ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 無料動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

31日以内に解約で料金は無料です

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

エヴァンゲリオン新劇場版 Q アニメ PV&公式YouTube動画

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』本予告・改【公式】

エヴァンゲリオン新劇場版 Q アニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
ポイント利用視聴
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
ポイント利用視聴
月額976円(税込)
×14日間無料
月額990円(税込)

エヴァンゲリオン新劇場版 Q アニメ 動画を見る前に詳細情報を確認!

見どころ

変わり果てた大地の姿を見たシンジは、
何が起きたのかを聞かされる。

重大な責任を感じて傷ついたシンジの心は、
はたして救われるのだろうか。

あらすじ

【公式】ダイジェスト これまでの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

アスカのEVA改2号機とマリのEVA8号機は、
静止衛星軌道上で“US作戦”を実行していた。

円盤状のEVA Mark.04と激戦の末、
初号機とシンジを奪いとるミッションだ。

ようやく目ざめたシンジの前には、
思いがけない知人らの姿があった。

キャスト・スタッフ

<CAST>

(碇シンジ)
緒方恵美
(アヤナミレイ(仮称))
林原めぐみ
(式波・アスカ・ラングレー)
宮村優子
(真希波・マリ・イラストリアス)
坂本真綾
(葛城ミサト)
三石琴乃
(赤木リツコ)
山口由里子
(渚カヲル)
石田彰
(碇ゲンドウ)
立木文彦
(冬月コウゾウ)
清川元夢
(伊吹マヤ)
長沢美樹

<STAFF>

監督
摩砂雪
前田真宏
鶴巻和哉
原作
庵野秀明
アニメーション制作
スタジオカラー
音楽
鷺巣詩郎
脚本
庵野秀明

©カラー

ライターコメント


ぼんやりしていたら置いていかれてしまいそうでこれまでとは別の緊張感が漂う異質な作品だったと思います。エヴァをまったく何も知らなければ特に違和感がない作りなのでしょうが、観る人の大半がエヴァのことを知っているとわかった上でまったく別のストーリーをぶつけてくるあたりに制作側のアグレッシブさを感じます。正直なところ初めての鑑賞の時はストーリーを追うのに必死で何が起こっていたのかさっぱりわからなかったですが、何度か見返してようやく理解出来ました。娯楽作品としてはどうなのかなという感想を持っていますが、物語の裏を読みたい人にとってはもうたまらない作品なのではないでしょうか。私も自分なりに考察をしていますが、ここまで考えることが沢山ある映画もそうないのである意味長く楽しませてもらっています。
30代女性

シンジがカヲルに対しピアノを通したふれあいによって少し心が回復したことにより現実と向き合う覚悟というものができたのかなと思いました。そのためその時間の後にカヲルに自分が眠っていた間に何が起こったのかということを知りたいとを願ったのかなと思いました。しかしその現実は彼が思っていた以上に重いものであったがゆえに精神的に病んでしまった時の彼の様子は見ていてとても辛かったです。しかしそんな彼を救ったのがやはりカヲルであるというのがすごいなと思いました。この映画でカヲルとシンジの短いながらも仲良さそうな様子を見れたことがとても嬉しかったです。特にカヲルがチョーカーを自分に付け替えた場面から分かる、彼のシンジに対する思いの強さに心打たれました。 
20代女性

前回の最後がとても衝撃的だったのでQではどのように物語が進んでいくのかがとても楽しみでした。実際に見始めると予想裏切るような展開が次々と行われていくのが本当にすごいなと思います。目覚めたシンジがに対して周りの人が状況説明することもなく無視し続けるというのがは彼にとってはとても辛かったことなのかなと思いました。しかしシンジが原因となってしまっているためにその態度は仕方ないのかもしれないなと思います。その小さなすれ違いがだんだん大きなズレとなっていく様子が見ていてとても辛かったです。自分がいいと思ってやっているやったことによってみんなが辛い目に遭ってしまった彼が癒やしを求めて脱走したのは自然なことだろうと感じます。 
20代女性

観ているこちらも作中の主人公・碇シンジ君に共感して、物語の展開サブキャラの言動にひたすら困惑させられる様が楽しい映画でした。この映画を観ている時の我々とシンジ君の一体感は凄まじいものがあると思います。序・破に関しては、テレビ版を視聴している人にとっては「この後ああなるんだよな」とか「これにはこういう意味があったんだよ」とかいった知識があって、かなりのんびりと観ていられたんですよね。しかしQはテレビ版とはかけ離れた新展開が描かれて、こちらも再びシンジ君と同じように「つまりどういう事なんだよ!?」と混乱しながら未知の物語を観ていく事になります。この振り回されっぷりが懐かしくも楽しかったので、テレビ版のエヴァを観ている人にも手を伸ばしてみてほしい映画ですね。
30代男性

最初に綾波レイとアスカが向かっていくシーンがあるんですけど最初からインパクトのあるものを持ってきたっていう感じです。導入からさすが庵野さんですね。しかも時代は映画版の破から14年後しかもエヴァのパイロットは年を取らないんですか。シンジを助けるために二人は危険を冒したのに。助けられたシンジは何故敵の父親のほうに行くのか、しかも毎回シンジは父親の思い通りに動いてしまいます。シンジ君はいつもなんで父親の思うとおりにしか動けないんだろう。シンジはカオル共にロンギヌスの槍をとりにいくんですけどそこで邪魔をしに来るアスカ最高です。アスカ眼帯してましたね。もしかしたら白色の使徒にロンギヌスの槍で殺された時の後遺症がまだあるのかなとか思いながら見てました。最終的にサードインパクトをまた引き起こすんじゃないかと思って見てました。まどマギに似てますよね。何度も同じことを繰り返して四部作の最後が楽しみです。今回のは戦闘シーンが今までで一番最高になりました。  
30代女性

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qは個人的には最高に面白かったです。とにかく映像が綺麗なのでひきこまれていきます。クオリティがぐんと上がったように思います。荒廃した世界観がとても美しく感じました。アニメとは違う展開に驚きながらもついていくのが大変でしたが普通に面白く楽しむことができました。映画館でも何度もみていますが、みるたびに色々な発見があります。そして、もう一度じっくりみたいなあと思います。個人的には、色々な解釈の仕方が出てくるので見る人によって感じ方が違うところがこの映画の魅力だと思っています。主人公の精神面が現実的なところも非常に面白いなと感じました。アスカの眼帯がかっこいいと思いました。
30代女性

前作「破」から14年後の世界という、おそらく誰も想像していなかった始まりです。作品を鑑賞していけば「ああ、そういうことだったのね」と納得できるのですが、とにかく「Q」の世界の現状に関しての詳しい説明が少ないのが特徴です。映画館で視聴したものの、前回との話のつながりがイマイチ分からず、DVDで何度も見返すことでようやくある程度理解できた作品です。何故、ミサト達が新たな組織を作ってシンジの敵となってしまったのか、綾波の行方はどうなったのか、シンジは「破」のラストで何をしてしまったのか。冗談でなく、何度か繰り返し鑑賞しないとわかりません。おそらく初見で1から10まで「Q」の世界全てを把握するのは不可能だと思います。流石エヴァ、奥が深いです。
20代女性

新しいエヴァのストーリーで非常に良かったです。考察が大好きなので、2回目以降の視聴はとても楽しく何度も視聴しました。真相が明らかになっていない事を考察する楽しみがあるのはやはりエヴァの良さであり、しっかりと引き継がれていました。映像も綺麗になっており、正に新エヴァでした。謎がたくさんあり、どうしてエヴァのパイロットだけがそのままの年齢なのか、ネルフはどうして壊滅状態になっているのかその他にも非常に多くの謎が残されています。続編に期待をできる内容となっており、考察の答え合わせが楽しみなりました。ストーリーや公式設定がどうなってるのか本当に楽しみになる作品です。アニメ版とは全く異なる世界観と設定になっているので面白かったです。
30代男性

冒頭の宇宙空間でのヱヴァンゲリヲンの戦闘シーンが、今までの地上での戦闘シーンと異なり、三次元的で斬新なシーンで良かったです。ストーリーの展開は、前回までの話の流れのすぐ続きではないのが戸惑いますが、ある意味、視聴者の想像を裏切る意表を突く展開でした。視聴者に媚びすぎず、新たな展開に挑戦した映画ともいえます。戦艦のブンダーの形状も斬新で、使徒との戦い方も今までにない斬新なシーンでした。(ヱヴァンゲリヲンとして期待されているかについては、意見がわかれるかもしれませんが。)あまり希望の見えない世界での、各登場人物の心情が丁寧に描かれていると思います。シンジにとって唯一の理解者と思えたカオルとの別れなど、辛い展開ですが、最後のアスカがシンジを引っ張って連れて行くシーンは、次作に希望が見えました。
50代女性

前作から14年もの月日が経ち、思いっきり設定が変わっているので最初は戸惑い、ストーリーの中でも綾波レイのクローンのことをアダムスの器と呼ぶなど難解な言葉も多く登場したから中々理解できませんでしたが、何度か見ると徐々に理解できて面白さを感じられる演出がよかったです。さらに映像も美しく、特に13号機覚醒によるフォースインパクトは色々な要素があって美しくて見ごたえがありました。そして、印象的だったキャラクターがシンジの親友であるトウジの妹サクラです。兄とは似ていないキャラで、さらにシンジの制服を着るシーンがあるなどどうなったのか気になって色々と想像が掻き立てられ、さらに好きなキャラクターの一人だった加持の消息も気になってしまいました。
30代男性

観終わった後誰しもポカーン…としてしまう内容でした。前作より14年も経過している本作は、観ている方は浦島太郎状態になります。舞台がガラッと変わりすぎていて前作とのつながりを探しても探しきれません。さらに、主人公のシンジもその状況に置いてけぼりにされるため、観ているこちらの心が所在不明になります。最後の最後には、シンジの遅く来た反抗期によって物語が急展開していくのですが、観終わった後は「うわー!続きが気になる!」というよりは、「コレ、ちゃんと終わらせられる?4部作だよね?」と不安になります。新しく出てくるマシンや、戦闘シーンは見ごたえ抜群なので、次回作できちんと終わってくれることを期待しています。
30代女性

正直、初めて見た時にはぽかんとしてしまいました。前作の「破」とは、世界観も、キャラクターの年齢も違っていて、視聴者は置いて行かれてしまうかもしれません。映画の中で、碇シンジだけは今の状況が分かっておらず、多くの視聴者はシンジと同じ気持ちだったと思います。ここがどこなのかもわからない、今どういう状況かもわからないシンジに、たった一人だけ優しくしてくれるのが渚カヲルです。一緒にピアノ連弾したり、優しい言葉をかけてくれるカヲルに次第に心を惹かれていくシンジですが、最終的にはカヲルはいなくなってしまいます。最後までシンジと一緒にぽかんとしてしまったままのENDでしたが、今年公開の次回作にきっとこの謎が解明するだろうと、期待しています。
30代女性

「序」「破」と映画館で観てきて「Q」の放映が決まった時は心躍りました。もちろん映画館で初日から観賞です。シンジが綾波を救い出した前作からいきなり時間が恐ろしく進んだことに驚きです。そしてシンジがまさかネルフの仲間たちから冷たい扱いされてしまうことが最初は理解できませんでした。そんな中アスカがまさかの復活してくれていたことは本当にうれしかったです。勿論シンジには敵意?むき出しですが。見ていてこちらも胸が痛くなる展開が続くのですが、そんな中での癒しがカヲル君の存在でした。シンジとカヲル君が仲良くピアノの連弾のシーンはこの作品の一番の癒しシーンだと思います。その後の悲劇を考えるとあの連弾である意味終わらしてほしかったと望んでしまうぐらいです。
40代男性

シンジの登場するエヴァ初号機である『サードインパクト』が暴走してから14年の歳月が経過。かつてネルフの職員としてともに使徒と戦っていた面々は二つに分裂し、ゲンドウや冬月といった幹部が中心の新ネルフと、ミサトやリツコといった現場レベルの人物たちが中心のヴィレが抗争を繰り広げ、その戦いの中で、ヴィレはネルフによって衛星軌道上に封印されていた初号機を取り返すべく「US作戦」を敢行。苦戦を強いられつつも初号機の奪還に成功し、ヴィレ側は地球へと帰還した、そこそこ重たい内容でした。そして唯一、一番驚いたっていうか、ショックだったのが『既にアスカもシンジも人間ではない』ということでした。人間じゃないとしたら、もしかしたら、もう既にエヴァに近い存在となっているのか、他の生命体なのか、もしくは使徒やクローンの可能性もありますが、私的には、2人とも、ちゃんとした人間でいて欲しいです。
30代女性

シンジが目覚めたらいきなり荒廃した世界であり、周囲の人間もその間の出来事を一切説明せず終始塩対応だったため、状況を飲み込むのに時間を要した。前作から14年後という設定やパイロットが14歳であるなど、14という数字がシリーズを通したキー概念なのか今後に注目したい。AAAヴンダーなどという謎の巨大浮遊戦艦の戦闘シーンは、『ふしぎの海のナディア』に登場するノーチラス号のBGMが使われていたのが印象的だったが、「エヴァが主役のはずの映画のはずなのに、なぜ今別の作品を見ているのだろうか?」という錯覚にも陥った。真希波マリの8号機や13号機のダブルエントリーシステムなどは斬新な設定で良かったのに対し、レイの乗るMark.09は代り映えしなかったのが残念だった。作画については、カヲルの顔が旧アニメ版と違っていた点が少し気になった。
20代男性

待ちわびて待ちわびて、突然シンジ君が叱られるという冒頭に自分が怒りすら感じました。前回あんなに良かった綾波も初号機の中に消え、黒いスーツの「アヤナミ」となってしまい個人的には残念で仕方ありません。レイの心が動く様子が自分は大好きだったので。でもアスカが強くかっこよくなっていたのは嬉しいです。頼れる姉御になってました。そしてカヲル君の登場を心待ちにしていたのですが、どうしても彼は報われずとても悲しいです。ストーリーが複雑になり、今までの「新・劇場版」の中で最も謎が多く難解な部分が多いと思います。ネルフはどうなったのか。ミサト達のグループは何を目的としているのか。そしてシンジの背負っている役割とは何になったのか。大量のクエスチョンが投げられたまま放置されているので、絶対続編を見て納得したいと思います。あと、白のレイが戻ってきてほしいです。
40代女性

初めてエヴァと出会ったのはスパロボFでした。セガサターン版のね。それからTVシリーズ旧劇場版と全部に一通り目を通したけど、そしたら新劇場版序!破!Q!ときました。それが本当に嬉しくてすぐ見ました。スパロボで使いたいので。なおQの内容はやはりわかりずらく考察ブログや解説動画が無かったらちんぷんかんぷんでした。なので自分なりの見どころはヴィレの空中戦艦AAAヴンダー、シンジとカヲル君の複座第13号機。この2つをあげたいとおもいます。まずは、新組織ヴィレ!ずっと戦術サポーターだったミサトさん艦長就任!なんか初見の乗組員すっごい増えてる!初号機の力なの!?浮くの!?戦うの!?と衝撃の連発が映像とともに襲ってきたのを覚えています。ずっと口を開けてました。次にシンジとカヲル君が乗る13号機、複腕。はいカッコいい。戦い方もビットみたいなの飛ばしてるし。なんかもっと隠し玉あるカンジもしますけど全部は絶対に見せないんだろうなと思いますが良かったです。「設定画だけにあるやつ」もカッコいい。最後に、エヴァ3人娘はちゃんと最後までカワイイです。
30代男性

今回の新劇場版を観て思ったのは、空白の時間にいったい何が起きたのだろうかという疑問が頭によぎりました。なんでミサトさんはあんなに冷たくなっているのか、シンジはどういった扱いを受けているのかなど、問題は山積みといったところでしょう。そんな中で新キャラクターが登場もありながら、いろいろ驚かされましたが、綾波がいたことには特に驚きました。彼女はどうして生き残っているのか、そういった疑問を持ちながら見ていました。シンジがカヲルとピアノを弾くシーンがありましたが、あのシーンはまさに2人の呼吸がピッタリあっているというのを表しているシーンで、これから2人でエヴァに乗ることになるのを暗示ていたのでしょうか。いろいろ疑問はありますが、次回の新劇場版に期待です。
20代男性

エヴァンゲリオンは映画でしか見たことがないのですが、それでも面白い作品だと思います。アスカを助けることができなかったと思っていたシンジが片目を隠しているアスカが登場したときにガラス越しでの再会になった場面で「生きててよかった~。」とシンジと同じ気持ちになりました。一番印象に残ってるのはやはりカヲルくんとの出会いから別れまでですね。シンジが最初にあったときは誰も信じられない状況で一人がよかったと思っていたと思います。しかし、だんだんと交流していくうちに互いに通じ合っていく場面はとても良かったです。ピアノのセッションは最高でした。カヲル君とシンジで一緒に乗ったエヴァンゲリオン13号機は最終的に使徒となってカヲル君はいなくなってしまうシーンはとても心にきました。
10代男性

はっきり言ってクソ映画です。あれだけハードルを上げておいてこんなクソ映画を見るぐらいだったら、家でアニメ版を見ていた方がましだと思いました。まだよかったなと感じたところは、アスカのデザインですが、良かったところはそれぐらいです。ストーリーは前回のシンジが行った行動をすべて無視するかのような滅茶苦茶なものになっていて、破で「行きなさい、シンジ君」といっていたミサトさんは、手のひら返しでめちゃくちゃなキャラ設定になっていました。シンジもシンジで、カオル君と世界をめちゃくちゃにしてしまうし、カオル君が、「次は君を助ける」的なことを言っていたのに、それを全く無視したストーリーになっており、はっきり言って前作を無視してクソをぶつけたような映画でした。
20代男性

待ちに待った「Q」であり、今までの作品の流れを含め、どういった展開になるのかそわそわしながら待っていたものでした。いざ蓋を開けてみれば、今までのエヴァンゲリオンシリーズとは全く変わった世界で、また新しいエヴァを見ることが出来ました。特に薫君がピアノを弾いているシーンは印象的で、まさに薫君を象徴する絵で描かれていたように思います。また、シンジが迷いグラグラするシーンではシンジの思考がまるで「めまい」の時のような表現で描かれていて、そのシーンでは私自身もぐら~っときてしまい、視覚だけでなく、身体全体でシンジの心情を感じることが出来ました。この感覚は今まで見たどの映画でも感じたことのない没入感を味わうことが出来ました。
30代男性

今作は、驚きの前作から14年後の設定から始まるので旧作当時ミサトよりも自身の年齢が若く、新劇場版が始まった時には自分の年が上になったのに再びミサトのほうが年上になったのには笑いました。今作で最初から最後までずっと思ったことは、誰かシンジに事情を説明してやれよと思ったことです。14年も経過していて自分よりも年上の同級生の妹とか見た目は変わらないアスカとか少し老けたミサトなど色々な人から非難されているけど、ちゃんと説明してあげればエヴァに乗ったり船から逃げたりすることもなかったのに誰もきちんと丁寧に説明しないのはなぜなのか疑問でした。新しくなったエヴァやヴンダーなどの戦闘シーンは、劇場版らしくきれいで派手だったので満足でしたが終始シンジに説明しないことが不満でした。
30代男性

エヴァンゲリオン作品であり、多くのファンに次回作を期待させる展開を見せた本作「新世紀エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は、多くの疑問が残る作品になりました。舞台は、大災害の「セカンドインパクト」の発生後の世界を舞台としており、人型兵器エヴァンゲリオンを操縦する少年少女を主人公に使徒との戦いを描いているが、なぜ使徒が生まれてセカンドインパクトが発生したのか、なぜエヴァンゲリオンが生まれたのか、セカンドインパクトによって人類にどのような影響が及ぼすのか、「人類補完計画」の行く末はどのようになるのか、新たなキャラクターを交えて繰り広げる世界観に圧倒されながらも疑問に対し新たな展開を見せる本作は今後のエヴァシリーズの重要な作品だと感じました。
20代女性

エヴァQはまず、天才的な作品だったと感じられました。少しマニアックな話かもしれませんが、エヴァの新劇場版は序破急といった位置付けで制作されたわけですが、最後だけ「急」ではなく「Q」でした。これはエヴァ破で新しくマリがくわわったことで真の意味での新劇場版になり、エヴァQでは反NERV組織のヴィレが登場する全く新しいストーリーになっていました。物語も渚カヲルとも密接な関係になっており、今まで見てきたエヴァシリーズとは感覚が違います。そして、やはり十三号機にシンジとカヲルくんが一緒に乗るということが、衝撃的でした。そして迎え撃つフォースインパクトへのシナリオは、戦闘シーンの迫力に虜になってしまうのはもちろん、その結末には多くのことを考えさせられました。ですが、それが序破Qという言葉の意味を、改めて痛感する感想になりました。
30代男性

最初に劇場で見たときは頭の中がひたすら「???」で埋め尽くされていました。私自身、テレビシリーズを見て以来エヴァンゲリオンのファンとなり、ある意味で伝説となった旧劇場版も当初は受け入れられませんでしたが次第に「こういうラストもあるかな」と思うようになるまでになりました。新劇場版シリーズは「序」「破」とテレビシリーズ序盤の明るい要素が詰まっており、一つの娯楽映画として楽しむ事が出来ましたが「Q」は新要素があるものの只々、憂鬱で暗いシーンが続き、主人公のシンジを追い詰める事に終始時間が割かれていたという印象しか受けませんでした。旧劇場版も悲惨でグロテスクなシーンがありましたが完結編だから良いのであって「Q」は不快な要素が多い映画という感想しかありません。良かった箇所は声優さんが続投してくれたこと、渚カヲルだけがテレビシリーズの頃から変わらずシンジの味方であるということ、(一応)希望が残るラストであったことです。完結篇の「シン・エヴァンゲリオン」は見に行きますが、テレビシリーズや旧劇場版以上の物は期待しないでおこうと思います。
30代女性



本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました