007 ゴールドフィンガー ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

007 ゴールドフィンガー をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日以内に解約したら料金は0円無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

007 ゴールドフィンガー 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

007 ゴールドフィンガー 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

007 ゴールドフィンガー キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェームズ・ボンド)
ショーン・コネリー
(ゴールドフィンガー)
ゲルト・フレーベ
オナー・ブラックマン
シャーリー・イートン
セク・リンダー
タニア・マレット
バーナード・リー
ロイス・マクスウェル
デスモンド・リュウェリン
ハロルド坂田

<STAFF>

監督
ガイ・ハミルトン
原作
イアン・フレミング
音楽
ジョン・バリー
脚本
リチャード・メイボーム
ポール・デーン
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

© 1964 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

007 ゴールドフィンガー あらすじ

英国の金が裏ルートで
大量に国外に流出しているという
情報をキャッチ。

ボンドは、その犯人と目される
億万長者のゴールドフィンガーとの
対決を命令された。

ゴールドフィンガーのやる
インチキな賭博を見破ったボンドは
彼に接近するが、用心棒に打ちのめされる。

007 ゴールドフィンガー ライターコメント

今の時代に見ると少し奇想天外なストーリーですが、冒頭のジェームスボンドが登場するシーンで驚かされ笑ってしまいました。登場する3人の金髪ボンドガールにはそこまで比重が置かれておらず、軽い扱いなのが今までと違う感じでしょうか。ボンドカーは相変わらず装備が充実していてなんでもありなので、とてもワクワクさせられます。悪役はしっかり悪役というキャラクターを演じていて前作を踏襲しながら、ボンドシリーズの一つの人気作として進化していきます。全体的にエネルギッシュで、ツッコミどころ満載ですが、これぞ007という力強さをこの作品に感じます。007にはいくつかぶっとんだ作品がありますが、ゴールドフィンガーはその中でも外せない名作だと思います。
40代男性

ジェームズ・ボンドのテーマ曲にシャーリー・バッシーのゴールドフィンガーの音楽は印象に残ります。金粉の殺人のシーンも印象があります。007といえば迫力のあるボンドカードのカーチェイス、ボンドガールとのラブシーンにスリルとサスペンス、ジェームズ・ボンドあわやのシーンの連続で常に危機一髪の連続でボンドガールが助けます。ボンドガールは敵か味方か謎の存在です。ゴールドフィンガーの見どころは、ラストのハロルド坂田演ずるつばに刃物を付けたシルクハットをかぶった言葉を出さずに不適な笑みを浮かべる鋼鉄なような体の用心棒とのバトルです。銅像を切り落とすシルクハットをかわすジェームズ・ボンド、投げ飛ばされるジェームズ・ボンド、最後は電流の流れる冊に挟まり感電死するハロルド坂田演ずるオッドジョブ、ジェームズ・ボンドの、ショック、の台詞は印象にあります。シャーリー・バッシーのゴールドフィンガーの声の印象深いショーン・コネーリーの映画です。
50代男性

007シリーズ、レンタルにて視聴しました。ジェームス・ボンドの格好よさはいつものことながら、この作品で衝撃を受けたのは、序盤の女性がいざこざのせいで命を落とすシーンでした。タイトルのゴールドフィンガーにも合わせたと思われる手段は、当時同年代作品を思うと、見ていて衝撃を受けました。そこからは、007シリーズならではの、カーチェイスなど見どころが多く、見ていてとてもボリューミーな作品だと感じました。作品中出てくる姉妹の絆であったり、目的のために合致するボンドガールの美しさなどもシリーズならではなのかなと思います。007シリーズの中でも序盤作品なので、これから昔の作品を見ようと思っている方におすすめできる作品です。
20代男性

スパイアクション映画と言えば007。まさに代名詞のような存在です。ショーン・コネリーさんの007といえば、その演技はどこかで一度は見たことがあるのではないでしょうか。迫力のあるアクションに、手に汗握る展開。予想を裏切るストーリー展開。今から50年~60年程前の映画ではあり、今の映像技術と比べてはさすがに可哀そうではありますが、それでも当時の映画作品の中では、レベルの高さをうかがい知ることができます。今ではすっかりおなじみとなった、ボンドガールにボンドカー。世界中、なおかつ世代を超えて、ここまで広く知れ渡ったスパイアクション映画は数少ないと思います。末筆ではございますが、ショーン・コネリーさんのご冥福をお祈りいたします。
30代男性

金密輸の秘密を探るため、ゴールド・フィンガーの乗るロールス・ロイス・ファントムⅢを、ジェームズ・ボンドはアストンマーチンDB5を駆って追跡します。この車は兵器部の官給品ですが、機関銃、防弾板、回転式ナンバープレート、追跡用地図パネル、緊急時射出式助手席などなど、秘密装置満載の特別仕様車で、これがまたカッコイイのです。以来半世紀近く、この車は私の憧れとなっています。ボンドの追跡行は、ドーバー海峡を渡りフランスへ。そして陸路アルプスを越えてスイスへと至ります。その間、正体不明の美女と遭遇したり、これまた意味不明の狙撃を喰らったりと、後のストーリーの伏線となる出来事はあるものの、淡々とした静かなものですが、私にはこの追跡行の場面が強く心に残りました。アストンマーチンDB5を運転して、ボンドが行った大陸縦断の道程を辿ってみたい。それが私の永遠の夢となったのです。そう、宝くじでも当たらない限り手の届かない、正に永遠の夢。夢のまた夢ですが。
60代男性

金箔美女のあられもない姿のインパクトが強い第3作007/ゴールドフィンガーは、スパイ映画を好きになるきっかけをくれた作品だ。本作で初登場したボンドカーを乗りまわしダンディなスーツと渋い声で女性たちを骨抜きにする魅惑のジェームスボンド像は多くの男性が憧れ「Catch me, If you can」のレオナルド・ディカプリオ演じる主人公も真似てスーツやボンドカーを購入していたり、キングスマンなど多くの映画でオマージュされている。もちろん、女性もジェームスボンドのスパイとしての勇しい姿だけでなく醸し出される色気で迫る姿と時々見せるおっちょこちょいな面とのギャップで更に魅了されたのではないだろうか。このジェームス・ボンド像を完成させたショーン・コネリーの功績は大きく、24作品と長きにわたり世代を超えて愛される理由がわかる作品だと感じる。
30代女性

本作は終始金ずくめで物語が進む印象を受けます。ボンドガールが妖艶で敵か味方が分からないキャラクターなのも面白いです。だが、いつものように関係を持つ辺りはさすがボンドであり、期待を裏切らないのはうれしいです。また結構カードなどのイカサマネタが散りばめられていたり頭脳戦が見られるのも魅力的です。何より主題歌とその映像が怪しさを醸し出していてワクワクさせられます。個人的に相撲レスラーチックなキャラが登場した点は笑えました。とはいえ金箔で致命傷を負う敵のシーンが斬新過ぎて衝撃的でした。ボンドも地味にピンチに陥っているのに視聴者からはコント感がにじみ出ているのも関心感があります。とはいえ、ナチスの金塊ネタも散りばめられていたりと歴史を絡めてある点は物語にリアリティを感じます。
30代女性

ショーン・コネリーの007シリーズのなかでは一番好きな作品です。かつて007シリーズのDVDマガジンが全作刊行されたときも、創刊号はこの『ゴールドフィンガー』でした。世間の評価も概ねベストワンに選んでいるのではないでしょうか。アメリカの金塊貯蔵庫フォートノックスにある金塊をすべて放射能で使用不能にし、世界中の金価格を暴落させようと謀るゴールドフィンガーも、怪力の用心棒オッドジョブも、どこか憎めないところがあって、気楽に観られる娯楽作品に仕上がっています。シャーリー・バッシーが歌うオープニングタイトルも迫力があって、映画史に残る名曲だと思います。(郷ひろみが歌うゴールドフィンガーとは全くの別物であることを、元ネタを知らない若いひとたちに知ってほしいです…。)またさまざまな秘密兵器を搭載したアストンマーチンも本作から登場し、のちのシリーズ作品の元ネタにもなっています。最近のダニエル・クレイグ版007を観て、過去の007作品が気になり始めたひとには是非とも観て欲しい逸品です。
40代男性

美女をもてあそんではまた別の美女と交際するというジェームズ・ボンドのプレイボーイっぷりが一番発揮されている作品だと思います。そしてこの映画はインパクトが強いシーンがたくさんあるのも特徴的です。例えば金粉を全身に塗られて殺されている女性や刃物がついた帽子を投げて攻撃してくる敵など、ビジュアル的に強烈なものが多く映画ならではのワクワク感を味わえます。これまでスパイ映画っぽい緊迫感をうりにしてきた007シリーズですが、このゴールドフィンガーからは大きく路線を変更したのかかなりエンターテイメント寄りでなおかつギャグも多めになっています。そのことによってツッコミを入れて笑いながら見れたり、純粋にアクションを楽しめて見れるのでこの路線変更は正解だったと思います。 
20代男性

007の中でもわりとユーモア成分が高めで、ときどき放たれるジェームズ・ボンドの粋なジョークに思わず笑ってしまいます。この作品ではお馴染みのスパイグッズの数々も登場するのですが一番印象に残っているのは「ボンドカー」と呼ばれる様々なギミックを搭載した車です。危機的な状況に追い詰められたときにボンドカーに隠されているギミックが発動するたびにワクワクしましたし、自分も乗ってみたいと思いました。ストーリーも難しい要素がないので何も考えずに見ても理解できますし、アクションシーンも前作よりパワーアップしているので良い感じでした。ジェームズ・ボンド以外の人物もみんな個性的で良いキャラをしているのですが、特に帽子を投げて攻撃してくる敵のキャラクター設定が独特で印象に残っています。 
20代男性

ショーン・コネリー主演の007シリーズの中でも一番個性的でアクの強いゴールドフィンガーが敵役として登場する作品です。前作の「ロシアより愛をこめて」より大部スパイ映画らしい緻密さは薄れましたが、スタイリッシュでスピーディーなアクションが見所です。また、今作のボンドガールはかなりアクティブで、飛行機の操縦もする活発な女性として描かれています。彼女がボンドとの激しい喧嘩をした後ボンドにハグされ、その後あっさりとボスのゴールドフィンガーを裏切る行為に出るところは、あまりのドライさにびっくりしてしまいました。帽子を恐ろしい凶器として使うハロルド坂田との戦いも迫力ありますが、ラスト、飛行機の中でのボンドとゴールドフィンガーとの格闘は本当に漫画チックで笑ってしまいます。
60歳男性

シリーズ第三弾、ストーリー展開が娯楽スパイアクション路線に切り替わる最初の作品です。ジェームズ・ボンドが世界中を飛び回り、Q(デスモンド・リュウェリン)が開発する最新鋭の秘密兵器を使い、ボンドガールを味方に引き込みながら目指す敵を粉砕します。今回は富豪で金(ゴールド)マニアのオーリック・ゴールドフィンガー(ゲルト・フレーベ)が、自身の所有する金の価格を高騰させ私腹を肥やさんとし、アメリカ合衆国保管の金塊を核汚染させようと画策します。殺し屋オッドジョブ(ハロルド坂田)を使いボンドを牽制しますが、間一髪でボンドが計画を阻止し、ゴールドフィンガーを葬り去るという程よいスリルとサスペンス、セクシーさもある作品に仕上がっています。そして今回登場するワクワク感満載のボンドカー「アストン・マーチンDB5」、マシンガン、タイヤ切断ドリル、回転式ナンバープレートなどなどを搭載し、スマートで心強いボンドの相棒になっています。またシャーリー・バッシーが歌う主題歌もパンチが効いて最高です。
50代男性


本ページの情報は
2021年1月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました