ひぐらしのなく頃に業 アニメの無料動画を視聴できるサイト!2020版リメイク新作品を一気見!

アニメ

この動画を無料視聴するなら
ここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信

31日以内に解約すれば
料金は0円無料です

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

ひぐらしのなく頃に業 アニメ PV&公式YouTube動画

「ひぐらしのなく頃に業」PV第3弾

ひぐらしのなく頃に業 無料でアニメ全話見逃し視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
u-next31日間無料
見放題配信
月額2,189円(税込)
hulu×14日間無料
月額1,026円(税込)
FOD初回2週間無料
見放題配信
月額976円(税込)

ひぐらしのなく頃に業 アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ひぐらしのなく頃に業のキャスト・スタッフ

<CAST>

  • 前原 圭一:保志総一朗
  • 竜宮 レナ:中原麻衣
  • 園崎 魅音・詩音:ゆきのさつき
  • 北条 沙都子:かないみか
  • 古手 梨花:田村ゆかり
  • 大石蔵人:茶風林
  • 富竹ジロウ:大川透
  • 鷹野三四:伊藤美紀
  • 入江京介:関俊彦

<STAFF>

  • 原作:竜騎士07/07th Expansion
  • 監督:川口敬一郎
  • シリーズ構成:ハヤシナオキ
  • キャラクターデザイン:渡辺明夫
  • 音楽:川井憲次
  • プロデュース:インフィニット
  • アニメーション制作:パッショーネ
  • 製作著作:ひぐらしのなく頃に製作委員会

(C)2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会

ひぐらしのなく頃に業のあらすじ

「ひぐらしのなく頃に」PV第1弾

都心から遠く離れ、
色濃く残る自然に囲まれた集落、
雛見沢村。

かつて、
ダムの底に沈むはずだった村は、
今もなお昔と変わらない姿で、
転校生・前原圭一を迎え入れる。

都会で暮らしていた圭一にとって、
雛見沢の仲間と過ごす
賑やかでのどかな生活は、
いつまでも続く
幸せな時間のはずだった。

一年に一度行われる村の祭り、
綿流し。

その日が来るまでは…。

昭和五十八年、六月。
ひぐらしのなく頃に。

日常は突如終わりを告げ、
止まらない惨劇の連鎖が
始まる──。

ひぐらしのなく頃に業の各話紹介

第1話 ― 鬼騙し編 其の壱 ―

昭和五十八年の六月。

雛見沢に引っ越してきた圭一は、
村に住むレナたちとの
新しい生活を楽しんでいた。

そんな六月のある日、
圭一はダム工事現場の跡地で、
偶然出会った写真家の富竹から
不穏な話を聞かされる。

美しい田舎の風景、可愛いヒロインと共に学園生活をおくる主人公の日常にすこしずつ違和感が足されていく展開に不気味な魅力を感じました。普段は可愛いのに、ときに別人のように冷たい態度を一瞬だけ覗かせる竜宮レナの異質なキャラクター性が目立っていました。演じた中原麻衣さんのスイッチのオンオフがみえる芝居もすばらしいものでした。平和にしか見えない村で、その昔謎の殺人事件がおき、まだ死体の腕が見つかっていないという情報が分かるのは怖かったです。都会からきた主人公のみは詳しい経緯をしらないのも印象的です。事件のことを知っている学校の仲間たちは腹にどんな思いを秘めているのかという不安が生まれる展開に引き込まれました。
30代男性


序盤は平和な日常、ほのぼのとしたシーンが流れており、明るい雰囲気しか存在しない状況だったものの、中盤くらいから徐々に雰囲気が変わり、不穏な空気が流れ始めます。こういったギャップの部分こそがこのアニメの魅力であり、面白いところだなと感じられました。都会とは違う、田舎だからこそ不気味な感覚がより強く感じられてきていると思うのです。したがって、このロケーションという部分に強い印象を抱いたアニメです。また、主人公の前原圭一と竜宮レナ、園崎魅音の3人は非常に仲がいい友達同士という光景に見えましたが、その関係が徐々に崩れていきそうな雰囲気は感じられました。この先の展開が非常に楽しみになってきたと思います。
30代男性


まずエンディングテーマが印象に残りました。最後の方で不気味なシーンがあったのですが、そのシーンにかぶるように雰囲気のあるエンディング曲が流れてきて、この作品の方向性が一気に固まった瞬間だと感じました。見る前ははよくある可愛い女の子がたくさん出てくるアニメだと偏見を持っていたのですが、第一話の冒頭シーンからそれは覆され、興味を惹かれました。好きなシーンは、圭一の母親が圭一は雛見沢に引っ越してきたからよく朝ご飯を食べるようになったわねと言うシーンです。これから始まる恐ろしい物語と平和の象徴の対比が心に残りました。レナたちの知らない、と言うセリフも不気味でした。何か隠していることが見え見えです。今後も期待しています。
20代女性


第2話 ― 鬼騙し編 其の弐 ―

かつて雛見沢村で起こった
ダム工事にまつわる事件のことを
知った圭一は、その日以来、
まるで自分を見張るような
レナの視線に気づき、
得体の知れない恐怖に
苛まれるようになる。

梨花の異次元での言葉「100年では足りなかった?また繰り返すの?」という事に、とてもこのストーリーの肝が隠されている様な気がしていますが、全然意味が分からずでモヤモヤしています。そして、かわいいばかりの圭一の同級生の女の子たち・・っていうイメージから、少しずつ本性?がちらほらと見受けられるようになってきて段々と怖さが出てきている感じですね。転校してきて何も知らなかった圭一と同じく、本作を初めて観ている自分も同じ立場で観ているので、徐々にレナたちへの不信感が出てきています。特に、レナの普段とは全く違うマジな口調での「大丈夫だよ」も顔が見えなく口元だけなので、更に怖い感じがヒシヒシと伝わってきます。また、過去のダム計画での事件の事も、その雛見沢の誰とどんな原因で起こったかがとても気になり、毎回、次回の展開が見逃せない作品です。
50代女性


リカちゃんがもう犯人がわかっている状態で話が進んでいるので、富竹さんは意味深に撫でられていましたが、また今回も死んでしまうのか、生存できるのかがこれからの見どころかなと感じました。まだ新作とは思えないくらいに話の内容に目新しいところはありませんでしたがこの後の展開が全く読めないので本当によく出来た作品だと思います。恐怖心を煽る演出のパワーアップだけは抜かりないなと思いました。冒頭から犯人がわかっている発言がでてきなのが本当に意外でしたので、今回はもしかしたらまた別の人が黒幕になっているのかもしれないと思うとワクワクします。リカちゃんの演舞が凄い美しくなっていると思いました。オープニングはかっこよく、エンディングはイラストが綺麗で、これからも期待大です。
20代女性


昔ながらの風習に則って行う村のお祭りのシーンは、光のエフェクトを綺麗につかって表現していてよかったです。森や川がおおい自然のなかでおこなう儀式に日本的形式美を見れて癒やされました。ヒロインたちが着物衣装で登場するのも可愛らしかったです。皆で祭りの屋台の商品をたべるシーンはコミカルなテンポで描かれてとてもよかったです。皆が平和に過ごす裏で何かを調べているようにもみえる富竹のアクションが気になるものでした。明るく楽しい展開をたくさん描きながらも、その裏に潜む謎の事件を追う闇の一面もみれた変わった仕掛けの物語展開だと思えました。健一がやや気にしている昔に起きた事件の真相がいったいどういうものかが気になりました。
30代男性


第3話 ― 鬼騙し編 其の参 ―

綿流しの演舞が終わり、
圭一はレナに連れられて沢に降りる。

村の守り神・オヤシロさまへの
感謝を口にするレナに倣って、
圭一も綿を流す。

その翌日、圭一の元に
大石と名乗る刑事がやってくるのだが…。

今回は、アニメ第一期の鬼隠し編と内容はほとんど同じでしたが、いくつか違う点がありました。そこがこれからどう物語に関わっていくのか楽しみです。主人公の圭一が大石と出会い、雛見沢の事件のことを知り、周囲の人間へ疑問を持ち始めるところがやはり見ていてワクワクする部分でした。また、今回はひぐらしのなく頃にを第一期から見ているファンにとってはお馴染みの有名なシーン、レナの「嘘だっっ!」が新作バージョンで見れたのは嬉しかったです。新作とあって、今までとは違う新たな見せ方をどのようにされるのか、今の時点では全くストーリーの展開が分からないので、これから主人公たちはどうなっていくのかそこが一番の期待しているポイントです。
20代女性


りかちゃんの綿流しのお祭りの儀式のシーンをあまりちゃんと見た印象がなかったのでこんなに尺をとって見せてくれたのが嬉しかったです。綿流しの情景のイラストがかなり綺麗で驚きました。また、礼奈と圭一が恋愛的にクローズアップされているのも珍しかったのでドキドキできたのも良かったです。鬼隠し編に流れは似ているのに所々違うところが沢山あり、このあとの展開にも期待できます。富竹達のことをみまもる礼奈は鬼隠し編にはなかったので不穏でとても怖かったです。この怖さがひぐらしのなく頃にという感じでとても好きです。部活動とみんなのホンワカした描写もいつもより多くてみんな可愛らしいです。このギャップもひぐらしのなく頃にの魅力の一つだと感じました。
20代女性


綿流しの場面から始まる3話は圭一がレナやミオンに対して疑念を持ち始めるところが描かれています。祭りの場面はほのぼのとしたパートなのですが、後に圭一は富竹と鷹野が失踪したことを岐阜県警の大石から聞かされてショックを受けます。また大石から雛見沢の人々は祟りを信じていることやそれにまつわる過去の事件についても教えられ、ますます自分と雛見沢地区の人たちとの価値観の乖離を意識するようになっていきます。やはり3話では圭一と大石の社内での会話が面白かったです。電話で二人が話しているのも今後の展開を知るものとしては少し興奮する材料でした。ラストで圭一の家にレナが侵入していたことを父親に聞かされた圭一は疑念が確信に変わったのではないかと思います。そこでのレナは本当に不気味で、今後にますます期待です。
30代男性


第4話 ― 鬼騙し編 其の四 ―

日に日に疑心暗鬼を募らせる圭一は、
朝迎えに来たレナと
顔を合わせることができず、
学校を休む。

それでも仲間である
レナを信じたくて葛藤する圭一に、
思わぬ人物が声をかける。

それまでの楽しかった日常が一気にくずれさる衝撃的な展開だったと思います。後半は特に怖かったです。健一が同級生のレナに対して徐々に不信感を抱き、その中でもやはり仲間だから信じないといけないと苦悩する心理がよく見えたのが特徴的でした。疑いと信頼が交差するリアルな人間心理が見えました。両親が留守となった健一の家を訪ねるレナが可愛い同級生にも見え、一方では恐ろしい狂人にも見えるシーンが印象に残ります。たくさん積んだ重箱の弁当の中身が、殺人に用いる数多のアイテムだったのにはビックリました。それまで可愛い女子だったレナが表情も声色もかえて健一に襲いかかる瞬間はトラウマにもなるレベルで恐ろしかったです。謎の事件がもっと謎になる闇の展開は興味ふかいものでした。
30代男性


4話は前回と違う点がたくさんありましたが、その中でも興味深かったのは梨花が圭一に助言をしていたところです。その助言を受け入れ、レナを疑うのを辞めていたので今回は誰も発症しないんじゃ?と思いました。鬼隠し編で発症する原因になったものを解消していっているというのが前半の印象でした。その後レナが圭一宅に訪れてレナが襲うシーンが来ました。レナの発言的に父親を助けるために間宮リナに手をかけていて、今回はレナが発症する物語かと思いましたが、圭一の入院シーンで引っ掛かるところが多すぎるので伏線回収するのに何回も見返しました。梨花の死に方が鷹野のやり方と違うのでそこも謎です。今後どうやって伏線を回収していくのか楽しみすぎます。
20代女性


10年ほど前に人気を博した作品ですが、現在のより鮮明な作画によって作り直されたということがまず嬉しいです。ひぐらしシリーズは一応OVAも含めて全話視聴していますが、今回のアニメシリーズは原作ゲームですら描かれなかった完全オリジナルということでとても期待しています。今回の話では、前回までオリジナル一期の始まりの展開に沿った形で進んでいた物語が、少しずつ別の方向に動き出したという予感を感じさせました。ひぐらしのなく頃にシリーズにお馴染みの、おなじみの狂気描写や流血場面も遺憾なく発揮され、3話まで基本的に萌え日常路線で進んできた物語が急激に方向転換し、どんどん面白くなってきています。今回の世界線では結局狂気による死と言う結末に至ってしまったレナを始めとする登場人物たちですが、次からの展開でこの悲劇の結果がどのように回収されていくのか、今から楽しみです。
30代男性


第5話 ― 綿騙し編 其の壱 ―

昭和五十八年六月のある日、
圭一は魅音とレナからの電話で
興宮へ呼び出される。

部活の一環としてゲーム大会を
楽しんだ圭一は、参加の謝礼として、
意外なプレゼントを手にする。


第6話 綿騙し編 其の弐

不良に絡まれてしまった
圭一を救ったのは、詩音と
雛見沢の住人たちだった。

詩音は戸惑う圭一に、
村を沈めることになる
ダムの工事計画と闘って勝利した、
雛見沢村に代々受け継がれる
団結の歴史を話す。

しおんの格好がバイトの制服にしては露出が高いなと感じました。でもスタイルがいいからとても似合ってるのがいいなと思いました。彼女が言った「私がピンチになったら助けに来て欲しい」という言葉は圭一を笑わすためとは言っていたけれども半分本気のような気がします。何か予感があったのではないかと思いました。圭一としおんが電話で話してるときに彼女の目を移さない、口元だけなのか不気味でした。意味深な描写でした。しおんと店で会ったときのみおんの様子で、顔が赤くなっている様子が普段とのギャップもありとても可愛く思いました。やはり双子なだけあって見た目が似ているけれども、性格が全然違うのが不思議です。しかし違うが故に、あまり仲も良くないのかなと思いました。人間関係も詳細に設定されていてとても面白かったです。 
20代女性

第6話は、主人公前原圭一が園崎詩音に誘われてデートをするストーリー。前話からもったいぶるように言及されていた重要な設定が明らかになるどんでん返しが見事でした。即ち「園崎魅音と詩音は同一人物であり、魅音が二役を演じているだけ」という話が視聴者を含めてのお約束だったのに、まさかの「本当に双子だった」という答えが示されたのです。マニアの視聴者としては、今更双子だったなんて事実を提示され、前の話を見返せば新事実や伏線が分かるかもしれないとの考察欲求を刺激されることでしょう。重大な設定を後半で提示するのは、並行して相反したストーリーが進む「ひぐらしのなく頃に」ならではの展開と言えると思いました。
30代男性

旧作を観ているはずなのに、どっちが魅音でどっちが詩音なのかわからなくなります。彼女たちの入れ替わりにはいつも混乱するしかありません。今はいったいどっちなんだ…と思いだすともうそこから疑心暗鬼です。多分お弁当は魅音…だと思いたい。しかも今回はルート分岐回。祭具殿に入っていってしまう圭一を梨花ちゃんにどうにか阻止してほしかったけど、まあ演舞中なんで仕方なし。というか、もうすでに諦めを感じだしてしまってます。なんとか魅音に渡した人形が活躍してくれればいいんですが…望み薄なような。とにかく信用できるキャラがほぼいないんで、全部梨花ちゃんへ期待を向けてしまう。だけど彼女の身体は非力な少女でしかないので、とてももどかしいです。
30代女性


第7話 綿騙し編 其の参

詩音に誘われて綿流しの
奉納演舞を抜け出した圭一は、
診療所の看護師・鷹野と偶然出会う。

彼女の提案で、圭一は
不可侵となっている
祭具殿に忍び込む。

そこで、圭一は雛見沢の
恐ろしい伝承を聞かされる。

鬼隠しにまつわる昔の風習について鷹野の言っていた内容は、なんとも怖いものでした。雛見沢に生贄の風習があったなんて、だから綿流しのお祭りに毎回人が亡くなっていたのかと納得しました。その話もただの「作り話」だけのような雰囲気でもありましたが、その後の詩音の言葉にはゾッとするものがありました。なぜ圭一を含めた4人がおやしろ様の犠牲者の最有力候補って言いだしたのか、笑っていたけれど冗談ではない力強さがその言葉には含まれていました。しかし、鷹野と富竹が行方不明になった以外にも村長が行方不明になってしまって、それは何を意味するのか、なんだか複雑な進行に圭一と同じように少し混乱しています。更に豹変した梨花の言う、「この世界は全部終わってしまっているという」言葉の意味もこれからの展開のヒントになるのでしょうか。各人の思惑がなかなかつかみきれず、これはもう最後まで目を離さず観て行かなければと思っています。
50代女性

綿流し祭にまつわる話がこれでもかと言うくらい不気味で背筋がゾッとしました。圭一がびびるのもしょうがないなと思いました。でも、私はそれと同時に怪談話を聞いている時みたいなワクワク感を覚えました。詩音が誤ってオヤシロ様を倒した時はめちゃくちゃ焦りました。登場人物の些細な言葉や行動だったりがどれもこれも不吉な物を引き連れてきそうな予感がして気が気じゃないです。不穏な空気感もひぐらしのなく頃にらしくて個人的には好きだなと思いました。心配そうな顔で圭一のところに来た梨花ちゃんが凄く可愛かったです。そうかと思ったら表情を変えて恐ろしい言葉を次々言うから面食らってしまいました。話がどんどん怖くなっていくのが楽しくてテンションが上がってきました。
20代女性

梨花ちゃんが暗黒の色を目に宿して微笑んでいるのが怖かったです。でも怒りたくなる気持ちもよくわかります。大切な友達を守るために必死で惨劇を回避しようと手を尽くして、人形も渡せて少し安心したと思いきやコレ。圭一だけが悪いわけじゃないけど、梨花ちゃんの度重なる心労や今後の仕打ちを考えると可哀想でなりません。村長もやっぱり行方不明になってしまったし、今回ももうだめなんでしょうか。ここまでバッドルートが構築されていくと、魅音への人形くらいじゃどうにもならないような気がします。詩音の怪しげな動き、圭一も冷静さを欠きだして、梨花ちゃんは諦めと怒りで投げ出し状態。お先は真っ暗ですが、でもやはりどうにか頑張ってほしいです。
30代女性


第8話 綿騙し編 其の四

古手神社内にある不可侵の祭具殿に
入ってしまったことを後悔する圭一は、
鷹野や富竹のように自分も鬼隠しに
遭うのではないかと脅えていた。

そんななか、村長に続いて
新たな行方不明者が出てしまい…。

登場人物の発言や行動の一つ一つがどれも怖く思えて背筋がゾッとしました。魅音の「あの子が元凶、あの子が殺そうとしている、私が祟りを終わらせる」が不穏で恐ろしくて鳥肌が立ちました。でも、この空気感がひぐらしのなく頃にの言わば醍醐味的な感じでもあるなと思いました。誰を信じていいのか分からない、まさに疑心暗鬼の中で魅音だけが味方サイドに見えました。普通に考えたら監禁なんておかしいなと思うけれど、圭一を助けるためだっていう魅音の発言を信じたいという気持ちになりました。大石さんに聞かされたあまりにも惨い話がある意味たまらなかったです。魅音が圭一を助けたのか、それともただの殺人鬼だったのか、圭一と一緒になって混乱しました。話が進むにつれて複雑化していくので本当に面白いです。
20代女性

毎度のことながら、最後は何かあるだろうと、ドキドキしながら見ました。リカちゃんを探してる時に圭一が、見るからに怪しいドアを触っているのですが、開けなくてよかったと思いました。魅音の家で連れて行かれる場所も、明らかに怪しい場所。魅音が信じてと言っていた場面、圭一同様、私も騙されました。もとい信じてしまった!あの家の人間は、物騒な物がたくさん家にあるんですね。好きな人を閉じ込める場所が、尋常じゃないです!あのまま、あそこにいたらどうなっていたか、恐ろしいですね。結局、リカちゃんが、どうして圭一のしたことがわかっていたのか、謎のままでした。怖いとわかっているのに、面白くて、どうしても続きが見たくなってしまいます。なんだかんだと作品にハマっているのかもしません。最終話まで、目が離せません。
30代女性

今回はなかなか伏線がばら撒かれた回でした。水車が反対方向に回りだしたり些細な芝居などさりげなく既存と物語の観点を摩り替えていかれている感じがしたのでその微妙な調整が絶妙で見ていて面白かったですね。謎の多い回で見ごたえがありましたし、そんな中でも魅音のいう大好きという言葉は必ず嘘はないだろうと私は信じています。その前に圭一が生存していたりと驚きの展開でもありましたが。今後の鍵を握るのは沙都子でまちがいなさそうです。間接的に描写することで大石と圭一の話から順番に消されていった画を写していくのも凝った演出だと思いましたね。やはりこのアニメはこうでなくてはと思える回でしたね。私も一視聴者として今回は良い回だったと思います。
20代男性


第9話 祟騙し編 ―其の壱―

圭一は些細な言い争いから、
沙都子と料理勝負をすることに。

自宅で料理を失敗したところを
沙都子と梨花に助けられた圭一は、
沙都子の普段見せない家庭的な
一面を垣間見ることになる。



本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました