ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形 京アニ 無料動画視聴方法と見逃し配信

アニメ

この動画を楽しむならここがおすすめ!

動画配信・レンタルサイト   視聴方法
  宅配レンタル

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

(30日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 – 永遠と自動手記人形 -』予告

では、
各話のあらすじ紹介とともに

三度の飯よりアニメが好き!
ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

作品視聴リンク

この作品は数多くのアニメ作品を宅配レンタルしている
TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)」で
自宅に居ながらレンタル可能です。

今すぐTSUTAYA DISCASを無料利用する

[定額レンタル8+動画見放題プラン]なら
初回入会から30日間無料お試し1,100円分相当が視聴できる動画ポイントつき!DVD/CDの宅配レンタルだけでなく、
対象作品約10,000タイトル以上が
見放題の動画配信サービスも利用可能です。

あらすじ

大切なものを守るのと引き換えに僕は、
僕の未来を売り払ったんだ。

良家の子女のみが通うことを許される女学校。

父親と「契約」を交わしたイザベラ・ヨークにとって、
白椿が咲き誇る美しいこの場所は牢獄そのもので……。

未来への希望や期待を失っていたイザベラの前に現れたのは、
教育係として雇われたヴァイオレット・エヴァーガーデンだった。

©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

キャラクター

CV:石川由依

C.H郵便社で、「自動手記人形」と呼ばれる代筆業に従事している元少女兵。
依頼でイザベラの教育係として女学校へ赴く。

CV:寿 美菜子

大貴族・ヨーク家の娘。自分の将来を悲観している。
教育係として派遣されてきたヴァイオレットを快く思っていない。

CV:悠木 碧

身寄りのない少女。幼い身ひとつでヴァイオレットを訪ねてくる。

CV:子安武人

C.H郵便社の社長。

CV:内山昂輝

C.H郵便社所属の郵便配達人。

CV:遠藤 綾

C.H郵便社所属の人気自動手記人形。

CV:茅原実里

C.H郵便社所属の自動手記人形。

CV:戸松 遥

C.H郵便社所属の自動手記人形。

キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン:
    石川由依
  • イザベラ・ヨーク:寿 美菜子
  • テイラー・バートレット:悠木 碧
  • クラウディア・ホッジンズ:子安武人
  • ベネディクト・ブルー:内山昂輝
  • カトレア・ボードレール:遠藤 綾

<STAFF>

  • 原作:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」暁佳奈
    (KAエスマ文庫/京都アニメーション)
  • 監督:藤田春香
  • 監修:石立太一
  • シリーズ構成:吉田玲子
  • 脚本:鈴木貴昭、浦畑達彦
  • キャラクターデザイン・総作画監督:高瀬亜貴子
  • 世界観設定:鈴木貴昭
  • 美術監督:渡邊美希子
  • 3D美術:鵜ノ口穣二
  • 色彩設計:米田侑加
  • 小物設定:高橋博行
  • 撮影監督:船本孝平
  • 3D監督:山本 倫
  • 音響監督:鶴岡陽太
  • 音楽:Evan Call
  • アニメーション制作:京都アニメーション
  • 主題歌:「エイミー」茅原実里
  • 製作:ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会
  • 配給:松竹

ライターコメント紹介

TVシリーズから引き続きヴァイオレットの成長が見られて胸が熱くなり、ラストでは大号泣しました。この外伝は離れ離れになってしまった姉妹のお話です。その姉妹がお互いに愛していると思っている事を伝えるためにヴァイオレットや郵便配達員のベネディクトが奔走し、協力する姿にじーんとしました。以前は人間の感情を理解するのが難しかったヴァイオレットが「愛している」がわかるようになったんだなぁと改めて感じました。ベネディクトも普段クールに見えるのに熱い心もってるじゃん、と。一番好きなシーンは姉のイザベラ(以前の名前はエイミー)とヴァイオレットのダンスシーンです。とても美しかった!それから何といってもラストからエンディングにかけて涙腺が崩壊しました。妹のテイラーからイザベラへの手紙で泣き、エンディング曲「エイミー」でさらに泣き。姉妹はヴァイオレットたちに出会う前は虚無感でいっぱいのようでしたが、出会ってから少しずつ前向きになっていき、自分も勇気をもらった気がします。
40代女性

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン 永遠と自動手記人形」は、前半はヴァイオレットとイザベラとの出会いからのストーリーが描かれ、後半はテイラーがヴァイオレットの元を訪ねてくるところからのストーリーが描かれていました。前半部分では、ヴァイオレットに対するイザベラの態度が変化していく様子が印象に残っています。初めはヴァイオレットに邪険な態度を取っていたのが次第に心を開くようになり、つっけんどんで冷たかった話し方も優しく少し甘えたような話し方に変わっていっているのを見て、可愛らしいなと思いました。一緒にお風呂に入ったりベッドで寝たりする2人は、まるで仲の良い姉妹のようで微笑ましかったです。そして、後半部分で一番印象に残っているのは、やはりベネディクトが届けたテイラーの手紙をエイミー(イザベラ)が読むシーンです。テイラーからの手紙に涙を流しながら喜んでいる姿を見て、テイラーの想いがちゃんと届いて良かったなと心から思いました。いつか2人が再会できる日が来たら良いなと思いました。
20代女性

とにかく絵が綺麗です。見ているだけで心が洗われます。ヴァイオレットエヴァーガーデンは前作から感動もの感が強く、ここはお涙頂戴シーンだ、と分かっていても涙が出てしまいます。アニメシリーズを観ているとヒロインの背景と相まって常に感情移入してうるうるしてしまいます。もちろん観ていなくても楽しめる作品になっています。この物語はオープニングで出てくる新キャラクターを巡り展開されていきますが、新キャラ2人ともこの作品らしい背景を持っています。突然妹を生かすために王家の娘になった貧乏人の少女がヒロインに影響され成長する姿と数年後生き別れた妹が少女を探しヒロインを訪ねてくるストーリー性が心に響きます。ヒロインだけでなく前作で少しだけ伏線の貼られていた人間関係にも進展があり見どころたくさんです。
20代女性

まず冒頭で登場する手紙の話、テレビシリーズを見た方なら「ああ、あのエピソードに登場した手紙か・・・」と心ゆさぶられます。ヴァイオレットが海の式典で手紙を読み上げるシーンは、居並ぶ船といっせいに上げられる数々のオール、きらきらと輝く海・・・と映像美に打ちのめされました。ヴァイオレットのテレビシリーズ・映画外伝後のストーリーと、その数十年後、ヴァイオレットに手紙を依頼した登場人物の親族のストーリーと、二つの物語が進んでいきます。ヴァイオレットとギルベルト少佐の贖罪と決着、そして未来、そこから紡いでいかれた未来がもうひとつのストーリーと見事に繋がり、映画鑑賞中はずっと涙を拭くことができませんでした。
30代女性

アニメは普段あまり観ないのですが、この作品は紹介動画を見て映像の綺麗さに惹かれました。京アニの作品が支持されている理由がわかった気がします。ストーリーとしては、ヴァイオレットが女子校での人間関係、主にイザベラとの関わりを通して成長していく様子を見られたのがとてもよかったです。また、手紙の果たす役割にスポットライトが当てられていて、それをめぐる人間の感情の機微が登場人物たちの表情に細かくあらわれているあたりが、さすが世間で支持されている京アニの演出だと思いました。私のように、近年流行りの殺伐とした世界観の作品に疲れている方、美しくまっすぐなストーリーを楽しみたい方に、ぜひおすすめしたい内容です。
20代女性

今回もヴァイオレットエヴァーガーデンに求める話の厚みや本当に美しい作画、壮大な世界観が視聴者の求めるものを全面的に上回ったと思う。今回は自動手記人形である主人公ヴァイオレットが人々と自身の使命を全うしながら心を通わせていく、思いをつないでいくという鮮やかな内容であった。今回は主な登場人物として生き別れになった姉妹、姉イザベラと妹テイラーがいるこの二人は残酷な運命に導かれ全く違う環境で日々を過ごしていた。心を通わせるためにヴァイオレットは奮闘するがそれを周りの環境や運命がことごとく遮るという切なさが描かれた内容であった。エピソードの中には様々な人間の心理描写が書かれておりヴァイオレット自身にも届けたい手紙があることを自覚する。映画化された作品ということもあり見終わった後にはアニメとは思えないような感動とどこかやるせないあの気持ちがこみあげてくる。多くの人に視聴してほしいと感じた作品であった。
20代男性

淑女としてのヴァイオレットちゃんが静かにしっとり厳かに活躍する様がお腹いっぱい味わえます。わがままっ娘のイザベラを躾けるべく、騎士のように仕えるヴァイオレットの男装の麗人ぶりは、学院中の女生徒が惚れるのも無理はないくらいの完璧超人です。イザベラとテイラーの姉妹愛の絆の深さ、切なさ、健気さは、有り得ないほどの綺麗で純粋なもので、観ている観客の心をも浄化されていくかのごとくです。単調な日々にぶすくれていたベネディクトがテイラー宛の手紙を配達する過程で、姉妹の心に触れることで、自分の仕事の価値を再発見し、やる気を取り戻していくのも嬉しいです。外伝なのでヴァイオレットの話は進みませんが、人間的により成長してゆく彼女の姿は必見です。
40代男性

アニメにハマってこの外伝を見ましたが、思った以上に感動して号泣しちゃいました。グラフィックが綺麗で流石京アニです。吸い込まれるように物語に気持ちが入りました。学園での生活模様も楽しかったし、最初は冷たかった女の子とだんだん打ち解けていき、最後には美しく二人で踊る姿には深い友情を感じました。また、ヴァイオレットのパーティ衣装もかっこよくもが美しくて新鮮でした。女の子と妹の関係性も物語が進むにつれて、過去に何があったのかだんだん紐解いていく構図が引き込まれました。結婚のために大好きな妹に会えなくなるのは、悲しいと思いましたがその絆をヴァイオレットが繋ぐ架け橋となり、流石自動手記人形だな、と思いました。
20代女性

主人公ヴァイオレット・エヴァーガーデンとの関わりを軸に、姉妹の切なくも心温まるストーリーと美麗なイラストを堪能できる120分でした。ストーリーはイザベラ・ヨークとの学園生活から始まります。このイザベラ。最初は本当に良家の子女かと疑問に思いました。ヴァイオレットの、まるで人形のような完璧な美少女と並ぶと、あまりにあまりな雰囲気だったのです。それもそのはず、イザベラの過去に理由がありました。この後の学園生活で徐々にイザベラの雰囲気が変わっていきます。特に終盤のダンスのシーンでは口に出さずとも細かな仕草で感情の機微が読み取れるその描写力は、さすが京アニと言わざるを得ません。そして、エイミー。姉妹の最後のシーンはもう感動せずにはいられませんでした。原作、アニメを見ていない方でもきっと引き込まれます。
20代女性


本ページの情報は2020年10月20日時点の情報となります。

最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。


タイトルとURLをコピーしました