007 ロシアより愛をこめて ショーン・コネリー出演映画を無料動画配信で見れるサイト!シリーズ一気見!

洋画

007 ロシアより愛をこめて をネットで見るならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴

(31日間以内に解約したら料金は0円で無料です。)

では、
各話のあらすじ紹介とともに
三度の飯より映画が好き!

ライター陣による
感想や見どころを載せてます。

独自視点で作品の楽しみ方MAX!
(ネタバレ防止のためクリックで開いてください)

007 ロシアより愛をこめて 無料で視聴できるサイトリンク

この作品は数多くの動画を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、
    見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!

詳しくは下記の記事で
わかりやすくまとめています。

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
ポイント利用視聴
30日間無料
宅配レンタル
×14日間無料
×初回2週間無料

007 ロシアより愛をこめて 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

ショーン・コネリー出演の関連作品

007 ロシアより愛をこめて キャスト・スタッフ

<CAST>

(ジェームズ・ボンド)
ショーン・コネリー
(タチアナ・ロマノヴァ)
ダニエラ・ビアンキ
(レッド)
ロバート・ショウ
(ケリム・ベイ)
ペドロ・アルメンダリス
ロッテ・レーニャ
マルティーヌ・ベズウィック
ヴラデク・シェイバル
ウォルター・ゴテル
バーナード・リー
デスモンド・リュウェリン

<STAFF>

監督
テレンス・ヤング
原作
イアン・フレミング
音楽
ジョン・バリー
脚本
リチャード・メイボーム
ジョアンナ・ハーウッド
製作
ハリー・サルツマン
アルバート・R・ブロッコリ

© 1963 Danjaq, LLC and Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved.

007 ロシアより愛をこめて あらすじ

国際的秘密結社の首脳部は、
英情報部のボンドへの復讐と
ソ連情報部の最新暗号解読機を入手するため、
イギリスに亡命を望む女・タチアナを
ボンドに接触させる。

犯罪組織“スペクター”の陰謀による
わなと知りつつ、ボンドは
イスタンブールへ飛ぶが…。

007 ロシアより愛をこめて ライターコメント

007シリーズの2作目で、一番バランスがいい作品で、最後まで楽しく見ることができます。内容も本来のスパイものの特色が色濃く出されているので、心理戦の面白さも味わえます。アクションもこれ以後の作品のようなド派手さを強調したものではなく、リアルさが全面に出されているため本当のワクワク感も味わえます。小道具のアタッシュケースやライフルも本当らしさ満載で楽しめます。ボンドガールのダニエラ・ビアンキは、お色気だけでなく、知性も十分感じさせてくれるので、スパイものであるこのシリーズでは、一番の配役で、この映画にロマンチックな彩りを与えてくれています。悪役のロバート・ショーとの列車内での格闘シーンは、何度見ても手に汗握るもので、肉体のぶつかり合いがもたらす迫力を感じることができます。
60代男性

ボンドの応援要請に応えて、本部は男を1人手配します。しかしその男に巧妙に取って代わったスペクターの殺し屋が、ボンドと逃避行を共に始めます。この殺し屋役はロバート・ショウが演じていますが、軽薄さや胡散臭さで偽応援人員の嘘っぽさをさり気なく演じている所が上手いと思いました。さすがゴールデングローブ賞やアカデミー助演男優賞にノミネートされるだけの演技派です。一方ショーン・コネリーの演技もなかなかのものです。例えばスペクターの女大佐との最後の死闘でボンドが危機に陥った時、大佐を拳銃で撃ち殺したロシアスパイ・タチアナが、椅子に座り込んだボンドの肩に拳銃を持ったまま手を掛ける場面があります。やっと一息つくボンドは、その拳銃に気が付き、「おっと、危ない」という感じで、そっとその拳銃を取り上げるのです。そのシーンにはそんな演技がなくてもよいのですが、小さなこの演技が現実味を醸し出しています。荒唐無稽が売り物の映画ではありますが、名優たちのしっかりした演技が映画から浮ついた軽さを消し去っています。
60代男性

相変わらずジェームスボンドは良くモテますね。仕事があってもすぐ女に向かうし、ロシアの女スパイともすぐ寝てしまいます。ボンドガールはそのロシアのスパイです。すごい美貌で歴代のボンドガールの中でもトップクラスではないでしょうか。アクションシーンは狭い列車の中や対ヘリコプターなど満載。中でも格闘シーンでの決闘はハラハラさせる展開で見どころの一つです。前作が当たったのか、この作品はアクションシーンが派手になっていてお金をかけるのがよくわかります。プレイボーイぶりは相変わらず健在ですが、ちょっと間抜けな部分がなくなり、冷静沈着にミッションをこなしていくボンドスタイルがこの作品からスタートしたような気がします。
40代男性

中学の頃、映画好きの父親の影響で夢中になって観たのを覚えています。冒頭のガンバレルシーンやオープニングタイトルなど、映画『007』シリーズの定番スタイルは本作から決まったと言っても過言ではありません。いま観返すとスパイ道具やガジェットなどは少し陳腐に見えるかもしれませんが、それでも古き良き時代の風格は尚健在しているように思えます。寝台列車での宿敵との対決シーンもサスペンスたっぷりで秀逸ですし、何よりワルサーPPKを構えるショーン・コネリーがカッコいいです。6代目ボンドであるダニエル・クレイグ主演作品『007/スペクター』は間違いなく本作に影響を受けているし、最近のシリーズ作品をより理解する上でもとても重要な作品なので、若い映画ファンにも観てもらいたいです。
40代男性

オリエント急行が出てきたりロシアのスパイとの恋に花を添えたりと結構エンターテイメント性のある作品だという印象です。しかしトルコの現地協力者の活躍など、ボンド一人では到底任務を遂行できないという環境はちょっとリアリティがありワクワクさせられます。そこに加わるロシアの美人スパイとの恋が引き立って面白いです。というか美人すぎてみているだけでうっとりできる点も高評価です。個人的に電車の中でのワインのくだりが何とも皮肉が聞いていて笑えます。ですが、終盤で敵の女との対決では足からナイフが抜き出てくるのはかっこよくて面白いシチュエーションですがボンドとの身長さのせいか、大型犬の小型犬の勝ち目のない戦いのようである意味滑稽に見えたのが良い意味で面白いです。
30代女性

私の中では、「ロシアより愛をこめて」がシリーズ中最高です。何と言っても、オリエント急行の夜の車室内での格闘シーンは圧巻です。軍事用格闘術などが発展洗練された今日から見れば、どこか野暮ったくてスピード感にも劣って見えますが、屈強な男の肉体と肉体が激突する迫力では、決して現代の格闘シーンに負けてはいません。そんなハードなシーンもあり、またボンドの情事フィルムを使って、英国諜報部とそのエーススパイを醜聞の中に貶めようとする汚れたストーリーにも拘らず、「ロシアより愛をこめて」という美しくロマンティックな題名つける粋な洒落っ気が、007シリーズの(映画のみならず原作も)真髄なのです。ボンドに気を寄せるミス・マネペニーに、ロシアの美女スパイの写真を手渡しながら、その写真にボンドがペンで”from russia”と書いた後、一瞬考えて”with love”と書き加えるシーンがスマートでとても好きです。
60代男性

リアルなスパイ映画として楽しめます。ボンド抹殺をもくろむ世界的犯罪組織スペクターが、英ソを巻き込んで暗躍する今作では、最新鋭のボンドカーもまだ登場せず、使える武器も装備した銃とナイフなど、自らの頭と体を使い、時には仲間の協力で危機を乗り切って行くストーリーに、ショーン・コネリー演ずる等身大のジェームズ・ボンドが大健闘します。アクションシーンも、イスタンブールからオリエント急行でベニスに向かうなか、ヘリコプターによる追跡、オリエント急行内でのスペクターの殺し屋との緊迫感あふれる肉弾戦、モーターボートでの脱出とリアリティのある見せ場が次々に登場し高揚感を高めます。敵役もロバート・ショウ演ずるタフで知的な殺し屋・グラント、ロッテ・レーニャ演ずるソ連情報局でありながらスペクターNo3であるクレッブ大佐、両者の凄みのある存在が作品に重厚感を持たせています、ボンドガールには、ダニエラ・ビアンキ演ずるソ連の美人スパイ・タチアナ、彼女の聡明で華やかな女性美はボンドをさらに引き立たせ、同時にスクリーンに華を添えています。
50代男性


本ページの情報は
2021年3月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました