響けユーフォニアム 無料動画配信してるアニメサイト!全話一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約したら
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

響け!ユーフォニアム アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 PV第2弾

響け!ユーフォニアム 無料でアニメ全話見逃し視聴できるサイトリンク

この作品は数多くのアニメ作品を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
見放題配信
FOD×初回2週間無料
見放題配信

響け!ユーフォニアム アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

響け!ユーフォニアムの関連作品

響け!ユーフォニアム のキャスト・スタッフ

<CAST>

  • (黄前久美子)
    黒沢ともよ
  • (加藤葉月)
    朝井彩加
  • (川島緑輝)
    豊田萌絵
  • (高坂麗奈)
    安済知佳
  • (田中あすか)
    寿美菜子
  • (小笠原晴香)
    早見沙織
  • (中世古香織)
    茅原実里
  • (塚本秀一)
    石谷春貴
  • (後藤卓也)
    津田健次郎
  • (長瀬梨子)
    小堀幸

<STAFF>

  • 監督
    石原立也
  • 原作
    武田綾乃
  • アニメーション制作
    京都アニメーション
  • キャラクターデザイン
    池田晶子
  • 音楽
    松田彬人
  • 総作画監督
    池田晶子

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会

響け!ユーフォニアム のあらすじ

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 PV(ロングver.)

高校1年の春、中学時代に
吹奏楽部だった黄前久美子は、
クラスメイトの加藤葉月、
川島緑輝と共に吹奏楽部の見学へ。

そこで見たのは、
かつての同級生
高坂麗奈の姿だった。

中学時代のコンクールでの
麗奈との出来事を思い出した
久美子は、入部に踏み切れず…。

響け!ユーフォニアム の各話紹介

第一回 ようこそハイスクール

中学の吹奏楽コンクールで言った
麗奈の言葉が忘れられないまま、
久美子は北宇治高校に進学する。

クラスメイトの
葉月と緑輝に誘われて、
久美子も吹奏楽部の見学に
行くとそこに麗奈がやってくる。


第二回 よろしくユーフォニアム

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第二回 予告

吹奏楽部に入部することを
決めた久美子たち。

個性的な先輩のあすかに
振り回されながらも、
自分の担当楽器が無事に決まる。

そこへ新しい顧問の滝もやってきて、
楽しい部活が始まると思いきや…。


第三回 はじめてアンサンブル

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第三回 予告

合奏に向けてパート練習に励む
北宇治高校吹奏楽部。

しかし、途中で帰る者や
練習をせずに遊ぶ先輩などがいて、
真面目に取り組んでいるようには
見えなかった。

そんな吹奏楽部に
滝が驚くべき条件を突きつける。


第四回 うたうよソルフェージュ

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第四回 予告

滝の厳しい指導に
泣き出す生徒も出るなか、
サンライズフェスティバルへの
出場を懸けて、久美子たちは
練習に取り組んでいた。

部活の帰り道、久美子と秀一が
滝について話していると、
そこへ麗奈がやってくる。


第五回 ただいまフェスティバル

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第五回 予告

サンフェスへの出場が決まり、
マーチングの練習を始める吹奏楽部。

新しい衣装も配られ、
積極的に練習に取り組もうとする
部の雰囲気は、以前とは明らかに
違っていた。

そして、ついにサンフェス当日を迎える。


第六回 きらきらチューバ

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第六回 予告

今年からコンクールメンバーが
オーディションで選ばれることになり、
1年生たちにも出場のチャンスが訪れる。

うまくなりたいと練習を頑張る葉月を、
低音パートのメンバーは
あの手この手で応援するが…。


第七回 なきむしサクソフォン

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第七回 予告

オーディションとコンクールに向けて
部員たちの練習に熱が入る。

そんな時、うまく吹けない葵に滝は
「いつまでに吹けるようになるのか」
と問いかける。

その問いに対する葵の答えで、
吹奏楽部に衝撃が走る。


第八回 おまつりトライアングル

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第八回 予告

お祭りに誰と行くのか、
という話題で吹奏楽部員たちは
盛り上がっていた。

葉月はとある人を誘おうとするが、
その人は別の人を誘っていた。

一方、久美子はなぜか
あの人とお祭りに行くことに
なってしまい…。


第九回 おねがいオーディション

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第九回 予告

コンクールメンバーを決める
オーディションの日がやってきた。

3年生も1年生も関係なく
審査される場で、部員たちは
自分の力を発揮しなければならない。

そして、コンクール出場メンバーが
発表され…。


第十回 まっすぐトランペット

オーディションで
滝が麗奈をひいきしたのでは、
と部員たちの間で噂が広がっていた。

それに伴って部の雰囲気は悪くなり、
滝と麗奈への不信感が強まっていく。

そこで滝は、不満を持つ部員たちに
ある提案をする。


第十一回 おかえりオーディション

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第十一回 予告

滝の提案によって
部の雰囲気は改善され、
部員たちも練習に
集中するようになった。

麗奈も孤立することがなくなって
安心した久美子だったが、
ある日、優子と麗奈が
話しているところを見かけて…。


第十二回 わたしのユーフォニアム

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 第十二回 予告

コンクール目前の時期になり、
合奏でいきなり違うパートの
フレーズを吹くよう言われた久美子。

しかし、難しくてなかなか
うまく吹くことができずにいた。

それでもめげずに練習を続けていると…。


最終回 さよならコンクール

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』 最終回 予告

コンクールの舞台で
演奏できる時間は
たったの12分間。

それは一瞬のようで、
永遠のようでもあった。

その12分のために青春の全てを
懸けてきた吹奏楽部員たち。

ついに北宇治高校吹奏楽部の
演奏が始まる。


響け!ユーフォニアム ライターコメント

最初の頃はパート練習もせずに遊んでいる部員たちが多くいたりとやる気のなかった吹奏楽部でしたが、滝先生が顧問になってからは次第に団結していき、部員全員が真剣に部活動に取り組むようになった姿には大きな変化と成長を感じられました。一番印象に残っているのは、最終回のコンクールでの「三日月の舞」の合奏シーンです。迫力があって見ごたえがありました。麗奈のソロパートは安定していてさすがだなと思いました。その後迎えた結果発表では、見事に金賞を受賞して皆が喜んでいる姿が見られて良かったです。この作品では多くのキャラクターが登場したのですが、そのキャラクター一人一人の見た目や人間性の違いがしっかりと描き分けられているところがとても魅力的でした。
20代女性

音楽アニメはこれまでもあったけどここまで吹奏楽部に焦点を当てたアニメはなかったことが第一の嬉しいポイントでした。しかも京都アニメーションさんの作品なので楽器はもちろん景色や背景全てがリアルで美しい作品でした。普段音楽アニメにもでてこないコントラバスをメインキャラクターが演じていて、高校時代コントラバスを演奏していた私はとても嬉しく思いました。ジャズ作品でのコントラバスはたまにあってもアニメの中で吹奏楽のコントラバスの音が聴けるなんて、毎週楽しみに見ていました。吹奏楽経験者ならわかる楽器初心者あるある、海兵隊の練習、音楽用語などセリフ一つ一つや道具や仕草までとても懐かしく、何気ないシーンで何故だか涙が出てしまうそんな作品でした。
20代女性

ストーリー的には王道で、どこにでもあるような弱小吹奏楽部が全国大会を目指して成長してくというものです。しかしただの青春アニメではなく、その年代にありがちな人間関係の機微を絶妙に描いていて、ぐっと引き込まれます。また作中での演奏部分ですが、上手い・下手が一般人でもわかるよう作り込まれていて、「さすが京アニ!」と言いたくなる丁寧さです。特に海兵隊のビフォーアフターは聞き比べるために後から何度も見返す程です。個人的には私は舞台となった地域に住んでいて、見ているとここはあの場所だなとわかるくらい背景も忠実に描かれているので、そこも良かったです。総合的に部活動モノでは私の中で1、2を争うくらい好きな作品です。
20代女性

このアニメの見所はリアルに描かれる高校生の吹奏楽における青春ストーリーであろう。吹奏楽部をやっていた人は分かると思うが、高校生の吹奏楽部とはかなりめんどくさい。作中にも描かれていたが、部員それぞれの大会への意識の差、音楽への想い、先輩後輩の人間関係や実力等、書き出すとキリがないくらいである。もちろん、これらに対し、悩み、迷い、そして乗り越えていくのが青春なのであろうが、それを上手に描いているのがこの作品であろう。個人的には、主人公の友達、麗奈が先輩たちを差し置いてソロに選ばれ話がおすすめである。迷い、苦しみながらも友達と一緒に実力を見せつけてソロをもぎ取っていく経緯は、見ている人も何かと感じる部分があると思う。
30代男性



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました