劇場版ポケットモンスター ポケモンレンジャーと蒼海うみの王子 マナフィ動画を視聴できるサイト! ポケモン映画配信!

アニメ

この動画を視聴するなら
ここがおすすめ!

TSUTAYAは30日間無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

劇場版ポケットモンスター アニメ レンタルで動画視聴できるサイト

この動画は
現在U-NEXTなどの動画配信
サービスでは視聴できません。

数多くの動画作品を
宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCASなら、
自宅に居ながらレンタルして視聴できます。

30日以内に解約すれば
料金は0円無料です

※無料お試し期間終了後、自動更新されます。

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し
1,100円分相当
視聴できる動画ポイントつき!

DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
30日間無料
宅配レンタル
×31日間無料
×14日間無料
×初回2週間無料

劇場版ポケットモンスター 動画を見る前に詳細情報を確認!

あらすじ

旅を続けるサトシとピカチュウたち一行は、
水中ポケモンショーで有名なマリーナ一座の
「ヒロミ」に出会う。

みずポケモンと心を通わせることができる
「水の民」の子孫であるヒロミから、
サトシは、水の民が作った<海の神殿アクーシャ>に
「海の王冠」と呼ばれる秘宝が隠されているという伝説を聞く。

しかし、神殿は人間の目で見ることができないらしい。

そんな折、ヒロミが持つタマゴを奪い取ろうと
「ファントム」が襲撃してきた。

激しい奪い合いの中、突然タマゴが強烈な光を放ち、
「マナフィ」と呼ばれる幻のポケモンが、
ハルカの手の中で誕生した。

このマナフィが、
伝説の神殿に隠された秘密の鍵を握っているのだ。

ポケモンレンジャー「ジャッキー」のミッションは、
マナフィが神殿に無事たどり着くのを見届けること。

サトシたちはジャッキーと共に
マナフィを追って航海することに。

その途中、風に飛ばされたハルカのバンダナを追って、
マナフィは海の中へと消えてしまう。

いなくなったマナフィを探し、
ついに神殿にたどり着いたサトシたちの前に現れたのは、
なんとあのファントムだった!

狙いは神殿にある水の民の秘宝。

しかし、ファントムが秘宝を奪い取った瞬間、
天井から大量の水が流れ込み、
アクーシャは泡を吹き上げながら沈み始めた。

果たして、秘宝を取り戻すことができるのか。

サトシ、そしてハルカとマナフィの運命は!?

蒼海(うみ)の王子 マナフィが、いま奇跡を起こす………。

©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon
©2006 ピカチュウプロジェクト

キャスト

サトシ(松本梨香)
ポケモンマスターを目指して旅を続けている少年。
ハルカほどマナフィとの絆は強くないが、
唯一ハルカ以外でマナフィが泣かずに抱っこされる相手。
終始、ポケモンレンジャーの
ジャック・ウォーカーに憧れている様子を見せる。
今作ではハルカの方が主人公感を出しているが、
終盤にはやはり主人公らしい男気を見せていた。

ハルカ(KAORI)
本編で準主人公を務めるポケモンコーディネーターの少女。
本来水の民が見るはずの夢を彼女が見るなど
マナフィとの間に強い絆を見せ、
今作は序盤から中盤にかけてサトシ以上に活躍を見せる。
「かも」という口調のせいか
マナフィに「かも」という呼び名で呼ばれる。
今作では特に母親役としてマナフィに世話を焼く姿が印象的。

タケシ(うえだゆうじ)
ポケモンブリーダーを目指し、
サトシと旅を共にしている元ニビシティジムリーダー。
今作でも女性への惚れっぽさは健在で、
ヒロミを見てすぐに鼻の下を伸ばしていた。
一方で女性ファーストな一面も持ち合わせており、
ヒロミの手をとって優しくサポートしている場面も。
また、劇中で料理上手な一面も見せつけている。

マサト(山田ふしぎ)
10歳未満のため、
いまだポケモントレーナーになれないハルカの弟。
今作でも、相変わらず「マセガキ」っぽい発言で
ハルカを怒らせる。
ブイゼルとは初対面からとても気が合う様子。
また、マナフィのことを最初から知っているなど
博識な一面も見せる。

ロケット団三人組。(ムサシ、コジロウ、ニャース)
(林原めぐみ、三木眞一郎、 犬山イヌコ)
いつもサトシのピカチュウを奪おうと現れる悪い奴ら。
今作では、何度もマナフィの卵を持ち出そうとしたり、
マナフィの卵の情報を賞金目当てで
こっそりファントムに連絡したりするなど、
相変わらずの引っ掻き回し具合を見せる。
なんだかんだ彼らがいなかったら、
ファントムは卵にたどり着けさえしなかった。

ジャック・ウォーカー(山寺宏一)
ポケモンレンジャーの男性。
冒頭で「ファントム・トループ」からマナフィの卵を盗むなど、
映画限定のゲストキャラでありながら、
今作ではかなり重要人物。
ポケモンレンジャー特有の「キャプチャー」という技術で
一時的に野生のポケモンを味方につけることができる。

ヒロミ(眞鍋かをり)
水の民の末裔で、マリーナー座で花形を務める女性。
マナフィの母親役となったハルカが悩んでいるのを慰めていた。
一方、料理が不得意なのか、タケシの料理の腕と比較されて
母親のミナモに指摘されていた場面も。
劇中ではタケシと並んで立っている場面が多くみられる。

ファントム(藤岡弘)
海賊団ファントム・トループの船長にして、
マナフィを執拗に狙う今作最大の悪役。
手持ちのポケモンは、パラセクト、カイロス、ペラップ。
その中でもペラップはお気に入りで、常に肩に乗せている。
とんでもない怪力の持ち主なのか、
岩ごとジャック・ウォーカーを持ち上げる場面も。

マナフィ(白鳥由里)
ポケモンレンジャーにその身を保護され、
ファントム・トループにその身を狙われる謎の存在。
生まれたばかりなせいか、
母親と認識しているハルカ以外の人間が抱くと
泣き出してしまう。
なお、サトシのみ例外。
生物の中身を入れ替える能力を持っており、
ロケット団たちの中身や
サトシたちの中身を入れ替えたりすることも。

ライターコメント

アドバンスジェネレーションシリーズのラストとなったこの作品となります。今作はアニメ版ではサトシが主人公となっておりますが、今回の映画ではちょっと出番が少なめでハルカの出番が多めとなっており、映画公開前に発売されたポケモンゲームポケモンレンジャーとの連動された物語が展開していくためゲームを知っているとより楽しめる作品だったと記憶しております。私の映画の中のお気に入りシーンですが、水のサーカスシーンと何といってもラストに待ち受けている感動シーンがとても気に入っておりました。今作は、ハルカとマナフィーのポケモンと人間の愛にスポットを置き描かれており、ポケモンと人間の間にも愛が生まれるのだと感じました。
30代女性
ハルカが見つけた卵からマナフィが生まれ、マナフィが定められた運命海底神殿アクーシャへと導くまでの間のハルカとマナフィの絆に涙しました。また、マナフィとハルカの親子愛にも似た関係に注目し物語が進んでいくのもとても良かったです。途中で出てくるカイオーガも少しの登場しかないものの、ハルカたちやマナフィを助けようと戦う姿はとてもかっこよかったです。海底神殿の内装のデザインもとても凝っていて、綺麗でした。サトシが先にハルカやマナフィたちを避難させ、一人で立ち向かう姿はとてもかっこよく流れるBGMとあっていてかなり燃えました。子ども向けの映画というのもあり、見ている子供が飽きないようにストーリーの展開やテンポもはやくとても良かったと思います。
20代女性
冒頭のシーンが盛り上がるので、すぐに作品の世界に引き込まれました。海マナフィの卵を巡るやりとりが、ハラハラしました。最初から一定の盛り上がりがあったので、すんなりと物語へ入り込めます。特徴的なのは、ポケモンレンジャーという職業の登場人物、ジャック・ウォーカーが絡んだストーリーとなっている点です。そのため、いつものポケモン映画とは違い、ほんの少しだけ緊張感のある部分が増えています。この映画の一番良い点は、海底神殿に向かってからのシーンです。ストーリー的にもバトル的にもしっかりと盛り上がっているので見ごたえがありました。作品内でかかる音楽も特徴的で、海底神殿というシチュエーションにふさわしい、記憶に残る神秘的なメロディが良かったです。他の映画に出てくるポケモンと比べると、ストーリーのキーとなるマナフィがかわいらしかったという点も、大きな魅力だと思います。
20代女性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はTSUTAYA DISCAS
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました