ミュウツーの逆襲 EVOLUTION 動画

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くのアニメ作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

全世界に告ぐ―― 。

原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」、
その2つをもつ冒険者の前にだけ、
姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。
全てのポケモンの“はじまり”と言われ、
世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、
ついにひとりの科学者がミュウの化石を発見し、
それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ……。わたしは誰だ……。」

最強のポケモンをつくりたいという
人間のエゴによって、
この世に生み落とされた伝説のポケモン。

その名もミュウツー。

存在する理由も分からないまま、
最強の兵器としての実験を
繰り返されるミュウツーは、
その心の中に、
自分を生み出した人間に対する
憎悪の念を宿していく――。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」

ついに、あの完全不朽の名作がフル3DCG映像で、
世界中にSTRIKES BACK!!

ライターコメント紹介

初代ミュウツーの逆襲のリメイク版で、登場人物や風景など全てが最新技術を駆使して作られています。普段見ているようなポケモンのアニメーションとは少し違うので違和感を感じる人もいると思いますが、ポケモン達の愛らしさが強くなっていたり、本当に存在しているような気持ちになったので、私は思いのほか気に入って見ていました。初代にあった設定が少し変更されていて、登場する人物が多少削られています。正直この物語に深みを与えるのにとても重要な部分が削られてしまっていたように感じるのでそこは残念ですが、核となるミュウツーの苦しみ、ポケモンとの関わりといった部分はそのままリメイクされていたので、ポケモン初心者にも入門しやすい映画なのかなと思います。ピカチュウがサトシを想って泣く名シーンは初代と変わらずとても心が苦しくなるので、ハンカチを1枚用意しておくべき作品です。
10代女性
映画が公開された時に、子供がポケットモンスター大好きなので一緒に映画館に観に行きました。自分が子供の頃から知っているタケシやカスミ、初期のポケモン達がたくさん出ていて小学生の頃を思い出しながら観ていました。子供も食い入るように観て、楽しんでいたので世代を超えて愛されているのが納得できました。大人になって改めて見ると、主人公のサトシの公平さやひたむきさが魅力的で、うちの子もこんな部分を持ってくれたらと思います。ポケモンたちも映像は立体的にリメイクされていてきれいで迫力を感じました。ロケット団の表情やしぐさなども細かく演出されていてクスッと笑いました。ミュウツー役の市村正親さんの声も良かったと思います。
30代女性
子供時代に原作のミュウツーの逆襲を見た世代です。今回は今の子供世代に向けて再度リメイクということで、どのように変更をしているのか気になったこと、ポケモンの映画は毎年見に行っていることから、前売り券を買い公開したらすぐに見に行かせていただきました。内容としては、原作をなぞったものになりましたが当時見た時とは印象が異なりました。映像表現もそうですが3Dになったサトシ達人間はもちろん、ポケモン達も表情豊かなことが特に印象的で子供が見ても登場人物の気持ちが分かりやすいのではないかと思いました。特に後半のサトシが固まってしまう場面のポケモン達のシーンでは原作にも劣らない感動がありました。ポケモンの映画では、リメイクは初の試みだと思いますが今後も続けていっていただけると幅広い世代の方たちにポケモンの魅力が伝わっていくのではないかと思います。
20代男性
ミュウツーの逆襲の映画をみていたのでどういうストーリーをアニメでやるのか楽しみでした。映画では少しわかりづらかった所もアニメで補強しているような感じを受けました。映画よりもミュウツーの戦いのシーンが少なくなっていました。その分、サトシのポケモンキャラへのストーリーが増えていたり、ジョーイが行方不明になった理由が明らかになっていたり、次回作の予告もあったりで、アニメだけでも楽しめるし、映画をみているともっと楽しく見られる作りだと思いました。大人が見ても深いなと思うストーリー展開なので子どもにはどこまで通じているのかなと思うこともありましたが、子どもは子どもで面白かったと満足そうにしていました。
30代女性
20年以上も昔に映画館で見たミュウツーの逆襲を見てとても感動しました。小林幸子さんが歌うエンディングに歩き続けてどこまでいくのというフレーズがありますが、私の人生も歩き続けて20年以上もたったのだなと思うと自然と目から涙が零れ落ちそうになりました。20年の歳月で進化した映像技術がとても美しかったです。旧作を忠実になぞったストーリーは初めて映画館で見た旧作を見た時の感動を思い出すことができとても楽しかったです。お母さんと一緒にみた旧作を、今度は親の立場になって子供と一緒にみることになるとは..ととても感慨深い気持ちになりました。付録のアーマードミュウツーのカードはとてもかっこよく子供が喜んでくれました。
30代男性
アニメとはまったく違う絵柄が最初は受けれいることができるか心配でしたが、終わってみたら問題なく楽しめていました。声優さんもいつもと同じでしたが絵が違っても違和感はなかったです。ストーリーもしっかりとしているので、大人が見ても退屈しないです。私的にはもう少しキャラが可愛くても良かったのですが、主役のミューツーはこの絵柄の方がカッコいいのでこれが正解だったのでしょう。同じポケモン同士が戦うところは壮観さはあったものの、どこか悲しさもあって観ていて痛々しいものでしたが、それを救ったのがサトシの頑張りというのは良かったと思います。人間の努力がポケモンを救うというのは素敵なシナリオだったと思います。最後のピカチュウ同士のお別れなどは少しほろっとしていまいました。
30代女性
ポケモンの映画シリーズ初の3DCGになっていたので、映像だけでも楽しめました。映画館のスクリーンで見ると映像がとにかく美しく、ミュウツーの登場シーンは圧巻でした。特に月をバックにしたミュウツーのシーンは、もともと幻のポケモンだったミュウから人工的に作られたという二つの要素を持つミュウツーの神秘性やいかにもボスキャラ的な感じがして好きでした。また、オリジナル作品であったアニメ映画も拝見しましたが、少し大人向けの内容になっていたので、当時はまだ学生ということもあってなかなか理解できなかったこともこの作品では理解できました。そして、新作カットも増加されていたからより物語に感情移入することができました。
30代男性
主人公サトシとピカチュウの友情に、終始、感動と涙であふれる作品です。ポケモンのゲーム経験はなく、またアニメ版の作品を観たことはありませんが、そのような方でも、あっという間に見終わり、十分に楽しめます。ポケモン達がバトルするシーンでは、観ていて痛々しく感じる場面もいくつかあり、ハラハラします。また、この映画の主人公でもある、ミュウツーがミュウと本気でバトルをするシーンでは、争うストーリーは好きではないな、と思いましたが、その争いを止めるために、命がけで間に入ったサトシの勇気に驚かされ、感動しました。そのサトシが、争いに巻き込まれて、石化してしまい、一時意識を失うシーンでは、相棒のピカチュウがすぐさま駆け寄り、心配してずっと声をかけるシーンには、涙が止まりませんでした。正直、映画を観る前は、ポケモンは子供向けの作品だと思っておりましたが、大人でも号泣するとは思っておりませんでした。結果、ピカチュウの思いがサトシを助けることとなり、最後はハッピーエンドになるのですが、この試練を乗り越えた、サトシとピカチュウの友情がさらに強く結ばれるところに、「繋がり」って素敵なものだと再認識させられた映画です。
30代女性
アニメとの違いが気になっていましたが、全くと言って良い程同じストーリーでした!さらに立体的になったのでもっと迫力が増して、とても良かったです。私はこの作品がアニメで公開された時が小学生の頃でした。子供ながらとても感動したのを覚えています。EVOLUTIONでもアニメ版の要素は残してほしいと思っていたので嬉しかったです。とても好きな作品なので、大人ではありますが1人で見に行ってしまいました。子供の頃からとても好きな涙がうるっと来てしまうシーンが、ピカチュウがコピーにされそうになってモンスターボールに追いかけられるシーンです。疲れながらも何度も電撃をくらわして必死に走り逃げるピカチュウに感動しました。最後の本物とコピーが戦っている時に一瞬BGMが消えるシーンがあり、そこも悲しさが伝わってきてとても好きです。
30代女性
本作は劇場版第1作をリメイクしたものです。小学校の頃からの友人と二人、20年の時を経て再びおっさん二人で観に行きました。最新技術で表現する作画はまさに圧巻で、旧作では不十分だった迫力を楽しめます。話自体に大きく変更点はありませんが、ところどころに「アレ?初作とちょっと違うぞ!」と気付けるシーンがあり、ファンならではの楽しみ方もできます。本作を楽しめるのは、大人になった自分が、子供の頃にワクワクして観ていた時とはまた違った感性を自覚できるところにあるのかもしれません。見終わったあとは、「自分たちが子供のころとは、また違ってたね!」や「お父さんやお母さんが初めて観た映画だけど、変わったところがあったんだよ。」と、友人や家族と振り返ることができる映画です。
30代男性
映像がとても綺麗で引き込まれました。サトシ達人間は少し違和感を感じましたが、ポケモンは可愛くてグッズを買いあさった記憶があります。カイリューが好きなので、魅力的な登場シーンがあって嬉しかったです。ストーリーは単純ですが、ポケモンがコピーされて同じポケモン同士で争っているところは切なく感じました。早く我に返ってほしいと思いながら観ていました。でもニャースとコピーニャースの戦いはゆるくて安心しました。ミュウツーは期待通り威厳があってかっこよかったのですが、苦しんでいる理由にはいまいち共感できなかったです。サトシとピカチュウの絆が戦いを終わらせるシーンでは、お約束の展開と思いながらも胸が熱くなりました。
30代女性
子供の頃に「ミュウツーの逆襲」を見ていたので、それのリメイク版ということで見てみました。子供の頃に見た前作の映画から20年くらい経っていたので、前作の記憶はほぼなく、今回の「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」に関してはかなり新鮮に見られたと思います。この映画で印象的だったのは、何よりも映像がすごい立体的に見えたということです。20年も経てば映像の技術が進化するのは当然かもしれませんけど、アニメーションよりは実写に見えるような雰囲気すら感じました。子供の頃にむちゃくちゃハマっていたポケモンに関して大人になってから見てみると、面白さというのもありましたが、何よりも思い出が走馬灯のように蘇ってくる感覚があったと思います。
30代男性
子どもがポケモンに興味を持ち始めたで、一緒に初めて観ました。いつも二次元で動いているサトシたち人間やポケモンが3次元のように動いていて、「実際いたらこんな感じなのか」と感動しました。また、ポケモンが始まったころに出ていたカスミやタケシが活躍しているのを観られたのも、懐かしくてうれしかったです。山ちゃんの演技のすごさに圧倒されつつ、色々なテーマが詰め込まれているなと思いました。生きる意味をずっとミュウツーが探していることとか、トレーナーたちのポケモンへの愛や、コピーポケモンと本物ポケモンとの戦いの意味など、盛りだくさんなテーマでしたが、中でも私は最後にコピーたちが出した答えが印象深かったです。彼らは、自然に生まれたものではない。だからこそなのか、自然発生的に既にある世界とは、やはり生きる場所が違うと思ったのでしょうか。自分たちが住む場所を探しに行きますが、それが希望を持つわけでも、悲嘆にくれた結果でもなく、「あるべきところへ」という、摂理に則った判断だったような気がするのです。だからこそ、時間が最後は巻き戻った。もの悲しいですが、何事も「不自然」であることは、それだけで違和であり、森羅万象は、人智を超えた摂理に準じるものである、といったメッセージなのかなと思いました。子どもの目線からすると「みんな幸せ、めでたしめでたし」ですが、もっと深い意味があるのではないだろうかと考えてしまいました。
30代女性
ポケモンアニメ映画の1番最初の作品でもあるミュウツーの逆襲がリメイクしてまた見ることができて、とても嬉しい気持ちです。映像もよりリアルになって、見応えがありましたね。過去のミュウツーの逆襲が上映されていたときには自分は生まれていなかったので、今回こういった形で見ることができて非常に嬉しい気持ちでいっぱいです。人間によって作られたポケモンのミュウツーが人間に恨みを持って襲いかかってくる姿は、なんとも悲しい気持ちで見ていました。それに対してサトシたちは真正面からミュウツーとぶつかり合って、ミュウツーの怒りを収めようとしていました。サトシはポケモンに対しては本当に真剣で正直な男の子なんだなと感動しました。
20代男性
初期のミュウツーの逆襲が世代だったのでどう変わったいるのか楽しみで観ました。今回は3DCGということでリアルさが増していて迫力がありました。初期のキャラに懐かしさを感じましたしポケモンたちもすごくかわいかったです。ミュウツーの逆襲は同じポケモンどうしが疲れても戦うシーンがありますが何度見ても泣いてしまいます。初期の頃のものと今回のものでは自身の年代も違うこともあったせいか感情が入り乱れて泣くというより号泣に近かったです。人工的に作られたミュウツーの気持ちは初期当時はあまり理解できていなかったけど大人になって改めて見てみると多少なりとも気持ちがわかりそこでもまた涙が出てしまいました。ポケモンの映画作品は泣けるものが多いのですがこの作品は特に感動できるものです。
30代女性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました