神様になった日 アニメを無料動画視聴できるサイト!全話一気見!

アニメ
TVアニメ「神様になった日」第1弾アニメPV
TVアニメ「神様になった日」第3弾CM【10月10日(土)24時より放送開始!】

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

神様になった日 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
hulu14日間無料
見放題配信
FOD初回2週間無料
見放題配信

神様になった日 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

神様になった日 キャスト・スタッフ

<CAST>

  • ひな:佐倉綾音
  • 成神陽太:花江夏樹
  • 伊座並杏子:石川由依
  • 国宝阿修羅:木村良平
  • 成神空:桑原由気

<STAFF>

  • 原作・脚本:麻枝 准(VisualArt’s/Key)
  • 監督:浅井義之
  • キャラクター原案:Na-Ga(VisualArt’s/Key)
  • キャラクターデザイン・総作画監督:仁井 学
  • 美術監督:鈴木くるみ
  • 撮影監督:梶原幸代
  • 色彩設計:中野尚美
  • 3D監督:鈴木晴輝
  • 編集:髙橋 歩
  • 音響監督:飯田里樹
  • 音楽:MANYO・麻枝 准
  • アニメーション制作:P.A.WORKS

主題歌

OP:「君という神話」麻枝 准×やなぎなぎ

ED:「Goodbye Seven Seas」麻枝 准×やなぎなぎ

(C)VISUAL ARTS / Key / 「神様になった日」Project
(C)VisualArt’s/Key/Charlotte Project

神様になった日 あらすじ

TVアニメ「神様になった日」第2弾アニメPV【10月10日(土)24時より放送開始!】

高校最後の夏休み、
大学受験を控えた日々を送る成神 陽太の目の前に、
ある日突然「全知の神」を自称する少女・ひなが現れる。

「30日後にこの世界は終わる」

そう告げるひなに困惑する陽太だったが、
神のような予知能力を目の当たりにし、
その力が本物だと確信する。

超常的な力とは裏腹に天真爛漫であどけないひなは、
なぜか陽太の家に居候することが決まり、
2人は共同生活を送ることになる。

「世界の終わり」に向けて、騒がしいひと夏が始まる。

神様になった日 放送前のライターコメント紹介

自称神様と名乗る女の子ひなと大学受験を控えた高校生成神陽太を軸に青春ストーリーが描かれます。30日後に世界が滅ぶそんな大変な事を予言しているのに天真爛漫で明るく振舞うひな。悲壮感など全くなく陽太の家族や友人を巻き込んでドタバタ劇が展開されるようです。陽太の夏の過ごし方がひなと出合った事で全く予定外の事となります。1日1日が受験勉強をするよりも充実した日々となるでしょう。ひなが巻き起こす騒動などは陽太にとっては面倒な事となりそうですが、彼女の笑顔を見るとすべてを許してしまうそんな気がします。本当に世界が滅ぶのかは終盤ではっきりするでしょうが、登場人物達の生き生きとした夏のすごし方は見ている人を楽しませてくれるはずです。夏の楽しさそしてその後訪れるであろうシリアスな展開はきっと心に残る作品になるでしょう。
40代男性


神様と名乗る女の子が突然目の前に現れて一緒に暮らす事になるなんてラブコメ全開のドタバタが見られそうです。神様だと信じて貰うために能力を使う意外は特にファンタジー要素がないみたいなのが不思議で、普通の学生生活を送る青春アニメみたいですね。謎の会社が孤児を引き取ってまで何かを探らせているのはミステリアスで陰謀が絡んでそうで何が起きるのか期待しています。受験生の夏に居候なんて迷惑しかないと思ってたけど30日後に世界が無くなるなら勉強しなくて良いのは良いかも、でも世界の終わりを止めなきゃいけないんですよね。主人公はバスケで青春して、主人公の妹が自主映画とってたり、麻雀大会が出てきたりと登場人物の数だけイベントがありそうなので楽しみです。ごく普通の高校生達が世界の終わりにどうやって立ち向かっていくのか、友情にラブコメと色々忙しそうだけど世界は救えるのか最後まで見たいです。
40代女性


P.A.と麻枝准のタッグがまたやってきたということで、差し当たって視聴する気は満々です。特に期待しているのは、きっと素晴らしいに違いない楽曲の数々。前の2作の主題歌諸々、今もたくさんお気に入りです。そしてこの作品で引っかかるのはタイトルです。神様に「なった」とありますが、それは誰を指しているのでしょうか。キャラに全知の神を名乗る少女がいるので、安直にいけば彼女の過去からくるタイトルです。しかし、そんな簡単な意図をタイトルに持ってくるでしょうか。まあなんにしても、本編を観ないと始まらないのですが、早くなにかしらのヒントがほしいとうずうずしています。少なくとも少女の言葉通りに世界の終わりを迎えないために登場人物たちがどんな風にあがくのか、非常に気になるところです。
30代女性

神様になった日 各話紹介

#01 降臨の日

TVアニメ「神様になった日」第1話「降臨の日」予告映像

高校三年生の成神陽太は、
受験勉強の息抜きに公園で
バスケをしていたところ、
修道服を着た少女・ひなと出会う。

ひなは陽太に「我は全知の神である。」
と高らかに宣言し、そして
「30日後に世界が終わる。」と告げる。

陽太はひなを信用していなかったが、
ひなが起こす“奇跡”を
次々と目の当たりにすることになる。

脚本
麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)
画コンテ
浅井義之
演出
阿部ゆり子
作画監督
小島明日香・山方春香

陽太の前に突然現れた少女。不思議な格好をしている彼女はオーディンと名乗ります。不思議な少女と陽太の奇妙な夏休みがここから始まるわけです。キャラクターの表情が豊かなのが印象的です。台詞回しについては突っ込みどころが多いですが、テンポのよさには感心しました。とにかく休むことなく話し続ける、それでいてキャラクターが生き生きとしているのですから驚くことばかりです。おそらくこの作品であまり表情を変えないであろうもう1人のヒロイン・伊座並杏子。今のところは最低限しか話をしませんが、なんだかんだで陽太のことは気になる存在なのでしょう。野球をわざわざ観に来るのが証明しています。それにしても半日ぐらいの時間で様々なイベントが起きました。どのエピソードのきちんとオチをつけているのは見事です。陽太にとって恥ずかしい事ばかりでしたが、見ている方としてはうらやましいぐらい輝いていた1日でありえないぐらい充実していました。
40代男性

冒頭ではいきなり白背景にピアノBGMが流れ、明らかな伏線を提示しながらのスタート。「30日後にこの世界は終わる」という衝撃的な設定の中で、第1話は想像以上にギャグが多く、シリアス要素は全くなかった。この世界が終わる理由については、「愚かな人類の選択によって終わる」という発言のみで、話の全容はまだ見えてこない。麻枝さんの脚本作品には必ずと言って出てくる野球シーン、そしていきなり主人公が幼馴染に告白をして振られるなど、テンポの良い展開であっという間にEDになってしまった。今期のアニメに関わらずだが、第1話から引き込まれる作品というのは数少ない中で、本作品は久しぶりに引き込まれてしまった。作画はP.A.WORKSということもあり、全体を通して安定して見られ、中でもラーメンの絵は素晴らしかった。不意に飯テロ要素まで含めてくるとは、想像以上で、見終わった後にラーメンが食べたくなってしまった。さて、ヒロインは全知全能の神ということで、この先を予測すると変えられない未来を変える展開になるのか、それとも世界がループしていく展開になるのか、はたまた予想のつかないその他の展開になるのか、続きが気になって仕方がない。声優も花江夏樹、佐倉綾音など豪華声優陣で固め、しっかりとキャラにあった演技であり最高。私の中で今期1番のアニメになることを予想している。
20代男性

成神陽太役の花江夏樹さんが好きで観ました。公園で友達とバスケをしていた陽太はごく普通の高校生らしさが表現されていて良かったです。そんな陽太のもとに現れたひなはとても可愛らしいキャラクターで、自ら神であると名乗り、これから起こることを次々と当てていく描写はテンポがとても良いと感じました。特にラーメン屋さんで競馬の結果を次々と当てて店主のおじさんを驚かせたシーンは面白かったです。また、幼馴染みの伊座並さんに対して好意を抱いていることを隠し通せない陽太にキュンとさせられ、まさに青春だなと思いました。あっさりフラれてしまいましたが、今後2人の関係がどのようになっていくのか楽しみです。最後の陽太のお母さんがひなを家に迎えることを許したシーンは思わず笑ってしまい、第2話が楽しみになりました。20代女性成神陽太役の花江夏樹さんが好きで観ました。公園で友達とバスケをしていた陽太はごく普通の高校生らしさが表現されていて良かったです。そんな陽太のもとに現れたひなはとても可愛らしいキャラクターで、自ら神であると名乗り、これから起こることを次々と当てていく描写はテンポがとても良いと感じました。特にラーメン屋さんで競馬の結果を次々と当てて店主のおじさんを驚かせたシーンは面白かったです。また、幼馴染みの伊座並さんに対して好意を抱いていることを隠し通せない陽太にキュンとさせられ、まさに青春だなと思いました。あっさりフラれてしまいましたが、今後2人の関係がどのようになっていくのか楽しみです。最後の陽太のお母さんがひなを家に迎えることを許したシーンは思わず笑ってしまい、第2話が楽しみになりました。
20代女性


#02 調べの日

TVアニメ「神様になった日」第2話「調べの日」予告映像

ひなが遠い親戚であることを
母・時子から聞かされた陽太は、
成神家にひなを居候させることを
しぶしぶ納得する。

そしてひなは、映画制作をきっかけに
片想い中の幼馴染み・伊座並との
距離を縮めるよう、陽太に助言し――。

脚本
麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)
画コンテ
浅井義之
演出
高村 彰
作画監督
杉光 登

陽太とひなが映画製作などの手を用い、伊座波さんを振り向かせようとする第2話。初披露となったOPは夏を感じさせる美麗な描写で美しかった。さて、第2話ではひなが実は陽太の遠い親戚であることを母親から聞くことになる。この場面で両親が登場するのだが、両親はこの世界やひなについて色々と知っているようである。また、ここで陽太の妹、そらも登場する。この妹のキャラが濃く、今後どのようにストーリに絡むのか注目である。話が進行していくと、伊座波さんの過去についての回想シーンが入る。このシーンでは、画面全体を淡くしている演出があり、細かいところにまで気合が入っていることがわかる。この後、映画製作を通して陽太が伊座波さんとの距離を縮めようとするのだが、ここで有名映画3作品のパロディが入ってくる。詳細はぜひアニメを見て欲しいが、1話同様にギャグ要素満載で大変面白かった。最後には伊座波さんがピアノを弾くシーンがあるのだが、美少女がピアノを弾く、なんと美しいことであろうか、そして個人的に大好きすぎる。第2話も全体を通すとギャグ作品という様相だが、どの段階でシリアス展開になっていくのか…。最後には、「世界の終わりまであと24日」と描かれていたように、視聴者の現実世界ともリンクしているのかもしれない。続きが楽しみである。
20代男性

すごく面白かったです。スピーディーな展開は笑いをこらえる暇がなくて、始終笑顔でした。アルマゲドンにロッキーにシザーハンズと、有名映画のパロネタをここまでド直球でやるなんて思いもしてなくて、しかもあまりに低クオリティな内容を高クオリティなアニメで表現しているから、そのギャップも可笑しくてなりませんでした。特にシザーハンズの衣装なんか、描くのが大変だっただろうな、といらぬ心配までしてしまいました。そして結局振られるところまでセットで面白い。妹の変な子具合もたまりません。あと、ひなの「引くわ…」がそのままCharlotteの彼女を思い出して、とても懐かしくなりました。だけど最後はちょっと不穏な空気が…。できればみんなこのままコメディしていてほしい。
30代女性

ひなが親戚の子で成神家にお世話になるって事は神様は事象で中二病なのも間違いないのかなって思ったけど、父と母は何か知っているようなので違うのかもと分からなくなりました。ちょっと先の事が見えているようなのに成神が恋している伊座並との仲を進展させようとする行動は遊んでいるようにしか見えませんね。お父さんと国宝も手伝い、妹の自主制作映画風に良い感じに持っていこうとしているのは笑えました、全て有名な映画のパクリっていうのが分かりやすくて良いですね。ひなが教えてくれた伊座並が音響の道へ進みたいという願いからピアノを弾いてみせるなんて成神が努力している姿は素敵でした。せっかく良い雰囲気になったのに告白出来なくて残念だったけど進歩があったのは微笑ましいです。妹の空がぐったりして帰って来たのは心配ですが映研部のOGと一緒だったのは安心しました。
40代女性


#03 天使が堕ちる日

TVアニメ「神様になった日」第3話「天使が堕ちる日」予告映像

空の所属する映研部OGの
神宮司ひかりは、母が経営する
ラーメン屋を手伝っている。

しかし、ラーメン屋の経営は
傾いており、借金の取立て屋から
逃げる日々を送っていた。

神宮司を心配する空を見かねて、
ひなはラーメン屋を
立て直すよう陽太に命じる。

脚本
麻枝 准(VISUAL ARTS/Key)
画コンテ・演出
松林唯人
作画監督
小野和美・小笠原 憂・小澤 円・Park Ae-lee・Lee Bu-hee

見事ラーメン屋を立て直し、取り立て屋も撃退してみせた陽太とひな。ひたすらふざけているように見えても、ひなの全知の力はやっぱり本物みたいなんですよね。ただ全知とだけ自称して、全能は名乗らないあたりがまだ引っ掛かります。普通は全知全能でセットになっていますよね。そこを切り分けているのは彼女にも出来ない事があるからなのでしょうが、そこを今回登場した謎のスーパーハッカーが担当していたりするのでしょうか? あの力もまた全知に近いもののように見えたので、やっぱり全能ではないのかもしれませんが。この二人がいったいどういう関係で、この先どこかでぶつかり合ったらどちらに軍配が上がるのか楽しみになってきました。
30代男性

神宮寺ひかりのラーメン店を立て直す事になったけどイチイチ大袈裟なのが笑えますね。芝居っぽい行動や言動とインチキくさい名刺まで用意してラーメン屋再生請負人って怪しいですね、ひなに教わった通りにやっているんだろうけど陽太の指導は的確で面白いです。インパクトに鰹節でフォーリンエンジェルって凄い名前を思いつきますね、もうバカにしているだけかなと思うぐらいふざけていて面白いです。陽太がテレビの取材を受けることになったけどラーメン屋の宣伝じゃなくて請負人としての陽太の紹介で笑えました、高校生が社会人のフリって出来てるのかな。一方、鈴木央人が拘束されて日本に連れて来られるなんてどういう状況なのか謎なのが興味を惹かれます、システムを屈指して迷子の女の子を探し出すなんて良い子なのかなって思うけど言動は生意気そうで謎ですね。神様達と央人達のお話とどう繋がっているのか分かる日が楽しみです。
40代女性

映画研究部OGである神宮司ひかりの力になりたいと望む空の話を聞いたひなは、ひかりが母の代わりに切り盛りしているラーメン屋を立て直すように陽太に命じました。変装した陽太が「ラーメン屋再生請負人」を名乗ってラーメン屋に現れたのですが、屋号を「天昇」から「堕天使」に変えさせたり、「フォーリンエンジェル入りましたー!」という謎の掛け声を叫ぶように命じたりしている様子があまりにも面白くて笑ってしまいました。そして、最終的には見事にラーメン屋を繁盛させて取り立て屋を追い返すことも成功させていて凄いなと思いました。この3話では謎の少年・鈴木央人が登場したのですが、彼は一体何者なのか、そしてこの先のストーリーにどう関わってくるのかが気になりました。
20代女性


#04 闘牌の日

TVアニメ「神様になった日」第4話「闘牌の日」予告映像

陽太が美人弁護士・天願賀子の
ファンであることを知ったひなは、
陽太の名前を使い、天願が主催する
麻雀大会「リベルタス杯」の
ネット予選で勝ち抜き、
本戦への出場権を掴み取る。

麻雀初心者であるにも関わらず、
陽太は本戦に挑むことになり――。

前回のラストを受けて今回は尻ナスな話になるのかと思っていたら、過去最高にふざけた話が展開していって笑っちゃいました。ひなの全知パワーで普通に戦って優勝するのではなくて、あえてめちゃくちゃな手ばかり使って勝利するというのがいいですね。まあ最後は結局あの美人アナウンサーをフッてしまうわけですが、そこまではひなも予測できていなかったのかも? この、ひなでも読み切れない部分とそうでない部分の違いが何なのかがまだよく分かりませんね。もしかすると陽太には全知の力でも計りきれない何かが隠されているのかもしれません。ひなが陽太の前に現れた理由だって謎のままですしね。その辺りも注目しながら見ていきたいです。
30代男性

今回は大爆笑させてもらいました。麻雀をした事がある人なら、誰もが一度は考えた事あるだろう?な所をネタにしてもらっていて共感出来ましたね。色々ありましたけど、まず気になったのは二色同順。三色そろえるとなれば難しいですが、二色だったら意図せずともそろう事があります。他家から鳴いたらダメといった縛りがあってもいいから、二色同順という役を実装してくれ!と願ったものです。それを主張してくれたシーンは爽快でした。極めつけは東西南北でしょう。字牌ってなかなか使い道がないですよね。東と南はまだしも、西と北ってほとんど意味を成しません。揃うだけ無駄というか、むしろタンヤオ等の役を邪魔するわけですからもっとタチが悪い。そこを東西南北という新たな役で使えるように!これは共感しまくりです。むしろもっと大きな声で主張し、麻雀ルールに付け加えて欲しいと思ったほど。長年のモヤモヤをスッキリさせてもらいました。
40代男性

テレビを見ていたら弁護士の天願賀子がファンだと口を滑べらしたせいで、ひなが天願が主催する麻雀大会にエントリーしていたなんて神様って何でもやるんですね。陽太も父親のお気に入りスーツを着ちゃって気合十分、絶賛片思い中の伊座並さんも応援に来てくれるなんて神様に感謝ですね。会場に着くと本物の天願に舞い上がってしまうなんて大丈夫かな、ルールを知らないのにひなが適当な事を教えるから斬新な手を打つようになって笑えるんだけど、それを自由な発想の一言で片付けられているのが大会になっていないようで笑えます。トランプのルールと同じ事しているのはもはや麻雀では無いけど優勝してしまってビックリですよね、解説の人も呆れるような大会で何だったんだろうという感じです。天願に迫られたけど耐えたのは偉かった、なのに伊座並さんは帰っちゃって可哀想、父の高級スーツも破けて散々で床に這いつくばってるのが笑えます。
40代女性


#05 大魔法の日

TVアニメ「神様になった日」第5話「大魔法の日」予告映像

伊座並杏子は、
幼い頃に母親を亡くしていた。

母の命日が近づき、父を墓参りへ誘うが、
仕事を理由に毎年断られてしまっていた。

そんな伊座並家を心配したひなは、
陽太と伊座並家に向かい、
何とかして伊座並の父を
外出させようと画策する。

某お手紙アニメを思い出すようなウルっとする展開でした。伊座並さんがあんなに大人しいというか、静かな女の子になってしまった理由の一つも分かり少しすっきりです。しかし世界滅亡の日がどんどん近づいているわけですが、ここまで来ても「滅亡を食い止めよう!」みたいな話が全然出てこないので心配になりますね。今回は自分がいなくあった後も……という未来に向けたメッセージが出てくるお話でしたけど、世界そのものが滅亡してしまったら後に託す想いも何もありませんし。伊座並さんを始めとして陽太の周りの人達が少しずつ幸せになっていって、それで世界の運命が変わったりする展開になるのでしょうか? それともひなは諦めモードで陽太の残りの人生をただ賑やかなものにしてあげたいだけなのか? 謎はますます深まっていく感じです。
30代男性

母は強し!という言葉を思い出してしまう、良い話でした。母を病気で失い、残された父は抜け殻のようになってしまいました。娘はそんな父を見て感情的になってしまい、父娘関係は微妙なものに。哀しいですが、よくある展開ですよね。これを解決させたのですからすごいです。まあ今回は主人公達の活躍というより、母の愛が父娘を救ったというような感じでしたけど。母は亡くなる前にビデオレターを作成し、自分が死んだ後の事を考えてメッセージを残してくれていました。これを観た時は涙腺が緩んでしまいましたね。本来なら死を前にして、恐怖と混乱でパニックになっていてもおかしくない状況です。なのに冷静にビデオレターを作成し、自分の事を忘れるように伝えた母。泣けてきます。今回は感動させられました。
40代男性

高校生活最後の夏休みを楽しく過ごしている陽太は受験勉強も伊座並さんと図書館で出来て良かったですね、伊座並さんは家にいたくないだけのようで陽太は相手にされていないのが可哀想です。伊座並さんは母親を早くに亡くし、父親もショックから家から一歩も出ない生活をしていると家庭環境が良く無かったのは驚きました。昔は家ぐるみで仲良かったんですね、皆で映っている写真は楽しそうでした。伊座並父を何とか外に連れ出そうとインターホンに向かって誘い文句を言う陽太の残念さが笑えます。やっと出て来てくれたかと思ったら色々な料理に目が惹かれて食べ歩きしていて悲しみを抱えている人には全然見えませんでしたし、どさくさ紛れてひながマスコットを買っているのが笑えました。ひなが伊座並さんに亡くなった母親のフリして電話を掛けている所から号泣しっぱなしです、親子の仲が少しずつ縮まっていくのは感動しますね、エンディングの母親がいた頃の様子は凄く良かったです。伊座並さんのハートはゲット出来たも同然なのに何も出来ない陽太はヘタレだけど神様は安心したようで違う恋物語が始まるのも面白そうです。
40代女性


#06 祭の日

近所の神社で夏祭りが
開催されていることを知ったひなは、
連れていくよう陽太に懇願する。

さらに、
「夏祭りは大勢で楽しむもの!」
と言い張り、伊座並や阿修羅たちを
誘うことを提案する。

気乗りしない陽太だったが、
結局夏祭りの誘いの電話をかけることになる。


#07 映画撮影の日

ついに映画の脚本を完成させた空は、
撮影に向けてスタッフキャストを
集めるよう陽太にお願いする。

陽太はメンバーをかき集め、
伊座並や阿修羅、神宮司、天願など
大勢のメンバーが参加することに。

そして、空が配役を検討した結果、
ひなと陽太がメインキャラクターを
演じることになり――。



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました