007 サンダーボール作戦 ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

007 サンダーボール作戦をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

007 サンダーボール作戦 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

007 サンダーボール作戦 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

007 サンダーボール作戦 キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェームズ・ボンド)
ショーン・コネリー
(ドミノ)
クローディーヌ・オージェ
(エミリオ・ラーゴ)
アドルフォ・チェリ
マルティーヌ・ベズウィック
ルチアナ・パルッツィ
リク・ヴァン・ヌッター
バーナード・リー
ロイス・マクスウェル
デスモンド・リュウェリン

<STAFF>

監督
テレンス・ヤング
原作
イアン・フレミング
音楽
ジョン・バリー
脚本
リチャード・メイボーム
ジョン・ホプキンス
ジャック・ホイッティンガム
製作
ケヴィン・マクローリー

© 1965 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

007 サンダーボール作戦 あらすじ

原爆を積んだNATOの飛行機が
ボンドの宿敵・スペクターに奪われた。

そして、米英の首脳に対し、
一週間以内に一億ドル支払わなければ
アメリカに原爆を落とすと脅迫する。

事件の解決を命じられたボンドは
調査の結果、バハマ諸島が怪しいとにらむ。

007 サンダーボール作戦 ライターコメント

小学生の私はテレビのスパイもの番組に夢中でした。だからそんな私を、父はこの映画に連れて行ってくれたのでしょう。裸の女性が水中を泳ぐオープニングシーンは、子供にはショッキングに過ぎました。「こんなの、映画館で映してもいいの?!」とは、忘れもしない第一印象です。でもそれ以上にショーンコネリー扮するジェームズ・ボンドのカッコ良さに、私はすっかり魅了されてしまいました。現実と想像の世界がゴッチャになるのは子供の常で、殺しの許可証を持つスパイは実在すると私は信じてしまいました。登場する新兵器である水中戦車や水中ソリ、それにボンドが背負う推進器・水中銃装備の酸素ボンベも、私には垂涎の的でした。水中戦車のプラモと水中ソリの玩具を、少ない小遣いを貯めて手に入れ悦に入ったものでした。いいえ、決して子供向け映画ではなく、立派に大人の視聴に耐える映画ではあります。小学生の男の子が還暦を過ぎる歳になるまで、テレビの録画やDVDで何度となく観て楽しめたのですから。
60代男性

美しい南国や蒼い海、そこで繰り広げられる、シリーズ初の水中アクションが見事でショーンコネリーの格好良さが感じられました。水中の中での、文字通りの息詰まる攻戦でした。サメが迫って来る様子はリアルに怖さを感じました。船の上でのボンドとラルゴの決戦はハラハラドキドキしながら見ることが出来ました。ボンドガールがタイプの違う2人の女性が出ているのも楽しむことが出来ました。話のスケールがとても大きく見ているとこの時代のことが感じられる作品になっていました。ショーンコネリーさん演じるボンドがやはり一番ボンドらしいと感じます。映画の中で一番だったのはやはり海中での戦いでとても迫力があり印象深いシーンになっています。
50代女性

スピーディに次々と変わる場面展開は最近のアクション映画に劣らないくらい巧いです。『ネバーセイ・ネバーアゲイン』でリメイクもされていますし、映画史に残る名作と言えると思います。空軍基地でNATOの爆撃機を略奪するシーンやバイクからミサイルが射出するシーンなんかは古さを全く感じませんでした。(ちなみにそのバイクに跨る金髪女性のイメージは、ルパン三世の峰不二子にも影響を与えているそうです。)敵組織スペクターの悪役ラルゴの存在感もとても良かったですし、ロケットパックやジェットスクリューを搭載した酸素ボンベなどの秘密兵器も面白かったです。本作のクライマックスである、水中戦の舞台がバハマのナッソーというところなのですが、ショーン・コネリーは後年そちらに居を構えたのだそうです。彼自身もこの作品にただならぬ思い入れがあったのでしょうね。
40代男性

007シリーズの映画4作目となる作品です。原子爆弾を2基つんだNATOの爆撃がスペクターに奪われてしまい、それをボンドとCIAが手を組み取り返すというシンプルなストーリーです。ショーン・コネリーのボンドもダンディで渋くて、一番脂がのっている印象を受けます。話の前半はコミカルで楽しい感じで、ボンドも任務にあたりながらも、バカンスを満喫してる感じがとてもいいです。後半はスピーディな展開でアクションシーン多めで、特に水中での戦闘シーンは見ごたえ十分です。ボンド・ガールのクローディーヌ・オージェもボンドシリーズ上位入る美貌。見ててうっとりします。ツッコミどころ満載の内容ですが、コネリーボンドはやっぱり余裕があってカッコいですね。
40代男性

007史上最大の観客動員数、興行収入を叩き出したのがこのサンダーボール作戦と言われています(インフレ調整済)。イギリス空軍の核爆弾をスペクターが盗み出して全世界を脅迫、その核爆弾をいかにして奪還するかという話です。好きなシーンは後半での永遠と続く水中アクションです。当時の技術であのシーンをよく撮影したなと思うくらいの出来。そしてこのシーンで流れる音楽も素晴らしい。まぁ全編に渡って音楽は素晴らしいんですけど。また007といえば現実には存在しない乗り物や小型兵器が登場しますが今作登場のジェット・パックは映画公開当時まだ実用化されておらず試作品として登場していますが19年後のロス五輪で実用化されています。
30代男性

この時代に、この映画は、まさに凄いとしか言いようがないと思います。シチュエーションとか。今回4作目は、新たなダイビングの要素があって、とてもカッコ良かったです。それにしても、相変わらず、ボンドガールは、美しいです。しかしながら、水中戦とは、新しいと思いました。迫真の演出に、全体が仕上がっていました。おそらく、この当時の人は、スキューバー・ダイビングが、憧れだったんだろうなぁと、思えるくらいな、ストーリー展開でした。毎回思うのは、技術やトレンドで遊ぶ、大人の遊びという姿勢が、趣味趣向があって、とても良いです。作品としては、今回で、また新たな一歩の階段を上ったのでは?と思います。何度観ても、ハラハラドキドキの名作品です。
40代男性

大人気スパイシリーズ映画007サンダーボールは、カリブ海バハマを舞台にしたボンド映画史上最高のヒット作です。もちろん主演はショーンコネリー!今回の肝となるアクションシーンはなんと海中でのボンドとアメリカ海軍ネイビーシールズVS国際的犯罪組織スペクターとのバトルです。水中でのアクションだと、地上での戦いとは違い水圧の関係で、全ての動きに制限が出てしまい鈍くなりがちな状態での、アクションの見せ方は見事ですし、あの時代や状況下でのアクションをこなした演者さんたちは素晴らしい!水中銃での撃ち合いや空気ボンベのホース切りなどの闘いっぷりを見せてくれます。ボンド映画ではQの作り出すスパイ道具の発明にも驚かされますが、その他にも悪の拠点となる要塞などのインテリアデザインの秀逸さにも一見の価値は充分にあります。タイトルロールで主題歌が流れてきますが、トムジョーンズ歌唱のサンダーボールは曲が急遽作られた上、時間のないなかでのレコーディングに望んだ結果、歌いきって卒倒したという有名なエピソードを頭の片隅に置きつつご覧いただければ絶唱の主題歌の良さがより引き立ちます。
40代女性

隠しギミックがたっぷりのスパイグッズ、どんなに危機的な状況に追い込まれてもジョークとユーモアを忘れないジェームズ・ボンド、相変わらずのプレイボーイっぷりを遺憾なく発揮するジェームズ・ボンドなど007としての魅力が詰め込まれた作品です。前作は結構コミカルに描かれていた分、路線をもとに戻して割とシリアスな感じでストーリーが展開していくので緊張感もあって良かったです。アクションにスピード感を持たせるために、早回しをところどころ使っていたり編集でカットを多めに使っているところがあります。ただしきちんと見やすい範囲内に抑えられていますし、それによってアクションシーンの迫力も上がっているのでこの試みは大成功だと思います。 
20代男性

ジェームズ・ボンドの魅力の1つとして、どんなにピンチな状況であっても軽口を叩いたり自分の服装の乱れを気にするという余裕な感じが挙げられます・そしてこの作品のジェームズ・ボンドにはその余裕感がたっぷり現れていて、敵側の女も口説き落として魅了してしまうという男らしさもあります。普通だったらあり得ないだろうと思うくらいのモテ具合なのですが、ショーン・コネリーのダンディな顔つきとエレガントな感じが説得力を持たせていい感じです。そしてジェームズ・ボンドとしての魅力が発揮されているだけではなく、この作品はアクションシーンでも斬新な演出に挑戦しています。それが一番よくあらわれているのが、水中での戦いです。CGがまだ発展していない時代だからこそ、本当に水中に潜って戦っているリアルな感じが画面を通して伝わってきて良かったです。 
20代男性

スペクターに強奪された原子爆弾を奪回すべく、ボンドが西インド諸島バハマで活躍します。バハマでボンドを待ち受けるスペクターNo2のエミリオ・ラルゴには、イタリアの個性派俳優アドルフォ・チェリが黒眼帯と強面で演じ、敵役に重厚感を持たせボンドとの対決に期待を抱かせます、そしてボンドガールはフランス美人女優、クローディーヌ・オージェがラルゴの情婦ドミノ役で品のある魅惑を放ちます。バハマの海を使った今回最大のアクションシーンは、CGなどない時代に撮影された長時間にわたる水中バトル、鮫の恐怖や美しい海底を撮しながら、敵味方入り乱れての水中銃とナイフでの戦いとなり息詰まる臨場感を生み出します。そしてクライマックス、ボンドとラルゴのクルーザーでの一騎打ちも迫力あるものになっています。お約束の新兵器もロケットベルト、アストンマーチンDB5、水中ジェットパック、ガイガーカウンター付腕時計などワクワクする物が多数登場しボンドの活躍を助けます。
50代男性

主題歌の題名は映画と同じ「サンダーボール」。歌っているのは当時、人気急上昇中だった若き日のトム・ジョーンズ。10歳でこの映画の虜になった僕は、音楽に興味を持ち始めるハイティーンになると、この歌手に魅了されました。映画サンダーボール作戦の興奮が彼の歌で蘇るのです。そのド迫力の声量と本格派の歌唱力に心を揺さぶられ、それが音楽に対する僕の興味の入り口となってので、友達たちが和製フォークソングを歌う中、一人密かに僕は洋楽に傾倒していきました。一方でこの映画で一番気になったのが、ボンドの敵スペクターNo.12フィオナ役のルチアナ・パルッツィ。「何て綺麗なヒトなんだ。すごいグラマーだし。」と一目惚れでした。彼女は当時28歳ですが、ボンドをセクシーボディで篭絡する現場の女ボスという役柄のせいもあったのでしょう、年上女性の妖艶さに僕はノックアウトされました。本格派の洋楽とグラマーな熟女が大好き、という現在の僕の性向は、映画サンダーボール作戦が原点なのです。
60代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました