くま クマ 熊 ベアー アニメ 無料動画配信で全話見れるサイト!シリーズ一気見!

アニメ

くま クマ 熊 ベアーを無料視聴するならここがおすすめ!

動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信

(31日以内に解約すれば料金は0円無料です。)

このサイトでは、
各話のあらすじを紹介!

三度の飯より
ドラマ、アニメ、
映画が好き!

ライター陣による
オリジナル感想や
見どころを載せてます。

独自視点で作品の

楽しみ方MAX!

ネタバレ防止のためクリックで
コメントを開いてください!

くま クマ 熊 ベアー アニメ PV&公式YouTube動画

TVアニメ「くまクマ熊ベアー」第1弾PV
TVアニメ「くまクマ熊ベアー」PV第2弾

くま クマ 熊 ベアー 無料でアニメ全話視聴できるサイトリンク

この作品は数多くのアニメ作品を
配信している動画配信サービス
U-NEXT(ユーネクスト)」で
第1話から最新話まで、
全話フル動画配信しています。

  • 初回31日間は月額料金無料!
  • 今なら無料トライアル特典で
    600円相当のポイントを無料プレゼント!
  • 上記特典で、見放題作品21万タイトルを
    31 日間無料で視聴が可能!


動画配信サイト 配信の有無 無料期間
31日間無料
見放題配信
14日間無料
見放題配信
初回2週間無料
見放題配信

くま クマ 熊 ベアー アニメ 無料動画を見る前に詳細情報を確認!

くま クマ 熊 ベアーのキャスト・スタッフ

<CAST>

  • ユナ:河瀬茉希
  • フィナ:和氣あず未
  • ノアール・フォシュローゼ:日高里菜
  • シュリ:富田美憂
  • ミサーナ・ファーレングラム:天野聡美
  • シア・フォシュローゼ:水瀬いのり
  • クリフ・フォシュローゼ:遊佐浩二
  • ゲンツ:鶴岡聡
  • くまきゅう:黒瀬ゆうこ
  • くまゆる:宮島えみ

オープニングテーマ
「イツカノキオク」和氣あず未

<STAFF>

  • 原作:くまなの(PASH!ブックス/主婦と生活社刊)
  • キャラクター原案:029
  • 監督:信田ユウ
  • シリーズ構成:あおしまたかし
  • キャラクターデザイン:中野裕紀
  • アニメーション制作:EMTスクエアード

エンディングテーマ
ED:「あのね。」ユナ(CV:河瀬茉希)

(C)くまなの・主婦と生活社/くまクマ熊ベアー製作委員会

くま クマ 熊 ベアーのあらすじ

TVアニメ「くまクマ熊ベアー」ノンクレジットオープニング

悠々自適な引きこもりライフを
満喫する美少女ユナは、
VRMMORPG
『ワールド・ファンタジー・オンライン』の
廃ゲーマー。

ある日いつものように
ログインしてみると、
なにか普段と様子が違う。

もしかして……ここってゲームの中?

 それとも異世界?

そして、その地に降り立った
ユナの装備は『クマの服』
『クマの手袋』『クマの靴』で
固められていて――んん? 

くま……? 

クマ……? 

熊……? 

ベアー……?

「なんじゃこれはーーーーーーっ!?」

クマっ子、爆誕!

しかもこのクマ、ただのクマじゃない。

世界最強クラスの
魔法とスキルを秘めた、
とんでもなくスーパーな
クマだったのだ!

そんな、世界征服だって
できちゃいそうな強大な力を
手にしたユナの目的――それは!?

この世界でも、ひたすら楽しく
自由気ままに生きること!

最強無敵なクマっ子による、
クマな冒険とクマな日常の物語、
始まります♪

くま クマ 熊 ベアーの各話紹介

第1話 クマさん、登場

脚本:あおしまたかし
絵コンテ・演出:東出 太
総作画監督:中野裕紀


クリモニアの冒険者ギルドへ
駆け込んで来た一人の少年・カイ。

ブラックバイパーに
襲われた村を助けてほしいと
訴えかける彼だったが、
手を差し延べられる冒険者は
居ないのだった。

カイが悔しさと不甲斐なさに
涙を落としたそんな時、
現れたのは……

愛らしいクマ着ぐるみに
身を包んだ少女・ユナ!

最強着ぐるみで時にかっこよく、
時に可愛く困難へ立ち向かえ!

熊というのは、すごいんですね。チートスキルの物語で、熊というところが不思議な感じですが、それがいい感じ。魔法に関してまでも熊にかんするものがでてくるので、そこまでするのかと思いましたが、そこまでこだわるのがいいです。チートスキルとは、なんでもできると思うが、このアニメでは、クマに関する力がチートの能力であるということ。すべてのスキルにクマがつくような感じです。そのクマの力こそが、面白さであり、可愛さのあるアニメを良い感じにしているものになります。第1話では、紹介のような感じで、チートスキルを手に入れた話じゃなく、チートスキルを手に入れて、使いこなしている主人公の姿なので、なぜこのようになったのか?と思わせられて魅かれてしまいました。そして、このアニメの先が気になってしまうウキウキする第1話でした。
30代男性

いきなりギルドに緊急依頼が持ち込まれて緊張感が走りました、そこにクマの格好をしたユナが現れて一気に和んでしまって異世界での格好としては違和感が半端なく笑えました。ギルドも少年もユナを信用出来ないのは当然だと思いますがしっかりとリアルなやり取りも描いてくれて必死さが伝わってくるのが良かったです。召喚獣のくまゆるとくまきゅうが可愛い、クマに乗って村まで行くとか少年はビックリしちゃうよね。ブラックバイパーなんて特大級の魔物を炎や氷とかで攻撃するのは迫力ありました、土魔法も使えて便利、倒すのに時間は掛かったけど特に問題も起きずに倒せたのは最強って感じでカッコ良いです。村の人もユナを疑ってましたけど宴を開いてくれて解決して良かった、異世界は魔物を倒して成果を上げるのが醍醐味ですね。リアルのユナは株取引で大儲けをしているようでリア充でもあるのかな、学校には行ってないしマンションに一人暮らしみたいで羨ましいですね。
40代女性

タイトルがとても気になったアニメなので様子見という事で視聴して見ました。一話からいきなり結構な難題に取り組むことになり、割と王道な展開の装いでそこそこ面白かったのですが、この世界はどのような物で主人公は何故あのような風貌をしているのかという説明は一切なくて一話から置いてけぼりを食らってしまいました。てっきりファンタジー物の物語かと思ったら、この世界はオンラインゲームの世界という事がラストの方でわかる事になり、似たような設定のアニメがほかにもあったなという印象を受けました。全体的には作画なども含めてとても良い出来のアニメだとは思いますが、世界観が掴めず戸惑ってしまう部分もあったので、もう少し見せ方はあったように思いました。
40代男性


第2話 クマさん、少女と出会う

脚本:あおしまたかし
絵コンテ:ワタナベシンイチ
演出:高田昌宏
総作画監督:杉村苑美/中野裕紀


VRMMORPG
『ワールド・ファンタジー・オンライン』。

廃ゲーマーのユナは
あらたなバージョンへ
わっくわくでログインする。

早速冒険を始めようと思ったところ、
なんと装備がくま、クマ、熊!?

なんで!?と戸惑っているところへ
突如少女の悲鳴が聞こえてきて――。

ユナとフィナ、運命の出会い。

可愛いクマの装備で凶悪なオオカミモンスターをあっさり倒してしまうユナの強さが引き立つシーンをコミカルにみせるのがよかったです。森で助けた少女のフィナと絆が芽生えてパートナーになっていく様子も可愛らしいものでよかったです。ひたむきで素直な良い子であるフィナのキャラ性には大変好感がもてました。最初は運営サイドに与えられたクマの装備を恥ずかしがっていたユナの過去に注目できます。今では慣れたものでクールに立ち振る舞うユナも、最初はクマ装備に恥ずかしいリアクションをしめしたのが新鮮で記憶に残ります。クマのフードをさりげなくとることで目立つユナのロングヘアーが美しいものでよかったです。ユナとの出会いにドキリとしているフィナも可愛かったです。
30代男性

新しいバージョンにワクワクする気持ちに共感できて何が起きるのかワクワクでしたが、説明してくれるお姉さんが怪しくてやっぱりという感じでしたね。宝箱が無数にあるのは壮観でしたが、沢山あると運任せですね、近場にあった物を選んだのは良かったのか微妙でした。クマ装備ってありそうで無かったから新鮮でした、全身フル装備は凄い、逆に動きにくくないのかなと思いますが可愛いから良いでしょう。クマ装備を確認すると凄い強力だし、炎は出るし、氷まで出るし何でもありでチートスキルってやつですね、凄い大当たりを引いたのかもとテンション上がりました。異世界で最初にあった人が小さな女の子で可愛い、魔物から助けたなんてヒーローですね、か弱い女の子なのかと思ったら魔物を解体できるなんて凄い、しかも笑顔でサクサク作業するなんて面白いです。フィナがそれだけ出来るのは病気のお母さんを助けたい事情があったからで異世界はやっぱり厳しい現実もまっていてユナが助けるしかないですね。ユナは冒険者になって解体をフィナに任せた時は感動しました、あっさりお金も手に入れて宿にも泊まれて順調で異世界を満喫できてるのは気分が良いです。
40代女性

私はこの作品はアニメから知りました。1話では主人公・ユナがクマの恰好をして、モンスターを退治し、村を救うお話でしたが、アニメから入った私は展開が急すぎて最初はついていけませんでした。しかし、2話が本当の1話のような感じであり、なぜユナがクマの着ぐるみを着ているのか、なぜこのゲームの世界で生きているのか1話に感じた違和感が全て解けたような感覚になり、ここからがこの作品の始まりかと思い、改めて楽しみな作品になりました。とりあえず今回の話で分かった事はクマの装備が強すぎる件について。レベル1で元々ゲーマーのユナでも流石にキツイだろうと思ったら、クマ装備がチート級。モンスターを木の棒で倒すわ、石投げたら衝撃波みたいなの出るわで、どっちがモンスターかわからない(笑)。でも、見た目がクマのカワイイ女の子で、世界観がファンタジーであり、その異次元の強さが逆にギャップを感じて作品の面白みを引きだしていると思う。さらに今回出てきたフィナという少女も魅力的。薬草をお母さんの為に採ろうと森に入るが、モンスターに襲われているところをユナが助けるシーン、お父さんから森に入るなと言われているのにお母さんのために勇気を出して森に入るところがまだまだ子供だなと思わせるが、こういう守られる存在がいるから冒険ファンタジーは面白みが増すなぁと思う。そして、ユナもいち早く駆け付けてフィナを助けたのはかっこよかった。極めつけは最後のシーン。フィナがユナに向かってユナお姉ちゃんと言ったのは反則級に可愛かった。
20代男性


第3話 クマさん、大暴れする

脚本:鴻野貴光
絵コンテ・演出:北村淳一
総作画監督:室山祥子


先日ユナがボコ……
お灸をすえたデボラネ。

そのパーティーメンバーである
魔法使い・ルリーナと共に、
ユナはゴブリン50匹の討伐へ
向かうこととなる。

しかし実際に森へ行ってみると、
100匹近くのゴブリンに加え
ゴブリンキングまでいることが判明!


心配するルリーナをよそに、
ユナが考えついたラク~な作戦とは?!

転生に動じず臨機応変に対応していく少し塩っ気のある主人公が個人的にすごくツボで大好きです。クマ装備やクマ技にだんだん慣れてきて戦闘は申し分なく噂になるほど、通り名のブラッドベアーも本人の知らない間に広がり、気付いても呼ばれてもスルーする仕草も好きです。クマ技の応用で即席の家を作り、それを改良し解体場を作り上げ、バディを組んだ女の子の家の近くに土地を借りすぐに建てるところは少し人間味、情も見受けられその時だけは感情を伺えるのも好きです。召喚獣のクロクマさんの戦闘シーンはワンパンチで呆気なく笑えましたし帰りのシロクマさんは召喚されてるのに不貞腐れてるシーンが可愛く、召喚した側がご機嫌とりをする主従関係の逆転が可愛く笑える楽しい回でした。
30代女性

ユナが魔物を簡単にやっつけてしまうのは爽快で気分が良いです、その解体をフィナにお願いして仕事を提供してあげる優しさも好きです。やり過ぎでフィナが困ってしまったのは可愛いかった、ギルドから笑顔で注意されたのも笑えます。前に絡んできた奴の仲間が絡んできて面倒くさいですがゴブリン退治を引き受けるなんて優しいですね、あっという間に倒してしまうのが凄いですがゴブリンキングまで倒すなんて規格外の強さがやっぱり良いですね。魔石の回収はやらないって気持ち悪いからかな、新人だから魔石がある事を知らないって違和感ありますね、取り出すのを笑顔で無理とか笑えます。百匹以上のゴブリンの解体を絶対にしないと笑顔で言い張るのが面白い、土魔法で家を作って昼寝してるとかふざけてるしルリーナが必死に起こす様子が笑えます。召喚獣のクマをゲットして二匹とも可愛い、くまきゅうが拗ねてる姿はもっと可愛かったです。ユナが家を作って本格的に腰を落ち着ける事にしたのは安心ですね、家がクマの形をしているのが凄く可愛い、フィナ専用の解体場があるなんて優しいです、これからが楽しみですね。
40代女性

くまくま熊ベアー3話のみての感想は、ユナいう女の子が最強な所にギャップを感じました。最強なのはクマの着ぐるみを着て、クマの想像しないと魔法が発動しないという所にも面白くて好きです。フィナちゃんという女の子は、解体の仕事担当なのですが、ユナちゃんがフィナちゃんのために魔物を倒すのですが、あまりの大量の量にフィナちゃんが困った顔をしたり、ユナお姉ちゃんのために丁寧に解体したい。という可愛い発言がとても微笑ましく癒されるので好きです。個人的な見どころは終盤の方に出てくる、召喚獣のクマがとても可愛いです。黒と白のクマが出てきて、鳴き声もくぅん。っと鳴いたり、白のクマが拗ねたり、ユナちゃんとクマが遊んだり、土地を買い自分の家を作ってフィナちゃんのために解体場をプレゼントするところ。などなど、優しさも満載で、面白さも可愛いさも癒しもありの、見どころ満載です。4話はどんなお話になるかとても楽しみです。
20代女性


第4話 クマさん、領主に会う

脚本:朱白あおい
絵コンテ:石井久志
演出:内野宮晃希
総作画監督:徳川恵梨


クマハウスという拠点をゲットし、
ブラックバイパーの討伐にも成功、
異世界生活もすっかり順風満帆なユナ。

しかしそんな時、
クリモニア領主のクリフから
名指しの依頼が。

領主の館を訪れたユナの前に
天真爛漫でちょっぴりわがままな
お嬢様が現れる!


一方、フィナの身には
大きな問題が降りかかり……。

貴族に対していいイメージを抱いてなかったユナだけど、ノア達と触れあううちにイメージが変わっていい方向に向かっているのがほのぼのしました。貴族の娘のノアがユナにとても好意的で、フィナといい、ノアといい、ユナは年下から好かれるお姉ちゃん気質なんだなと改めて感じました。また、レアなゴブリンキングの剣をタダで貴族にあげる代わりに要求したことが、お金以上の価値があることだったので、ユナが交渉にも長けてるところも素晴らしいと感じました。それだけでなく、フィナの母親の病気を治そうと、短時間でヒーリングのイメージを変えて見事魔法を成功させてしまうところも、何でもできてしまう器用さに尊敬します。また、お金よりも人助けに意義を見いだしているユナの人柄の良さにも毎回感心させられます。
30代女性

ユナが魔法で作りだしたクマをモチーフとしたデザインの家は、見た目はとても可愛らしいけれど野次馬が来てしまっていて少し居心地が悪そうだなぁとつい思ってしまいました。そんなユナは、領主のクリフという人物から名指しで依頼を受けて彼の元へと向かうことになりました。そこで出会った彼の娘であるノアがとにかく可愛らしかったです。ユナを見た瞬間に顔がパッと明るくなって、ユナに抱き着いたり、冒険話を聞いて目を輝かせたり、くまきゅう達を見てはしゃいだりと楽しんでいる様子に見ていて微笑ましい気持ちになりました。一方、フィナの家では母親の容体が急に悪化する事態が発生してしまいました。一時はどうなることかとハラハラしましたが、ユナの魔法のおかげで無事に治すことが出来てホッとしました。
20代女性

ブラックバイパーが凄く大きい蛇で今更ながらビックリですね、魔石も大きくて綺麗だったし、これが何に使われるのか今後が楽しみです。フィナが怪我をしていたのを簡単に治してしまう力は便利ですね、フィナ母の病気は心配だし懸命に看病するフィナが健気で涙が出ます。ユナは領主に呼ばれたけど領主に対しての偏見がファンタジーの悪役そのもので現代人なら警戒して当然かも知れません、でも予想外に良い人だし、娘に会わせたかったなんて良いパパですね。ユナは強いからゴブリンキングの剣は必要ないですね、それと引き換えに貸しを作るなんて策士ですね、この貸しもいつか使われる時が楽しみです。フィナ母を助けるのに葛藤している姿は珍しいですね、魔法にも使い方があってイメージするのが難しいそう、立ち上がれるようになって良かったです。
40代女性


第5話 クマさん、鶏(?)を育てる

脚本:あおしまたかし
絵コンテ:前島健一
演出:小坂春女
総作画監督:谷津美弥子


市場で買い食いを
楽しもうとしていたユナ。

ふと、とある子どもたちが目につく。

彼らは汚れた服を着て、
ひどくお腹を空かせた
様子だったのだ。

彼らの住んでいるという
孤児院について行ってみれば、
その建物までもがボロボロ。

この貧しい生活には、
領主であるクリフが
関わっているらしく――。

5話は、前回のユナの魔法のおかげで元気になった母親・ティルミナにシュリが甘えているシーンから始まりました。その様子がとても幸せそうで、本当に良かったなと思いました。そんなティルミナに栄養を取って元気になってもらおうとユナが村へ卵をもらいに行くシーンがあったのですが、そこで1話で登場した少年・カイが再び登場してくれて嬉しかったです。その後市場へとやって来たユナは、お腹をすかせた孤児院の子供たちを目にして救いの手を差し伸べました。その孤児院は領主からの補助金が打ち切られてしまったとのことで、領主のクリフは良い人そうだと思っていたのでショックでした。しかし実際には他に黒幕がおり、クリフがすぐに対処してくれて良かったです。
20代女性

今回もユナのチート能力が遺憾無く発揮されていて「本当にこの世界はなんでもありなんだな」と半ばあきれた感じで観ていました。1話からずっとユナの無双状態でそろそろマンネリ化してきたように思えてしょうがないです。そして、今回はなんと言ってもユナの空回りというか見当違いなわがまま発言が気に障りました。色んな能力を持っていても、所詮ユナはお子ちゃまなんだなと思いました。孤児院のことをそれだけ心配しているのは分かるけれど、あんなに簡単に苛立って事情を詳細に調べるでもなく不満を零すあたりが完全に子どもで痛々しくて観ていられなかったです。結果的に上手くいったからいいものの、やり方としては正直言ってあまり良かったとは思えなかったです。
20代女性

フィナ母に栄養のある卵を食べさせてあげようと考えてたら転移門があったなんて上手く出来てますよね、異世界ものには必ずあるので使うだろうとは思ってましたがやっぱり便利ですね。ユナの転移門は設置型なのが不便そうで色々と実用的に使うにはとか考えてしまいます、そのうち転移魔法が使えるようになるんじゃないかと予想します。孤児院の子供達に世話を焼く優しさが感動しました、ユナは本当に良い子ですね、何とかしてあげようと真剣に考えるなんて出来る事じゃないですよね。卵と結びつけたのは良い発想でした、土魔法で小屋も簡単に建てれるし、鶏も簡単に手に入って始めるのも簡単で人の縁が大事なんだなって思いました。領主に意地悪したのは確かに子供っぽかったけど本当は子供だし良いと思います、領主の方がショックを受けて素直だなって思いました。悪人を成敗してくれたのはスカッとしたし、あっという間に片付けた早さは執事さんの力が凄いですね。領主が建物の改築を申し出たけどユナが新しく作った方が早いと思いましたが、全部丸く収まって良かったです。
40代女性




本ページの情報は
2021年4月時点のものです。

最新の配信状況はU-NEXT
サイトにてご確認ください。


タイトルとURLをコピーしました