実写映画 弱虫ペダル 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

実写映画 弱虫ペダル の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
14日間無料
月額990円(税込)

実写映画 弱虫ペダル を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

内気な高校生・坂道は、
入部を希望していたアニメ研究部が
休部だと知り落胆していた。

そんな時、同級生の俊輔が
自転車レースの勝負を申し込んでくる。

レースで走ることの面白さを
知った坂道は自転車競技部に入部、
仲間と共にインターハイ出場を目指す。

ライターコメント

まずは主演の永瀬廉さんがすごくかっこよくて、普段のキラキラしていたり、歌を歌ったり踊ったりしている姿からは想像できないような、メガネ男子だったので、原作に忠実だな、と感じました。でもストーリーも漫画を原作としている割にしっかりとストーリー性もあり、それぞれ出演されている俳優さんも原作に寄せてあるなと感じました。競輪を舞台にしている話はなかなか見たり聞いたりしたことがなかったのですごく新鮮でしたし、いつの間にかキャストの方をすごく応援している自分がいました。汗もあり、仲間との友情や戦うことの大変さ、諦めないことの大切さ、ありきたりかもしれませんが物語を通してさまざまな感情を持つことができました。この映画をきっかけに競輪のイメージも変わりましたし、身近に感じることができました。 20代 女性


どの作品でも実写化は難しいと思います。個人的に、成功した作品かどうかの判断は「原作を知らなくても楽しめる。」ことだと思っています。本作品「弱虫ペダル」は、成功した実写化だと思いました。原作が成功すればするほど、実写映画化することは困難になります。原作の様々なエピソードを通じて登場人物の深まりが増していくのですが、時間が限られた映画では難しいからです。良い意味で、原作をそぎ落としていくことをしなければ、とても時間内に収まらない。本作品は、程よいバランス(原作とオリジナル)で成立しています。キラキラした感じとレースに真剣に向き合う感じが伝わてきて、見終わった後、久しぶりに自転車に乗ってみようかなと思わせてくれた作品でした。 40代 男性


自転車で行うレースシーンは、疾走感があってよかったです。原作を実写化におこす技術として、不足は感じられませんでした。主人公が足腰が強いという能力をもっていますが、根っこはオタクという点が異質なものでした。オタクの主人公を演じるのが、普段はキラキラしたステージでアイドルをしている永瀬廉さんである点について、最初こそ違和感がありましたが、すこし暗い感じでメガネをかけて芝居することで、原作の主人公の感じがよく見えてよかったです。しっかりと原作に寄り添って芝居を行ってるという努力が随所に見られるものでよかったです。自転車を漕ぐ時に、客員の足の筋肉が覗く視点変換は、臨場感の増すものでよかったと思います。 30代 男性


漫画・アニメ作品の実写化において、ハードルとなるのはまず第一に世界観の再現、第二にキャラクターの造形だと思います。その点について、『弱虫ペダル』はほぼ現実の日本を舞台に、高校生のスポーツ活動を描いた作品なので、SF作品とかファンタジー作品に比べると、少なくとも世界観は問題ありませんので、有利と言えますね。肝心のキャラクターですが、永瀬廉さんの小野田坂道といい、伊藤健太郎さんの今泉俊輔といい、どちらも頑張って原作に寄せて演じてくれたと思います。坂東龍汰さん演じる鳴子章吉には違和感を感じましたが、元々エキセントリックすぎてリアリティに欠けるキャラクターなので仕方ないと思いました。少なくとも原作愛好者として、素直に楽しめる実写化作品に仕上がっていることは確かです。 30代 男性


アニメ版しか見ていないのですが橋本環奈が出演するということでとりあえずサブスクを利用してみてみることに。あんまり期待せずに見てみたんですが、主演の永瀬君が思いの外いい演技をする。橋本環奈の演技も相変わらず、技術派で成長を感じました。内容としては箱根の道を走る原作のあのあたり。原作の流れを踏襲しているおかげもあり、ゲンクを逸脱した展開もなく、安心して最後まで見ることが出来ました。ここを心配している原作ファンは安心できる内容ですね。しかし、予算不足感は否めませんでした。まあそれ抜きでも楽しめる内容ではありました。時間があればもう一度見てみるのもありかもしれません。久々にあたりの実写化を見たような気もします。 20代 男性


主人公の小野田坂道はメガネ姿に坊っちゃん刈りの如何にもオタクといった風貌で、人気アイドルグループのメンバーとして活躍している永瀬廉が演じているとは思えません。お気に入りのアニメのためならば自転車に乗って千葉県の北部から都内の秋葉原まで走破してしまうという、行動力だけは人一倍ありそうですね。自分だけの趣味に閉じ籠もっていた残念な男子高校生と、みんなで青春の汗を流す自転車競技部との出会いがドラマチックでした。初対面からライバル心を剥き出しにして一騎討ちを挑んでくる今泉俊輔、スタミナこそないものの短距離での爆発力はピカ一な鳴子章吉。個性豊かなチームメイトたちと、時に励まし合い時にはぶつかり合いながらも築き上げていく友情が爽やかです。一見すると武骨な体育会系の先輩・巻島裕介とも、すんなりと打ち解けていく坂道の成長ぶりには目を見張るものがあります。厳しいトレーニングで肉体的にも精神的にも疲れきった部員を温かく迎えてくれるマネージャー、寒咲幹役の橋本環奈には癒やされるでしょう。入部早々の強化合宿から千葉県予選、夢の全国高校インターハイへと脇目も振らずに加速していく坂道たちを見守ってあげてください。 30代 男性


監督が三木監督ということで見てみることにしました。あまり実写化は見ないタイプの人種なので最初は身構えていましたが、いざ見てみると意外にするするとテンポよく見ることが出来ました。小野田君や鳴子君のビジュアルも良く女性も楽しめそうな仕上がりだと思います。弱虫ペダルと言えば自転車でのレースですが、結構臨場感があり、非常に迫力のあるものでした。まあ原作は知らないんですが、この実写版を見ると原作を知った気にもなれるのはあまり褒められたものでもありませんが、結構いいところなんじゃないかな、とも思いました。続きがあるような終わり方だったんですが、続きはちょっとあんまり期待できなさそうですね。見てみたくはあるんですが、興行収入が…… 20代 男性


友達のいなかったオタクの少年がロードレースというものに出会い、仲間と一緒になって走る喜びを知っていくというストーリー設定と永瀬廉や橋本環奈、伊藤健太郎などの豪華キャスト陣に魅了されて見てみることにしました。原作を読んだことはなくて内容を理解できるか心配でしたが、十分にストーリーに入り込めたので良かったです。永瀬廉はあれだけイケメンで輝かしい雰囲気を持っている人なのに、ここまで地味感満載のキャラクターを演じきれるのかと圧倒させられました。主演にぴったりで演技力もしっかりとついているように感じました。自転車が好きという人、元気をもらいたい人、スポーツ系の青春作品が好きという人には特にオススメしたい映画です。 20代 女性


原作の漫画作品は読んだことがないのですが、映画のみの鑑賞でも十分に楽しめました。オタク少年がロードバイクに出会って、仲間と一緒に困難を乗り越えて成長していく、というわかりやすいストーリーではありますが、予想以上に感動するシーンが沢山でした。青春時代の熱い友情スポ根映画!という感じで、疾走感が気持ちよく最後までテンポ良く楽しめました。熱い青春映画が好きな人にはかなりおすすめの作品です。そして、ロードバイクでのレースシーンでは、本物のレースさながらの緊迫感と臨場感がビシビシと伝わってきて、かなり迫力満載で興奮して見入ってしまいました。そして、役者陣の演技も素晴らしい!!橋本環奈の演技は、安定の可愛さ。観ているだけで癒されます。 40代 女性


主演はKing & Princeの永瀬廉さんでしたが、今回はかっこいい役ではなくちょっとダサいキャラクターだったのがとても新鮮でした。千葉からはるばる秋葉原までママチャリに乗って通う姿にはオタクな感じがあふれていておもしろかったです。作中ではママチャリに乗ったオタク男子がだんだんとロードレースに目覚めていく様子を見どころに感じました。自転車がだんだんとロードレース仕様に変化していくところには釘付けになりました。変化に富んだ作品のため、視聴者は飽きないでしょう。ロードレースのシーンではキャストが汗を流しながら一生懸命に自転車を漕ぐ姿に心が熱くなりました。観る人の心を打つ作品になっていたように思います。 30代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました