珈琲いかがでしょう 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 珈琲いかがでしょう の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 珈琲いかがでしょう を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

「凪のお暇」などで知られる
コナリミサト原作の同名漫画を、
中村倫也主演で実写化。

テレビ東京連続ドラマ初主演の中村は、
移動コーヒー店「たこ珈琲」の店主
青山一を演じる。

日々の生活に疲れ癒やされたい人や、
人間関係を見直したい人など、
全ての人を優しく包み込み、
幸せを運ぶ移動コーヒー店の
群像劇を描く。

出演者

中村倫也
夏帆
磯村勇斗
足立梨花
井上肇
大石吾朗
貫地谷しほり

各話紹介

第1話 珈琲いかがでしょう

移動コーヒー店を営む青山(中村倫也)が人生に傷ついた人の心を癒やすコーヒー群像劇。垣根(夏帆)は上司に怒られ、後輩の馬場(足立梨花)に出し抜かれ疲れていた。そんなある日、いい匂いに誘われ、移動コーヒー店「たこ珈琲」にたどり着く。青山が入れたコーヒーに感動した垣根は、仕事の不満を吐露する。

第2話 珈琲いかがでしょう

ライターコメント

主人公のビジュアルが、原作漫画にそっくりで驚きました。物腰が柔らかくて侮られがちでも、かなり物騒なことを口走る主人公の雰囲気も醸し出しているように感じます。監督・脚本が荻上直子さんで、小沢健二さんが主題歌というだけで刺さるものがあるし、映画並みのクオリティを期待してしまいます。テレビ東京は近年、食をモチーフとしたドラマを丁寧に作っているので安心できます。1話完結で、毎回ゲストが入れ替わるのは原作と同じようです。原作では主人公の前歴に関するミステリ部分があって、その見せ方が歯がゆくも巧みなので、ドラマのオリジナル部分でそこを損なわなければ満点のドラマになるのではないでしょうか。見ない理由がない、この春一番に期待するドラマです。 50代 女性


コナリミサトさんの作品は面白くてどれも大好きですが、特に好きなのがこの作品です。主演は以前もコナリミサトさんの作品である「凪のお暇」でピッタリ役にハマっていた中村倫也さんというのも嬉しいポイントです。主人公は謎も多いですがとても魅力的なのできっと中村さんは理想的に役を演じてくれると思います。また演技力がある夏帆さんも出演されるので配役は完璧だと思います。原作をどのように忠実に映像化されるのか楽しみですし、原作ファンとしてはあまり設定を変えることはせずにドラマ化して欲しいです。珈琲を通して人々の悩み事などを解決していき、一話一話見るたびに珈琲を飲んだようにほっこり、すっきりする作品だと思うので毎週がきっと楽しみになると思います。 30代 女性


中村倫也さんが主演ということで、それだけでも興味を持ちました!「凪のお暇」と同じ漫画家の作品らしいのですが、前回とはガラッと雰囲気が違う役なので、今回はどのような一面を見ることが出来るのかな?と思うと凄く楽しみです。なんとなく中村倫也さんからは癒しのオーラが出ていると思うのですが、このドラマも癒されるようなストーリーになっていると思うので、月曜日の夜はこのドラマを見て癒されたいと思っています。珈琲を入れるところを見るのが大好きなので、そういうシーンもたくさん出てくるといいなと楽しみにしています。珈琲を取り扱っているドラマということなので、美味しい入れ方や今まで知らなかった銘柄も知ることが出来たらいいなと思います。 30代 女性


日々の生活に疲れて癒やされたい人や、人間関係を見直したい人など全ての人を優しく包み込み、幸せを運ぶ移動コーヒー店の群像劇が描かれるというこれまで見たことのないストーリー設定に興味をそそられました。原作を読んだことのない私だからこそ、新鮮な気持ちで楽しめそうです。コーヒーが個人的に大好きなので、どのように「コーヒー」がストーリー上で描かれているのかということについても関心があります。中村倫也の素朴なルックスと珈琲店の店主というキャラクターに相当マッチしていて、予告を見るだけでも適役であることが見て取れました。いよいよ5日から放送が開始されるので、このドラマのテーマでもあるコーヒーを片手に第一話から見てみたいと思います。 20代 女性


ドラマ「珈琲いかがでしょう」について、「利用客たちを癒していく過程」と「一の背景」を期待しています。まず、利用客たちを癒していく過程についてです。このドラマでは、珈琲店を営む一の様子が描かれます。一は、仕事や人間関係で悩みを抱える利用客たちと接し、優しく話を聴きながら癒していきます。一が利用客たちの悩みを解消していく過程が、温かく描かれることを期待しています。次に、一の背景についてです。一は、常に穏やかで余裕を持っていますが、その過去や歩んできた人生は謎に包まれています。一が珈琲店を始めるきっかけや過去に体験した出来事などが、物語の進展とともに一の気持ちの変化を見せながら丁寧に描かれることを期待しています。 20代 女性


コーヒーや珈琲店はとても好きなのでどのようなお店の雰囲気かなと気になったのですが移動珈琲店と知り大変驚きましたし、珈琲店だけではなくこれまでお店を舞台にしたドラマは常設固定店ばかりでしたので珍しい企画だなと思いましたし新鮮さも大変ありますし、移動珈琲店が舞台となったらどのようなストーリーが展開されるのか全く想像がつかないだけにどのような中身のドラマになるのかワクワクしています。中村さんは珈琲店の店主にはとてもお似合いだと思いますし、もし彼のお店が実際に地元に来てくれるならぜひ飲みに行きたいと思えるほどの魅力を感じます。このお店に毎回どのようなお客さん(ゲスト出演者)が来てどのような会話を繰り広げていくのかとても楽しみです。 50代 男性


主人公の青山一が一杯一杯を丁寧に心を込めて淹れる珈琲が、人生に少し傷ついた人の心を優しく癒していく様を描くこのドラマは、見る人の心も癒してくれるほっとひと息させてくれるドラマになると思います。色んな街で色んな人と出会うストーリーに、いつか自分の住む街にもやって来てくれるのでは、そんなワクワク感を持って見れるのではないかと期待しています。移動販売をする青山が色んな人と出会うところが、毎回新鮮で色んな人と出会うところがいいと思います。悩みって人それぞれだと思うので、自分とおんなじだと共感出来たり、そんなちっぽけなことでも悩んでいる人がいることを知れたら、自分の周りにいる人たちにも優しく出来ると思うからこのドラマを見るのが今からとても楽しみです。 40代 女性


移動珈琲屋の「たこ珈琲」では、店主の青山一が、一杯一杯、丁寧に心を込めてコーヒーを入れてくれます。さまざまな悩みを抱え、コーヒーの香りに誘われてきたお客は、そのコーヒーを飲んで心がほぐれていくのです。そして、悩みを中村倫也さん演じる青山が聞いてくれるので、お客はその素敵な声と優しい言葉と素敵な笑顔に癒されるのです。絶対に行きたくなるような珈琲店だと思いますが、名前がなぜ「たこ」なのかが不思議です。毎回、豪華なゲストがお客として出演して、青山とどのような話をするのかが楽しみですが、青山には秘密があるようなので、それが次第にわかり、解決することにも期待しています。磯村勇斗さん演じる一見チンピラ風の杉三平が、青山の秘密に関わる事も気になります。 60代以上 女性


傷ついた人たちの心を癒す青山一の珈琲とは、一体どのようなものなのかが気になります。それは青山の淹れる珈琲が特別だからなのか、それとも青山自身が特別な能力のある存在なのか。不器用さゆえに部長に毎日のように怒られているOLの垣根志麻が青山の淹れた珈琲のおいしさに感動し、不器用な自分のことを打ちあけた後、いったいどのような言葉を垣根に青山がかけるのか。そして、そんな青山を演じる中村倫也さんの話し方や佇まいにルックスは、柔らかく、穏やかで、優しい雰囲気が漂っているので、人々を癒す青山にぴったりなんだろうなと感じています。私も、この作品を観て青山一の淹れる珈琲と青山自身に癒されてたいなと思っています。とても楽しみです。 30代 女性


バイプレイヤーズ、孤独のグルメ、フルーツ宅配便、きのう何食べた、デザイナー渋井直人の休日・・・私が観てよかったと思うテレビ東京の深夜番組はたくさんありますが、そのどれもが深くてあったかい人情ドラマ。ビジネスと分類されているヘッドハンターだって、核の部分は渋い人情話でした。サラッとしていて踏み込みすぎない。多角的な視点で勧善懲悪にはしない。すべての人生に対する敬意と愛がある。それらがたまらなくテレビ東京深夜に魅力を感じてしまう理由です。。私は「珈琲いかがですか」の原作は知らないのですが、他人に温もりを与えながら時々遠い目で哀しみを表現できる中村倫也さんを主役に迎えた時点で、深夜食堂の若い版として、柔らかく儚げで温かいドラマになってくれるのではないかと、今からとても期待しています。どんな世の中になっても「演劇」を大切にするテレビ東京さんが作り出す世界を、今クールも楽しまていただきたいと思っています。 50代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました