007は二度死ぬ ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

007 007は二度死ぬをネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

007は二度死ぬ 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを
    無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

007は二度死ぬ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

007は二度死ぬ キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェームズ・ボンド)
ショーン・コネリー
(アキ)
若林映子
(キャッシー鈴木)
浜美枝
(タイガー田中)
丹波哲郎
(ブロフェルド)
ドナルド・プレザンス
バーナード・リー
ロイス・マクスウェル
デスモンド・リュウェリン

<STAFF>

監督
ルイス・ギルバート
原作
イアン・フレミング
音楽
ジョン・バリー
脚本
ロアルド・ダール
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

© 1967 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

007は二度死ぬ あらすじ

米ソの宇宙カプセルが
謎のロケットに捕獲され、
軌道上から姿を消す事件が続発。

イギリス諜報部は、
その妨害ロケットの基地が
日本にあることを突き止める。

ボンド東京に飛び、
日本の諜報機関に所属する
タイガー田中の協力で調査を開始するが…。

007は二度死ぬ ライターコメント

毎回趣向を凝らしたトリッキーな発想で視聴者を楽しませてくれる007シリーズの中でも、指折りの奇想に満ちた作品だと思っています。本作の舞台は日本。謎の日本人女性と恋に落ちたボンドが武術の訓練を受け、忍者の装備をまとって戦うという、西洋人の思い描く間違った日本をこれでもかと詰め込んでような脚本で、実際の日本人であるこちら側は苦笑せざるを得ないような場面もしばしばです。このような一見コメディ風の演出の原因は、何を隠そう「チョコレート工場の秘密」のようなダークユーモアに満ちた作風で有名なイギリスの作家ロアルド・ダールが脚本を務めているためなのです。いつものシリアス路線からは一歩離れた変わり種の007シリーズとして、映画ファンならばぜひ見ておくべき作品だと思います。
30代男性

007シリーズ第5作目の本作は日本が舞台となりますが、当時の欧米人の日本に対するイメージや解釈がトンデモないことがあちこちに見受けられるいわば”カルト的作品”に仕上がっていると思います。ショーン・コネリーが日本人に変装して誰にも気づかれなかったり、休火山(ちなみにロケ地は鹿児島の新燃岳だそうです)のなかに敵組織スペクターのアジトがあってヘリやロケットの発着時に火口が開くなどといった、007シリーズ史上でも屈指の荒唐無稽な展開になることを覚悟して観ればきっと楽しめると思います。私が本作を初めて観たのは小学校低学年の頃でしたが、子供だった自分は当時すごく夢中になった記憶があります。また、本作の公式なボンドガールは浜美枝さんとされていますが、個人的には若林映子さんのほうがボンドガールに相応しいと思えるくらい魅力的な女性を演じておられました。近年観返してみると、その美貌は現代の女優にも劣らないくらいに綺麗だと思います。
40代男性

日本を舞台にした作品で、外国のスタッフが日本をどう見ているのかが分かり、とても興味深いです。確かに首を傾げたくなるような場面がありますが、大人の漫画といえる007シリーズなので、愛嬌として見ることができます。ボンドガール役の若林映子さんと浜美枝さんは難しい外国作品の出演ながら熱演でした。特に若林さんは顔が日本人離れしているせいか、ほとんど違和感なく感じられます。大袈裟な演技でなく、ごく自然な立ち居振る舞いで好感が持てます。丹波哲郎さんは、日本映画に出ている時と変わらない雰囲気で、思わずニヤリとしてしまいます。ラストの鹿児島での場面はもうちょっと工夫が欲しかったです。アクションも単調な感じがして惜しかったです。東京オリンピック後の高度経済成長している東京の街並みを鑑賞できることも楽しめます。
60代男性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました