ショーン・コネリー 007 ダイヤモンドは永遠に シリーズの無料動画視聴方法と公式動画配信

洋画

007 ダイヤモンドは永遠に をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

007 ダイヤモンドは永遠に 作品無料視聴リンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

ショーン・コネリー出演の関連作品

007 ダイヤモンドは永遠に キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェームズ・ボンド)
ショーン・コネリー
(ティファニー・ケイス)
ジル・セント・ジョン
(エルンスト・スタウロ・ブロフェルド)
チャールズ・グレイ
ラナ・ウッド
ブルース・キャボット
ジミー・ディーン
(フェリックス・ライター)
ノーマン・バートン
(M)
バーナード・リー
(マネーペニー)
ロイス・マクスウェル
(Q)
デスモンド・リュウェリン

<STAFF>

監督
ガイ・ハミルトン
原作
イアン・フレミング
音楽
ジョン・バリー
脚本
トム・マンキウィッツ
リチャード・メイボーム
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

© 1971 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

007 ダイヤモンドは永遠に あらすじ

アフリカから密輸された
行方知れずのダイヤを探すため、
運び屋に変装してアメリカ密輸
シンジケートに潜入したボンド。

やがて彼はティファニーという女から
ダイヤの運搬を依頼されるが、
密輸組織の黒幕は、
数々の事件で対決した宿敵
ブロフェルドだった。

007 ダイヤモンドは永遠に 配信中のおすすめサイト

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

007 ダイヤモンドは永遠に ライターコメント

ボンドシリーズ7作目の作品。ショーンコネリーの復帰作でもあり正規シリーズの引退作にもあたる感慨深いものがあります。ボンドガールは歴代策に比べると少し年上な方。美人ではあります。アクションシーンはカーチェイスのシーンの迫力がすごくて、やはりアメ車はラスベガスの街がよく映えるなと思いました。ストーリーはこれまでのがソ連から離れて、あっさりとした話でシリアスな印象を受けます。前作よりも話がわかりやすく面白いです。番外編を除いては、2代目ボンドに引き継がれるショーンコネリー最後の作品ですので、どことなく寂しさを感じながら見てしまいました。全体的にユニークでコメディタッチにしているので、ロジャームーアを意識してるのかと思われます。
40代男性

とにかく主題歌が恰好よくて耳に残ります。タイトルにもなっているダイヤモンドという鉱物が物語の核をついているのも見やすいです。個人的にボンドガールが割と俗ぽい所が好感度が持てます。ボンドに対しても割と好きだけど、たぶん宝石の方が好きなんだろうなと思うキャラがツボにハマります。この女性なら多分、残ったダイヤも捨てずにも持ってそうな所もいい感じで笑えます。意外と敵キャラの暗殺者がいい具合にポンコツなのも笑えますが、最後に一息ついたと思ったボンドの前、まるでオチのように出現するのも面白いです。二人組だがある意味、ボンドよりキャラ濃いのも印象に残ります。全体的にこれはスパイ映画なのかコメディなのかよく分からない辺りに魅力を感じます。
30代女性

2代目ジェームズ・ボンド、ジョージ・レイゼンビーが『女王陛下の007』1作のみで降板し(作品として今では評価も高く、自分も名作だと思っているので当時の評価には残念に思います…)ボンド役を引退したはずだったショーン・コネリーがこの1作だけ復帰したいわゆる”おまけ”的な作品です。現代からすれば随分とゆるい展開で、まるでコントみたいなアクションシーンも多いのですが(逃げるボンドを制止しようとする宇宙服を着た男が、宇宙でもないのにゆっくり動いているなど)、画質が随分と向上しており、特にラスベガスでの夜のカーチェイスは迫力たっぷりに描かれています。またシャーリー・バッシーの歌うタイトル曲は、近年でも一部のDJにリミックスされるなどモンドミュージックとしての評価が高く、劇中のサウンドトラックでもそれを楽しむことができます。1970年代の空気を味わいたいひとにはなかなかの掘り出し物と言えるでしょう。
40代男性

名作中の名作という事もあり、何度も観ています。ストーリー的には、「二度死ぬ」と「女王陛下」の双方の続きのような気がします。映画自体は、最高傑作と言っても、過言ではないと思います。感服に値しますね。何と言っても主題歌の素晴らしさ。曲が始まると、鳥肌が立ち、身震いしそうです。007シリーズとは、何ぞや?を、とことん、作り手が、何もないところの更地から、突き詰めて、再構成しなおした感満載の傑作だと、ひしひしと感じます。冒頭から、ラストまで、手に汗握る展開で、目が離せないシーンの連続。今まで、なかなかお目にかかれない名作品です。一番大好きなシーンは、ラスベガスでのカーチェイスでした。あの観る者全てを、翻弄させる演出が、魅力的です。再度、観てみようと思います。
40代男性


本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました