てほしい作品だと私は思っています。 20代 男性


「敵の罠が待ち受ける前線部隊に攻撃中止の伝令を届ける」という非常にシンプルなストーリーです。何よりも映像がリアルです、泥と死体と銃弾とが自分のすぐ近くにあるのが感じられました。戦争映画にありがちな作り物感とか都合のよい主人公無双なども全くありません。これどうやって撮影したんだろ撮影大変だったろうなというシーンがたくさん出てきました。特にラストシーンの戦場をダッシュで横断するシーンは迫力がありました。死ぬ思いで突撃したのに横からぶつかられて転倒する兵士は気の毒でした。とにかく「1917」の世界にひきこまれる映像です。自分が戦場にいるかのような錯覚と緊張感で正直観終わったあとは疲れを感じたと同時に日常に安心しました。 20代 男性


戦争を描いた作品のためになかなか激しい描写が多かったのですが、静かなラストに感動しました。伝令書を持ったウィルがマッケンジー大佐のところに辿り着き、伝令書を見るやいなや攻撃中止となります。やっと戦が止んだとほっとしました。そしてウィルは医療所へと向かいます。ジョセフに彼の弟トムの訃報を伝えるのですが、ジョセフはトムがウィルと一緒だったことを喜びます。これにほっとしたのか、後にウィルが母親の写真を見つめてから目を閉じるシーンで物語は締めくくられています。このシーンに母親の写真が用いられていたことで、最後どこかあたたかい気持ちになりました。戦争ものはあまり好きではないですが、ラストが素敵で好きだなと思えた作品でした。 30代 女性


第一次世界大戦の真っただ中のヨーロッパを舞台にしたこの映画、戦闘シーンもかなりリアルに再現してあり当時の世界観に引き込まれます。まるでワンカット撮影ように感じる映像、実際は複数回の長回しによって撮影されたもので最新の技術によってワンカットのようにつなぎ合わせてあり、撮影チームの努力と緻密な計算を感じることができます。か500人以上のエキストラを使用した迫力ある映像はこれまでの戦争映画を凌駕するものとなっています。 ジョージ・マッケイや ディーン=チャールズ・チャップマンなど注目のハリウッド俳優が多数出演しており、その演技力にも注目してほしいです。第一次世界大戦の恐ろしさが生々しく描かれた素晴らしい作品です。 30代 男性


ワンカット映画として撮影されていたためか、終始臨場感に溢れていて緊張感が高い状態で見続けることができ、楽しめました。また、ちょい役のように出演していた軍人さんたちでさえ存在感が大きくて雰囲気を持っているように感じました。繰り返されていく戦争の虚しさが非常に表れていて悲しく重い気持ちにもなりましたが、実際にこのような戦争が世界中で行われていたのだなと、これが当たり前の時代があったのだなと深く考えさせられました。戦争のストーリーということで見る前は、物語はそこまで簡単ではないのかと思っていましたが、かなりシンプルで戦争の知識をほとんど持っていない自分でも深くストーリーに入り込めたので良かったです。全世界の人たちにオススメしたい作品です。 20代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました