生きるとか死ぬとか父親とか 無料動画

日本のドラマ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

2週間以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ドラマ 生きるとか死ぬとか父親とか の見逃し動画を無料配信でフル視聴

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
Paravi」で
フル動画配信しています。

▼Paraviのポイント

2週間は会費が無料!!
 ※2週間を過ぎると、お支払いが発生いたします。
国内最大級のドラマアーカイブ数
●オリジナルコンテンツが満載
国内ドラマ・バラエティを独占見逃し配信
●TBS ラジオとラジオ NIKKEI のコンテンツも!
●PC/スマホ/タブレットで対応可能!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
2週間無料
見放題配信
月額1,017円(税込)

ドラマ 生きるとか死ぬとか父親とか を公式動画配信サービスで無料視聴

あらすじ・解説

吉田羊と國村隼がW主演を務め、
親子の愛憎と家族の裏表を描く。

原作は、ラジオパーソナリティーの
ジェーン・スーが、自身の家族との
出来事と思い出を書いた
リアルストーリー。

トキコ(吉田)は、たった一人の肉親
哲也(國村)と折り合いは悪いが、
時々外食をしながら話をする関係。

そんな中、父についての
エッセーを連載することに。

出演者

吉田羊
國村隼
オカモト”moby”タクヤ
森本晋太郎
ヒコロヒー
DJ松永

各話紹介

第1話 生きるとか死ぬとか父親とか

父への愛憎と家族の表裏を描いた、ジェーン・スーの書籍が原作。40代半ばのトキコ(吉田羊)は20年前に母を亡くし、父・哲也(國村隼)とは一時絶縁寸前となるも今は時々食事をする関係になっていた。父に関するエッセーを連載することになったトキコは、ネタ集めのため父に会うたび、家族のさまざまな思い出を聞く。

第2話 生きるとか死ぬとか父親とか

トキコ(吉田羊)は父・哲也(國村隼)からの提案で、叔母(松金よね子)のお見舞いに行くことに。華道の師範としてバリバリ働き独身を貫いた叔母は、自分で用意したケアハウスに入居していた。自力で動けない叔母の「外の空気が吸いたい」という願いをかなえるため、トキコはスーパーでの買い物に付き合う。

ライターコメント

不倫までしたら呆れる、という親子関係までいかないんだけれども、やはり愛憎半ばするというような娘の父への想い。自由奔放な父といったら、娘にとっては大変な脅威かもしれないのに、あえて乗り越え、父についてのエッセイを書こうという。あまり幸せな事でないかもしれないし、そういうしっとりした話しは演者の吉田羊さんにはあまり得意でないようなイメージが。ラジオのパーソナリティも顔が見えた俳優の方が勢いが使えていいんじゃないかと。明るくさっぱりとしたきっぷのいい姉御肌が、しんみりとしたラジオ人生相談をするのは、落ち込みの陰翳に取り憑かれる恐れに、不安が。「しっかりしなさいよ!」、どうもそういう調子じゃないようなので、演技の深さが滲み出る音というものが大事なんじゃないでしょうか。さっぱりした吉田羊ラジオでなくて。非常に興味深いですね。 40代 男性


父と娘の親子が繰り広げるストーリーは、新鮮であると同時に見ごたえがありそうなので期待しています。吉田羊さんと國村隼さんが演じられる親子は、演技力の高い二人なのでリアリティを感じることができそうで楽しみです。父についてのエッセイを書くことになった主人公の蒲原トキコは、父の過去や家族の歴史を初めて知ることになりそうで気になります。知らかった一面を知ったことで、トキコが父に対してどのような反応を示すのか注目しています。楽しいことだけでなく辛い思い出を振り返るシーンもあると思うので、より感情を揺さぶられるストーリーになりそうです。家族の話は共感できる人も多いと思うので、家族の絆や愛を感じることができるようなストーリー展開を期待しています。 30代 女性


ラジオが人気のジェーン・スー氏が文芸雑誌に書いたエッセイ集が原作のようですが、正直タイトルだけ見ると重いテイストなのかと思いました。しかし予告を見ると自由奔放な父とのエピソードを交えコミカルさも兼ね備えた心温まるヒューマンドラマのように感じたので、その辺りがさすがテレ東ドラマですね。「ドラマ24」枠ですが、とてもキャストが豪華なのに驚きました。ベテランの吉田羊さんはじめ、最近テレビに引っ張りだこのクリーピーナッツのDJ松永さん、そして富田靖子さんは「モコミ」で最近まで活躍されて、魅了されたのでまた演技が見られて嬉しいです。田中みな実さんがそのままアナウンサー役で登場するそうなので自然体な彼女の演技にも注目です。 30代 男性


このドラマ、原作はエッセイであり、つまり実話に基づいた話です。実際、原作者のジェーン・スーさんはラジオパーソナリティも務めていて、吉田羊さんが演じる主人公の蒲原トキコと同じですね。そんな娘から見た、自由奔放な父の姿を描いた物語と言えるでしょう。父親の蒲原哲也を演じるのは、映画を中心に活躍してきて、数々の賞を受賞した実績を持つ名優國村隼さん。父と娘の愛憎が渦巻きつつ、時にほのぼのとし、時に殺伐とする、目まぐるしい関係の変化をどう演じてくれるのか? 主演の2人に期待したいですね。またこのドラマの父娘の関係を通して、自分の父親との関係のあり方も、改めて見つめ直してみたいなと考えています。ドラマを視聴するのが楽しみですね。 30代 男性


トキコと父はいったいどんな会話をするのか、父の破天荒ぶりはどんな感じなのか、トキコはラジオ番組のお悩み相談コーナーで悩みにどのように答えるのかなど、とても内容が楽しみなドラマです。ヒロイン役に吉田羊さん、ヒロインの父役に國村隼さんと豪華キャストでおもしろい演技が見られるのではと期待しています。トキコや彼女の父の他にもたくさんの登場人物がいて、トキコたち親子が彼らにどのように関わっていくのかにも注目したいです。個人的にはトキコの元彼も出てくるのが気になっています。どんな感じでトキコに接近するのか、ラブストーリー好きとしては元彼とのシーンにもワクワクが止まりません。初回からとてもハマりそうなドラマです。 30代 女性


SNSで話題沸騰中のあのエッセイがドラマ化するということで期待が高まっています。このエッセイは全部でいくつかの章ごとに分かれたエッセイなのですがどの章も人間の愛憎渦巻く実話ばかりでとてもドロドロしていたり、人間の汚い部分を描写した作品なのですが内容がとても面白いです。そんなこの作品が、ここに来てドラマ化するということで個人的にはかなり注目しています。アニメ化ドラマ化もちょっと長尺だから難しいと思っていたんすがまさかのドラマ化なのでかなり驚いています。ちょっと過激な描写が多いのでどういった表現でそれを演出するのかが気になりますね。もすぐ放送が始まる上に各種配信サイトでも配信があるようなので要チェックですね。 20代 女性


文芸雑誌で連載されていたエッセイが実写化するということで楽しみにしている人は多いと思います。ただ、個人的に過激な描写が多いので少し心配な部分もあります。しかし、原作の文学的表現や情緒的表現が実写でどのように演出されるのかが楽しみですね。原作的には全部で20を超える章から構成されている結構な大長編なのでどこま映像化されるのかも楽しみですね。個人的には戦中派の終点とブラスバンドの映像化には期待したいですね。ここ作中でも作者の分岐点のような感じがしたので少なくともここまではやって欲しい、と思いますね。放送まであともう少しで始まってしまうので、日付や局をチェックして見逃さないように気を付けたいですね。 20代 男性


破天荒な父のことをネタにしたエッセイを書くために、父を通していいことも悪いことも含めて家族の思い出を辿っていく娘の姿を、吉田羊さんがどんな風に演じるのかに期待しています。また、この作品が独身のカリスマことジェーン・スーさん自身の家族の思い出を描いたリアルなストーリーだということで、スーさんが父親とどんな人生を歩んできたかを知れることも楽しみにしています。主人公のトキコが綴るエッセイには、最終的にどんな内容が書かれているのか?出来上がったエッセイがどう仕上がっているのかにも期待しています。時にぶつかり、時に絶滅寸前までいきかけた二人の仲をつないだものとはいったいなんだったのか?目に見えない深い家族の絆を感じれることを楽しみにしています。 30代 女性


元々原作のエッセイと、ジェーン・スーさんのラジオのファンなので、これがどう実写化されるのかが不安半分、楽しみ半分ですが、見てみたいと思っています。原作の、どこか仄暗くも不思議な明るさのある、奇妙で絶妙なバランス感の世界観を再現できるのか、ラジオの話はどこまで出てくるのか、など、気になる点が多くあり、その辺りが継続して視聴する決め手になりそうな気がします。主演の吉田羊さんは原作の雰囲気にぴったりだな、と思うので、それだけでもとても楽しみです。深夜のあの時間に、ゆったりとラジオを聴くような、自分だけに語りかけて貰えているように思える、心にじんわりと温かく刺さるようなドラマだったら良いな、と思っています。 20代 女性


このドラマの原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める「独身のカリスマ」とまで呼ばれているジェーン・スーのものだそうです。そして彼女が自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリーとなっていて、手腕の彼女自身の話をどこまで面白く描き出しているのか、またそれをドラマ化によってどこまで違和感なく仕上げてきているのか、ということに注目して見てみたいなと思っています。また、ラジオ番組で彼女がズバッと夫婦関係や友人関係、SNS社会や見た目の悩みまで、様々なお悩みをキレ味のよい言葉で解決するそうなので、吉田羊がどれほど自我のある強い女性を演じきっているのか楽しみにしたいです。 20代 女性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はParavi
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました