男はつらいよ お帰り 寅さん 無料動画

邦画

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

映画 男はつらいよ お帰り 寅さん の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu14日間無料
ポイント利用視聴
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

映画 男はつらいよ お帰り 寅さん を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ

小説家の満男は
中学3年生の娘とふたり暮らし。

妻の七回忌の法要で
柴又の実家を久々に訪れた満男は、
母・さくら、父・博、
昔から付き合いのある人々と
昔話に花を咲かせた。

そんなある日、書店で
サイン会を行った満男は、
初恋の人・イズミと偶然再会する。

ライターコメント

人間同士のいざこざも笑いに変えてしまう、寅さんシリーズならではの安定感のある作品でした。寅さんは満男や寅さんのことを知る人たちの回想として登場しますが、笑い話であれ、響いた言葉であれ、ずっと彼らの心の拠り所となっていることを示すような過去作品の切り取り方が流石ラストを飾る作品だと思います。寅さんシリーズ登場最多のマドンナ、リリィもまさかの東京にいて、満男がリリィのお店に元恋人のいずみちゃんを連れていき、それをきっかけにリリィが寅さんとの過去を振り返るシーンが印象に残っています。キャリアをつんだ大人の女性になり、海外で家庭を築くいずみちゃんも、日本の親の事で悩んでいますが、満男が昔の寅さんの様に、側に寄り添うだけなのに彼女を癒していく描き方は、やわらかくなつかしい気持ちになりました。 30代 女性


「寅さん」の魅力とは何であったのかを旧来のファンならずとも解らせてくれる「男はつらいよ」イントロダクション。コンプライアンスやポリティカル・コレクトネス等でぎちぎちした2020年代の世の中に対して、「 結構毛だらけ猫灰だらけ、お尻の回りは糞(くそ)だらけ」なフーテン車虎次郎の、風の吹くまま気の向くままの生き様が、昭和後期や平成とはまた異なるニュアンスでの強烈な楔を打ち込んできます。駅のベンチで一夜を過ごすこともままならなくなった社会で、一度は潰えたと思えた「寅さん」の存在価値でああったが、しかし、人が生きる環境においては「遊び」の部分もまた必要なものであったのだということを、失ってはじめて気が付く愚かな迷える子羊のもとに、慈悲深く車虎次郎は再降臨するのであった。 40代 男性


もっとこうだったらな、という所もありましたが全体的に素晴らしい、やっぱり好きな寅さんの映画だな、と感じました。まず子役の頃から出演の満男の今が映しだされたようで嬉しかったです。そして亡くなった方もいましたが、あの頃と同じように出演された方々、出演してくれて在りがたいな、と思いました。要所要所で寅さんのことをみんな思い出す中で、当然のように認知されている、寅さんのかけがえのなさ。普段の日常、常識的な観点からしたらマイナスでしかなかったりすることも寅さんという存在を通して過去を懐かしむ時には何倍も面白おかしく感じられる、そんな感じでした。あとは、いずみちゃんといずみちゃんのお母さんが揉めてる時も、「叔父さんがここにいたら、そう言うよ」という満男の言葉。あそこに凄い満男の寅さんへの思い、信頼が感じられました。馬鹿にしてきたようでもの凄く寅さんを信頼している思いが伝わってきました。あとはラストシーンは言うことないですが、自分でも信じられない程に感動しました。今まで寅さんが生きてきた姿が、愛した女の人と共に、とてつもなく深く伝わってきました。寅さんという人が一生懸命生きてきた中での喜怒哀楽、あらゆる想い、軌跡が伝わってきて人生って素晴らしいな、って思いました。本当に素晴らしい映画でした。 30代 男性


寅さんが帰って来たらよかった…。しかし、俳優は渥美清さんでないと。その辺は山田洋次監督もよくわかっていて、関係者やファンの思い入れたっぷりの様子が随所に。やはりマドンナはゴクミこと後藤久美子さん。リラックスした調子で主題歌「男はつらいよ」を歌う桑田佳祐氏。そして、驚いた事に、甥の満男は小説家になっていた。のんびりしていて、インテリな感じでなかったので、寅さんが知ったらどれだけ喜ぶだろうと。そして、妹・さくらさんが言っていた。「お兄ちゃんが結婚してもらえるとしたら、唯一リリーさんだけが」と。そのリリー(浅丘ルリ子)がまだ若々しかったので、気になったんだけど、やはり気の利いたこたえは聞かれなかったけど。寅さん不在でも、振られ辺りの盛り上がりはさすが、「男はつらいよ」。そのつらさだけでもまた会えただけで。もう帰って来ないとは、聞かれる事なく、また会いたい人たちなんですね。懐かしいんですね。 40代 男性


前作から約22年ぶりの完全新作ということで、かなり期待で胸が躍りました。渥美清が亡くなってからかなりの時間が過ぎましたが、未だに多くのファンが存在し続けるほど熱狂的なファンが多いこの作品、自分もその一人で、どのような物語の展開になるのかとても楽しみにしていました。話は諏訪満男の妻の七回忌から始まるのですが。周りのおなじみの景色はすっかりと姿を変えており、少し寂しさを感じますが、時代の流れを感じさせます。満男が小説家になっており、そこから話が発展していくのですが、過去のマドンナ役の女優が登場し、とても懐かしい気持ちと過去の記憶が蘇ってきます。吉岡秀隆や倍賞千恵子に後藤久美子などお馴染みのキャストたちが物語を盛り上げてくれます。 30代 男性


「男はつらいよ」シリーズは一度も見たことがありませんが、そんな自分でも楽しめる映画でした。人情に厚い寅さんは一見不器用に見えるけれど周りの人たちのことを気にかけていて、その周りの人たちも優しい性格の持ち主ばかりで見ていると心がほっこりします。キャストの皆さんも演技が上手なので、本当に現実世界にいる人たちの様子を見ているようでした。この映画の中には派手な盛り上がりどころがあるわけではありませんが、登場人物たちのテンポの良い会話とやり取りを淡々と見ているだけでもなぜか面白いです。そして寅さんの「人生なるようになる」という柔軟な姿勢と、誰にでも平等に接するという態度を自分も見習わなければと改めて思いました。 20代 男性


ずっと寅さんを演じていた渥美清さんはもうこの世にはいないので、どうやって「男はつらいよ」を復活させるのかなぁと思っていたら、回想シーンを上手く活用してあたかも寅さんが現代によみがえったかのようにしているアイデアは素晴らしいと思いました。そして話の内容的には甥の満男に焦点を置いているので、寅さんが主人公というわけではなく、新しい世代へと話を引き継いでいくという内容になっていました。男はつらいよシリーズに出演していた俳優陣もこの作品のために集結し、みんな年をとっているけれども久しぶりの仲間たちに会えてどこか若返っているようにも見えました。リアルタイムで男はつらいよシリーズを追いかけていた人にとっては、ただ楽しい映画ではなく同窓会的な楽しさも感じられると思います。 20代 男性


男はつらいよシリーズを全く見たことがなかったのですが、友人がラジオをきっかけに見たと言って強くオススメしてくれたので観賞してみました。しかしシーンの撮り方、斬新すぎると言ってもいいオープニングなど形式に全く捉われない演出が非常に魅力的ですぐに引き込まれていきました。そして何よりも寅さんが本当にそこに生きているように見えて輝かしかったです。出演されていた女性陣は非常に美しく、自分も同じ女性として憧れや尊敬の気持ちまで沸きました。今作を見てとても興味深く面白いと感じることができたため、シリーズもどんどん見始めていこうと思っています。スッと涙を思わず流してしまうような泣けるシーンもあるので、寅さんシリーズを観たことがあるという人は必ずこの作品も見て欲しいです。 20代 女性


観客が寅さんと一緒になって成長を見守ってきた満男の「それから」が描かれた映画ですが、紛れもなく「男はつらいよ」の新作でもあるという離れ業を山田洋次監督はやってのけてくれました。あの泉との再会、そして皆の口から懐かしく語られる寅さんの思い出。シリーズを愛してきたファンは涙だくだくで見るしかありませんでした。単なるノスタルジーに浸らせるだけの回顧録みたいなものではなく、きちんと満男の物語として一本のストーリー映画が成立していて満足感たっぷりです。オープニングは桑田佳祐さんのカバー版が歌われるものの、エンディングはやっぱりオリジナル・渥美清さんの歌唱による主題歌でシメというのも、ツボを押さえた完璧すぎる構成! 30代 男性


『男はつらいよ』シリーズと言えば、主演の渥美清さんと共にある映画作品であり、その渥美清さんが1996年に亡くなられて以降は、その歴史に幕を閉じたはずでした。しかしながら、この作品は現在のくるまやについて、過去の作品の映像を編集して作られています。いわば寅さんの思い出を振り返る映画であり、シリーズのファンであればあるほど楽しめる造りになっていると思います。そういった意味では、寅さん以下のレギュラーキャラクターたちの姿に懐かしさを噛みしめるのが正しい鑑賞スタイルと言えるのかも知れませんね。往年の名優たちのハイレベルな演技が見られる点で、寅さんについてよく知らない人でも、一度鑑賞することで、日本映画の黄金時代を知ることができるのではないかと思いました。 30代 男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました