おもひでぽろぽろ 動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

おもひでぽろぽろ作品視聴リンク

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

おもひでぽろぽろを見る前に詳細情報を確認!

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • 今井美樹
  • 柳葉敏郎
  • 本名陽子
  • 寺田路恵
  • 伊藤正博

<STAFF>

  • 監督
    高畑勲
  • 製作
    徳間康快
    佐々木芳雄
    磯邊律男

あらすじ

岡本蛍作、刀根夕子画による
同名コミックをもとにした
劇場用長編アニメーション。

自分の少女時代を振り返りながら、
精神的に自立してゆく
平凡なOLの姿を描く。

原作にある60年代の
ノスタルジックな風景と、
高畑勲監督オリジナルによる
有機農業を語る
現代のエピソードが交差。

レトロ気分に浸れる、
回想シーンが印象的。

宮崎駿製作。

声の出演に今井美樹、柳葉敏郎。

東京でひとり暮らしをしている
27歳のOL・タエ子。

農業に興味を持っている彼女は、
休暇を利用し、義兄が農家を営む
山形へと向かう。

寝台列車で揺れる中、
彼女の前にはいつしか
小学5年生の自分が現れはじめるが・・・。

ライターコメント

かなり大人のドラマだと思いました。アニメーションとして派手なVFXや音響は全くありませんでした。また、ストーリー自体も突飛な主人公や登場人物がいるわけでもなく、非日常的な特別なストーリーという訳でもありませんでした。しかし、大人になった今見てみると、不思議とその世界観に引き込まれてしまい、没入感とともに見入ってしまいました。子供の頃に見た時と、大人になった今見ると見方が変わる映画として楽しめる作品だと思いました。ただ、1点ものを言うと強いメッセージ性も特になく、見る人それぞれがメッセージ性を受け取る必要があるので、退屈に感じたり、何を言いたかったか分からないという感想を持つ方もいるかもなと思いました。
20代男性
27歳の主人公のタエ子が、列車に乗りながら小学生の頃の自分を思い出すシーンが印象的でした。大人になったタエ子の周りで、幼い頃のタエ子や同級生たちがにぎやかに駆けわって消えてしまうからです。そうしたシーンを通じて、現代を生きている大人のタエ子と幼い時のタエ子の物語が交錯していきます。タエ子自身の今と過去が少しずつ分かってきながら、物語が進んでいく展開が良かったです。タエ子が今の生き方に疑問を持ち、人生を見つめ直しているような感じがしました。そうした流れが、やがて大人になったタエ子の新たな生き方を見つけることにつながります。アニメとして楽しく見ることができるだけでなく、大人が見ても面白い映画だと思いました。
30代女性
子供の頃に、テレビで見た時は内容が中々理解できなくて、ただ見るだけでしたが、大人になってから見るとどこか懐かしさが残る作品でした。主人公が、小学生だった頃の自分を思いだしながらストーリーは進行していきますが、子供の頃の思い出には共感を持てるところが多々ありました。何がない日常の中の1つのシーンがほっこりするというか、心が安らげる作品でした。自分が大人になるにつれて自分の昔の事を振り返る事や、自分の今までの行動と向き合う回数が増えてくるんですよね。そして、何より私が1番好きなのは最後のエンドロールです。エンドロールが見せ場と言っても過言ではない、本当に最後まで素敵な作品です。見る回数を重ねると、また違う考えが楽しめ複数回見ても飽きが少ないと思いました。
20代男性
昔見た時に主人公がなぜあそこまでに田舎にこだわるのわかりませんでした。自分が田舎に住んでいるせいなのか田舎の良さが全く理解できませんでしたが、都会に住んでいる者からすれば帰る田舎という物は憧れる物かもしれないと最近になってようやく気付きました。この物語には小学校5年の自分というのがいつも付きまとわっていて、物語の要所には必ず出てきますが、自分が生きてきた中でインパクトのあった年齢という物は一生、忘れる事の出来ない何かがあってそれが主人公にとっては小学校5年の自分といった所だと思います。その昔の自分をなかなか、振り切れないでいた主人公は新たなステップに踏み出すことが出来ずにいて足かせになっている様に見えました。
30代男性
おもひでぽろぽろはよく見ていました。非常に懐かしいです。タエ子が10日間の休みを取ったことで物語は始まります。タエ子の姉に会うために山形の田舎に向かう途中で小学校5年生のタエ子に会います。田舎ぐらしを夢見ていたタエ子にとって田舎の生活は新鮮そのもので、農家の楽しさや、トシオの優しさを感じて生活する10日間は本当に楽しそうでした。東京に帰る列車から飛び出して、トシオの手を繋ぐシーンは感動しました。この映画はなにか古き良きものを思い出させてくれます。子供のときの感情の大切さを想い出します。小学校5年生のタエ子が2人を祝福している姿が素敵で、心が温かくなる映画です。改めて田舎はいいなと私も思いました。
30代男性
あらゆるシーンにおいて田舎感は強いのですが何か風情があるような独特な雰囲気がある舞台で物語が展開されていきます。内容は、淡く優しいタッチで描かれていて、姉妹の会話や友達との掛け合いが自然な感じで描写されていて好感が持てます。そんな雰囲気が最初はあるのですが、大人編になると雰囲気が多少変わっていて現実的な感じとは異なった独特の雰囲気が感じられました。ただ、大人になっても子供の頃に経験したことを決して忘れてはいけない、大事にしていくことがとても大切だということを教えてくれるようなそんなまっすぐなメッセージ的なものが垣間見ることが出来ました。ジブリ系ではあまりインパクトがない方だと思いますが隠れた名作であり日本らしい味のある作品だと思われます。
30代男性
物語は都会に住む妙齢の独身女性・妙子が田舎に遊びに行くところから始まります。そこでの生活は子供時代の自分に出会う旅でもありました。子供時代、誰もが感じた身近なテーマがいろいろ出てきて、大人なら誰でも「わかる!」と思えるんじゃないでしょうか?いじめ、生理、初恋、将来の夢…女の子が多感な時期に感じる様々な問題提起があり、教育的でもあります。結局、子供時代の自分にたびたび出会い、妙子は大切なことに気づくことになります。自分にとって今必要なこと…。気づいているのに、迷う妙子の手を引いたのは子供時代の妙子でした。ラストは素晴らしい音楽とともに、妙子の選択を見事に表現しています。初めてみた子供の頃には理解できなかった作品の深みが大人になってからよくわかる、味のある名作だと思います。
30代女性
子供の頃、何度も何度も観ていました。紅花が咲いている風景の場所が近場にはありませんが、摘んでみたいと思ったこともあり、仕方なく、タンポポやレンゲなどの花を摘み、色水を作っていた記憶があります。子供のシーンで出てくるパイナップル、私も缶詰しか食べたことがなかった当時、母親にしつこく小さくてもいいから、パイナップルを買ってほしいとおねだりをし、買ってもらって食べたものの、あのシーンのように酸っぱい顔になってしまった思い出があります。大人の味だと当時は子供ながらに感じていました。大人になった今は味覚も少し変わったので、パイナップルが食べれるようになったかもしれませんが、あの時の酸っぱい味を覚えているので、残念ながら、なかなか買ってまで食べたいと思えなくなってしまいました。あの時の主人公二人の蔵王山に上がったシーン、照れていたんだろうけど、口下手な感じのやり取りが面白かったです。
30代女性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。



タイトルとURLをコピーしました