007は二度死ぬ ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

007 007は二度死ぬをネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

007は二度死ぬ 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

007は二度死ぬ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

007は二度死ぬ キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェームズ・ボンド)
ショーン・コネリー
(アキ)
若林映子
(キャッシー鈴木)
浜美枝
(タイガー田中)
丹波哲郎
(ブロフェルド)
ドナルド・プレザンス
バーナード・リー
ロイス・マクスウェル
デスモンド・リュウェリン

<STAFF>

監督
ルイス・ギルバート
原作
イアン・フレミング
音楽
ジョン・バリー
脚本
ロアルド・ダール
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

© 1967 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

007は二度死ぬ あらすじ

米ソの宇宙カプセルが
謎のロケットに捕獲され、
軌道上から姿を消す事件が続発。

イギリス諜報部は、
その妨害ロケットの基地が
日本にあることを突き止める。

ボンド東京に飛び、
日本の諜報機関に所属する
タイガー田中の協力で調査を開始するが…。

007は二度死ぬ ライターコメント

毎回趣向を凝らしたトリッキーな発想で視聴者を楽しませてくれる007シリーズの中でも、指折りの奇想に満ちた作品だと思っています。本作の舞台は日本。謎の日本人女性と恋に落ちたボンドが武術の訓練を受け、忍者の装備をまとって戦うという、西洋人の思い描く間違った日本をこれでもかと詰め込んでような脚本で、実際の日本人であるこちら側は苦笑せざるを得ないような場面もしばしばです。このような一見コメディ風の演出の原因は、何を隠そう「チョコレート工場の秘密」のようなダークユーモアに満ちた作風で有名なイギリスの作家ロアルド・ダールが脚本を務めているためなのです。いつものシリアス路線からは一歩離れた変わり種の007シリーズとして、映画ファンならばぜひ見ておくべき作品だと思います。
30代男性

007シリーズ第5作目の本作は日本が舞台となりますが、当時の欧米人の日本に対するイメージや解釈がトンデモないことがあちこちに見受けられるいわば”カルト的作品”に仕上がっていると思います。ショーン・コネリーが日本人に変装して誰にも気づかれなかったり、休火山(ちなみにロケ地は鹿児島の新燃岳だそうです)のなかに敵組織スペクターのアジトがあってヘリやロケットの発着時に火口が開くなどといった、007シリーズ史上でも屈指の荒唐無稽な展開になることを覚悟して観ればきっと楽しめると思います。私が本作を初めて観たのは小学校低学年の頃でしたが、子供だった自分は当時すごく夢中になった記憶があります。また、本作の公式なボンドガールは浜美枝さんとされていますが、個人的には若林映子さんのほうがボンドガールに相応しいと思えるくらい魅力的な女性を演じておられました。近年観返してみると、その美貌は現代の女優にも劣らないくらいに綺麗だと思います。
40代男性

日本を舞台にした作品で、外国のスタッフが日本をどう見ているのかが分かり、とても興味深いです。確かに首を傾げたくなるような場面がありますが、大人の漫画といえる007シリーズなので、愛嬌として見ることができます。ボンドガール役の若林映子さんと浜美枝さんは難しい外国作品の出演ながら熱演でした。特に若林さんは顔が日本人離れしているせいか、ほとんど違和感なく感じられます。大袈裟な演技でなく、ごく自然な立ち居振る舞いで好感が持てます。丹波哲郎さんは、日本映画に出ている時と変わらない雰囲気で、思わずニヤリとしてしまいます。ラストの鹿児島での場面はもうちょっと工夫が欲しかったです。アクションも単調な感じがして惜しかったです。東京オリンピック後の高度経済成長している東京の街並みを鑑賞できることも楽しめます。
60代男性

まず 作品公開当時ジェームス・ボンドの俳優であった、ショーンコネリーさんが亡くなられました。謹んで哀悼の意を表します。もしかして、あちらで先に行かれたQのデスモンド・リュウェリンさんと新作作られるのでしょうか・・・ さて、シリーズ5作目これは貴重な作品です。主役が日本。もちろん土地だけではありません。ボンドカー(トヨタです。車種は何であるかは本編をお楽しみに! )その上もボンドガールも日本人二人、その上日本の諜報機関のボスで丹波哲郎さんに出演されてるし ボンドが、国技館で待ち合わせの道中にチケットを渡してくれる人も相撲が詳しい方ならわぁーとなるそうです。この国技館の待ち合わせ相手と出会うまでのシーンは、007シリーズ有数のほのぼのしたシーンだと思います。升席にボンドの体格では、明らかに狭いながらも辿りつけてホッとするボンドが可愛らしく見えてきます。特殊兵器とQが来日した時の皮肉を込めた第一声もご注目 ハイテク兵器も少ない頃の作品 世代問わず見やすい作品だと思います。 最後に一つ注意 なぜボンドが日本へ行く事になったか、よく聞いておいて下さい。途中 M以外もその関係で話が続きまして007シリーズ見慣れた方なら良くある事と受け入れられるけど、最近見始めた初心者さんには抵抗あるかもしれません。ですので、もし見始めて話がわかり難いと感じたら、Mの説明を覚えておいてタイガー田中(丹波哲郎さん)がまさかな所にある秘密基地でボンドと出会い状況の説明をするまで我慢して下さい。
40代男性

シリーズ5作目にしてなんと驚きの日本が舞台になってボンドが奔走します。もちろんボンドガールも日本人で浜美枝、若林映子が登場し、シリーズのボンドガールと比べても文句なしの美貌です。ストーリーは相変わらずハチャメチャな感じはありますが、アクションシーンに忍者を絡めたり日本っぽさを存分に表現しています。当時の海外からみた日本はこんな感じなのかなと思わせる作品です。ボンドの相変わらずの女好きとアクションシーンの派手さは日本が舞台でも健在で、何も考えずに見ることができます。シリーズの中でも日本が舞台なのはこの作品だけなので、海外作品に日本の随所が登場するのは感慨深いものがあります。日本人なら1回は是非見てください。
40代男性

まず印象に残るシーンはボンドが潜水艦に回収された際もスーツ姿だったところです。先ほどまで海に沈んでいたにも関わらず場所に不釣り合いな格好はコメディ感が強くスパイ映画である事を忘れてしまいました。また今作はボンドより日本の諜報員タイガー田中がとにかくかっこいい点です。強キャラチックに登場し、物語中結構活躍するのが見られるのがうれしいです。スーツも着こなすのは銀幕のスターの名にふさわしく見ごたえがあります。描かれる日本はちょっとトンデモ世界でしたが、忍者が出てきたりエンターテイメント性が高いのも評価できます。特にボンドの着物姿が拝めるのはファンとしては面白い所です。ボンドガールとのロマンスは控えめでしたが、そこがまた奥ゆかしい、やまとなでしこを連想してよかったです。
30代女性

原作はイアン・フレミング、もともとは彼本人が軍人であり、諜報員として第2次世界大戦に参戦しスパイ者の活躍を書かせたならば、卓越した上手さです。ジェームスボンドの活躍の場は、東京で現在と違い、高層ビルは少ないし、車もさほど渋滞していません。過去の日本の社会インフラも、現代と比較すると懐かしさがあります。どこかひなびた気もしますが、ボンドの登場で一気に世界が変わります。主役のジェームズ・ボンドを演じるのはショーンコネリーですが、日本側キャストは諜報機関員の丹波哲郎、今回のボンドガールの若林 映子、浜美枝などの往年の大スターです。ストーリーの内容的は、イギリス人の見た日本で、少しコミカルかも知れませんが、ボンドの「リトル・ネリー」とヘリコプターのとアクションシーンはスリリングで見ごたえ充分です。
60代男性

私が生まれる前の日本を舞台にしているのでフィクションの世界にはなりますが、雰囲気を感じ取れるところが魅力的です。主題歌は昨今の007におけるものに比べて、だいぶゆったりしたテンポで静かに歌われるため、東洋的な穏やかなイメージを表現しているのかな?とも感じます。日本を舞台にしているにも関わらず、場違いなアクション(警備員が即発砲、街中で敵の車をヘリで持ち上げて海に落とす、忍者がマシンガンで応戦など)があり、そこは良い意味でツッコミ所があると思います。なお、ボンドが協力者のタイガーと入浴するシーンがありますが、女性の扱い方や、理想の男性像のようなお話は時代を考慮すると当然ですが、現代との相当なギャップを感じます。「君に日本の入浴方法を教えてあげよう」という好意なのですが…いや、大目に見ても日本のスタイルの入浴じゃないだろ!と(笑)
30代男性

最強の諜報員ジェームズ・ボンド役には過去に数多くの名優たちがキャスティングされてきましたが、やはりショーン・コネリーの右に出る者はいません。日本を舞台にした本作ではボンドを強力にバックアップするタイガー田中役、丹波哲郎の存在感が特に光っていました。ボンドが髪の毛を黒く染めて日本人に変装して、鹿児島県の坊津にあるスペクターの秘密基地へと決死の潜入を試みるシーンには手に汗握ります。ボンドカーにはトヨタ2000GT、ボンドが日本式武術のトレーニングを受ける場所は姫路城とサービス精神も旺盛です。血湧き肉踊る冒険の数々はもちろんのこと、お約束のボンドガールとのロマンスも用意されていてシリーズ屈指の名作と言えるでしょう。
30代男性

東京オリンピックも成功を収め、高度経済成長真っ只中の日本で撮影された007、東京タワー、旧蔵前国技館、銀座通り、足を延ばして姫路城、鹿児島までロケは進みます。海外を意識しての相撲、サムライ、ニンジャも登場し、神戸港、鹿児島の漁村、霧島山新燃岳などオリエンタルな雰囲気も出しています。ボンドが日本人に変装して活躍する訳ですが、漁師姿や羽織袴、忍者装束など普段はスーツ姿でダンディなボンドにはない、ご愛嬌なカットも多く貴重な作品です。日本からは、タイガー田中役で丹波哲郎、ボンドガールには、アキ役で若林映子、キッシー・鈴木役で浜美枝が登場し、ショーン・コネリー相手に見劣りしない存在感を出します。海外のボンドガールに引けを取らない浜美枝と若林映子のキュートな女性美には思わずグッとくるものがあります。
50代男性

公開年度が私の生まれた年と同じという事でとても親近感が湧きますし、ロケ地が日本ということで撮影は1967年よりも少し前に行われたと言えほぼ自分が生まれた頃の日本の様子を知る事ができるという意味でも大変貴重な作品だとも思っています。ですのでストーリーを楽しむと共にまるで日本の旅行紀を見ているような気持ちにもなれました。今から50数年前の話なので今と比べるとかなり変わっている部分もありますが、熱海のいかにも日本を代表するリゾート地と言う雰囲気はこの当時から既に感じ以前から人気がある観光地だというのも納得がいきましたし、姫路城に関しては50数年経とうが汚れているという点以外は基本的には変わらないまま現代も存在していますので、どれだけ時を経ようが変わらずにあり続けるものがあることには大変なありがたみと安心感があります。一方では蔵前国技館は今はもうないので懐かしさを覚えました。
50代男性

数多くある007の中で最も好きで最も印象に残り何度も見たくなるほど惹かれている作品です。というのも007の中で唯一日本でロケを行ったからです。洋画でも相当人気があるこの作品のロケ地としてよくぞ日本を選んでくれたと感謝の気持ちで一杯ですし、何よりもボンドカーとして今でも1番格好いいスポーツカーと思っている2000GTが採用されたのも日本の誇りだと、日本でも既にこの時からこれほどまでにも格好いいスポーツカーを製造していたのだと世界中にアピールできた事も素晴らしいと思います。ボンド役のショーンコネリーさんが格好いいのは勿論、日本側から出演した丹波哲郎さん、浜美枝さん、若林映子さんも007に出演していても何も違和感がなく溶け込んでいて、そのように洗練された格好いい俳優さん達が当時の日本に既にいらした事はとても誇りに思います。最も驚いた事が当時の本物の大相撲の横綱や行司が出演していた事です。本物の力士が邦画に出演する事すら相当レアケースだと思いますし洋画の007ですからこの作品を鑑賞していて本物の横綱の姿が映った時には出演する事は全く知らずにいましたので、これはもう本当に腰を抜かすほど驚きました。
50代男性

ショーン・コネリー主演の007シリーズですが日本を舞台にした映画で、とても楽しめました。1960年代の日本の風景、特に農村の景色や山岳地帯などは、とても美しいものでした。東京の風景やファッションは今とかなり異なっていることを感じました。コネリー演じるボンドは、日本の社会や文化になんとかなじもうとし、時にはユーモアたっぷりにボンド役を演じ楽しんで見ることができました。共演の日本の俳優(丹波哲郎)と女優(浜美枝)も素晴らしく、この映画を盛り上げてくれました。空中での戦闘シーンや宇宙でのロケットのシーンも当時の特撮技術を使い、よくできていたと思います。当時はアメリカとソ連がどちらが、先に月に有人飛行を成功させるかを競い合っていた時代ですが、当時の時代背景や米ソの対立などもネットでサーチしてみると、この映画もより楽しく見れると思います。007シリーズも長く続いていますが、日本を舞台にしているということもあり、日本人には楽しんで鑑賞できる作品です。
50代男性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました